ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

『クライマーズ・ハイ』

2008-05-05 17:42:08 | 新作映画
----ゴールデンウィークも、
もう残りあと2日。
今日の邦画は?
「『クライマーズ・ハイ』。
今年観た日本映画の中では
『アフタースクール』と並ぶぼくのオススメだね」

----監督は原田眞人だよね?
「うん。この監督は
他の人には決してマネできないハリウッド仕込みの手法を駆使して、
彼独自のエンターテイメント世界を生み出す。
と言っても、その昔、
デビュー作『さらば世界の友よインディアンサマー』で
原田監督にインタビューしたときは
『あまりエンターテイメント、エンターテイメントと言わない方がいいよ』と
逆にたしなめられたものだけど……。
でもその後『金融腐蝕列島[呪縛]』で、
それまでの山本薩夫ら社会派の巨匠とはまったく違うアプローチで
社会派エンターテイメントの新たな領域を開拓。
その才能は万人の知るところとなった」

----あ〜あ。あれは大ヒットしたよね。
普段はあまり映画を観ないサラリーマンが
昼間からどっと映画館に押し寄せたっけ。
「そう。あの映画が新鮮だったのは、
腐敗した金融界の内幕というそのテーマもさることながら
大胆なカメラアングルと細かいカッティングで
体をわしづかみにされるような
映画的快感を与えてくれたことにあった。
この『クライマーズ・ハイ』は、
その彼の中でも最高となる2541カットを重ねたというんだから、
それによって生まれる興奮は押して計るべし…だ」

----でも、カット数が多いからいい映画ってワケでもないよね。
相米慎二監督のような例もあるし…。
「それはそうだよ。
結局はその手法が
映画が描こうとしている素材や
方向性にあっているかどうか…だからね。
カット数が多いということは
映像内の緊張を高め、観る者を興奮へといざなう。
そこには、
映画に手間ひまをかけることを惜しまないという、
作家の基本姿勢があるからね。
もちろん、
闇雲にカット数が多ければいいというものでもないけどね。
やはりきちんとした
感情のうねりの計算がなされていないと……」

----話が、技術の方にばかり走っているようだけど、
肝心の内容はどういうものニャの?
「これは1985年8月12日に起こった
日航機墜落事故の悲劇を追う地元新聞記者たちの姿を描いたもの。
その中心となるのは全権デスクを命じられた悠木(堤真一)。
映画は、混乱する現場に取材に向った県警キャップ・佐山(堺雅人)、
かつて連合赤軍事件や大久保事件を取材して以来、
社内でにらみを利かせている社会部部長・等々力(遠藤憲一)、
編集局次長・追村(蛍雪次朗)らの嫉妬、確執。
さらには、広告局や販売局局長(伊東康男)との軋轢をも描いていく」

---へぇ〜っ。新聞社って一枚岩じゃないんだ。
マスコミ、特に新聞はみんな目的が一緒かと思っていた。
「いやあ、何のかんのいっても企業に変わりはない。
根っこを支えるのは結局はお金だからね。
締め切りをどこまで伸ばせるか、
広告あっての新聞か、編集あっての新聞か…。
ぼくも雑誌社で、編集と広告の両方に携わったことあるから
ここは手に取るように分かったね。
でもそれに加えて
この新聞社は社長(山努)が絶対君主のワンマン。
社員同士の恋愛さえ許せない」

----えっ、どうして?
「社員は『自分のモノ』。
それが他の『自分のモノ』にとられるのは許せないんだ」

----それはスゴい論理。
そんな中での仕事はやりにくいだろうね。
「うん。でもだからこそこの映画はオモシロい。
見えない圧力を肌で感じながら、
一人ひとりの個性が
それぞれエゴむき出しでぶつかりあう。
当然のように仕事場には怒号が飛び交う。
おそらく、この映画で多くの人は
それまでイメージしていたのとはまったく違う
役者それぞれの別の顔を観ることができる。
全員がクライマーズ・ハイにかかっているみたい。
なかでも堺雅人の演技には、だれもが驚くだろうね」

----これも原田演出のなせる技ってワケか。
そういえば、この日航123便って…。
「そう。
実はさっき話した雑誌社に
まだぼくがいた頃、
同僚がこの日航123便に予約していた。
しかし彼は、直前になって一便早い飛行機に振り替えて助かったんだ」

----それってスゴい「運」の強さだよね。
そういうことあるんだ。
「あの頃はバブルだったからね。
会社から羽田までの交通はみんなタクシー。
今だったら、電車でその便にあわせて行くのが普通だろうけど、
そのタクシーが空港に早く着いたため、
彼は一便早い飛行機に乗ったわけだ。
仕事熱心で時間をムダにしたくないと思ったからか、
それとも何らかの別の理由があったのか。
ラジオで流れた事故の速報の後、
彼から電話が入ったときには
社内に安堵の空気が流れたよ」


           (byえいwithフォーン)

フォーンの一言「これは期待してよさそうだニャ」いいねぇ

※映画そのものがうねっていた度
人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー

「キタ顔」キャンペーン参加中!※フォーンを探せ!
きた〜っgif
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (20)   トラックバック (60)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『長い長い殺人』 | トップ | 『スカイ・クロラ The Sky Craw... »
最近の画像もっと見る

20 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (のらねこ)
2008-06-15 01:58:37
こんばんは。
この映画、長さを全く感じさせずにグングン引き込まれました。
普段は邦画ってちょっと敬遠しがちなんですが、これは良かったです。
新聞社内の人間関係とか、普段知らない世界が興味深くて。
堺雅人さんの演技も、強く印象に残りました。

■のらねこさん (えい)
2008-06-15 11:17:24
こんにちは。

ぼくもこの映画には引き込まれました。
日本映画は、どちらかというと
小粒な単館系の作品の方が好きなのですが、
この映画は別。
その醍醐味がたまりませんでした。
えいさん♪ (ルールー)
2008-06-27 15:20:19
こんにちはー☆
一昨夜の試写会で観てきました。
NHKのドラマでやった時も非常に興奮したストーリーでしたが、映画も臨場感たっぷりで、とっても引き込まれてしまいました。
ドラマの佐藤浩市と大森南朋もすごく良かったけれど、映画の堤真一と堺雅人もメチャよかったですねー
わたしは遠藤憲一と、販売部のガムをくちゃくちゃやっていたオッサンの演技も圧倒されました。
あと、小澤征悦が演じた親友の息子の役柄が、山男のイイところ全部持ってる感じですごく好きでした。(^^;;;;;

ところで、えいさんの同僚の方はタッチの差で事故機には乗らなかったのですね・・・
わたしの知り合いの親友という方は予定通りだったのか乗っていて、連絡を受けたその知り合いが号泣してその場で泣き崩れたというのを、あとから聞かされていたたまれなくなりました。。
運命を感じてしまいますね。。

あ、全然違いますが、明日『ネコナデ』舞台挨拶付観てきます♪
猫ちゃんも登場するといいんですけども。
■ルールーさん (えい)
2008-06-28 16:31:41
こんにちは。

>わたしの知り合いの親友という方は予定通りだったのか乗っていて

ほんとうに運命というのは怖いですね。
あの頃はぼくも出張で大阪へ飛行機というのは多かったです。
そういえば、あれから新幹線が増えたような…。

>販売部のガムをくちゃくちゃやっていたオッサンの演技も圧倒

皆川猿時、
あれはうまかったですね。
部屋にゴルフセット。
もう、これ以上ないくらいに憎らしかったです。

『ネコナデ』、大好きです。
猫ちゃん、挨拶してくれるかな。
ご報告、楽しみです。
こんばんは (ノラネコ)
2008-06-29 22:20:18
あれ、上の方に同名の仮名違いの方がいますね。
ようやく記事をアップしました。
そうですか2500カット以上もありましたか。
「魍魎の函」の時は、正直勘弁してくれと思いましたが、これはズバリと内容と演出スタイルがはまっていました。
二時間二十五分もの間緊張感が持続し、観終わったら本当に山でも登ったかのように、ぐったりと疲れました。
原田眞人の作品ではベスト3に入るかな。
堺雅人は今年ノリノリですね。
■ノラネコさん (えい)
2008-07-01 10:29:51
こんにちは。

原田監督は、作品によって
自分の中の好き嫌いの幅が大きく揺れます。

この映画は、
役者の全てがクライマーズ・ハイ寸前。
編集以前に、その空気を現場に生み出した
監督の演出手腕に感服です。
Unknown (たいむ)
2008-07-05 15:27:33
えいさん、こんにちは。
あの事故は子供?ながらにテレビに釘付けだった覚えがあります。(特に生存者収容のところなど)

それにしても、社内喧騒はともかく、あんな社長って本当にいるのかしら?と、その時点でリアル感が3割引になってしまいました。
■たいむさん (えい)
2008-07-05 18:27:17
こんにちは。

>あんな社長って本当にいるのかしら?

います(笑)。

セクハラはともかくとして、
ああいう、利益第一、大事なのは自分の一族だけの社長は…。
そういう会社で、結局は手の上で踊らされている社員。
社長が現れると、
それまで好き放題に言いあっていた彼らの間には
緊張が走って小さく縮こまってしまう。
そこが観ていてなんとも悲しくやるせなかったです。
あれは戯画化でもなんでもありません。
いかにも日本的な風景に映りました。
断言ですねw (たいむ)
2008-07-05 20:36:56
再びお邪魔しますw

>利益第一、大事なのは自分の一族だけの社長
一世一代で築いたもの社長、もしくは「華麗なる一族」のような感じならば分ります、ってか、知ってます(笑)
でも、出版社ならばまだしも、戦後の新聞社でってトコロがびっくりでした。
こんばんわ☆ (ノルウェーまだ〜む)
2008-07-05 23:43:18
えいさん、出版社にお勤めだったのですね!?
こういった世界にいる人って、すごいなーと思っていましたが、あそこまで足の引っ張り合いって怖いですね…
よく理解できない部分も多かったですが、充分ハイテンションなところが伝わってきました。

販売局長をやった皆川さんは、グループ魂の港カヲルさんですよね。
かなりいい味出していましたが、いつもより緊張してて、ぐっと大人しいかんじがしました。
■たいむさん (えい)
2008-07-06 17:34:28
こんにちは。
やっぱりどこにでもいるものですね、
こういう日本型社長(笑)。

ぼくは新聞社のことはよく知りませんが、
日本でも販売部数最大を誇る新聞社の
トップが仕掛けたあの政界再編を思いだすと、
なんとなく分かる気がします。
■ノルウェーまだ〜むさん (えい)
2008-07-06 17:45:53
こんにちは。

はい。出版社(と言っていいのかな)におりました。

あの映画は、足の引っぱり愛というよりも、
それぞれの職務意識による各部間の綱引きではないでしょうか。
でも、どうしても自分の属するところ(部)を中心に考えてしまう。
そこでぼくがいた社では
社全体を見回せる社員になるように
「ジョブローテーション」なんてのが行なわれたりもしていました。

ちなみに『トウキョウソナタ』では
事務方ひと筋に勤め上げていた主人公をリストラする
非情なシーンが出てきます。
オールマイティとプロフェッショナル、
どちらがいいのかこの時代難しいですね。
原作からのファンです (くまんちゅう)
2008-07-06 19:17:04
同じく原作読んでた「魍魎〜」がガッカリだったので心配もしてましたが、このレベルなら合格点です。新聞社内の緊張感はリアリティありました。
でもやっぱり原作の好きなところちょこっと削られてたのが残念。
上映時間を考えると仕方ないですけど。
■くまんちゅうさん (えい)
2008-07-07 16:42:36
こんにちは。

くまんちゅうさんが書かれている原作との比較、
興味深く読ませていただきました。
「読者投稿掲載」をめぐる論争があるとか、
これは知りたいです。
こんばんわ! (maru♪)
2008-07-09 00:46:29
原田監督の作品は多分初めてだと思います。
編集部のやり取りは臨場感があって引き込まれたのですが、
元秘書のエピソードやラストのニュージーランドロケとか、
ちょっと余分に思えるシーンが気になりました。

えいさんは雑誌社にお勤めだったんですね!
私も以前出版社に居ました。
といっても普通の事務ですが(笑)
■maru♪さん (えい)
2008-07-10 09:35:33
こんにちは。

雑誌社も、それぞれ個性があると思います。
ぼくがいたところなんか、
姉妹雑誌の編集部が出した某企画を
本誌の編集部が気に入らず、
「うちとは関係ありません」という
編集後記をギリギリになっていれようとした強者がいました。
TB&コメント、ありがとうございました♪ (テクテク)
2008-07-12 13:31:45
こんにちは
この映画は、上映時間の長さの心配もフッ飛ぶほど、
想像以上に面白く観る事ができました

私も以前勤めていた会社の中で、
業種は違うにせよ、
劇中の新聞社と同じように、
各部署の持つ意地とプライド、
同業者との競争心に挟まれながら、
自分の信念を信じて働いていた事があったので、
悠木の気持ちは痛いほど分かりました

今では私も、すっかり丸くなってしまって、
あの頃のように尖ってムキになるくらい
仕事に情熱を持つ事もなくなってしまいましたが、
この映画は、当時の自分の事や、
疾うに忘れてしまった様々な事を
思い出させてくれました
■テクテクさん (えい)
2008-07-14 12:39:00
TBいただいたタイトルの「香りある人間。」に惹かれ、
思わずコメントを残させていただきました。
とても素敵な言葉ですよね。
これからもよろしくお願いいたします。
こんばんは (なな)
2008-07-27 00:48:57
えいさん,雑誌社にお勤めの経験があるのですね。
わたしは,そちらの方面はまったく未知の世界で
「うわ〜,すごい足の引っ張り合い!」と
その大変な世界に目が回る思いがしました。
邦画は食わず嫌いなのでお恥ずかしいのですが
観てよかったと強く思える傑作でしたね。
■ななさん (えい)
2008-07-27 17:43:41
こんにちは。

足の引っ張り合いは、
どこでもあることなのでしょうね。
この映画の場合、逆にストレートだっただけに
救われる気がしました。

邦画はオモシロいですよ。
ただ、ヒットする大作となると、
なかなか「現代(いま)」を描いていると
感じさせてくれるものが少ないです。

けっこうエンタメ志向になっている気がします。
今後、公開される作品では『トウキョウソナタ』がオススメ。
個人的には今公開中の『純喫茶磯辺』もスキです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

60 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「 クライマーズ・ハイ (2008)  」 (MoonDreamWorks★Fc2)
【クライマーズ・ハイ】2008年7月5日(土)公開 監督 ・ 脚本 : 原田眞人 ...
クライマーズ・ハイ (Memoirs_of_dai)
真実は闇の中 【Story】 1985年8月12日、乗員乗客524名を乗せた日航機123便が、群馬と長野の県境に墜落、その一報が北関東新聞社に入る。編集部...
クライマーズ・ハイ (黒猫主義)
■クライマーズ・ハイの感想? 7/5公開の映画を一足先に試写会で。 横山秀夫氏の原作本も未読ですし、ドラマ版も見ておりません。 なんとな...
クライマーズ・ハイ 試写会@九段會舘 (ネット社会、その光と影を追うー)
1985年8月12日。群馬県の御巣鷹山にJAL12
怒涛の一週間【クライマーズ・ハイ】 (犬も歩けばBohにあたる!)
あれから23年経ちました。 乗客乗員542名。 生存者4名。 死亡者数540名。
クライマーズ・ハイ (アートの片隅で)
「クライマーズ・ハイ」の試写会に行って来ました。 会場の中野サンプラザに行く為に中野駅に到着したら、何と豪雨に雷という最悪の状況でした。 帰りには、三鷹付近に雷が落ちたせいで、中央線が大混乱になっていました。
映画『クライマーズ・ハイ』 (ルールーのお気に入り)
試写会にて鑑賞。登山中に興奮が極限に達して恐怖が薄れる瞬間の精神状態を指す“クライマーズ・ハイ”になぞらえて、1985年に起きた群馬県・御巣鷹山での日航機墜落事故に関わった、新聞記者たちの熱い一週間を描いたストーリー。。
クライマーズ・ハイ (まぁず、なにやってんだか)
昨日、九段会館の「クライマーズ・ハイ」の試写会に行ってきました。 原作者の横山秀夫氏が日航機の墜落現場を取材して書いた作品だという情報しか知らずに試写会に行ったので、すっかり全部実話だと思ってしまいました。フィクションだったんですね。臨場感あふれるカメ...
クライマーズ・ハイ・・・・・評価額1600円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
原田眞人は日本映画史においては、かなり特異な映画作家であると思う。 若くして米国を拠点に評論活動を開始し、やがて「さらば映画の友よ ...
クライマーズ・ハイ 試写会(ネタバレ) (RE:ねこのうたたね)
クライマーズ・ハイ (2008) Director : 原田眞人 Cast : 堤真一, 堺雅人, 尾野真千子, 高嶋政宏 Genre : ドラマ/サスペンス Runtime : 145分 配給 : 東映=ギャガ・コミュニケーションズ 参考リンク → allcinema / Cinema Topics Online / goo 『クライマーズ・...
「クライマーズ・ハイ」 チェック、ダブルチェック (はらやんの映画徒然草)
「クライマーズ・ハイ」とは登山時に興奮が極限状態にまで達し、高さへの恐怖心がなく
クライマーズ・ハイ (悠雅的生活)
 チェック 、 ダブルチェック
「クライマーズ・ハイ」みた。 (たいむのひとりごと)
「え。これで終わり?」というのが瞬間の感想。これ以上長くても困るけれど、残念ながら最後まで、何を一番に描きたかったのか読み取れなかった気も・・・。それでも、「日航機墜落事故」と「クライマーズ・ハイ」。
クライマーズ・ハイ (UkiUkiれいんぼーデイ)
JUGEMテーマ:映画 2008年7月5日 公開 今日のブログ一面でやらせてください!!! うぉ〜っ!良かったですよぉ〜♪ 久しぶりにスクリーンにのめり込みましたねぇ。 1985年8月12日 この日は、よく晴れた真夏の日ざしが照り返す暑い日だった...
クライマーズ・ハイ(2008年) (勝手に映画評)
『半落ち』などの警察小説で有名な横山秀夫が原作。1985年8月12日のJAL123便墜落事故をベースに、事故現場となった地方新聞社の記者たちの1週間が熱く描かれています。 あのJAL123便墜落事故の事は、良く覚えています。夜中までテレビにかじりついて報道を見ていました...
クライマーズ・ハイ (映画鑑賞★日記・・・)
2008/07/05公開(07/05鑑賞)製作国:日本監督:原田眞人出演:堤真一、堺雅人、尾野真千子、高嶋政宏、山崎努、遠藤憲一 命を追った、あの夏。
クライマーズ・ハイ (いい加減社長の映画日記)
ちょっと重ための映画のような気がして、どうしようか、迷ってはいたんですが。 他に「どうしても観たい」という映画もなく、「クライマーズ・ハイ」を鑑賞。 「UCとしまえん」は、いつもの土曜のレイトショーにしては、ちょっと多めかな? 「クライマーズ・ハイ」は...
[映画『クライマーズ・ハイ』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆日航123便墜落事件は、私が社会の動向に興味を持ち始めた高校生の頃に起こった大事件だったので、非常に記憶に残っている。 川上慶子ちゃんや与圧隔壁なんて言葉が、すぐに思い出される。 後に、阪神大震災が終わった後に、サブカル系言論者が「<終わらない日常>が...
『クライマーズ・ハイ』 (めでぃあみっくす)
世界最大の航空機事故と呼ばれた御巣鷹山の日航機墜落事故を扱うこととなった地方新聞社の記者たちを描いた本作。原作を書かれた横山秀夫先生ご自身も当時の事故を地方記者として取材されたご経験があるそうで、新聞社内の確執や一面に何をもってくるかの駆け引きは面白か...
クライマーズ・ハイ (Lovely Cinema)
JUGEMテーマ:映画館でみました! 監督:原田眞人 出演:堤 真一、堺 雅人、小澤征悦、田口トモロヲ、堀部圭亮、マギー、尾野真千子、滝藤賢一、でんでん、矢島健一、皆川猿時、野波麻帆、西田尚美、遠藤憲一、中村育二、蛍雪次朗、高嶋政宏、山崎努 ・・・ チェ...
映画 『クライマーズ・ハイ』 (きららのきらきら生活)
  ☆公式サイト☆1985年、群馬県御巣鷹山で起きた日航機墜落事故をめぐって翻弄(ほんろう)される地元の新聞記者たちの姿を描く社会派ドラマ。実際に記者として日航機墜落の取材をした作家・横山秀夫が自らの体験を反映した同名小説を、映画『金融腐蝕列島 [呪縛]』の...
クライマーズ・ハイ (描きたいアレコレ・やや甘口)
堺雅人の可愛い顔は、クワセモンである。つい、描きたくなってしまうではないか。 堤真一は『反カメレオン俳優』というか、いつ見ても"堤真...
「クライマーズ・ハイ」史上最大の墜落事故を描いた怒涛の7日間のマスコミストーリー (オールマイティにコメンテート)
「クライマーズ・ハイ」は1985年8月12日に墜落した日航123便の事故を追った新聞社のデスクと記者が駆け抜けた7日間を追ったドキュメンタリーストーリーとなっている。23年前の事故は私も良く覚えているし、多くの人が犠牲となった大惨事だったが、ストーリーとしては複数...
映画「クライマーズ・ハイ」 (ice-coffee)
昨日 初日に行ってまいりました〜〜^^ 一言でいうならば とてもよかったです〜^^見ごたえありました。何か事故 事件があると 新聞記者 報道の仕事は 壮絶なんだなぁ〜と 感嘆いたしました。
『クライマーズ・ハイ』 (・*・ etoile ・*・)
'08.06.25『クライマーズ・ハイ』(試写会)@一ツ橋ホール Mッスが当選! おこぼれにあずかって行ってきた。 「1985年8月12日群馬県御巣鷹山の山中に乗客乗員524人を乗せた日航機が墜落した。北関東新聞社の遊軍記者悠木はこの世界最大の航空機事故の全権デスクに任命...
【クライマーズ・ハイ】 (日々のつぶやき)
監督:原田眞人 出演:堤真一、堺雅人、尾野真千子、高嶋政宏、山崎努、遠藤憲一 「1985年8月12日、羽田発大阪行日航123便が乗客524人を乗せ消息を絶った。 群馬か長野か・・その日山に登る予定だった北関東新聞の悠木は、日航全権デスクを任命された。 誰も経験し
クライマーズ・ハイ (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
極限状況の中、男たちはなにを伝えるのか。混乱する現場で未曾有の大事故を追った新聞記者たちの激動の1週間。決断を迫られた男たちはその時・・・。 物語:1985年8月12日――。終戦記念日を3日後に控え、日本国中が中曽根首相の靖国公式参拝の動向を固唾を飲んで見...
劇場鑑賞「クライマーズ・ハイ」 (日々“是”精進!)
「クライマーズ・ハイ」を鑑賞してきました日航機墜落事件を追う新聞記者たちの1週間を描いた横山秀夫のベストセラー小説を、原田眞人監督、堤真一主演で映画化。事件を追いかける記者たちの、歴史的大事件への影響と葛藤の日々が綴られる。ストーリーは・・・1985年...
クライマーズ・ハイ (Diarydiary!)
《クライマーズ・ハイ》 2008年 日本映画 1985年8月12日に起きた日航ジ
『クライマーズ・ハイ』2008・7・6に観ました (映画と秋葉原と日記)
『クライマーズ・ハイ』 公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ 1985年8月12日。群馬の北関東新聞の記者・悠木和雅(堤真一)は、社内の登山サークルの仲間で販売局所属の親友・安西耿一郎(高嶋政宏)と共に、谷川岳の衝立岩登頂に挑もうと準備を進め退社しよう...
香りある人間。『クライマーズ・ハイ』 (水曜日のシネマ日記)
1985年に群馬県御巣鷹山で起きた日航機墜落事故をめぐる地元新聞記者たちの物語です。
【映画】クライマーズ・ハイ (新!やさぐれ日記)
■動機 クライマーズ・ハイならば観ないわけにいかない ■感想 原作を捻じ曲げてまで伝えたかったものは何? ■満足度 ★★★★★☆☆ おまけね ■あらすじ 1985年8月12日、乗員乗客524名を乗せた日航機123便が、群馬と長野の県境に墜落、その一報が北関東新聞社...
『クライマーズ・ハイ』劇場鑑賞 (ANNE'SHOUSE-since1990-)
本日、夏休をとった主人が、「続けてになるけど、映画行けるか?」に、内心申し訳なく思いつつも。。。『行ける! 行ける!!』 何気に 「付き合うよ〜」 さらりと言いつつ 待ってましたの鑑賞です(^^)v.。゚+..。゚+.  .。゚+..。゚+(C)2008「クライマーズ・ハイ....
映画「クライマーズ・ハイ」 (FREE TIME)
映画「クライマーズ・ハイ」を鑑賞しました。
『クライマーズ・ハイ』 (『映画な日々』 cinema-days)
 1985年の日航機墜落事故を報道する地元新聞社の1週間。  原田眞人監督のドキメンタリー調演出が冴える。    個人評価 ★★★☆  『 ...
『クライマーズ・ハイ』 (京の昼寝〜♪)
 □作品オフィシャルサイト 「クライマーズ・ハイ」□監督・脚本 原田眞人□脚本 加藤正人、成島 出□原作 横山秀夫  □キャスト 堤 真一、堺 雅人、尾野真千子、山崎 努、遠藤憲一、田口トモロヲ、堀部圭亮、螢雪次朗、西田尚美、でんでん、小澤征悦、高...
【2008-162】クライマーズ・ハイ CLIMBER'S HIGH (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 命を追った、あの夏。 1985年8月12日 御巣鷹山に日航機墜落、死者520名──。 走り、叫び、書いた。 新聞記者たちの激動の一週間。
「クライマーズ・ハイ」記者魂 (再出発日記)
「クライマーズ・ハイ」映画を観た、と言う感じがした。興奮した。監督・脚本:原田眞人原作:横山秀夫脚本:加藤正人、成島出出演:堤真一、堺雅人、尾野真千子、高嶋政宏、山崎努昔、新聞記者になりたかった。理由は本が好きだから、それに関することで食っていきたかっ...
「クライマーズ・ハイ」 (俺の明日はどっちだ)
1985年、群馬県御巣鷹山で起きた世界でも類を見ない“航空機史上最悪”だった日航機墜落事故を背景に地元の新聞記者たちの姿を描いた社会派ドラマ。 まず何と言っても事故当時に地元紙の記者として実際に事故の取材をした横山秀夫が自らの体験を反映した同名小説が原作(...
クライマーズ・ハイ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『1985年8月12日 御巣鷹山に日航機墜落、死者520名―。 走り、叫び、書いた。 新聞記者たちの激動一週間』  コチラの「クライマーズ・ハイ」は、「半落ち」、「出口のない海」の横山秀夫が当時地元地方新聞社の記者だった自らの体験をモトに、日航ジャンボ機墜落...
クライマーズ・ハイ(2008年、日本) (泉獺のどうでも映画批評)
 この映画は、ギャオの株主優待の試写会で観ました。 監督:原田眞人出演:堤真一、
クライマーズ・ハイ (映画通の部屋)
「クライマーズ・ハイ」製作:2008年、日本 145分 監督、脚本:原田眞人 出
クライマーズ・ハイ (C'est Joli)
クライマーズ・ハイ’08:日本 ◆監督: 原田眞人「魍魎の匣」「伝染歌」◆出演: 堤真一、堺雅人、尾野真千子、高嶋政宏、山崎努、田口トモロヲ、堀部圭亮、マギー、滝藤賢一、でんでん、小澤征悦、西田尚美◆STORY◆1985年8月12日、群馬県御巣鷹山にJAL123便が墜落、...
『クライマーズ・ハイ』@TOHOシネマズ(試写会) (たーくん'sシネマカフェ)
クライマーズハイ。小説は未見、しかしNHKのTVドラマ版は鑑賞。今回シネコンのTOHOシネマズのスクリーンで試写。スクリーンも椅子もよく座席も選べるので最高です♪30代以上の人はご存知かと思いますが日航ジャンボ機の墜落事故。ヘリから救出されたシーンなど...
クライマーズ・ハイ (to Heart)
命を追った、 あの夏。 製作年度 2008年 上映時間 145分 原作 横山秀夫 『クライマーズ・ハイ』(文藝春秋刊) 脚本 加藤正人 成島出 原田眞人 監督 原田眞人 出演 堤真一/堺雅人/尾野真千子/高嶋政宏/山崎努/遠藤憲一/田口トモロヲ/堀部圭亮/マギー/でんでん/螢雪...
クライマーズ・ハイ (虎猫の気まぐれシネマ日記)
1985年8月の,日航ジャンボ機123便の墜落事故・・・。あれからもう23年もたったのか・・・。ちょうど夏休みの,しかもお盆まえで,大阪の叔母の家に泊まりがけで遊びにいっていた私は,そこのテレビで事故のニュースを観た。思えばあの年の夏,テレビや新聞など...
[映画]クライマーズ・ハイ (お父さん、すいませんしてるかねえ)
原作は地方紙記者の友人、激賞の名作です。 あらすじを簡単に 翌日に販売局の安西との登山を控え、退勤しようとしていた群馬県の地方紙記者・悠木は、県警キャップの後輩佐山から「524人を乗せた日航ジャンボが姿を消した」と耳打ちされる。 そこに共同通信社のニュー...
クライマーズ・ハイ (ダイターンクラッシュ!!)
8月3日(日) 15:50〜 丸の内TOEI1 料金:1800円(前売り売り切れ) パンフレット:600円 『クライマーズ・ハイ』公式サイト 1985年日本航空機墜落での群馬の地方新聞社での物語。 東映にしては数少ないヒットをあてに出来る社会人組織路線。よってもって監督は、原...
クライマーズ・ハイ [監督:原田眞人] (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
個人的評価:■■■■□□ 縦横無尽なカメラワークが参考になる。
チェック、ダブルチェック。~「クライマーズ・ハイ」~ (ペパーミントの魔術師)
まずは黙祷。 亡くなった方々のご冥福を祈ります。 また8月がやってくる・・・。 レーダーからジャンボが消えた。 その一報から始まった新聞社内のドタバタは 緊張と混乱と妬みと野望とPTSDと・・・。 第三者からみてそのぶつかり合いは すごいもんがあるんだけど、 ...
『クライマーズハイ』@丸の内TOEI (映画な日々。読書な日々。)
1985年8月12日、群馬県御巣鷹山にJAL123便が墜落、死者520人の大惨事が起こった。前橋にある北関東新聞社では、白河社長の鶴の一声により、一匹狼の遊軍記者・悠木和雅が全権デスクに任命される。そして未曽有の大事故を報道する紙面作り―闘いの日々が幕を開けた。さっそ...
クライマーズ・ハイ (Butterfly Stroke)
チェック、ダブルチェック... 23年前の今日、友人との帰省の途で、この大事件のニュースを耳にした。 その時、僕らは洋上にいて、翌日早朝に着いたフェリー・ターミナルで大勢の名前が流れる青い画面のテロップを目にした。。。 「クライマーズ・ハイ」は、元・新...
「クライマーズ・ハイ」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
記者たちの時間との戦い・緊迫感、新聞社の様々なことがひしひしと伝わって来ました。 事故のこと、事故当時の自分のことなども思い起こされましたし・・。
mini review 08348「クライマーズ・ハイ」★★★★★★★★☆☆ (サーカスな日々)
1985年、群馬県御巣鷹山で起きた日航機墜落事故をめぐって翻弄(ほんろう)される地元の新聞記者たちの姿を描く社会派ドラマ。実際に記者として日航機墜落の取材をした作家・横山秀夫が自らの体験を反映した同名小説を、映画『金融腐蝕列島 [呪縛]』の原田眞人監督が映像...
映画評「クライマーズ・ハイ」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2008年日本映画 監督・原田眞人 ネタバレあり
『クライマーズ・ハイ』'08・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ1985年8月12日、群馬県御巣鷹山にJAL123便が墜落、死者52人の大惨事が起こった。北関東新聞社では、白河社長の鶴の一声により悠木和雅が全権デスクに任命される。そんな時、販売部の同僚で無二の親友・安西がクモ膜下出血で倒れたとの知らせが届く...
「クライマーズ・ハイ」(日本 2008年) (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
1985年8月12日。 羽田発大阪行き日航123便が消息を絶った運命の日。
クライマーズ・ハイ (mama)
2008年:日本 原作:横山秀夫 監督:原田眞人 出演:堤真一、堺雅人、尾野真千子、高嶋政宏、山崎努、遠藤憲一、田口トモロヲ、堀部圭亮、小澤征悦 1985年8月12日、群馬県、北関東新聞社。乗員乗客524人を乗せた羽田発大阪行きの日航機123便が群馬と長野の県境に...
クライマーズ・ハイ (Yuhiの読書日記+α)
1985年、群馬県御巣鷹山で起きた日航機墜落事故をめぐって翻弄される地元の新聞記者たちの姿を描く社会派ドラマ。横山秀夫が自らの体験を反映した同名小説が原作。監督は原田眞人、キャストは堤真一、堺雅人、尾野真千子、高嶋政宏、山崎努他。 <あらすじ> 1985年8月12...
「クライマーズ・ハイ」 (或る日の出来事)
原作本を読んで、感想は書いた(「クライマーズ・ハイ」 横山秀夫)。映画も、なかなか面白かった。