ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

『コンテイジョン』

2011-11-02 22:47:01 | 新作映画
(原題:Contagion)



「う〜ん。これは少し複雑な映画だなあ」
----へぇ〜っ。そうニャの?
何年か前、日本でも作られた
『感染列島』みたいな感じじゃニャいの?
「扱っている題材はパンデミックだし、
確かにそうなんだけど、
3.11を経験した日本で、
いまこれを観ると、ちょっとね…」

----地震や津波、
それとも原発に関係あるってこと?
「じゃあ、それを話す前に簡単にあらすじを。
物語は感染2日前から始まる。
この2日前という時点で、ラストシーンは
感染の最初の瞬間を描くんだなというのは、
まあ、これは誰にも想像が付くんだけど…。
香港出張からアメリカに帰国したベス(グウィネス・パルトロウ)が
体調を崩して2日後に亡くなる。
香港で青年が、ロンドンでモデル、
東京ではビジネスマンが突然倒れる。
全世界に新型ウィルスが広がっていっているわけだね。
そんな中、
米国疾病対策センター(CDC)は危険を承知で
感染地帯にドクター・ミアーズ(ケイト・ウィンスレット)を送りこみ、
世界保健機構(WHO)でも
ドクター・オランテス(マリアン・コティヤール)らが
ウィルスの期限を突き止めようとする。
一方では、ブログで人気を集めるフリーのジャーナリスト、アラン(ジュード・ロウ)は、
政府が事態の真相とワクチンを隠していると告発する…。
さて、問題はココなんだけど、
この映画では、このジャーナリストの実相を最後に暴くことで、
“ウィルスよりも、その恐怖を煽ることから起こるパニックの方が怖い”という
結論を導き出してくる」




----ニャるほど。
つまり、国家や政府の言うことを信じなさいってことだニャ。
「少なくともこの映画を観る限りでは、
監督のスティーブン・ソダーバーグはそういう立場をとっているね。
先ほど話に出た『感染列島』との演出の違いからもそれは感じられる。
これだけの非常事態なのに、
ことにあたるCDCやWHOの職員たちは不思議なくらいに冷静。
決してアツくならない。
まあ、常に冷静でいる訓練を受けている、
あるいは、もとより常に平常心でいられる人間にしか
こういう仕事は務まらないのかもしれないけど…。
一方で、パニックを起こす群衆の狂態、
あるいはそれによって生じる街中のゴミの散乱など、
衆愚という言葉に象徴される部分は
いやになるほど
ドキュメンタリータッチでリアルに描かれる」

----普通の人々が、いかに自己保身的なのかが
そのプロの崇高(?)な行為と対比されるってわけだね。
「そういうことだね。
もちろん、それだけではなく、
この生死ギリギリの事態の中、
身内を守ろうとして
その情報を極秘裏に流す当局の人なんかも描かれはするけど、
それはごく一部」

----そういえば、原発事故の時、
家族を海外に避難させて、
テレビでは安全性を言っている政治家がいたと聞いたけど…。
「まあ、そう言う意味ではこの映画はタイムリーかもね。
もちろん、他にも見どころはないわけじゃなく、
ウィルス発生によるクスリ業界の動き、
さらには、同時に病気にかかることによる不倫の発覚とか、
ソダーバーグは、視点をさまざまな方面に広げている」

----ケイト・ウィンスレットにしてもグウィネス・パルトロウにしても自然な感じ。
これもソダーバーグ演出?
「そういうことだね。
彼の手にかかると、みんな、その道のプロに見えてしまう。
なかでも感心したのはマット・デイモン
ここまで自然な、普通の男を演じているのを観たのはぼくは初めて。
今後、彼にこういう役が増えていくといいな」





                    (byえいwithフォーン)

フォーンの一言「それにしても豪華なキャスティングだニャ」気持ちいいニャ

ローレンス・フィッシュバーンも出ている度

コトリ・ロゴこちらのお花屋さんもよろしく。

こちらは噂のtwitter。
ツイッター
「ラムの大通り」のツイッター



blogram投票ボタン

ranking.gif人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー

画像はオフィシャル・ダウンロードサイトより。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (42)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『私だけのハッピー・エンディン... | トップ | 『家族の庭』 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (たいむ)
2011-11-13 08:45:18
マットがあまりに普通のお父さん役で、ちょっとびっくりでした。
とにかくあることない事で恐怖心をそそる話なのかと思っていたので、逆に現実味を感じた感じ?

医療従事者とか優先順位はあるとしても、誕生日で366が最大って抽選方法は決まってるのかしら?人数にばらつきがあるとしても平等っぽくて良い方法と思います。
■たいむさん (えい)
2011-11-13 21:58:40
そうなんです。
いちばんの驚きはマット・デイモン。
こんな風に自然に見せてしまう演出も
スティーブン・ソダーバーグですね。

誕生日で抽選…
以前にも何かで出会ったことがあります。
『ディープインパクト』?
もしかして映画ではなかったかも…。
とりあえず、手洗い励行 (悠雅)
2011-11-14 01:24:54
多くても少なくても困るのが情報。
特に、こういう状況に陥った時、一市民として何を信じどう行動すべきか、かなり真面目に考えてしまいました。
あんないい加減な奴(ジュードはいつどんな時でもいい男ですが)がいる以上、
新種ウィルスにも恐ろしげな情報にも過敏な反応になるだろうし・・・
これは強ち絵空事と言えないところが怖いですが、
さしあたって、今年もインフルエンザや風邪にはきっと有効だろうから、
手洗い励行を徹底しようとも思います。
■悠雅さん (えい)
2011-11-17 21:35:37
こんばんは。
手洗い励行の件ですが、
あんなふうに描かれて、
中国からクレームが出なかったのかと、
そこが気になりました。
この映画、公開されたのかな?
こんにちわ (にゃむばなな)
2011-11-24 14:13:48
この映画を見たら少なくとも香港には行きたくなくなりますよね。
あと感染の疑いが出ればアメリカも。
いろんな意味で危険極まりない国家なんだと。
そう思うと、日本って改めて安全な国ですわね。
■にゃむばななさん (えい)
2011-11-24 21:28:55
うん。あのきっかけとなった
一日目の描写は…!?
よく、中国からクレームがこなかったものだと…。
ただでさえ、中国の食べ物に不信感が言われていたのに、
これって止めじゃないかと思いました。
感染源 (kintyre)
2011-12-30 22:55:18
こんばんは、ウィルスの感染の速さ以上に、情報不足からパニックへ陥るスピードが早いことは怖いことだと感じました。
最後に一日目を持ってきて、感染源を明かすアイデアは個人的に気に入りました。
■kintyreさん (えい)
2012-01-01 21:43:34
こんばんは。
あの、一日目にはぞっとしました。
あれ、中国で問題にならないのかな?
そんなことが頭をよぎりもしました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

42 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
コンテイジョン (あーうぃ だにぇっと)
コンテイジョン@よみうりホール。 またまたyousan330さんから試写状を頂戴してしまった。 いつもありがとうございます。 最近は全然自力で行けてないなあ。(笑)
コンテイジョン / Contagion (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね←please click マット、ジュード、マリオン、ケイト、グゥイネス、フィッシュバーン。 豪華キャスト出演×スティーヴン・ソダーバーグ監督の感染パニック・サスペンス ※CONTAGION=接触感染、伝染病の意。転じて&...
コンテイジョン (うろうろ日記)
試写会で見ました。 新しい感染病が発生し、ワクチンを開発する対応する側の人たちと
劇場鑑賞「コンテイジョン」 (日々“是”精進! ver.A)
ウイルスよりも先に“感染”したのは、恐怖でした・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201111120002/ Contagion: Original Motion Picture Soundtrack posted with amazlet at 11.11.08 Watertowe...
コンテイジョン / Contagion (勝手に映画評)
高確率で人を死に至らしめる未知のウイルスのパンデミックを描いた映画。マット・デイモン、マリオン・コティヤール、ローレンス・フィッシュバーン、ケイト・ウィンスレット、グウィネス・パルトローなど、錚々たる俳優が出演しています。 近年、SARSや新型インフルエン...
映画「コンテイジョン」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「コンテイジョン」観に行ってきました。ひとりの感染者を発端に全世界へ拡大していく致死性ウィルスの恐怖と社会的混乱を描いたサスペンス大作。物語は、最初の感染者がウィル...
『コンテイジョン』| オールスターそろい踏みなれど、宝の持ち腐れか。 (23:30の雑記帳)
マット・デイモン、 ジュード・ロウ、 グウィネス・パルトロウ、 ケイト・ウィンスレット。 こうしてみると、すごい顔ぶれですね。 しかし、内容が俳優の豪華さに見合ってい ...
[映画『コンテイジョン』を観た(短信)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆う〜む、私は、その評価に悩んでいる。  スティーブン・ソダーバーグ監督による「ウィルス感染症のパンデミック」ものである。  描き方が、実に実にクールなのである。  幾らでも、サスペンスやお涙頂戴ものに出来るのに、それをしないで、淡々と、状況を追ってい...
「コンテイジョン」みた。 (たいむのひとりごと)
まずはマット好きに始まり、さらにそうそうたる豪華キャストに惹かれるところだけど、『猿の惑星:創世記』の余韻が残っている時に予告編を見たこともあって、”ウイルス感染”という内容に期待していた映画。マット
コンテイジョン (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★☆【3.5点】(14) 豪華俳優の割には、意外にも地味な映画
コンテイジョン (心のままに映画の風景)
ミッチ(マット・デイモン)の妻・ベス(グウィネス・パルトロー)は、香港の出張から帰国するや体調不良を訴え、死亡してしまう。 香港、ロンドン、東京でも同じような症状で亡くなる人が続出し、世界保...
コンテイジョン (LOVE Cinemas 調布)
『インフォーマント!』のスティーヴン・ソダーバーグ監督が未知のウィルスの発生からパンデミックそしてワクチンの生産までを描いたパニックムービー。注目すべきはその豪華な出演陣だ。マリオン・コティヤールやマット・デイモン、ローレンス・フィッシュバーン、ジュー...
コンテイジョン (悠雅的生活)
感染拡大。情報流出。そして、人々は・・・
コンティジョン (A Day In The Life)
劇場にて鑑賞 解説 『オーシャンズ』シリーズや『トラフィック』のスティーヴン・ソダーバーグ 監督が、地球全体を恐怖に陥れるウィルスの恐怖を豪華俳優陣で描くサスペン ス大作。 接触によって感染する強力な新種のウイルスが世界各地に拡大していく中で、 ...
コンテイジョン (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
「インフォーマント!」のスティーブン・ソダーバーグ監督によるパニックサスペンス。謎のウィルス感染によって世界中の人々が命を落としてゆく中、それに立ち向かう人々の姿を描 ...
コンテイジョン (だらだら無気力ブログ!)
『感染列島』なんか足元にも及ばない!!
映画「コンテイジョン(デジタル上映)」 感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog@Seesaa)
映画『コンテイジョン(デジタル上映)』(公式)を昨日TOHOシネマズデーにて劇場鑑賞。キャパ112名に20名弱とは意外に?多いかも。 採点は、★★☆☆☆(5点満点で2点)。100点満点なら50点にします。期待しなければ、それなりに楽しめると思います。 ★記事の続き(...
始まりは全て小さい…。スティーヴン・ソダーバーグ監督『コンテイジョン』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
※注・内容に触れています。スティーブン・ソダーバーグ監督によるパンデミック・サスペンス(←色々な呼び方ができそうですが)『コンテイジョン』出演(豪華!)はマット・デイモン、ケイト・ウィンスレット、ロー
コンテイジョン (Contagion) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 スティーヴン・ソダーバーグ 主演 マット・デイモン 2011年 アメリカ/アラブ首長国連邦 106分 サスペンス 採点★★★ 震災の時、整然と列を作って水や食料を求める被災者の姿に「日本人スゲェ!」って称賛の声が上がりましたが、あの時の事を思い出してみる...
コンテイジョン (風に吹かれて)
感染より怖いもの公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/contagion 監督: スティーブン・ソダーバーグ香港出張からアメリカミネソタ州に帰国したベス(グウィネス・パ
感染拡大〜『コンテイジョン』 (真紅のthinkingdays)
 CONTAGION  香港出張からミネソタの自宅に戻ったベス(グウィネス・パルトロー)は、激し い痙攣を起こして急死する。夫のミッチ(マット・デイモン)は疾病予防管理セン ターによって隔...
映画『コンテイジョン』  (よくばりアンテナ)
コウモリ・・・豚・・・コウモリ・・・豚・・・ ひょえーっ 人類滅亡とかってリアリティあるぅ〜〜 ってことは、『猿の惑星』につながりそうな・・・・ 新種のウィルスがまたたく間に世界中に広まって...
「コンテイジョン」伝染るんです。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[コンテイジョン] ブログ村キーワード  “豪華6大スター共演!”スティーブン・ソダーバーグ監督が、未知のウイルスがもたらす恐怖を描いた本作「コンテイジョン」(ワーナー・ブラザース)。いやあ、恐いって!背筋は冷たくなるし、見終わったら無闇に咳できんよう...
コンテイジョン (新・映画鑑賞★日記・・・)
【CONTAGION】 2011/11/12公開 アメリカ 106分監督:スティーヴン・ソダーバーグ出演:マリオン・コティヤール、マット・デイモン、ローレンス・フィッシュバーン、ジュード・ロウ、グウィネス・パルトロー、ケイト・ウィンスレット、ブライアン・クランストン、ジェニ....
コンテイジョン/CONTAGION (いい加減社長の映画日記)
最近、よくあるパンデミックパニックムービー。 マット・デイモンなど豪華キャストが魅力的。 【ストーリー】 香港出張からミネソタの自宅に帰って来たベス・エムホフが、謎の疾病で急死した。やがて彼女の幼い息子・クラークも同じ症状で死亡し。ベスの他にも、香港、....
コンテイジョン/CONTAGION (いい加減社長の日記)
最近、よくあるパンデミックパニックムービー。 マット・デイモンなど豪華キャストが魅力的。 【ストーリー】 香港出張からミネソタの自宅に帰って来たベス・エムホフが、謎の疾病で急死した。やがて彼女の幼い息子・クラークも同じ症状で死亡し。ベスの他にも、香...
『コンテイジョン』 今これを観る意義 (映画のブログ)
 世界人口の約50%が感染し、25%が発症し、死亡者は2,000万人以上(5,000万人とも1億人とも)と云われている。世界人口が18〜20億人の時代に、なんと大きな数字だろう。  1918年〜19年に猛威を振るったスペ...
『コンテイジョン』 (こねたみっくす)
ウィルスの感染よりも速い恐怖の感染。そのリアルさに人間の愚かさを感じずにはいられない。 『アウトブレイク』のようなパンデミックの恐怖を描いた作品というよりは、パンデミ ...
コンテイジョン (こんな映画見ました〜)
『コンテイジョン』---CONTAGION---2011年(アメリカ)監督:スティーヴン・ソダーバーグ 出演:マリオン・コティヤール、マット・デイモン、ローレンス・フィッシュバーン 、ジュード・ロウ 、グウィネス・パルトロー、ケイト・ウィンスレット 未知の致死性ウ...
コンテイジョン  監督/スティーヴン・ソダーバーグ (西京極 紫の館)
【出演】  マット・デイモン  ケイト・ウィンスレット  ローレンス・フィッシュバーン  ジュード・ロウ 【ストーリー】 香港出張からミネソタの自宅に帰って来たベス・エムホフが、謎の疾病で急死した。やがて彼女の幼い息子・クラークも同じ症状で死亡し。ベスの他....
接触感染という恐怖 (笑う学生の生活)
18日のことですが、映画「コンテイジョン」を鑑賞しました。 未知の致死性ウイルス感染が地球規模で発生 果たして どうなるのか・・・ ウイルスによるパニック映画なのだが 非常にリアルに徹して作られてますね まさに、シミュレーションのような しかし ストーリーは....
「コンテイジョン」 情報パンデミック (はらやんの映画徒然草)
タイトルの「コンテイジョン(CONTAGION)」は「接触感染」という意味らしい
コンテイジョン/豪華キャストで技巧派映画 (映画感想 * FRAGILE)
コンテイジョンContagion/監督:スティーブン・ソダーバーグ/2011年/アメリカ 主役級は全員アカデミー賞(級)などと言われていますが、それは俳優だけではないのです。 全員アカデミー賞受賞者だったらこの見出しももっとスッキリするのですが、こればっかりはし...
コンテイジョン/豪華キャストで技巧派映画 (映画感想 * FRAGILE)
コンテイジョンContagion/監督:スティーブン・ソダーバーグ/2011年/アメリカ 主役級は全員アカデミー賞(級)などと言われていますが、それは俳優だけではないのです。 全員アカデミー賞受賞者だったらこの見出しももっとスッキリするのですが、こればっかりはし...
No.085 「コンテイジョン」 (2011年 106分 シネスコ) (MOVIE KINGDOM ?)
監督 スティーヴン・ソダーバーグ 出演 マリオン・コティヤール    マット・デイモン     この日の2本目は最近は珍しいウィルスパニック映画 しかも監督がスティーヴン・ソダーバーグというこう言う映画では異色の監督? でもこの巨匠が撮るんだから期待感は....
コンテイジョン (映画的・絵画的・音楽的)
 『コンテイジョン』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)本作は、マット・デイモンが出演するのだから、これまでの作品(『アジャストメント』とか『ヒアアフター』など)からしても、そんなに外れることはないだろうと見込んで映画館に行きました。  でも、その期待は大...
コンテイジョン (C'est joli〜ここちいい毎日を〜)
コンテイジョン'11:米◆原題:CONTAGION◆監督:スティーヴン・ソダーバーグ「オーシャンズ」「トラフィック」◆出演: マット・デイモン、ケイト・ウィンスレット、ローレンス・フィッシ ...
映画『コンテイジョン』を観て (kintyre's Diary 新館)
11-72.コンテイジョン■原題:Contagion■製作年・国:2011年、アメリカ■上映時間:106分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:11月14日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ □監督:スティーヴン・ソダーバーグ□脚本:スコット・Z・バーンズ□編集:スティーヴン・ミリオン...
コンテイジョン (銀幕大帝α)
CONTAGION/11年/米/106分/感染パニック・サスペンス/劇場公開 監督:スティーヴン・ソダーバーグ 過去監督作:『オーシャンズ13』 出演: ◆マリオン・コティヤール…ドクター・レオノーラ・オランテス 過去出演作:『インセプション』 ◆マット・デイモン…...
コンテイジョン (いやいやえん)
パンデミックもの。なんちゅう豪華なキャスト!それを惜しげもなく女優を殺しちゃうんだからまた凄いや。 新種ウィルスの感染拡大は怖い。またも世間ではインフルエンザが流行ってますが、もっと感染症状が酷くて感染源が不明なもので、情報操作だってされてるんじゃ...
映画評「コンテイジョン」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2011年アメリカ映画 監督スティーヴン・ソダーバーグ ネタバレあり
「コンテイジョン」 (或る日の出来事)
世界規模の感染をオールスターで描く。