ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『ロード・オブ・ウォー』

2005-10-28 18:55:10 | 新作映画
----この映画、最初『アメリカン・ビジネス』という
タイトルで公開される予定だったよね。
結局、原題に戻っちゃったね。
「うん。なぜだろう?あまりにも生々しいからかな。
旧ソ連のウクライナから家族とともに
移民としてアメリカに渡ったユーリー(ニコラス・ケイジ)。
武器の密売に手を染め始めた彼を
インターポールの刑事バレンタイン(イーサン・ホーク)が追いつめていく…」

----ということはアクション映画なの?
「いやいや。それが違うんだ。
監督がアンドリュー・ニコルだけあって、
冒頭のタイトルバックからして意表を突いている。
一発の銃弾が作られ、紛争国に運ばれ、実際に使われるまでを
その銃弾を常にフレームの中心に据えたショットで繋いでいくんだ」

----へぇ~。凝ってるニャあ。
「ユーリーには
憧れの美女エヴァ(ブリジット・モイナハン)がいるんだけど、
彼が彼女に接近しモノにするまでもスケールがでかい。
運命の出会いを演出するべく、孤島のホテルを借り切るばかりか、
エヴァを島から送り届けるために、
自家用機に見せかけたジェット機のレンタルまでやってしまう。
さすが『トゥルーマン・ショー』という
とてつもないホラ話を作り上げた監督だけある」

----そう言えばあの映画って風刺が効いてたよね。
この『ロード・オブ・ウォー』もそんな感じなのかな?
あっ、内容が内容だけにそうか。
世界を股にかけ、紛争国のトップやゲリラ相手に
武器を売りつける武器商人の話だものね。
「うん。
現代の世界の状況がその矛盾とともに克明に描き出される。
砂漠の真ん中で、相手は軍服や戦闘服なのに、
ユーリーはいつもスーツ姿と言うのも皮肉が利いている」

----でも、そんなあくどい商売に手を出しながら
なかなか捕まらないってのも不思議。
「まあ、それが彼の才覚と言うことかな。
捕まらない決定的理由が最後の最後に明らかとなるんだけど、
実はそのことこそが
最初決まりかけた邦題『アメリカン・ビジネス』の由来ともなっている」

-----うん?どういうこと?
「つまり彼ら武器商人は国によって保護されていると言うわけだ。
彼はお金さえ払ってくれれば商売の相手を選ばない。
敵の敵=味方にも武器を売るわけだから、
アメリカとしては大歓迎と言うことになる。
これって直球勝負でいけば社会派映画の極となるテーマだけど、
そこはアンドリュー・ニコル、変化球でブラックに攻めたわけだ。
それでも脚本提出がアメリカのイラク侵攻一週間前。
周囲は難色を示し、結局アメリカでの資金調達はゼロだったらしい」

----ふうん。そう言えばこういう問題作の常連となった
ジャレッド・レトが出ているね。
「彼はユーリーの弟役。
途中でドラッグ中毒になってしまう。
『レクイエム・フォー・ドリーム』のイメージを引き継いでいるのかも。
ジャレッド・レトって美形なのに作品のセレクトが通好み。
ジョニー・デップの路線を歩もうと思っているのかもね」

                   (byえいwithフォーン)

フォーンの一言「人間ってひどいニャ」身を乗り出す
※けっこう後引く度
人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー

※画像はアメリカのオフィシャル・サイトの壁紙です。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (25)   トラックバック (79)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『ダイヤモンド・イン・パラ... | トップ | 『ハリー・ポッターと炎のゴ... »
最近の画像もっと見る

25 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
タイトルロールの銃弾に (bakabros)
2005-11-29 03:52:09
やられた~! と痺れたのですが、色んな事考えすぎて(ニコラス・ケイジに夢中で!?)すっかり書くのを忘れていました。凄く上手く出来ていて感動しました。

純粋にストーリーも良かったし、ニコラス・ケイジの魅力を十二分に発揮するような内容と役柄で凄く良かったです。

■bakabrosさん (えい)
2005-11-30 01:15:15
こんばんは。



あの銃弾の処理は見事でしたね。

ニコラス・ケイジもですが、

イーサン・ホーク、ジャレッド・レトなど、

キャスティングの妙に酔いました。

アンドリュー・ニコルらしい

ひねりの利いた作品でした。
タイトルバック ()
2005-12-01 11:36:51
こんにちわ。私も同感です。最初は面白いショットだと思ったのですが、弾の最後は。。。

重いテーマですが知る事も必要だと思いました。。
■海さん (えい)
2005-12-01 23:50:38
こういうヘビーなテーマで、

こんな遊び心を持った描き方をする映画はなかなかないだけに、

とても新鮮でした。

飛行機が身ぐるみ剥がされるところなんか、とてもブラック!

次回作にも期待したいです。

uwm0306tom@msn.com (tomo)
2005-12-11 23:24:37
「映画はトモダチ」からのトラバ送信を思いっきり間違えてしまいました。

すいませんでした・・・T-T
■tomoさん (えい)
2005-12-12 00:03:04
こんばんは。



だいじょうぶです。

ぼくもよくやります。

ブログって、

うまくいかないことけっこうありますよね。



また、何かご覧になったら

よろしくお願いします。
戦場ものにヘコみがち (エンタメ!ブレイク?)
2005-12-14 10:28:32
こんにちは。(TB不調シリーズ)



IMDBをチェックしたとき、

思わず『アメリカン・ビジネス』

で検索かけてしまいました。おかしいなあと。

演出、撮影うまいですよね。この作品。



『ホテル・ルワンダ』とセットで観ると、

お腹いっぱいになりますね。



私は『マサイ』のアフリカが好きです。

では!
エンタメ!ブレイク?さん (えい)
2005-12-14 19:13:28
こういうトリッキーな映画は好きなのですが、

アメリカではイマイチ評価が低いですね。

賞レースに全くからんできません。



同じ反ブッシュでも『シリアナ』の方が人気高いようです。

Unknown (NOBU)
2005-12-14 21:23:01
TBありがとうございました!

ちょっとテーマが重かったですね。特にアフリカでの部分は。

TBもさせて頂きました。よろしくお願いします。
■NOBUさん (えい)
2005-12-14 23:17:48
こんばんは。



そうですね。

アフリカのシーンは、衝撃的でした。

もしかしたら作る側は

ブラックな笑いというのを考えていたのかもしれませんが…。

シビアすぎて、そうはならなかったですね。
観てよかったです。 (たいむ)
2005-12-18 17:10:30
こんばんは。



>周囲は難色を示し、結局アメリカでの資金調達はゼロだったらしい」

そういう裏話もあると、ますます現実味が出ちゃいますね。

裏世界、知って良かったと思っています。

難しく重い内容なだけに、音楽など、ちょっと軽く作られていたところは逆に評価したいところです。
■たいむさん (えい)
2005-12-19 12:02:06
こんにちは。



アカデミー賞にもからんでくるのではと言われている

『シリアナ』などもそうですが、

最近、アメリカ政権を批判する映画が増えてきました。

さすがにこのままではヤバいと、

ハリウッドも意識し始めたと言うことでしょうか?
良かったです。 (あかん隊)
2005-12-19 15:44:40
こんにちは。他の映画のさわぎに埋もれて、いまひとつ目立たないような気もしますが、良かったです。

ブラックコメディにしようとした意図は、見えますが、とてもそんな気分ではありませんでした。
■あかん隊さん (えい)
2005-12-19 20:12:55
こんばんは。



コメントありがとうございます。

この時期はどうしてもイベントムービーが多く、

こういうユニークな映画は埋もれがちになってしまいます。



ブラックな表現と言うのはさじ加減が難しいですね。

風刺がすぎれば、コメディとして笑えなくなる時もある。

例の「飛行機が身ぐるみ剥がされるシーン」など、

ブラックすぎて、逆に笑いが凍りついてしまう。

この映画はその微妙な狭間にいるような気がしました。





トラックバックありがとうございます (でんでん)
2006-01-02 23:52:00
どもっこんにちは。

トラックバックありがとうございます。



この作品、虚実のバランスがいいですよね。もちろん虚というオブラートで包んだ実と本音って感じ。そこがまたブラックで。新春早々、こんな作品が観られて良かったです(^^ゞ
結構気に入りました (ゆづあげ)
2006-01-05 22:07:36
えいさん、こんにちは。ゆづあげと申します。

私はイーサン・ホーク目当てという

ミーハーな気持ちでこの作品を見ました。

そんな私にはちょっと重いテーマかとも思うのですが、

ニックの軽快なトークのおかげか、

割とすんなり観られて、いろいろ考えちゃいました。



こちらの記事をよんで、更に内容もよくわかり

(ユーリーがいつもスーツである意味とか)

とても興味深かったです。

ありがとうございますm(__)m
■ゆづあげさん (えい)
2006-01-05 23:41:01
こんばんは。



ゆづあげさんのエントリー拝見しました。

イーサン・ホーク中心に書かれていて、

こちらこそとても興味深かったです。



これからもよろしくお願いします。
苦手とはいえ^^; (にゃんこ)
2006-01-08 12:00:47
ニコラス苦手とはいえ、完全スルーしなくってよかったなぁ~と

観終わって思いました(笑)

戦争もひとつのビジネス 武器も食べ物も物流物資としては同等なのが

スーツ姿に象徴されていているような気がしました。



そういえば、ジャレッド・レト観ながら 誰かに似てるなぁ~と思っていたのですが

鼻から顔の下半分コリン・ファレルを猫は想定しちゃったみたいです(苦笑)

睫毛具合も似てたような^^;;;
■にゃんこさん (えい)
2006-01-08 22:08:07
こんばんは。



あのスーツ姿は皮肉っぽいですよね。

ジャレッド・レト=コリン・ファレルですか?

ジャレッドの方が、細身のイメージかな。
映画は未見ですが・・・。 (Ageha)
2006-02-03 14:55:32
ランボーの銃、(1しか見てないとかいう話)

飛行機が跡形もなく解体されて持ってかれるシーン、

・・・DVDで確認しようと思います。



小説版を見ただけですが、

こちらのほうも軽妙なテンポの語りくちで

ストーリー展開するのが、とてもおもしろくて

読みやすかったです。



話の内容が内容だけにコメディタッチ(ずいぶんブラックですけど)にせざるを得なかったともいえますが。
■Agehaさん (えい)
2006-02-04 00:21:15
こんばんは。



この映画、けっこうトリッキーな映像が使われています。

小説だとその辺りがどう表現されているのか、

果たして<毒>はしっかり出せているのか、

けっこう興味があります。



こんばんは (元・副会長)
2006-03-09 19:28:55
 ずいぶん前の書き込みにトラックバックして恐縮です(汗)。



 貴ブログはちょくちょく拝見しております。今後とも頑張って下さい。でわ(^_^)/。
■元・副会長さん (えい)
2006-03-09 21:54:32
こんばんは。



コメントありがとうございます。

先ほど読ませていただきました。

独自の視点から分析されていて

とても読み応えありました。

ご声援ありがとうございます。

これからもよろしくお願いします。
はじめまして。 (hke1120)
2006-12-25 08:57:22
hke1120です。
TBさせて頂きました。

冒頭の「弾丸の一生」、良かったですね。本編はエンジンかかるの遅かったんで、これがカバーしてくれたように思います。

これからもよろしくお願いします。
■hke1120さん (えい)
2006-12-27 13:11:49
こんにちは。

この映画、最後まで観て、
そしてまた冒頭を観ると、
あの「弾丸の一生」がさらに生きてくる気がします。

今年はあとわずかですが、
お越しいただいてありがとうございました。
来年も引き続きよろしくお願いします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

79 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「ロード・オブ・ウォー」ニコラス・ケイジの新作 (soramove)
「ロード・オブ・ウォー」★★★ ニコラス・ケイジ主演 最初は古い銃を 売りさばく せこい売人だった主人公。 だんだんとコネクションを広げ、 でかい商売で莫大な利益を上げていく。 もちろんその一方で その武器で人が死んでいく描写もある。 その頃、...
「ロード・オブ・ウォー」 (試写会帰りに)
サイエンスホールにて「ロード・オブ・ウォー」試写会。 ニコラス・ケイジが演じる主人公の“武器商人ユーリー・オルロフ”は、実在する武器商人たちを徹底的にリサーチして作り上げられた人物で、実話に基づいたストーリーである事と、監督、脚本がアンドリュー・ニコル、共
#51:ロード・オブ・ウォー(試写) (::あしたはアタシの風が吹く::)
ソビエト連邦崩壊前夜のウクライナに生まれたユーリー・オルロフは、少年時代に家族とニューヨークへ渡り、両親が営むレストランを手伝いながら育った。ある日ロシア人ギャングの銃撃戦を目撃したユーリーは、レストランが食事を提供するように、戦場に武器を供給する仕事を
死の商人って?『ロード・オブ・ウォー』 (シネマのしたため)
先日ニコラス・ケイジさんの新作『ロード・オブ・ウォー』の 完成披露試写会におじゃましてきました~。 公式サイト:http://www.lord-of-war.jp/ 12月17日公開予定の作品です。 カタカナしか読んでなくて『Road of War』かと思っていたので、 「戦争への道」?...
「 ロード・オブ・ウォー 」 (MoonDreamWorks)
監督・脚本 : アンドリュー・ニコル 「ターミナル」主演 : ニコラス・ケイジ/イーサン・ホーク/ブリジット・モイナハン   公式HP:http://www.lord-of-war.jp/index2.html弾の数だけ札束が舞う全世界には5億5千丁の銃がある。ざっと12人にひとりの計算だ。残る...
ロード・オブ・ウォー (amapola)
(2005米/アンドリュー・ニコル/試写会/★4)  ソビエト連邦崩壊前のウクライナに生まれ、アメリカに渡ったユーリー・オルロフ(ニコラス・ケイジ)は、弟のヴィタリー(ジャレッド・レトー)と2人で武器売買の事業を始める。天性の才能を発揮し、世界有数の武器商人へと.
ロード・オブ・ウォー (メルブロ)
ロード・オブ・ウォー 上映時間 2時間2分 監督 アンドリュー・ニコル 出演 ニコラス・ケイジ イーサン・ホーク ブリジット・モイナハン ジャレッド・レトー  実際の話を基に製作された武器商人の物語。「ナショナルトレジャー」以来のニコラス・ケイジ主演作!
ロード・オブ・ウォー (映画-CAN)
“才能”という言葉には、魅力的な響きが有る。 生まれついてのもの、得ようと思っても得られないもの、それが“才能”だからだ。 ウクライナからアメリカに移住してきた一家の長男・ユーリー(ニコラス・ケイジ)は、 レストランでギャングの銃撃戦に出くわした事から、その
映画感想「ロード・オブ・ウォー」 (三匹の迷える羊たち)
映画感想「ロード・オブ・ウォー」 【評価】★★★★ 【反戦】★★★★★ 【不条理】★★★ 【ブラック】★★★★ 【笑い】★★★★ 【エロ】★★ 試写会で見たのですが、ひさしぶりに良い映画でした。 僕は個人的にニコラス・ケイジはあまり好きじゃないので、「ケ.
ロード・オブ・ウォー (Rohi-ta_site.com)
試写会で、出演:ニコラス・ケイジ/イーサン・ホーク/ジャレッド・レト/ブリジット・モイナハン/製作・脚本・監督:アンドリュー・ニコル/作品『ロード・オブ・ウォー』を観ました。 ●ストーリー ウクライナに生まれ、少年時代にニューヨークへ移民して来たユーリー・オ
悲しみの現実に息を呑む『ロード・オブ・ウォー』 (映画はトモダチ)
重い・・・、重かったあ。 これはいつになく重いテーマでした。 軽い気持ちで見に行くと、たぶん撃沈します。 【作品紹介】 『ロード・オブ・ウォー』 監督・脚本 : アンドリュー・ニコル 出演 : ニコラス・ケイジ、イーサン・ホーク、ジャレッド・レト、ブリジット・モ
ロード・オブ・ウォー (Diary of a MADMAN)
昨日『ロード・オブ・ウォー』の試写会にDrと一緒に行って来た(ドクターじゃない...
ロード・オブ・ウォー -史上最強の武器商人と呼ばれた男- (こっちゃんと映画をみまちょ♪)
道路一面を多い尽くす黄金色。落ち葉ではありません。おびただしい数の銃弾の薬莢が、地面が見えぬほど散らばっているのです。そして、そんな道の脇に立っている男はこう言うのでした。「今、世界には5億5千万丁の銃がある。ざっと12人に一丁の計算だ。残る課題は____
「ロード・オブ・ウォー」ニコラス・ケイジ主演 ランボーの武器1・2・3シリーズ揃います! (話題のナレッジベース)
ランボーが使った武器が欲しいんだけど・・・もちろんシリーズ1・2・3すべて揃ってます!そんな会話も愉快な仲間達?ではなく、弾丸(タマ)の数だけ、札束(カネ) が舞う。世界の裏社会で国際的武器売買の世界を描いた「ロード・オブ・ウォー」が公開されます。   ...
映画「ロード・オブ・ウォー」 (いもロックフェスティバル)
ニコラス・ケイジ主演の映画「ロード・オブ・ウォー」の試写会に行ってきた。 ニコラ
『 ロード・オブ・ウォー 』 試写会に行ってきました (やっぱり邦画好き…)
昨日は「ロード・オブ・ウォー 」の試写会に行ってきました。お話は、1980年、ユーリー(ニコラス・ケイジ)は、崩壊以前のソビエト連邦ウクライナから自由の国・アメリカへ渡り、武器の密売に手を染めることになる。混沌とする世界情勢が追い風となり、いつしか彼は、その
1人に1丁の銃「ロード・オブ・ウォー」 (今日はどこへ行きましょうか)
ニコラス・ケイジ主演作「ロード・オブ・ウォー」お目見えです偶然にも、ちょっと前に「フェイス・オフ」をチラッと見たのですが、やっぱ髪増えたよね~ ストーリー「ロシア系ユダヤ人のユーリー・オルロフ。ニューヨークにレストランを開いた両親を手伝い、そこで働く...
ロード・オブ・ウォー (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  生と死の狭間をビジネスする究極リーマン
武器商人の光と闇とさらなる闇 「ロード・オブ・ウォー 史上最大の武器商人と呼ばれた男 」 (平気の平左)
評価:75点{/fuki_osusume/} ロード・オブ・ウォー 史上最大の武器商人と呼ばれた男 「武器商人」をニコラス・ケイジが演じるという予備知識しかなかったのですが、かなり社会派で、しかも面白い映画になっています。 適度にノンフィクションなので、実際に起こった武
「ロード・オブ・ウォー」みた。 (たいむのひとりごと)
「地獄へ堕ちろ」としか言えなかったバレンタインと同じ気持ちだ。(以下ネタバレバ
「ロード・オブ・ウォー」ニコラス・ケイジの新作 (soramove)
「ロード・オブ・ウォー」★★★ ニコラス・ケイジ主演 最初は古い銃を 売りさばく せこい売人だった主人公。 だんだんとコネクションを広げ、 でかい商売で莫大な利益を上げていく。 もちろんその一方で その武器で人が死んでいく描写もある。 その頃、...
映画: ロード・オブ・ウォー (Pocket Warmer)
邦題:ロード・オブ・ウォー 原題:Lord of War 監督:アンドリュー・ニ
ロード・オブ・ウォー (Alice in Wonderland)
今年90本目の映画鑑賞です。目標のあと10本は今年は無理そうですね。 ウクライナに生まれ一家でアメリカに移住したユーリー・オルロフは、ある日をきっかけに弟のヴィタリー(ジャレッド・レト)とともに武器ブローカーとしての道を歩みだす。世界各地の軍事政権や...
「ロード・オブ・ウォー」評/スーツ姿の死神はかく語りき (I N T R O+blog)
『ロード・オブ・ウォー』(2005 / アメリカ / アンドリュー・ニコル) Text By 仙道 勇人  「今世界には5億5千丁の銃がある。ざっと12人に1丁の計算だ。残る課題は\"1人1丁の世界\"」そう嘯いてみせる男の独白から始まる本作は、この男――ユーリー・オルロフが「死の商人」
ロード・オブ・ウォー、私にはできそうにありませんが… (cococo)
これは、初っぱなの映像にしてやられた! こうも巧みに、まるで自分が「銃弾」になっ
ロード・オブ・ウォー (よーそろー)
ニコラス・ケイジ主演の実在した武器商人をモデルにした映画。 テレビCMの「ランボーの銃ある?」「1,2,3全部あるよ」というセリフにかなりウケたので、てっきりブラックコ
「ロード・オブ・ウォー」 (the borderland)
「キングコング」も初日なのに、ニコラス・ケイジを観てきました(^^; 年末の忙しいなかで、なかなかペースが上がらんなぁ。 タイトルロールでいきなり魅せてくれます。 「チャーリーとチョコレート工場」は、昔、NHKでやっていた「働くおじさん」で見たかのよう
ロード・オブ・ザ・ウォー (ネタバレ映画館)
 「ランボーが使ってた銃をくれ!」「1、2、3・・・どれ?」「1しか観てない」「じゃ、M60だ。それ」  僕は弾丸。真鍮板から生まれたんだよ。検査を受けて、箱に詰められ、遥かな異国の地アフリカに渡って来ちゃった。今まさに銃に込められ撃たれたんだ。あっ、ぶつかる!
『ロード・オブ・ウォー』 23日に観ました (映画と秋葉原とネット小遣いと日記)
『ロード・オブ・ウォー』 公式HPはこちら ← 旧ソ連ウイクライナ生まれのユダヤ系アメリカ移民のユーリー・オルロフ(ニコラス・ケイジ)。父のレストランを手伝って居たが。上昇志向の強い彼はやがて銃の密売に手を染め始め、自分の商才に目覚める・・・・ ●コラム
ロード・オブ・ウォー/史上最高の武器商人と呼ばれた男 評価額・1420円 (Blog・キネマ文化論)
●ロード・オブ・ウォー/史上最高の武器商人と呼ばれた男を豊川コロナワールドシネマ
Lord of War(2005,U.S.) (The Final Frontier)
Lord of War ソビエト連邦崩壊前のウクライナに生まれ、少年時代に家族とともにアメリカに渡ったユーリー・オルロフ(Nicolas Cage)。やがてニューヨークにレストランを開いた両親を手伝い、そこで働くユーリーはある時、ギャング同士の銃撃戦を目撃する。この時彼は、食事.
ロード・オブ・ウォー(LORD OF WAR)―史上最強の武器商人と呼ばれた男― (わかりやすさとストーリー)
●しっかりエンタメしてる異色の人間ドラマ●そこでしか作れない題材を扱った本作は、まさに映画の醍醐味。こんな作品はありそうで滅多にない。
『ロードオブウォー 史上最大の武器商人と呼ばれた男』 アンドリュー・ニコル監督 (物語三昧)
★★★★星4つ さすが、とうならせられるアンドリューニコルの新作。物凄い力を持った作品だ。エンターテイメントとはいいがたいめちゃ重い作品ではあるが、できればたくさんの人に見てほしい気がする。 あらすじは、↓HPで見ればいいしたくさん書かれている思うの
「ロード・オブ・ウォー」を観ました。 (GOOD☆NEWS)
ニコラス・ケイジ主演の映画「ロード・オブ・ウォー」を観て来ました。世界の戦争や紛争地域に必ず居ると言われる武器商人。その実在の武器商人達をモデルにした武器売買の実態を極めてリアルに描いた作品です。監督は「トゥルーマン・ショー」の脚本を手がけたアンドリュ...
ロードオブウォー/ lord of war (我想一個人映画美的女人blog)
       無数の弾丸の上を歩いてたニコちゃんが、突然振り向く。 「今、世界には5億5千丁の銃がある。  ざっと12人に1丁の計算だ。残る課題は1人1丁の世界」 ジュードロウをこの世に知らしめ、(たぶん)ユマサーマンとイーサンホークを出逢わせてしまった(別
『ロード・オブ・ウォー』レビュー/必要悪の世界 (西欧かぶれのエンタメ日記)
本日、急に時間があいたので、すぐに観れるものを…と、苦手な俳優、ニコラス・ケイジの『ロード・オブ・ウォー ~史上最強の武器商人と呼ばれた男~』を選んで観た。 ニコラス・ケイジは、なぜか生理的にダメなタイプなのだけど、本作は予告を見て、ヒーロー風味のニコラ
ロード・オブ・ウォー (lip)
アクションものと思って軽い気持ちでいたら大間違いでした。 という訳で、これ、思いっきり反戦映画とも取れる作品ですな。ニコラス・ケイジといえばダサダサ、コン・エアーの印象がついちゃって…それ以外に印象に残っているのは「月の輝く夜に」(原題:Moonstruck)でし
映画館「ロード・オブ・ウォー」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
実際にあった話を映画化したという、武器商人のお話。 悪いことがはびこる世の中、でもそれで儲かる人がいるっていうのも事実。最近話題になっているマンション問題を思い出しちゃいました。スケールは違いますが「人が死のうが生きようが私には関係ありませぇ~ん!」...
「ロード・オブ・ウォー」を観る(ネタバレあり) (ちょっとだけ勝手に言わせてもらいます(Blog版))
 昨日は映画ファンなら忘れちゃいけない映画の日、という事で昨年の元日同様、盟友N
ロード・オブ・ウォー (ももママの心のblog)
2005年 アメリカ ヒューマンドラマ、サスペンス 2006年1月1日 川崎チネチッタ 監督・脚本 アンドリュー・ニコル(ターミナル) 出演 ニコラス・ケイジ(ナショナル・トレジャー、マッチスティック・メン、フェイス/オフ、月の輝く夜に) イーサン・ホーク(ヒマラヤ杉に
LORD オブ ウォー観て来ました (35歳から英語勉強して良いかな?)
LORD オブ ウォーを本日見てきました。正月はさしてすることも無いので、一度は映画に行こうと決めていました。実は物凄くこの映画を、見たかったという訳ではありません。行こうと決めていた、映画館にあまり見たいものが無く消去法にて決定しました。
ロード・オブ・ウォー (八ちゃんの日常空間)
武器商人、これが天職と考えている主人公ユーリー・オルロフが世界各地で武器を転売する傍ら、幼馴染みで憧れのモデルとの結婚生活、インターポールとの知恵比べのようなイタチごっこで、観ている者を引き込ませる。 波乱に満ちた人生、いかにも映画向きだから、のストーリ.
ロード・オブ・ウォー (ようこそ劇場へ!)
去年の暮れに観た作品だが、そのままにしていて越年アップとなった。 その訳は、余りに現実的なやりきれないテーマで気が重くなったことと、その重さとは裏腹な軽さを装った娯楽映画風な作りに戸惑ったからである。個人的な好みからすれば、徹底的にドキュメンタリー・タッチ
ロード・オブ・ウォー (●○ゆるゆるシネマ感想文○●)
「ロード・オブ・ウォー」  公式サイト 劇場鑑賞 ゆづきの好き度(満点は★5個)  ★★★☆☆ 2005年12月17日公開 原題:LORD OF WAR 製作:2005年アメリカ 監督・脚本:アンドリュー・ニコル 出演:ニコラス・ケイジ、イーサン・ホーク
ロード・オブ・ウォー -史上最強の武器商人と呼ばれた男- (まつさんの映画伝道師)
第317回 ★★★★(劇場) (国際問題を語っているので、ご注意あそばせ)  意外と実感の無い事だが、日本は世界有数の「防衛費」つまり軍備に金をかけている国である。  先日の予算編成で防衛費カットを掲げているものの、その金額は全体額から見れば微々.
「ロードオブウォー」見てきました。 (よしなしごと)
 ~弾丸の数だけ札束が舞う~  今日はニコラスケイジ主演のロードオブウォー。  最近、レイトショー料金で見るのではなく、前売り券を買って見るようになりました。レイトショー料金よりも前売り料金の方が若干高いのですが、おまけが付いてくるからです。ロードオブウ
ロード・オブ・ウォー LORD OF WAR (travelyuu とらべるゆうめも MEMO)
ニコラス・ケイジ、イーサン・ホーク主演 武器商人の物語 ロード・オブ・ウォー=戦争の主 ニコラス・ケイジのナレーションで  銃弾の製造過程が弾の視点にたっています そして アフリカの子供に・・・・ ユーリはウクライナ出身でブルックリンの リトル・オデッサで
ロード・オブ・ウォー (ハイジのシネマパラダイス)
ロード・オブ・ウォー 監督・脚本・製作:アンドリュー・ニコル 出演:ニコラス・ケイジ イーサン・ホーク ジャレッド・レト イアン・ホルム ストーリー ウクライナで生まれたユーリーはニューヨークに移住後、家族の経営するレストランを手伝っていた。 ある日
ロード・オブ・ウォー☆独り言 (黒猫のうたた寝)
ニコラス・ケイジ苦手な俳優さんなんですが(笑)なぜか、意外に猫がはまる映画にも 出演してたりするんですよね、、、 新年、初の映画は『ロード・オブ・ウォー』になりました。 でもねーー、なんで隣の県のいつもの越境先でさえ、18スクリーンあるのに 1日に2回し.
ロード・オブ・ウォー (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
世界をまたにして活躍する大物の武器商人を主人公とした作品です。 ソビエト連邦崩壊前夜のウクライナに生まれたユール・オルロフは、家族とともにニューヨークへ移住し、両親の営むレストランを手伝っていました。ある日、ロシア人ギャングの銃撃戦を目撃したことをきっ
『ロード・オブ・ウォー』 (かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY)
そこにある不条理に胸が痛みつつ、ブラックなテーマに満足。 戦争ビジネスの実情がエンタメしていておもしろい。 ウクライナ生まれのユーリー・オルロフは名うての武器商人に成り上がっていった・・・この手の映画が全国ロードショー公開作になるのは、ニコラス・ケイジ
★「ロード・オブ・ウォー」 (ひらりん的映画ブログ)
2006年1本目の劇場鑑賞映画。 戦争物は余り得意じゃないけど・・・ この映画は武器商人の話らしいし・・・ 今のニコラス・ケイジじゃ、シリアスな戦争物は作らないだろーーし。
【劇場鑑賞】ロード・オブ・ウォー ―史上最強の武器商人と呼ばれた男―(LORD OF WAR) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
今世界には 5億5千万丁の銃がある。 ざっと12人に1丁の計算だ。 私が目指すのは・・・ ”1人1丁の世界”
ロード・オブ・ウォー~史上最強の武器商人と呼ばれた男~ (*アンチハリウッド的* 映画論)
※少しネタバレがあります。見ていない方はご注意ください。 公式サイトはコチラ→ 【原題】Lord of? War 【制作年】2005 【制作国】アメリカ 【監督】アンドリュー・ニコル 【主なキャスト】 ○ニコラス・ケイジ(ユーリー) ○イーサン・ホーク(イン
映画:「ロード・オブ・ウォー」 (遠慮無く…書くよ!)
監督: アンドリュー・ニコル 出演: ニコラス・ケイジ 、イーサン・ホーク、ジャレッド・レトー、ブリジット・モイナハン 原題: LORD OF WAR 制作: 2005 アメリカ 評
映画 : ロード・オブ・ウォー (青いblog)
見落とされてる作品のような気がするんですがこれ・・・ 何気にアカデミー賞では!?!?!? すごい、面白かったですよ!!!!!!!! 公式サイト: http://www.lord-of-war.jp/ 監督: アンドリュー・ニコル あらすじ: goo 映画 キャスト:ニコラス・ケイジ、イー
ロード・オブ・ウォー-映画を見たで(今年8本目)- (デコ親父は減量中(映画と本と格闘技とダイエットなどをつらつらと))
監督:アンドリュー・ニコル 出演:ニコラス・ケイジ、ブリジット・モイナハン、ジャレッド・レト、イーサン・ホーク、イアン・ホルム、ドナルド・サザーランド 評価:95点(100点満点) 公式サイト 強烈。 軽く繰り出されたように見えるのに、と
ロード・オブ・ウォー (No Cinema No Life)
アンドリューニコル監督にイーサンホークとニコラスケイジが共演!!この作品は絶対につぼにはまると思い事前情報一切なしで楽しみに見に行きました。 「史上最大の武器商人の物語」そのタイトルだけを知りながら。 今までのアンドリューニコルの作品を見てファンだっ
ロード・オブ・ウォー -史上最強の武器商人と呼ばれた男- (欧風)
帰省中冬休み映画観まくり計画、第1弾は「SAYURI」、第2弾は「ディック&ジェーン 復讐は最高!」、第3弾は「キング・コング」と観てきました。 次は・・・ってところですが、前、映画を観た時にやってた予告編で気になってたのが、この「ロード・オブ・ウォー
ロード・オブ・ウォー (オイラの妄想感想日記)
ニコラス・ケイジ主演。 心がカラッポなのか単に壊れた人間なのか、そんなフリーの武器商人の物語。
武器商人の目を通して銃社会を批判◆『ロード・オブ・ウォー』 (桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」)
1月18日(水)109シネマズ名古屋にて ソビエト連邦崩壊前のウクライナに生まれたユーリー・オルロフ(ニコラス・ケイジ)。彼は少年時代にユダヤ系と偽ってアメリカに家族で移住し、幼少から偽りの身元を持ちながら生活していた。両親はニューヨークのブライトン・ビーチ.
ロード・オブ・ウォー~史上最強の武器商人と呼ばれた男~ (ペパーミントの魔術師)
これも原作のほうなんで、 頭の中ではニコラスケイジが多分こんな風に動いてるんだろうなと 想像はしつつも、実際の映像はDVD待ち。あ~あ。 ロード・オブ・ウォー―史上最強の武器商人と呼ばれた男Andrew Niccol 鎌田 三平 竹書房 2005-12by G-Tools 「個人経営の武器商
武器は世界を巡る「ロード・オブ・ウオー」 (再出発日記)
「ロード・オブ・ウオー」監督・脚本:アンドリュー・ニコル出演:ニコラス・ケイジイーサン・ホークジャレッド・レトブリジット・モイナハンイアン・ホルム特別調査官のイーサン・ホークはニコラス・ケイジに云う。「世界の平和を願うなら核の密輸を追えと人は言うかもし...
「ロード・オブ・ウォー 史上最大の武器商人と呼ばれた男」 (元・副会長のCinema Days)
 実録映画と銘打っているが、特定のモデルがいたわけではなく、実在するスゴ腕の武器商人数名のエピソードをまとめたものらしい。  「ガタカ」などのアンドリュー・ニコル監督は冒頭の弾丸発射シーンに代表されるように、今回も映像派ぶりをいかんなく発揮。血生臭いシー
ホンマにフィクションか?~「ロード・オブ・ウォー」~ (ペパーミントの魔術師)
ナイチンゲールが白衣の天使なら、 ユーリ・オルロフはスーツを着た死神ってとこですか? 自分がどっちに多く武器を売るかでその戦争の勝敗すら もしかしたら支配してしまうわけですし・・・。 前に書いたbooksのレビューはこちら。 →「ロード・オブ・ウォー 至 ...
ロード・オブ・ウォー…DVD購入して鑑賞。 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
私もヨメも昨日は夜にかけて仕事だったんで、本日日曜日(6/18)は大切な家族団欒の日だったわけですが、長男は塾。娘は書道競書会(こちらにはヨメが同行)と、結局バラバラに過ごしてしまいました。 本日は父の日。 私は父親にブランデーをプレゼント。 私も人 ...
ロード・オブ・ウォー (ぶっちゃけ…独り言?)
6点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) 色んな媒体でアクション扱いされてますが、これって全然アクションじゃない ですよねぇ。 劇場は分からないけど、少なくともレンタルでは人間ドラマよりもアクション の方が出が良いので、そーゆー ...
ロード・オブ・ウォー (レンタルビデオ一刀両断)
評価:☆☆☆☆ ニコラス・ケイジが「死の商人」を演じるということで、アメリカ映画にありがちな脳天気な薄っぺら映画かと思いきや、冒頭の銃弾の製造から運搬、戦闘までをCGで描いたタイトルバックに圧倒された。ここ数年でも最高ランクのタイトルバックだ。 ...
ロード・オブ・ウォー (土曜の夜は・・・)
story 史上最強の“武器商人”と呼ばれた一人の男の実像をシニカルなタッチで描いたニコラス・ケイジ主演のアクション・エンタテインメント。監督は「ガタカ」「シモーヌ」のアンドリュー・ニコル。共演に「トレー
ロード・オブ・ウォー (Lord Of War) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 アンドリュー・ニコル 主演 ニコラス・ケイジ 2005年 アメリカ映画 122分 ドラマ 採点★★★ “民主主義VS社会主義”という建前も冷戦の終結と同時に意味を成さなくなる。大儀を失った現代では、“圧制から人々を救う”という見え透いた嘘で戦争を続ける大 ...
ロード・オブ・ウォー (。○o。.1日いっぽん映画三昧.。o ○。)
長かった。いつレンタル屋に借りに行っても貸し出し中の「ロード・オブ・ウォー」を
【洋画】ロード・オブ・ウォー (ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ!)
A+  面白い A     ↑ A- B+ B    普通 B- C+ C     ↓ C-  つまらない 『評価』  A- (演技4/演出4/脚本4/撮影4/音響4/音楽3/美術3/衣装2/配役4/魅力4/テンポ4/合計40) 『評論』 実話
地獄の商人、虚像の死神が天職~「ロード・オブ・ウォーー」 (取手物語~取手より愛をこめて)
ソビエト連邦崩壊前のウクライナに生まれ、家族とともに少年期にアメリカに渡ったユーリー・オルロフ。
ロード・オブ・ウォー (日々エンタメざんまい!)
ロード・オブ・ウォーposted with amazlet on 06.12.17日活 (2006/06/09)売り上げランキング: 4722Amazon.co.jp で詳細を見るおすすめ度:★★★★☆【STORY】 ソビエト連邦崩壊前夜のウクライナに生まれたユーリー・
『ロード・オブ・ウォー』 (HELLOGOODBYE)
『ロード・オブ・ウォー』 監督:アンドリュー・ニコル 出演:ニコラス・ケイジ イーサン・ホーク 幾多のピンチを切り抜ける→でも終盤に悲劇→そして大逆転。この王道たるヒーロー物の展開。そして僕らはエンドロールでヒーローの無敵ぶりを噛み締める。 『ロ ...
ロード・オブ・ウォー(DVD) (ひるめし。)
弾丸[タマ]の数だけ、札束[カネ]が舞う―――。
ロード・オブ・ウォー (★YUKAの気ままな有閑日記★)
WOWOWで鑑賞―【story】レストランで働く平凡な男ユーリー・オルロフ(ニコラス・ケイジ)は、偶然銃撃戦に巻き込まれたことから、武器商人として生きていく道を思い立つ。弟のヴィタリー(ジャレッド・レト)とともに武器売買の事業を始めるが―     監督 : アン...
映画評「ロード・オブ・ウォー」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2005年アメリカ映画 監督アンドリュー・二コル ネタバレあり
ロード・オブ・ウォー (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『史上最強の武器商人と呼ばれた男』  今日は、多分今年の劇場鑑賞納めという事でコチラの映画を観てきました♪多分ってのは、明日は今のところお家でDVD鑑賞しながら、夜のPRIDEに備えようと思ってるからですヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ  いつもお世話になっているこっ...