ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『アイ・アム・レジェンド』

2007-12-04 01:08:15 | 新作映画
(原題:I am Legend)

「いやあ、これほど予想を覆された映画は最近なかったね」
----えっ、どういうこと?
これってチャールトン・ヘストン主演の
『地球最後の男オメガマン』のリメイクと聞いていたけど…。
「う~ん。というよりも
リチャード・マシスンの原作『吸血鬼』の3度目の映画化。
吸血ウイルスによって死亡した人間が
その後、吸血鬼として甦る----。
原作は『ゾンビ』の原型みたいなモノだね。
今回のウィル・スミス版では人間が生み出したウィルスがその原因。
彼が演じる主人公ロバート・ネヴィルは
そんな中でただひとり生き残った最後の人間 」

-----あっ、それで『アイ・アム・レジェンド』。
でも“近未来に伝説となる”って、
どこかで聞いたような?
「『マッドマックス2』だね。
あれは最後の子供の目線で描かれていた。
今回もラストはそれに近いかも。
でも、設定自体は『28日後…』にソックリ。
誰もいないロンドンが、ここでは誰もいないニューヨークに。
ウイルスに感染した者たちが
凶暴化して生き残った人間に襲いかかるところも酷似している。
ただ、太陽の光に弱く、彼ら感染者の活動は夜だけ。
そこは原作の『吸血鬼』を継承している」

----ははあ。で、さっきの質問に戻るけど
何が予想を覆されたの?
「ランニングタイム。
お正月映画の大作でありながら、わずか1時間40分。
これは画期的(?)だ」

----でも、人間がひとりしか出てこないんでしょ?
だったら、そうなるのも仕方ないのでは…。
ロビンソン・クルーソーを観ているようなモノだもの。
「いやいや、もちろん他にも出てはくるよ。
彼ひとりになってしまった背景とか、
過去の状況も描くわけだからね。
そういえば、犬も出てきたなあ。
あれがいわばフライデー…」

---うう~ん。ニャんだか歯切れ悪いニャあ。
見どころを教えてよ。
「感染者“ダーク・シーカーズ”が
ネヴィルが隠れている家を探し当てて襲いかかるところかな。
監督がフランシス・ローレンス。
さすが『コンスタンティン』で地獄を描いただけのことはある。
彼らが大挙して壁をよじ登って現れるところなど、
まるで地獄の釜が開いたみたいだったね」



         (byえいwithフォーン)

フォーンの一言「『猿の惑星』に『オメガマン』……。
チャールトン・ヘストン主演のSFもこれで2本リメイク。
となると、次は『ソイレント・グリーン』かニャあ」ぱっちり


※う~ん。う~んだ度

人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー

※ちょっとCM。ドラマ仕立てです。(画像をクリックしたらスタート!)
「寒い家」
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (18)   トラックバック (65)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『ナンバー23』 | トップ | 『子猫の涙』 »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (mig)
2007-12-10 11:59:19
えいさん☆

こんにちは♪
わたしも観てきました~。
ダニーボイルの『28日後...』好きなんですが
設定似てましたよね。
えいさん本文中に書かれてる『28時間後...』は『28日後...』の間違いかな??

アメリカ同時公開なのであちらの批評は聞こえてこないけどいまいちなのかなぁ?やっぱり、
ウィルの演技のおかげとNYが舞台ということで普通に楽しめちゃいました。
えいさん『28週間後...』も観られたんですね☆
公開も決まったようで楽しみです♪
(監督ダニーボイルじゃないし、続編だから期待しないで観ます
■migさん (えい)
2007-12-10 21:31:34
こんばんは。
いやあ、またまたケアレスミスをヤッテしまいました。
いつもありがとうございます。
さっそく直しておきます。

そうそう、でも『28週間後…』でなく『28週後…』です。
ほんとややこしいですね(汗)。

ぼくは、これを観て
チャールトン・ヘストン版が無性に観たくなりました。
Unknown (mig)
2007-12-10 23:05:57
えいさん、こんばんは。
先ほどは失礼しました
TB先なぜか間違えてました
しかも、28週間後、、、かと思ってました
これ、言われるまで上映しても気づかないでみてたかも、、、(笑)
観たらまたおじゃましますー☆
■migさん (えい)
2007-12-11 10:08:59
こんにちは。

これは間違えやすいタイトルですよね。
そういえば某編集部から
この映画の原稿依頼がきたときも
そのタイトルが『28週間後…』となっていましたっけ。(笑)
こんばんは♪ (きらら)
2007-12-11 22:19:06
私もなんとなく、2時間半くらいある作品かと思っていたのでちとビックリでした
でも観てて、怖くて仕方なかったので
あれ以上長かったら途中退場してたかも。。。です
■きららさん (えい)
2007-12-11 23:51:57
こんばんは。

正月の本命ハリウッド大作が
この時間というのは驚き。
でも、その中身からして
長くしようがないですものね。

ウィル・スミスの一人芝居を延々観ることになってしまう(汗)。
マイノリティです (となひょう)
2007-12-14 21:41:49
こんにちは。
今日は有給休暇を取ってTOHOシネマズデイにはしご鑑賞して来ました。ここ2週間くらい「そんな馬鹿な」ってくらいに仕事が忙しいので、スッキリすることができました。やっぱり趣味は大切ですね。

という前置きはいいのですが。お恥かしながらに私は本作を見て号泣してしまいました。
尺が短いというのも意外でしたけど、そんな展開に自分でもビックリしました。
サムの名場面の数々、忘れられないです。
ネコ派の人間とは言え、ワンちゃんの賢く忠実な姿には感動してしまいます。特に本作では、何だカンだでネビルが癒されていたことは間違いないし。

>う~ん。う~んだ度

それ程に魅せられなかったといったところでしょうか。私は結構気に入ったのですが、後で周囲に感想を求められたら何て説明していいのか迷います。
勢いで乗り切った? (たいむ)
2007-12-15 14:27:57
こんにちは。
>わずか1時間40分。
これ以上だとダラダラするだけになりそうなので、良い頃合かと思いました。
潔い時間も結末も、私は結構気に入ってますw
■となひょうさん。 (えい)
2007-12-15 15:24:10
こんにちは。

お忙しそうですね。
最近、更新が滞っているような気がしましたが、
そういうことでしたか…。

ぼくは、胃にくる風邪でしばらくおかゆと林檎だけでした。
体には十分に気をつけてください。

ところでマイノリティってことはないんじゃないかな。
多くのブロガーさんたちの間で
好意的な評を見かけましたし…。

あのわんちゃんの存在がポイントですよね。
■たいむさん (えい)
2007-12-15 15:33:49
こんにちは。

無人の街になった課程を描いてくれると思いきや、
思いっきり省いていたのにビックリ。

そのため、彼ひとり、そしてサム一匹が
生き残った理由がよく分からず、
どうも中に深く入っていけませんでした。
時間はこれくらいの方が助かりますが、ちょっと気抜けした感じも…。
でもそれって
正月映画というと『キングコング』のように
飽きない<超大作>に慣れてしまっている自分がいけないのかも…。
ビクッ!! (メビウス)
2007-12-16 19:22:49
えいさんこんばんわ♪

オリジナルの方も『28日後』の方も未見だから自分は面白く観れたのかも?ウィルスに感染したダークシーカーズも凄いパワフルに襲ってくるので、ネビルが追い詰められる度にドキドキものでしたねぇ♪それに彼らは驚かせ方も半端無かったので、自分も不意を突かれて何度肩をビクッ!!とさせたか分かりませんです・・(笑
ソイレントグリーンも進行中 (よろ川長TOM)
2007-12-17 15:20:32
…ですね。今年のアタマあたりに聞いた話だったかと思います。
その後どうなってるのか全然知りませんが…
あ、ごぶさたいたしております。
■メビウスさん (えい)
2007-12-17 21:02:11
こんばんは。

ダークシーカーズは、パワフルでしたね。
あの体ごとガラス戸にぶつけてくるシーンは、
さすがに肝を冷やしました。
なんというか、
お城の隠れ部屋に身を潜めているところを
敵兵たちに見つかる……
そんな怖さがありました。


■よろ川長TOMさん (えい)
2007-12-17 21:19:30
こんばんは。

お久しぶりです。
『ソイレント・グリーン』もリメイクですか?
貴重な情報ありがとうございます。
だれが主人公を演じるんだろう?
チャールトン・ヘストンというと、
どうしてもシュワルツェネッガーを連想するのですが、
20年前ならともかく
いま、それはないでしょうね。
こんばんは (ノラネコ)
2007-12-19 22:47:38
ビジュアルは圧巻でしたね。
ただ、作劇で一番面白かったのは、感染者側の男が実はネビルと似たもの同士という事だと思うんですよ。
そのあたりが結末にどう絡むのかと思っていたら、あっさりスルーされて「神様の計画」で片付けられたのはちょっとがっかりでした。
まあ十分楽しみましたけど、ちょっと物足りなさを感じました。
■ノラネコさん (えい)
2007-12-20 09:42:15
こんにちは。

ノラネコさんのレビューには、いつもハッとさせられます。
感染者のリーダー≒ネビル
この構図を軸に観ると、
新しい解釈ができそうです。

価値観の逆転の代わりに、そこを押し出せば
この映画も、もっとオモシロくなったでしょうね。
ウィルの好演 (ノルウェーまだ~む)
2007-12-28 23:57:32
こんばんわ~
3回目のリメイクは、ネビルの孤独を強調しているというだけあって、他の説明全くなしっていうところが、その孤独感を際立たせているように思いました。
ゾンビの大群は、まさに地獄の釜でしたね~
■ノルウェーまだ~むさん (えい)
2007-12-29 11:24:49
こんにちは。
ぼくはこの映画は、正直言ってあまり肌に合わなかったのですが、
この、ゾンビの大群が押し寄せるところは目を見張りました。
本当に恐く、その後にまさかあのような結末が待ち構えているとは思わなかったのでビックリしました。
ただ、後味のいい映画ではなかったです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

65 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
アイ・アム・レジェンド /I AM LEGEND (我想一個人映画美的女人blog)
『ナショナルトレジャー~』は続編だしこれがこの冬の一番の大作なじゃないかな? でもリメイク。 14日から日米同時公開{/ee_1/} あちらでの評判も聞かないまま、前知識全くなく試写にて観てきました~。  {/kaminari/}ちょっとだけネタバレありでいきます!{/kam...
アイ・アム・レジェンド (メルブロ)
アイ・アム・レジェンド 191本目  上映時間 1時間40分 監督 フランシス・ローレンス 出演 ウィル・スミス 評価 7点(10点満点) 会場 新宿ミラノ(試写会 156回目)    久し振りの試写会。開映時間19:45と遅い時間なので見にいけました。入場時に荷物...
映画「アイ・アム・レジェンド」 (いもロックフェスティバル)
ウィル・スミス主演の映画『アイ・アム・レジェンド』の試写会に行った。
映画~アイ・アム・レジェンド (きららのきらきら生活)
  ☆公式サイト☆人類が絶滅した近未来を舞台に、たった1人生き残った男の奔走を描くSFドラマ巨編。『幸せのちから』でアカデミー賞主演男優賞にノミネートされたウィル・スミスを主演に、自分以外の生存者を探す科学者が人類再生の道を模索する姿を描く。2012年。人類...
「アイ アム レジェンド」を観る (紫@試写会マニア)
本国アメリカより早い試写(だそうで)という、まさにプレミアな試写(レッドカーペット参加付き)に行ってきました。レッドカーペットに現れた主役はスーツ姿も爽やかなウィル・スミス。彼の最新作「アイ アム レジェレンド」を鑑賞です。 東京はこの冬一番の寒さとい...
「アイ・アム・レジェンド」(2007)試写 (MY HIDEOUT~私の隠れ家~)
12/14(金)より日米同時公開。http://iamlegend.warnerbros.com/"IAMLEGEND"監督・・・フランシス・ローレンス原作・・・リチャード・マシスン『地球最後の男』『アイ・アム・レジェンド)』(ハヤカワ文庫刊)出演・・・ウィル・スミスロバート・ネビルアリシー・ブラ...
『アイ アム レジェンド』ジャパンプレミア (アートの片隅で)
『アイ アム レジェンド』ジャパンプレミア試写会に行って来ました。 今回は、何気にウィル・スミス好きの息子と一緒です。 会場は、東京国際フォーラムAホールです。 この会場は、以前にも息子と一緒に「ハリーポッターと不死鳥の騎士団」を観に行った会場です。 ...
アイ・アム・レジェンド (映画通の部屋)
「アイ・アム・レジェンド」I AM LEGEND/製作:2007年、アメリカ 1
アイ・アム・レジェンド~忠犬ハチ公物語 (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
副題の邦題「地球最後の男に希望はあるか。」だけれども、英語の副題は←でかなり違う。「not alone」だから「最後の男」じゃないのだ。しかも、本当は「ニューヨーク最後の男」だろう。看板に偽りあり。茫漠たる寂寥を極める映画と思いきや、それは序盤だけで、騒々しく...
アイ・アム・レジェンド (映画鑑賞★日記・・・)
【I AM LEGEND】2007/12/14公開(12/14鑑賞)製作国:アメリカ監督:フランシス・ローレンス原作:リチャード・マシスン    『地球最後の男(別題:アイ・アム・レジェンド)』(ハヤカワ文庫刊)出演:ウィル・スミス、アリシー・ブラガ、ダッシュ・ミホク、チャーリ...
『アイ・アム・レジェンド』 (めでぃあみっくす)
古典的傑作『地球最後の男』の2度目のリメイクということであまり期待はせずに見ましたが、正直な感想を述べると映像以外に新鮮味はないものの、古き良き映画を見たという感じでした。 でこの映画を未見の方に忠告です。ほとんど情報がないあの予告編以外できるだけ事前...
劇場鑑賞「アイ・アム・レジェンド」 (日々“是”精進!)
「アイ・アム・レジェンド」を鑑賞してきましたリチャード・マシスンの小説「地球最後の男」の3度目の映画化となるSFアクション。「コンスタンティン」のフランシス・ローレンスが監督。人類を救う役どころを多く演じてきたウィル・スミスが、絶望的な状況を生き抜く主...
アイ・アム・レジェンド (Good job M)
公開日 2007/12/14監督:フランシス・フローレンス出演:ウィル・スミス/アリス・ブラガ/サリー・リチャードソン 他【あらすじ】22012年、人間の姿が消え、死んだように静まり返るニューヨークの街。この街がかろうじて生きていることを伝えるのは、通りを走り抜けてい....
「アイ・アム・レジェンド」みた。 (たいむのひとりごと)
「サム!サム!」って言うから、てっきり男の子かと思ったら、なんと「サマンサ」ちゃんだった(^^)。一人と一頭でほぼ時間の半分を費やすんだがら、ウィルってすごい。サムの演技もとってもお見事~~!!SFホ
アイ・アム・レジェンド(2007年) (勝手に映画評)
リチャード・マシスンの『I Am Legend(地球最後の男)』が原作。これまでに二度映画化されており、今回が三回目の映画化。 物語の性質上、ほとんどの時間、スクリーンにはロバート・ネヴィル(ウィル・スミス)しか出ていません。ほとんど、彼の一人芝居です。それだけ...
アイ・アム・レジェンド (★YUKAの気ままな有閑日記★)
SF小説『地球最後の男』の3度目の映画化―といっても原作・前作は知りませ~ん【story】2012年。人類がほぼ死滅してしまった地球で生き残った、科学者のロバート・ネビル(ウィル・スミス)。彼は孤独と闘いながら、愛犬サムとともに3年もの間他の生存者の存在を信じて無...
アイ・アム・レジェンド (映画のメモ帳+α)
アイ・アム・レジェンド(2007 アメリカ) 原題    I AM LEGEND   監督   フランシス・ローレンス    原作   リチャード・マシスン 脚色   マーク・プロトセヴィッチ アキヴァ・ゴールズマン       撮影   アンドリュー・レスニー   ...
アイ・アム・レジェンド (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『地球最後の男に希望はあるのか。』  コチラの「アイ・アム・レジェンド」は、リチャード・マシスンの「地球最後の男」を映画化した3本目となるSFアクションで、12/14に公開されたのですが、初日に早速観て来ちゃいましたぁ~♪  久し振りにレイトショーでの鑑賞...
『アイ・アム・レジェンド』 (めでぃあみっくす)
古典的傑作『地球最後の男』の2度目のリメイクということであまり期待はせずに見ましたが、正直な感想を述べると映像以外に新鮮味はないものの、古き良き映画を見たという感じでした。 でこの映画を未見の方に忠告です。ほとんど情報がないあの予告編以外できるだけ事前...
「アイ・アム・レジェンド」★★★★ (JoJo気分で映画三昧!+α)
'07年製作 監督 フランシス・ローレンス  主演ウィル・スミス  共演アリス・ブラガ、サリー・リチャードソン=ホイットフィールド、ウィロー・スミス、チャーリー・タハン他。本日14日より公開! 2012年、NY。街は廃れ、荒れ果てていた。悪夢の始まりは、...
「 アイ・アム・レジェンド / I AM LEGEND (2007) 」 (MoonDreamWorks★Fc2)
【アイ・アム・レジェンド 】2007年12月14日(金)公開 監督 : フランシス・ローレンス
「アイ・アム・レジェンド」 (かいコ。の気ままに生活)
不朽のSF小説 「地球最後の男」 3度目のリメイク。「アイ・アム・レジェンド」公式サイトコワがりの私には 少々キツかった・・ちょっとのことで ビクビクしっぱなし。暗がりに入っていった愛犬サムを追っかけてったシーンはコワすぎて 視線スクリーンからはずして...
「アイ・アム・レジェンド」観て来ました。 (仙台・宮城ローカル報道ステーション)
これだけは公開初日に映画館へ行こうと決めていました。ウィル・スミス主演の「アイ・アム・レジェンド」。テレビのCMで、地球に残された一人になったらというストーリーしか予備知識はありませんでした。予備知識が少ないと先入観がなくなりますので、映画を観るにあた...
★「アイ・アム・レジェンド」 (ひらりん的映画ブログ)
2007.12.14の金曜日公開初日の本作。 TOHOシネマズ川崎ではナイトショウタイムもやってたので、見てきちゃいました。 主演はウィル・スミス。
アイアムレジェンドは詐欺だろっ!! (カスピのバカログ2)
昨日はクラスの友達と「I AM LEGEND(アイ・アム・レジェンド)」見てきた。 10月ぐらいから楽しみにしてたんだけど… 感想ははっきり言ってびっくり だって… ↓開いてね↓ 怖ぇ!! でもいい映画~みたいな感じですわ。はい。 変なの出てくるし。 や...
アイ・アム・レジェンド/I AM LEGEND (描きたいアレコレ・やや甘口)
身体能力が凄いゾンビなんて、反則だ~! ウィル・スミスは好きなのに、描くのは苦手な管理人です。坊主頭とブラックメンは、描き難い...。 最初からネタバレします。 私の近く...
「アイ・アム・レジェンド」 I am not alone. (はらやんの映画徒然草)
 You are not alone.  「君は独りじゃない」 N.Y.で”地球
アイ アム レジェンド(評価:◎) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】リチャード・マシスン 【出演】ウィル・スミス/サリー・リチャードソン/アリス・ブラガ 【公開日】2007/12.14 【製作】アメリカ 【ストーリー】 2012年の...
アイ・アム・レジェンド (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
私の名はロバート・ネビル。ニューヨークで生き残っている。もし誰かこれを聞いているなら、もし誰か他にいるなら……誰でもいい、応えてほしい。66億人の絶滅と、たった1人の生存者―。 2012年、人間の姿が消え、死んだように静まり返るニューヨークの街。この街がか...
「アイ・アム・レジェンド」 I Am Legend (俺の明日はどっちだ)
~ Don't worry about a thing,   Cause every little thing gonna be all right.♪ 未見ながら過去に2度映画化されたというリチャード・マシスンの『地球最後の男』をウィル・スミス主演で映画化したSFアクション作。 まず何と言っても荒廃したパーク・アヴェニュ...
映画「アイ・アム・レジェンド」 (映画専用トラックバックセンター)
映画「アイ・アム・レジェンド」に関するトラックバックを募集しています。
「アイ・アム・レジェンド」感想です。 (Cinema Chips)
「アイ・アム・レジェンド」今週末に観に行く予定です。そのあと感想を追記します。私は夏ごろから映画館で予告編を観ていて、一応期待して公開を待っていたんですけど・・・なんか...
映画「アイ・アム・レジェンド」 (しょうちゃんの映画ブログ)
■邦題:アイ・アム・レジェンド ■原題:I AM LEGEND ■上映時間:100分 ■製作国:アメリカ ■ジャンル:SF、アクション、ドラマ ■配給:ワーナー・ブラザース映画 ■公開:2007/12/14 ■劇場:ワーナー・マイカル・シネマズ茨木(劇場7/L席13席) ■パン...
【2007-181】アイ・アム・レジェンド(I AM LEGEND) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 地球最後の男に希望はあるのか。
アイ・アム・レジェンド (I Am Legend) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 フランシス・ローレンス 主演 ウィル・スミス 2007年 アメリカ映画 100分 SF 採点★ “映画は映画、原作は原作”と割り切って楽しむ性質とはいえ、やっぱり好きな小説の映画化は色んな意味で期待と不安が入り混じるもので。それでもまぁ、映画として面白く出来て...
「アイ・アム・レジェンド」 ベーコン大戦争 (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
『スーパーマン』のロゴに『バットマン』のエンブレムが合体してる謎の超大作が公開されてる近未来、世界でたった一人になったという男が、荒廃したニューヨークでひとり遊びしながら、食べ物はないか?生き残りはいないか?と探し回る様は、さいとうたかをのマンガ「サバ...
アイ・アム・レジェンド・・・・・評価額1450円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
もしも、この世界に一人ぼっちだったら・・・・ フランシス・ローレンス監督の「アイ・アム・レジェンド」は、そんな子供じみた空想が現実になった世界の物語。 西暦2012年、ニュ...
アイ・アム・レジェンド (ようこそ劇場へ! Welcome to the Theatre!)
”I am Legend”原作=リチャード・マシスン「I am Legend」(地球最後の男)。過去に2度映画化された、1964年『地球最後の男 The Last Man of Earth』(日本未公開)と、1971年『地球最後の男/オメガマン』ともに未見。☆☆★★
○アイ・アム・レジェンド /なぜか2回目 (shinuma de cinema (映画ネタバレの部屋))
◎ネタバレ全開です。 ●映画部門でblogRanking参加してます 化け物って頭がいいかも~プチーー(^^)と一日一回有効です。 お友達の付き合いで2回目みました。 2回目って冷静に見れるからーー 違った角度で映画を見ることができます。 この映画やっぱり微妙かもですねー...
●アイ・アム・レジェンド (江戸川心歩・傑作娯楽小説全集)
 原作はスピルバーグの「激突!」で脚本を書いた小説家のリチャード・マシスン。 2012年のニューヨーク。ウィルスによって汚染され、感染していない人間だけ避難し、橋を爆破して、ニューヨークは封鎖された。 一人街に残った、軍人で化学者のロバート・ネビルは、愛犬...
アイ・アム・レジェンド (虎猫の気まぐれシネマ日記)
ウィル・スミス主演の人類滅亡ものサバイバル映画。 今日めでたく 観てきました。(^ ^)ウィルが演じる,主人公のロバート・ネビル(元軍人。医学の知識もある)は,3年前に突然蔓延した疫病で死に絶えた人類の,唯一の生き残りという設定。愛犬サムと二人(?)...
アイ・アム・レジェンド (まぁず、なにやってんだか)
年の暮れになって公開する映画の中で、かなり期待度の大きかった「アイ・アム・レジェンド」。 映画館もいつもより混んでいて、手ごたえを感じたんですが・・・ こういう展開かよ! ・・・・・ ウィル・スミスかっこよかったわぁ。足は長いし、鍛えられたマッチョ...
I AM LEGEND (PLANET OF THE BLUE)
年末の大作。 の割には結構硬くて派手さが無いかな。 ウィル・スミスが人類最後の一人として、奮闘する物語。 朝、起きたらペットと共に運動。 昼、食糧確保のために狩に出る。 夜、生き延びる。 というストーリー。 これ、ちゃんと原作があるんですね。 かな...
『I AM LEGEND』アイ・アム・レジェンド (キマグレなヒトリゴト)
やっぱ一人はいやだよなぁ。 ぽちっとプリーズ。 アイ・アム・レジェンド (ハヤカワ文庫 NV マ 6-5)
アイ・アム・レジェンド☆独り言 (黒猫のうたた寝)
NYでたった一人・・・相棒はシェパードのサム実は雌犬だったのね^^;本名はサマンサだったってやっぱり一緒にいるのは異性がいいのか~(爆)と、鑑賞した映画は『アイ・アム・レジェンド』別にロビンソン・クルーソーではないんだけど・・・ちょっとそんな空気もある...
『アイ・アム・レジェンド(I Am Regend)』 (不良老年のNY独り暮らし)
『アイ・アム・レジェンド』の主役はニューヨークの街だね。そう思うのは、僕がいまニ
アイ・アム・レジェンド (お気楽に映画で極楽)
今週は映画三昧です♪楽しみだったこの作品、やっと観れました! ウィルスにより人類滅亡の危機にさらされた近未来。バイオ系つながりのミラさんほどの迫力はありませんが、ニュ...
『アイ・アム・レジェンド』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「アイ・アム・レジェンド」□監督 フランシス・フローレンス □脚本 マーク・プロトセヴィッチ、アキヴァ・ゴールズマン □原作 リチャード・マシスン 「地球最後の男」(ハヤカワ文庫刊)」 □キャスト ウィル・スミス、アリーシー・...
アイ・アム・レジェンド (Memoirs_of_dai)
アレでは困る 【Story】 2012年。人類が死滅してしまった地球でたった1人、有能な科学者のロバート・ネビル(ウィル・スミス)だけが生き残る。彼は究極の孤独と闘いながら愛犬サムと...
「アイアム レジェンド」さすが!ウィルスミス (ノルウェー暮らし・イン・ジャパン)
仕事の合間に休みを取ったパパンと、映画に行った。 二人で行けば、今年から1000円で観られちゃう! なんか、うれしいような、寂しいような・・・・・
伝説になるにはツメが甘い! (犬も歩けばBohにあたる!)
07年後半、公私共々バタついており すっかりブログの更新を怠ってしまいました。
アイ・アム・レジェンド★★★☆2008年1本目:緊張感あったね~。 (kaoritalyたる所以)
新年早々、映画ファン感謝デー(ファーストデー)は1,000円なので、『アイ・アム・レジェンド』観てきました、お父さんと(笑)興行成績はいいみたいだけど、巷の(ネットのレビューなど)評判はいまいちパッとしないし、リンクしてる人たちにはどうも良くなかった映画...
アイ アム レジェンド <ネタバレあり> (HAPPYMANIA)
めっちゃ怖いし 可哀想過ぎる 観終わった後も 心に何か残ってすっきりしない感じが続く。ってか バイオハザードにかぶってんねんっけど こっちのウイルスの方が遥かに凶暴で 感染した人間はめちゃめちゃ強いねん。 対決したら きっとこっちが勝つ(笑)Tウイルス...
アイ・アム・レジェンド (ダイターンクラッシュ!!)
1月6日(土) 17:00~ サロンパス ルーブル丸の内 料金:1290円(有楽町の金券屋で前売り購入) パンフ:後日購入予定 『アイ・アム・レジェンド』公式サイト 巷での評判が良くなかったんで、あまり期待しないで見に行った。期待しない通りの出来だった。 尺が...
アイ・アム・レジェンド (Yuhiの読書日記+α)
ウィル・スミス主演の「アイ・アム・レジェンド」を観てきました。 他の映画を観に行った時に、この映画の予告編をやっているのを何度も目にしていたのですが、戦争或いは異星人の襲来で、主人公がただ一人生き残ったという話なんだと勝手に思ってました。が、見てみると...
映画『アイ・アム・レジェンド』を観て (KINTYRE’SDIARY)
108.アイ・アム・レジェンド■原題:IAmLegend■製作年・国:2007年、アメリカ■上映時間:分■日本語字幕:林完治■鑑賞日:12月23日、渋谷TOEI2(渋谷)■公式HP:ここをクリックしてください□監督:フランシス・ローレンス□脚本:マーク・プロトスビッチ□....
アイ・アム・レジェンド (傲慢映画評論家見習中)
{{{ [ あらすじ ] 2012年。 人類が死滅してしまった地球でたった1人、有能な科学者のロバート・ネビル(ウィル・スミス)だけが生き残る。 彼は究極の孤独と闘いながら愛犬サムとともに3年間もの間、ほかの生存者の存在を信じて無線で交信を続け、人類再...
I AM LEGEND  WILL SMITH   (銅版画制作の日々)
 アイ アム レジェンド   66億人の絶滅と、たったひとりの生存者ーーーーー   12月18日、MOVX京都にて鑑賞、まだ現在上映続行中という長ロングランの作品です。今月末まで、上映されるようです。   登場するのは、ウィル・スミス演じるロバ...
真・映画日記(3)『アイ・アム・レジェンド』 (          )
JUGEMテーマ:映画 (2から) 午後6時半に映画館を出る。 雑誌「ぴあ」を見てみると「渋谷TOEI」がまだやっているようだ。 年内最後の映画。 ・・・『茶々』では締めたくないので、『アイ・アム・レジェンド』をチョイスする。 その前にガード下にある蕎麦...
【映画】アイ・アム・レジェンド…前半のダークシーカー怖すぎ((+_+)) (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
{/kaeru_fine/}去年ぐらいの健康診断で肝臓の瞬間的異常値が出た私。 再診の結果、診断エラーの可能性大だったのですが、この機会にと冬ぐらいから2日に1日ぐらいの率で(ペースはバラバラですが{/face_ase2/})休肝日を設けてきました。…まぁ真面目に続けていたのですが...
アイ・アム・レジェンド (mama)
I Am Legend 2007年:アメリカ 原作:リチャード・マシスン 監督:フランシス・ローレンス 出演:ウィル・スミス、アリシー・ブラガ、ダッシュ・ミホク、サリー・リチャードソン、チャーリー・ターハン、サリー・リチャードソン、ダッシュ・ミホック 2012年、ニ...
『アイ・アム・レジェンド』 (『映画な日々』 cinema-days)
アイ・アム・レジェンド リチャード・マシスンのSF小説 『吸血鬼(地球最後の男)』3度目の映画化 「闇を光で照らそう」 個人評価 ★★★☆...
映画評「アイ・アム・レジェンド」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2007年アメリカ映画 監督フランシス・ローレンス ネタバレあり
アイ・アム・レジェンド (Recommend Movies)
『アイ・アム・レジェンド』 地球最後の男。しかし、彼は一人ではなかった! 【物語】 ウイルスの蔓延で人類が滅亡した2012年。 ニュー...
『アイ・アム・レジェンド』'07・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ2012年。人類が死滅してしまった地球でたった1人有能な科学者のロバート・ネビル(ウィル・スミス)だけが生き残り、究極の孤独と闘いながら愛犬サムとともに3年間もの間、ほかの生存者の存在を信じて無線で交信を続け人類再生の道を探ってきたが・・・。感想...