ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

『愛を読むひと』

2009-02-21 19:17:03 | 新作映画
(原題:The Reader)

----これって、アカデミー賞で
作品賞を含む主要5部門にノミネートされている作品だよね。
「うん。日本での公開が6月19日だから、
もう少し後でもいいかなとも思ったんだけど、
発表がそこまで迫ってきているからね。
でも思うに、この作品が受賞するとしたらケイト・ウィンスレットの主演女優賞かな。
ぼくとしては『レイチェルの結婚』アン・ハサウェイに取ってほしいけど…」

----ウィンスレットって
『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』も評判よかったよね。
「あっ、でもこっちでノミネートっての分かるなあ。
驚くことに、この映画の前半はほとんどヌードと言っていいくらい
あっけらかんと脱ぎっぱなし。
後半になると一転して、おばあちゃんの老けメイク。
もちろん脱げばいいってものでもないし、
老ければいいってものでもないけど、
その女優魂には脱帽だね」

----へぇ~っ。タイトルからだと想像つかなかったけど、
これってそんなに長い間の物語なんだ。
「うん。話を要約するとこうなる。
物語は1958年のドイツに始まる。
15歳のマイケル(デヴィッド・クロス)は、
21歳年上のハンナと知り合う。
それは彼女から誘ったのか、少年の性への好奇心からか、
ふたりはほどなく肉体関係へと発展。
ベッドを共にするようになる。
やがてハンナはマイケルに本の朗読を頼むようになる。
ゲーテ、チェーホフ、ヘミングウェイ……。
ところがある日、ハンナは突然彼の前から姿を消してしまう。
数年後、法学部の大学生になったマイケルは、
法廷でハンナが被告人として裁かれている姿を目の当たりにする。
さらに、彼女はある<秘密>を隠し続けたことから窮地に追いやられ、
無期懲役の判決を受けてしまう」

----うわあ。秘密があるの。
そういうミステリーってフォーンは好きだニャあ。
「うん。これはね。
その秘密がキーワードに。
なぜ、彼女は無実になりえたのに、
そうしなかったのか?
人間の矜持というものを考えさせられる、
実によく作りこまれた映画。
観る人すべての感情を揺さぶらずにはおかない
この数年、映画界に旋風を起こした“ナチス”を
ハリウッド側から描いた作品にもなっている。
時代色豊かなクリス・メンゲスの撮影も
さすがアカデミー賞にノミネートされるだけのことはある。
ただ、作品賞は難しいだろうな。
もっと“強烈”な作品がいくつかあるからね。
ただ、だれもが“名作”と認める映画。
いつまでも心に残ることは
間違いないと思うよ」



           (byえいwithフォーン)

フォーンの一言「ニャにニャに。レイフ・ファインズも出てるのかニャ」身を乗り出す

※監督は『めぐりあう時間たち』スティブン・ダルドリーだ度

コトリ・ロゴお花屋さん ブーケ、アレンジメントetc…

人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (21)   トラックバック (60)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『太陽のかけら』 | トップ | お遊び企画:はずしても笑わ... »
最近の画像もっと見る

21 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (mig)
2009-06-02 09:13:27
えいさんこんにちは

ケイトの熱演には驚きです、もともと脱ぐことも多かった女優さんだけど
少年とあんなことになるとは思ってもみなかったので、、、、
エロティックでミステリアスな前半と後半の裁判のシーンでは全く違う印象だけど
惹き込まれて観ました★
■migさん (えい)
2009-06-02 14:57:42
おおっ。ご覧になりましたか。
体当たり演技とはまさにこのこと。
ケイトの役者魂を改めて知らされました。
「ナチスが○○の人をあのような仕事で雇うはずがない」と言われた方もいましたが
観ている間はそういうことを
考える余裕のない熱演でした。
名作 (にゃむばなな)
2009-06-19 21:43:59
ほんと、名作と呼ぶに相応しい映画でしたね。
特に年上女性好きにはこのマイケルの気持ちがよく分かるんです。

そりゃあの時期にあれだけ体も心もお世話になれば、一生忘れられませんよ。
何といっても思春期男子にとって年上女性の魅力は言葉にできないものだらけでしたからね。
■にゃむばななさん (えい)
2009-06-19 23:37:29
こんばんは。

ぼくも「年上の女」ものは好きです(笑)。
なんと言っても一番は『おもいでの夏』ですね。

マイケルがうらやましい。
正直言って、前半は彼にジェラシーを感じていました。
確かに (miyu)
2009-06-20 19:32:11
これは心に残る名作でしたね~。
行間を読ますことは、本以上に映像にすると
難しいと思うのですが、
おっしゃるように非常によく作りこまれていて
それを演じたキャストがまた行間を見事に演じてましたものね~。
■miyuさん (えい)
2009-06-21 21:13:42
こんにちは。
心にずっしり重くのしかかる映画でした。
人生は一度っきりということを
これほど深く考えさせられた映画も
そうはないです。
久しぶりに、
日が経つにつれて
そのよさが分かってきた映画でした。
でも、辛すぎる。
そういう意味では、あまり好みじゃないかも…。
アカデミー賞 (たいむ)
2009-06-22 17:44:42
こんにちは。
毎年・・なのかもしれないけれど、今回のアカデミー賞絡みの作品は名作ぞろいだった気がします。

ずっと不可解な事ばかりするハンナが前半は理解できなかったのだけど、秘密がわかった瞬間納得してしまいました。

「チェ」の時に、字の読めない兵士は騙されるから起用しないといったシーンが有りましたが、ハンナのそれは逆の意味で利用されたんじゃないかと思いました。
とても辛い秘密でした。
秘密
■たいむさん (えい)
2009-06-23 22:58:02
こんばんは。

ぼくも今年は粒ぞろいだったと思います。
この映画、前半で、
見過ごしていたこと(人によっては疑問を抱いたこと)が
2度観たら、そういうことかと分かり、
胸にグッとくる
そういうタイプの映画だったと思います。

字が読めない人を起用する(少しぼかして書いてます)ことについて、
それはおかしいのでは?という意見もありますが、
逆に、だからこそあの役に起用したという受け止め方もできるかもしれませんね。
こんばんは (なな)
2009-06-25 00:25:25
原作も大好きな作品です。
そして,原作の登場人物がそのまま実体を持ってスクリーンに現れたかのような
最高のキャストでした。

特にレイフとケイトはぴったりで。
ケイトといえば,「タイタニック」でも「日蔭のふたり」でも見事な脱ぎっぷりでしたが
あの頃は正面からのヌードを堂々と見せていたのに
今作では背後からのショットが多くて。
彼女の背中の美しさに目を見張りました。

ナチスの罪を裁くということ・・・それにハンナのあの秘密・・・
単なる恋物語ではなく,いろいろと深く考えさせられる名作ですね。
こんばんは^^ (ひろちゃん)
2009-06-26 22:55:45
先日は、路上の~の感想をありがとう
ございました^^
DVDになって、もう1度観る時は、えいさんが書かれていることを頭に入れて観てみたいと
思います。

さて、この作品ですが、映像が綺麗だなあと
(なんか味わいがあるなあと)思って
いたのですが、

>時代色豊かなクリス・メンゲスの撮影も
さすがアカデミー賞にノミネートされるだけのことはある。

とのことで、納得いたしました。自分的には
音楽も好きで、地味な作りの映画でしたが
キャストの名演も含めて、深い余韻を心に残す作品となりました。。。
立場や見方によって、いろいろな考えが
感想が出てくる作品ですよね^^
名作だと私も思います(T^T)

■ななちゃんさん (えい)
2009-06-27 00:44:30
こんばんは。

ぼくにとって、
圧巻だった「ケイト・ウィンスレットの脱ぎっぷり」といえば、
『リトル・チルドレン』。
あれは、激しかったです。
『レボリューショナリー・ロード』も
なかなかすごかったですが…。

なんて、何書いているんだろう?

この映画、まさか、
ナチスの方にまで話が転がっていくとは
まったく想像もしていませんでした。
スリリングな映画体験でした。

Unknown (オリーブリー)
2009-06-27 10:54:22
えいさん、こんにちは。

本当に人間の矜持というものを考えさせられる映画でしたし、ハリウッド側から描いたナチスの秀作ではなかろうかと。

男性陣からはどうか解りませんが、前半のケイトの脱ぎっぷりもおばちゃん体型で安心しました(笑)
彼女の細部に渡る微妙な目つきとか絶妙な演技でした。
■ひろちゃんさん (えい)
2009-06-29 21:00:51
こんばんは。

こちらこそありがとうございます。
ひろちゃんさんのレビューを拝見して、
あのニューヨークでのシーンの衝撃を思い出しました。

普通に、ヒューマニズムで
まとめてしまわないところが
この映画の深いところ。

『路上のソリスト』には、
その視点が足りないんだなあ。

でも、ほんとうに立場や見方によって、
いろんなことを考えさせられる映画だったという気がします。
■オリーブりーさん (えい)
2009-06-29 21:05:08
こんばんは。

ケイト・ウィンスレットは
思えば、
『タイタニック』のすぐ後、
『グッバイ・モロッコ』で
再スタートを切ったときから、
野心的な女優でした。

あれだけの大ヒット作で有名になったにもかかわらず、
すぐに気持ちを切り替えして
まったく違うタイプの映画に出る。

でも思えば、
デビュー作が『乙女の祈り』ですものね。
監督、そういえば、ピーター・ジャクソンだった(汗)。
こんばんは (ノラネコ)
2009-07-01 23:23:54
ケイト・ウィンスレットはこういう役を演じると本当に上手い。
私もレイチェルの結婚を観て、アン・ハサウェイの素晴らしい演技はオスカー級だと思ったのですが、こりゃ確かにこっちに投票が流れるのもわかります。
文字通り体張ってますしね。
ただ、あの秘密ってそこまで秘密にしたいほど恥ずかしい事かというあたりが少し疑問でした。
確かに恥は恥でしょうけど、あの世代なら文盲率はある程度高かった筈だし、殺人者のレッテルと引き換えにするほどなんでしょうか。
原作ではもうちょっと突っ込んだ理由付けがあるのでしょうかね。
■ノラネコさん (えい)
2009-07-03 13:36:05
こんにちは。

確かに今振り返ってみると、
このケイト・ウィンスレットは、
これまでの、生活に疲れたというか薄幸の女性に加えて
「過去」と「生来」ふたつのハンディを背負う役柄。
まさに彼女の真骨頂でした。

文盲についての問題は、
正直、ぼくには少し分かりかねます。
やはり、自分の「誇り」というのは、
その人の人生に対する考え方に関わってくるので…。
ただ、なるほどとすぐに納得はしなかったのはぼくも同じで、
そのあたり、描写は突っ込み不足の感も否めませんね。
確かな名作 (ノルウェーまだ~む)
2009-07-10 17:13:34
えいさん、こんにちは☆
本当に確かな名作でしたね。
ケイトの演技もすばらしくて、感銘を受けました。
ただしラストはちょっと…と、思ってしまいました。
娘に自分が引きずった過去を話すのは、どうなのかな・・・?
確かな名作 (ノルウェーまだ~む)
2009-07-10 17:13:37
えいさん、こんにちは☆
本当に確かな名作でしたね。
ケイトの演技もすばらしくて、感銘を受けました。
ただしラストはちょっと…と、思ってしまいました。
娘に自分が引きずった過去を話すのは、どうなのかな・・・?
■ノルウェーまだ~むさん (えい)
2009-07-10 23:39:01
こんばんは。

あのラストは、複雑な感慨を抱いたシーンでした。
「娘に自分が引きずった過去を話す。」
それは自分というものを後に残したいという
一種の生殖本能に近いもののような気がしました。
「初恋の思い出」とくくってしまったら、
それだけのことになってしまいますが、
彼にとっては、それが自分の人生すべてということだったのではないでしょうか?
「自分はこういう人間でこういう人生を送った」
そういうことを語れる関係の娘がいるというのは、
ある意味、うらやましい気もしました。
初めまして! (vic)
2009-07-24 22:57:37
もう少しで見逃すところでした!
危ない危ない!

私のところにも感想を書いたのですが
いくら書いても書き足りないくらい
いろいろな思いを残してくれました。
本当に複雑な要因が沢山沢山からみついて、あのような結末になったのですよね。
一言で言えない気持ちをプレゼントしてくれました。
■vicさん (えい)
2009-07-25 10:51:16
おはようございます。

ご訪問ありがとうございます。
初めての方からいただけるコメントは
ほんとうにうれしいです。

これを機会にまたお立ち寄りいただけると幸いです。

こういう映画は、宣伝も難しいですよね。
ちょっと見には、普通の恋愛映画、
あるいは『青い体験』ものにしか見えないですものね。

でも、ほんとうに奥の深い映画でした。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

60 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「愛を読むひと」面白かったです☆ (ポコアポコヤ 映画倉庫)
恋愛映画があまり得意じゃないので、どうかな・・・と思ったのだけれど、そんな心配はどこへやら、最初からどんどん引き込まれて見てしまい...
The Reader / 愛を読むひと (Akasaka high&low)
素晴らしい女優の演技、ハンサムな映像、原作はベストセラー、雰囲気のある音楽と恥ずかしい日本語タイトルを持つのがThe Reader(愛を読むひと)。特殊メイクを感じさせない主演女優賞、時代を行ったりきたりする構成と大げさなシーンの少ない悲劇はStephan Daldry(ステ...
愛を読むひと / THE READER (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 本年度アカデミー賞作品賞ノミネートの最後のひとつ{/hikari_blue/} ケイト・ウィンスレット、出演の半分以上がヌードだったんじゃ?ってほどの体当たり演技...
「愛を読むひと」を観る (紫@試写会マニア)
今回観たスティーヴン・ダルドリー監督作品と私はかなり相性がいい。 どの作品も感動し何度も観たくなる内容だ。今回の「愛を読むひと」も静かな感動がそこはかとなく沸き、「良い作品をみた」と感じました。 ↓ここからネタばれあり。原作「朗読者」はベストセラーな...
『愛を読むひと』 (2008)/アメリカ・ドイツ (NiceOne!!)
原題:THEREADER監督:スティーヴン・ダルドリー原作:ベルンハルト・シュリンク出演:ケイト・ウィンスレット、レイフ・ファインズ、ブルーノ・ガンツ試写会場 : よみうりホール公式サイトはこちら。<Story>1958年、ドイツ。15歳のマイケル(デヴィッド・クロ....
愛を読むひと (Peaceナ、ワタシ!)
- 愛は、本に託された - 『愛を読むひと』の試写会へ行ってきました! 原作はドイツの作家ベルンハルト・シュリンクの『朗読者』です。 この本、日本でも随分と話題になったので、当時は私も読んだハズなのですが…残念ながら、核心部分等の記憶はほとんどなかったり...
愛を読むひと (悠雅的生活)
人間を完全にするもの。それこそが愛。
*愛を読むひと* (Cartouche)
{{{   ***STORY***           2008年  アメリカ=ドイツ 1958年、ドイツ。15歳のマイケルは、気分の悪くなったところを21歳年上のハンナに助けられたことから、二人はベッドを共にするようになる。やがて、ハンナはマイケルに本の朗読を頼む...
愛を読むひと (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『愛は、本に託された』  コチラの「愛を読むひと」は、全世界500万人が涙したベルンハルト・シュリンクのベストセラー小説を映画化した6/19朗読の日に公開されたPG-12指定の大河ロマンスなのですが、公開初日に早速レイトショーで観てきちゃいましたぁ~。第81回ア...
愛を読む人 (Diarydiary!)
《愛を読む人》 2008年 アメリカ/ドイツ映画 - 原題 - THE READ
愛を読むひと (LOVE Cinemas 調布)
ベルンハルト・シュリンクのベストセラー『朗読者』を映画化。監督は『リトル・ダンサー』のスチーブン・ダルドリー。主演はこの作品でアカデミー賞主演女優賞を獲得したケイト・ウィンスレット。そして共演に『ハリーポッター』や『ある公爵夫人の生涯』のレイフ・ファイ...
映画* 愛を読むひと/ The Reader (有閑マダムは何を観ているのか? in California)
ブログで本や映画の記事を書くようになって、 共感できた、登場人物の気持ちがよくわかる=満足できたものに対して感じること であり、逆に「共感できない」と書くときには、マイナスの感想を持った場合が多いように思います。 でも、必ずしもそうとは限らないものな...
「愛を読むひと」 THE READER (俺の明日はどっちだ)
戦後のベルリンで15歳の青年が36歳の女性とひょんなことから出会い、愛し合い、やがて突然の別れがやってくるという“ひと夏の恋”的な印象を持つ序盤から打って変わって続く意外な再会、そしてそこでやがて知ることとなる女性の過去を通してさまざまな問題提起を感じ取っ...
愛を読むひと/The Reader (いい加減社長の映画日記)
金曜日のレイトショーで「愛を読むひと」を鑑賞。 そんなに趣味といえる感じの作品ではなさそうだけど、アカデミー賞主演女優賞を受賞した作品ということで^^; 「UCとしまえん」は、平日のレイトショーにしては、人は多いのかな。 「愛を読むひと」は、大きめのスクリ...
【愛を読むひと】★ケイト・ウィンスレット★レイフ・ファインズ (猫とHidamariで)
わずか1ページで  終わった恋が、    永遠の長編になる―愛を読む人 HP愛を読む人 シネマトゥデイ英題:THEREADER製作年:2009年製作国:アメリカ日本公開:2009年6月19日スタッフ監督:スティーヴン・ダルドリー製作:アンソニー・ミンゲラ/シドニー・ポラッ...
愛を読むひと ケイト・ウィンスレット (ネット社会、その光と影を追うー)
映画愛を読むひとは、ベルンハルト・シュリンクのベス
彼女も戦争の被害者。『愛を読むひと』 (水曜日のシネマ日記)
15歳の少年が21歳年上の女性の出会い、別れと再会を描いた作品です。
「愛を読むひと」みた。 (たいむのひとりごと)
少年の日の出会いから、一方的な別れ。そして衝撃的な再会とその後。ナチスドイツの戦争の爪痕がこんな形でも残されているのだと、鑑賞中、何度か堪え切れずに身体を震わせながら泣いてしまった。読書ではなく「朗読
『愛を読むひと』 (cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー)
ユナイテッド・シネマとしまえんに『愛を読むひと』を観に行ってきました。 今までの役柄とはちょっと異なる、彼女の新境地になってるんじゃないかなーって思います。 ******************** ドイツ人作家ベルンハルト・シュリンクの世界的ベストセラー「朗読者」を...
愛を読むひと (心のままに映画の風景)
1958年ドイツ。 15歳のマイケル(デヴィッド・クロス)は、21歳年上のハンナ(ケイト・ウィンスレット)に心奪われ、彼女の肉体の虜となって...
愛を読むひと (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
ナチスの戦争犯罪が追及される1950年~1960年代を背景に、年上の女性に恋した少年の初恋と突然の別れ、そして再会。 ヒロインが背負う重い罪と、哀しい秘密により波乱の運命をたどる二人の30年に及ぶ、時間の流れの中で育まれた究極の愛の物語。 物語:少年マ...
映画;ザ・リーダー The Reader 鑑賞する人の人生経験の深さを問われる。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
先に言っておくと、日本タイトル「愛を読むひと」は好きでない。 このため、上記も下記もその呼び方はしないことをご了承いただきたい(笑) さて、アカデミー賞候補にもなった話題の映画がついに公開になった。 記事やブログなどで、予想外に賛否両論状態な映画だった。...
【愛を読む人】 (日々のつぶやき)
監督:スティーヴン・ダルドリー 出演:ケイト・ウィンスレット、レイフ・ファインズ、デヴィッド・クロス、ブルーノ・ガンツ わずか1ページで終わった恋が、永遠の長編になる ―。 「1958年ドイツ、15歳のマイケルは体調が悪いところを助けてもらったことがき
愛を読むひと/The Reader (描きたいアレコレ・やや甘口)
若くはない...少し垂れていてお風呂に入るとまぁるく浮かぶ乳房...この映画のケイトは美しい、と私は思いました。 ネタバレしてますので、こ...
愛を読むひと (虎猫の気まぐれシネマ日記)
あらすじ: 1958年のドイツ、15歳のマイケルは21歳も年上のハンナ(ケイト・ウィンスレット)と恋に落ち、やがて、ハンナはマイケルに本の朗読を頼むようになり、愛を深めていった。ある日、彼女は突然マイケルの前から姿を消し、数年後、法学専攻の大学生になったマイケ...
朗読者だった… (美容師は見た…)
マイケル目線でのお話だったんですね。。。 『愛を読むひと』全世界500万人が涙したベストセラー小説「朗読者」の映画化。このキャッチフレーズと、ステキな予告に惹かれて期待しました。私の大好きな「恋愛もの」、しかも泣けるなんて…1958年ドイツ。15歳のマイケルは...
愛を読むひと (映画どうでしょう)
映画 愛を読むひと の感想 ベストセラー「朗読者」が原案のケイト・ウィンスレット...
愛を読むひと (★YUKAの気ままな有閑日記★)
第81回アカデミー賞で、ケイト・ウィンスレットが最優秀主演女優賞を獲得した作品。原作『朗読者』(ベルンハルト・シュリンク著)も先日読了し、映画を楽しみにしていました。 というのも、原作では今一つ内容を感じ切れず、、、「映像で観た方が心に迫るかもしれないな...
愛を読むひと (Lovely Cinema)
JUGEMテーマ:映画館でみました!2008年:アメリカ監督:スティヴン・ダルドリー出演:ケイト・ウィンスレット    レイフ・ファインズ    デヴィッド・クロス    アレクサンドラ・マリア・ララ    ブルーノ・ガンツ
★愛を読むひと(2008)★ (CinemaCollection)
THEREADER愛は本に託されたわずか1ページで終わった恋が、永遠の長編になるー上映時間124分製作国アメリカ/ドイツ公開情報劇場公開(ショウゲート)初公開年月2009/06/19ジャンルドラマ/ロマンス/戦争映倫PG-12【ストーリー】1958年のドイツ。15歳のマイケルは偶然出会....
愛を読むひと (心のままに映画の風景)
1958年ドイツ。 15歳のマイケル(デヴィッド・クロス)は、21歳年上のハンナ(ケイト・ウィンスレット)に心奪われ、彼女の肉体の虜となって...
愛を読むひと (to Heart)
愛は本に託された 原題 THE READER 製作年度 2008年 製作国 アメリカ/ドイツ 上映時間 124分 映倫 PG-12 製作 アンソニー・ミンゲラ シドニー・ポラックドナ・ジグリオッティレッドモンド・モリス 原作 ベルンハルト・シュリンク 『朗読者』(新潮社刊) 監督 スティ...
朗読者~『愛を読むひと』 (真紅のthinkingdays)
  THE READER  1958年、西ドイツ。15歳の少年マイケル(デヴィッド・クロス)は、学校帰りに 体調を崩し、ある女性に助けられる。...
愛を読む人■歴史といかに向き合うのか? (映画と出会う・世界が変わる)
原作となった「朗読者」は評判がいいことは知っており、また周辺から薦められているが未だに読んでいない。ハンナを演じることは、女優にとっては願望ではないだろうか。もし、80年代であれば、メリル・ストリープが演じていたのではなかろうか。2000年代ではケイト・ウィ...
『愛を読むひと』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「愛を読むひと」□監督 スティーヴン・ダルドリー □脚本 デヴィッド・ヘア□原作 ベルンハルト・シュリンク(「朗読者」) □キャスト ケイト・ウィンスレット、レイフ・ファインズ、デヴィッド・クロス、レナ・オリン、アレクサンドラ・...
『愛を読むひと』の抑制 (Days of Books, Films)
『愛を読むひと(原題:The Reader)』の原作がベルンハルト・シュリンクの
『愛を読むひと』を観たぞ~! (おきらく楽天 映画生活)
『愛を読むひと』を観ました幼いころに恋に落ち、数年後に劇的な再会を果たした男女が、本の朗読を通じて愛を確かめ合うラブストーリーです>>『愛を読むひと』関連原題: THEREADERジャンル: ドラマ/ロマンス/戦争上映時間: 124分製作国: 2008年・アメリカ/ドイ...
愛を読むひと (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[愛を読むひと] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ 評価:7.5/10点満点 2009年63本目(58作品)です。 1958年ドイツ。 猩紅熱で体調を崩していた15歳のマイケル(デヴィッド・クロス)は、自分を助けてくれた21歳年上のハンナ(ケイト・ウィ...
レビュー:愛を読むひと (シネコンバイトまりっぺの映画レビュー日記)
[恋愛ドラマ][海外文学][乳見せ][性行為描写][実写][洋画][ビスタ][PG12] 悲恋度:★★★☆☆ 監督: スティーヴン・ダルドリー 出演: ケイト・ウィンスレット、レイフ・ファインズ、ブルーノ・ガンツ、デヴィッド・クロス 配給: ショウゲート 1958...
「愛を読むひと」 (RAY's Favorites)
学生時代は大学の授業が突然に休講になると、キャンパス近くの名画座に足を運び、千円で2本立て映画を観賞・・・なんて毎日でした。 当事、...
愛を読むひと (映画君の毎日)
●ストーリー●1958年のドイツ、15歳のマイケルは21歳も年上のハンナ(ケイト・ウィンスレット)と恋に落ち、やがて、ハンナはマイケルに本の朗読を頼むようになり、愛を深めていった。ある日、彼女は突然マイケルの前から姿を消し、数年後、法学専攻の大学生になったマイ...
愛を読むひと・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
「愛を読むひと」というタイトルからして、てっきり恋愛物だと思っていた。 実際始まってから3、40分の展開は、懐かしの「青い体験」みたいな...
知らぬは一生の恥、抱えるのは十字架。~「愛をよむひと」~ (ペパーミントの魔術師)
う~ん、確かに恥ずかしいこと・・・なんでしょうが、 そこまでして守る秘密なんでしょうか? ここまで悲劇の連鎖になる前になんとかならんかったのって。 で、それ言うてしまうと身もふたもない話なんですね、コレ。 最初のうちは正直うわ~って思う 艶かしいシーンが...
『愛を読むひと』 試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
1958年のドイツ、15歳のマイケルは21歳も年上のハンナと恋に落ち、やがて、ハンナはマイケルに本の朗読を頼むようになり、愛を深めていった。ある日、彼女は突然マイケルの前から姿を消し、数年後、法学専攻の大学生になったマイケルは、無期懲役の判決を受けるハンナと法
「愛を読むひと」で久々のレナ・オリンに感動! (映画と出会う・世界が変わる)
「愛を読むひと」を見て最も驚いたのはレナ・オリンの出演であった。「蜘蛛女」に登場する女殺し屋は、これまで映画に登場した悪女のうちでもトップクラスであると思う。その殺し屋を演じていたのがレナ・オリン。スウェーデン出身の女優。最近、あまり見なくなったと思っ...
『愛を読むひと』 (千の天使がバスケットボールする)
第二次世界大戦後の1958年のドイツ。15歳の僕、マイケル(デヴィッド・クロス)は、偶然出逢った21歳年上のハンナ(ケイト・ウィンスレット)と激しい恋におちる。授業もそこそこにかけつけるのは、ハンナのベットと情事のための浴槽、そして彼女の体。ハンナは市電の...
愛を読むひと (いつか深夜特急に乗って)
製作年:2008年 製作国:アメリカ/ドイツ 監 督:スティ
愛を読むひと (Addict allcinema 映画レビュー)
愛は本に託された  
「愛を読むひと」キュートで切ない愛 (ノルウェー暮らし・イン・London)
奇しくも今回、第二次大戦中と大戦後のドイツを舞台にした映画を、立て続けに観ることになった。 テーマは全く違うけど、悲しい過去は、確かに消せないのだ・・・・
「愛を読むひと」 (或る日の出来事)
観たあとに、いろいろと考えさせられる余地を残した映画だったと思う。
愛を読む人 (シネマ大好き)
15才の少年マイケルは、下校時に具合が悪くなったところを助けられたことから、21歳年上の女性ハンナと知り合い、激しく求め合うようになる。ハンナが本を読んで欲しいといい、マイケルの朗読が二人の儀式になっていく。 学校にチャーミングな転校生がきても、学校が...
映画「愛をよむ人」 (Playing the Piano is ME.)
や、やばい...こんな感動的な映画、もう少しで見逃すところでした... 「グラン・トリノ」「セブンティーン・アゲイン」を押しのけて、今のところ、私の2009年の映画No.1です! レートも★★★★★(星5つ!パーフェクト!)
mini review 10429「愛を読むひと」★★★★★★★☆☆☆ (サーカスな日々)
幼いころに恋に落ち、数年後に劇的な再会を果たした男女が、本の朗読を通じて愛を確かめ合うラブストーリー。ベルンハルト・シュリンクのベストセラー「朗読者」を原案に、『めぐりあう時間たち』の名匠スティーヴン・ダルドリーが映像化。戦時中の罪に問われ、無期懲役と...
「愛を読むひと」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
ケイト・ウィンスレット天晴れ!素晴らしい女優魂を見せてもらいました
「愛を読むひと」(THE READER) (シネマ・ワンダーランド)
ケイト・ウインスレット主演の濃密なラブ・ロマンス風ヒューマン・ドラマ「愛を読むひと」(2008年、米・独、124分、MGM映画配給)。この映画はベルンハルト・シュリンクのベストセラー小説「朗読者」を「めぐりあう時間たち」などの作品で知られるスティーブン...
愛を読むひと/The Reader(映画/DVD) (映画を感じて考える~大作、カルトムービー問わず映画批評)
[愛を読むひと] ブログ村キーワード愛を読むひと(原題:The Reader)キャッチコピー:愛は本に託された製作国:アメリカ、ドイツ製作年:2008年配給:ショウゲートジャンル:ドラマ/ラブ....
スティーブン・ダルドリー監督 「愛を読むひと」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが…死にそうになったので禁煙か?)
恋愛映画ってなんか照れくさくって、普段観ない自分ですが… 一応話題作だし やっとTSUTAYAでのレンタルが新作から準新作になって安くなったので鑑賞(^m^:) 公式サイト⇒http://www.aiyomu.com/ 【あらすじ】 1958年ドイツ。15歳のマイケル((デ...
映画評「愛を読むひと」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2008年アメリカ映画 監督スティーヴン・ダルドリー ネタバレあり
「愛を読むひと」の感想 (MASログ)
原題: The Reader 原作: ベルンハルト・シュリンク著「朗読者」 監督: スティーヴン・ダルドリー 出演: ケイト・ウィンスレット/デヴィッド・クロス/レイフ・ファインズ他 データ: 米独合作/124分/2008年 1958年のドイツ。マイケルは学校からの帰宅途中...
愛を読むひと (2009) (voy's room)
  1958年のドイツ。15歳のミヒャエル(デヴィッド・クロス)は、気分の悪くなったところを21歳年上のハンナ(ケイト・ウィンスレット)に助けられる。その出会いから、2人はベッドを共にするようになり、ハンナはミヒャエルに本の朗読を頼むようになる。だが...