ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『エスター』

2009-09-24 22:30:56 | 新作映画
(原題:Orphan)



----この顔、ちょっと怖すぎる。
しかも、どこか変…。
「うん。日本でのキャッチコピーが
「この娘、どこかが変だ。」
このビジュアルといい、キャッチコピーといい、
観終わったら、すべて納得。
いやあ、今回、日本の宣伝サイドはいい仕事している。
ぼくはそう思うな」

----お話の方は、
この少女が何か危険なことをやって、
みんなを恐怖に陥れるということでいいのかニャあ。
昔、マコーレー・カルキン&イライジャ・ウッド
それに似たのなかった?
『危険な遊び』だね。
あれも、なかなか怖かったけど、
こっちの方が一枚上手かも。
この映画の原題『Orphan』は孤児を意味する。
かつて3番目の子を流産したケイト(ベラ・ファーミガ)
彼女は、その愛を他の子に注ぐべく、
夫ジョン(ピーター・サースガード)と相談の上、
養子をもらうことにする。
さて、彼らが訪れた孤児院。
そこには、あきらかに他の子とは違うひとりの女の子が…。
頭がよくて歌と画が上手なその子の名はエスター(イザベル・ファーマン)
ケイトはもちろんのこと、妻以上にジョンも彼女を気に入り、
家に連れて帰るものの、
息子のダニエルは、エスターがクールでないと拒否反応」

----そして、やがてエスターは、その本性をむき出しにしていくわけだね。
「そう。その流れはいわゆる定番で、
何ら特別な驚きもないんだけど、
この映画は、
恐怖の前提となるシチュエーションの作り込み方がとにかく巧い。
そのシチュエーションが、伏線となるいくつものエピソードと見事に絡み合い、
映画の終わりに近づくにつれて、
観ている間に湧いてきた疑問(たとえばここまでやるか!的な)も含めて
すべてが『なるほど』という納得の中に回収されていくんだ。
たとえば、2番目の子マックスは聾唖者という設定。
独身術にたけている。
エスターは、それを利用して夫婦の会話を盗み見る。
また、ケイトは元アルコール中毒。
マックスを池で、あわや溺れさせそうになったという過去を持つ。
このことはケイト本人の心理状況、
周囲の彼女を観る目、
そしてクライマックスの池でのバトルと、
いろんな形で映画をけん引してゆく」

----ニャるほど。
そういう映画だったら、えいが好きなのも分かるニャあ。
「でしょ。
そして、何よりも唸らせられるのが、
このエスター最大の秘密。
これには参ったね。
やられたって感じ。
製作に関わっているレオナルド・ディカプリオいわく、
『これは何度でも観たいと思うような映画。
1回だけじゃ、いろんなことを見落とすからだ』。
ぼくも同感だね」

----そんなによくできているんだ。
監督はだれニャの?
『蝋人形の館』「ハウメ・コジェ=セラ
ただ、冒頭はあまりにもショッキングな映像だし、
結末も、すべてめでたしめでたしというわけではない。
映画に完全なハッピーエンディングを求める人にはつらいかもね」

         (byえいwithフォーン)

フォーンの一言「この子、顔からして怖いのニャ」もう寝る


スリラー好きにはたまらない度

blogram投票ボタン

コトリ・ロゴお花屋さん ブーケ、アレンジメントetc…

人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー

画像はアメリカ・オフィシャル(壁紙ダウンロードサイト)より。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (23)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『なくもんか』 | トップ | 『スペル』 »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
反応しました。 (亜蘭真 主美士)
2009-09-25 18:58:44
つい先程、地元のシアターにリクエストしたばかりです。たしか10/10公開ですよね。米版BDの発売が10/27.だったら日本語つきの方がいいと、リクエストして、ここをみたらアップしてました。
じつはこの作品先月から注目していたんです。似たような展開のドロシーミルズをみていたので、きっと面白いにちがいないと!で、えいさんが早速アップするとき多分ですが、この作品はこの人がカキコするだろうなぁとおもってかいているんじゃないかと・・・で、、多分この作品には僕が反応するな?とおもったにちがいないと、かってにおもいながら、やはりの反応でした!!
ソウの時にも、感じたなにかをこの作品にはかんじるんです。たぶん最後のところは、しゃべってはいけないんじゃないかと思うところも・・・・。
ただ、地元のシアターが反応してくれないと(しても年末?ソウのときは11月公開に9月からのリクエストだったから11月中に差し込んでくれましたが?年末だとネタバレしているんだろうか{不安})で、観たら書かずにいられない作品なのか、興味がつきません。あと、アメリカこうかいでCASE39も、この作品すきならおすすめ!! フォーンはエスターみたく留守中に変なことしてなかった?
このネコたしかに変だ・・・・と、
■亜蘭真さん (えい)
2009-09-25 23:15:25
こんばんは。

この映画、実は帰省の前日に観て、
帰京の翌々日にアップ。
中、一週間あいてのおしゃべりです。
でも、思った以上にショッキングで
よく覚えています

亜蘭真さんが反応されるのは、
もう少しBランクが多いと勝手に思っています。
映画館で言えば、
シネパトスかシアター渋谷Nで上映されるような作品。
これは渋谷東急だから、
もう少し全国でかかりそう。

さて、先ほどアップした『スペル』。
これはおそらくご覧になっていることでしょう。
どう思われました?
しかし、これはTOHOシネマズ日劇。
最上級ランクの公開ですね。

ところでフォーンは、
この頃、玄関の土間部分に寝ころびたがって困ります。
どんどんどんどん…怖くなる^^;顔 (にゃんこ)
2009-10-23 00:47:44
この娘、どこかが変だ…
最初は孤児を養女にして、実はその孤児は悪魔の子だった~
なんていうのじゃ、『オーメン』なんですが(笑)
そういうイメージで観始めて
クライマックスに近づくにつれどこかが変だっていうことの
真実がわかって…実はびっくりするほど表情が語ってた
ことに驚愕するって感じでした。

■にゃんこさん (えい)
2009-10-24 20:16:29
こんばんは。

初めて出てきたときから、いや~な予感はしたんですよね、この子。
生理的なものでしょうか?
ぼくだったら、養女にしないなあ。
最後迫られた時には、もう怖いのを通り越してました。
こんばんは (ノラネコ)
2009-10-25 23:13:21
面白かったですね。
細かく張り巡らされた伏線がニクイ。
この脚本家はフランク・ダラボンのアシスタントだったそうですね。
なるほどあの師匠にしてこの弟子あり。
個人的には、ラストでエスターの心にもっと寄り添って、もっと痛い話にしてくれた方が良かった気がします。
フリークスの悲しみというやつです。
■ノラネコさん (えい)
2009-10-27 08:51:06
こんにちは。

この映画の脚本家ダラボンのアシスタントなんですか!?
そりゃあ、よく練られているはずだわ。
キャストの子供たちのうまさといい、これは必見。
妹役の女の子なんて、まるでポネットちゃん。

そう。ラストはエスター寄りにふったら、
他の映画とは一線を画したでしょうね。
Unknown (丸場盆山)
2009-11-05 17:45:39
どうも、
最近ホラー映画が好きになってるのか映画館でよくホラー映画を見に行くようになっています。
これは、今年見たホラー映画の中でも結構良かったです。
■丸場盆山さん (えい)
2009-11-07 10:35:08
こんにちは。

ホラーも、オカルトからスプラッターまで
いろいろありますけど、
血を見せるなど直截的なショッキング描写を抑えつつ、
内面的に怖がらせる恋ういう映画は好きです。

ぼくも今年観たホラーでは、これがベストですね。
Unknown (mig)
2010-03-14 18:29:32
えいさんこんばんは~

書きました☆

えいさんも「危険なあそび」に触れてたんですね!
観たかった作品だったけどダークキャッスルのホラーだったとは観てから知りました。

キャストも皆いいし、キャッチコピーがまたいいですよね、ほんと 笑

怖くないけど少女が怖い。あんなオチだとは。
なかなか楽しかったです♪

■migさん (えい)
2010-03-14 22:45:05
そうなんです。

ヤバい子供と言えば、
あの『危険な遊び』。
もっともその昔にはスペインに
ズバリ『ザ・チャイルド』というのもあったけど。

でも、この怖さは尋常じゃない。
だって●●じゃないんだもん(笑)。
再び (mig)
2010-03-15 10:36:17
あ、ザ・チャイルド観てますよ☆
「ブルード」っていう、子供がコワイのも観てます

子供が怖い映画「光る目」とかいろいろあるけど大抵 のろいとか悪霊とか絡みがち。
でも今回は○○だったって凄いハナシでした 笑
■migさん (えい)
2010-03-17 22:42:09
こんばんは。

なんと、『ザ・チャイルド』をご覧になっているとは…。
あれは、確かこの世界に入りたての頃、
試写で観たような…。

『ブルード』って、クローネンバーグの
『ザ・ブルード~怒りのメタファー』のことかな?
『光る眼』、家にDVDあります。確か、続も…。
観ようかな。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

23 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
【映画評】<!-- えすたー -->エスター (未完の映画評)
ロシアから来た一風変わった孤児の少女・エスターが天使のような笑顔の裏で、一家を破滅に陥れるサイコ・スリラー。
エスター (Peaceナ、ワタシ!)
- この娘、どこかが変だ。- 昨晩、レイトショーで『エスター』を観てきました! 公開初日だったのですが、さすがはホラー映画! あんまり混んでなかった・笑 この作品、製作にレオナルド・ディカプリオの名が! そしてレオ様曰く「これは何度でも見たいと思う映画だ」と...
エスター (心のままに映画の風景)
3人目の子供を流産で亡くしたケイト(ヴェラ・ファーミガ)は、悪夢とトラウマに苦しみ、 ジョン(ピーター・サースガード)との夫婦関係も...
エスター (だらだら無気力ブログ)
子供を流産で亡くした夫婦が、孤児院から少女を養子として迎え入れたこと から、その夫婦と実子達に迫る恐怖を描いたサスペンスホラー。三人目の子供を身籠ったものの流産してしまったケイトはアルコールに 溺れ、夫婦関係にもひびが入ったが、このままではいけないとア...
エスター (映画通信みるみる)
少女スリラー。 赤ん坊を死産で失い、悲しみに暮れていた夫婦ケイトとジョンは、養子を迎えようとある孤児院を訪れる。そこで出会った少...
エスター☆独り言 (黒猫のうたた寝)
ポスターの顔が怖すぎます^^;;;そーいうイメージつきまとっちゃったら大変なんじゃない?と勝手に心配しながら(笑)『エスター』鑑賞してきました。もうドキドキしながら観てました。養子にしたロシア系の少女・・・でも彼女は何かが・・・違う?賢くて、かわいくて、...
エスター・・・・・評価額1600円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
ポスターがコワイ・・・。 「エスター」の原題「Orphan」は、孤児を意味する。 裕福なアメリカ人夫婦が孤児院からロシア人の娘を迎え入れるが...
9歳の少女、この娘何か変だ「エスター」 (foot23cm)
ジャウム・コレット=セラ監督 ・女の子が主演のホラー映画ってあまり無いですよね。斬新な感じで良かった。オープニングとエンディングの...
エスター / ORPHAN (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click エスターは、9歳。 ロシアで生まれ、孤児になった、可哀そうな女の子。 頭が良くて、絵と歌が上手で、天使のように可愛、、、 いくない{/ee_3/} そうきたか...
映画 『エスター』 DVD感想(ネタバレ有り) (【ふじっくす情報局】)
エスターの正体に驚愕! 予想を裏切る展開が面白い。 『エスター』 2009年 アメリカ作品 監督: ジャウム・コレット=セラ 出演: ベラ・...
『エスター』(2009年 米) (観た人にしか伝わらないネタバレ映画レビュー)
A:さぁ、久々のコメンタリーだね。B:なかなか面白味のある作品に巡り合えませんでしたからね・・・。今回は『エスター』です。この作品は久々のヒット作と言えるのではないでしょうか。A:そうだね。この『エスター』は、劇場公開時にはそれほど期待されてなかったみ...
「エスター」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
いやぁ、怖い! 「ミザリー」のような怖さもあったかなぁ
エスター (小部屋日記)
Orphan(2009/アメリカ)【DVD】 監督:ジャウム・コレット=セラ 出演:ヴェラ・ファーミガ/ピーター・サースガード/イザベル・ファーマン/CCH・パウンダー/ジミー・ベネット この娘、どこかが変だ。 ダーク・キャッスル・エンターテインメント制作の衝撃サスペ...
エスター (映画鑑賞★日記・・・)
【ORPHAN】 2009/10/10公開 アメリカR15+ 123分監督:ハウメ・コジェ=セラ出演:ヴェラ・ファーミガ、ピーター・サースガード、イザベル・ファーマン、CCH・パウンダー、ジミー・ベネット、アリアーナ・エンジニアこの娘、どこかが変だ。Story:めでたく3人目の赤...
エスター (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  なかなかよく出来たホラー映画である。創り方が丁寧だし、子供を中心に描いているのもなかなかユニークだ。 三人目の子供を死産で亡くし、心を痛めるケイトと夫のジョンは、養護院から里子を受け入れる決心をする。彼等夫婦が選んだ子供は、ちょっと大人びて...
エスター (minaの官能世界)
☆最初の印象  レンタルビデオショップで、何の気なしに借りた作品。  大して期待していなかった。  だって、ジャケットもそんなに気のきいたものじゃなかったし、タイトルも味もそっけもない「エスター」だよ。  劇場公開作品なら映画館で観ないにしても、前評判とか...
エスター / 84点 / ORPHAN (ゆるーく映画好きなんす!)
久しぶりに穴のないスリラー映画を観たような気がするっす(・~・) 『 エスター / 84点 / ORPHAN 』 2009年 アメリカ 123分 監督: ハウメ・コジェ=セラ 製作: ジョエル・シルヴァー スーザン・ダウニー ジェニファー・デイ
エスター (mama)
ORPHAN 2009年:アメリカ 原作:アレックス・メイス 監督:ジャウム・コレット=セラ(ハウメ・コジェ=セラ) 出演:ベラ・ファーミガ、ピーター・サースガード、イザベル・ファーマン、CCH・パウンダー 3人目の赤ちゃんを流産して悲嘆に暮れるケイトとジョンの...
エスター (Memoirs_of_dai)
こんな養子見たことない! 【Story】 子供を流産で亡くしたケイト(ヴェラ・ファーミガ)とジョン(ピーター・サースガード)は悪夢とトラ...
エスター (Orphan) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ハウメ・コジェ=セラ 主演 ヴェラ・ファーミガ 2009年 アメリカ映画 123分 ホラー 採点★★★ それが一方的な思い込みであっても、一見無害に思える物が害を成すと、そのギャップもあって結構怖いもんですよねぇ。中に人が入ってるんじゃないかとすら思える...
エスター (映画備忘録 by Movie-Goer.net)
ケイトは流産のショックから立ち直れずにいた。ケイトと夫のジョンは、その喪失感を生めるため養子を受け入れることにする。とある孤児院で2人の目に留まったのは、少し変わっているが聡明で一人で絵を描くことが好きなエスターという女の子だった。エスターは妹になるマ...
エスター (ハクナマタタ)
これはつまり、 「赤ン坊少女タマミちゃん」である しかし、最大限に違うのはエスターが美少女だということだ とすれば これは「洗礼」に近いのかもしれない 怖さは洗礼の域ではない 「14歳」にもこのようなキャラが出てくる アメリカ大統領
エスター (RISING STEEL)
エスター / ORPHAN 2009年 アメリカ映画 ワーナー・ブラザーズ製作 監督:ジャウム・コレット=セラ 製作:ジョエル・シルヴァー スーザン・ダウニー レオナルド・ディカプリオ(!) 製作総指...