ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

『モテキ』

2011-09-20 22:38:36 | 新作映画
----“モテキ”ってどういう意味?
ポスターとか見ると、
森山未來が嬉しそうに女神輿に乗って
はしゃいでるけど?
「いやあ。これはぼくも知らなかったけど、
どうやら“モテ期”、
つまりモテル時期ということみたい。
観る前までは、
主人公の男がモテてモテてどうしようもないという、
カサノバ状態の話かなと…。
ところが全然そうじゃなかった。
主人公の名は藤本幸世。
これまで派遣社員の暮らしを送ってきた彼は、
自分がモテないことに悲嘆と焦りを抱いている。
ちょっといいなと思う女の人と出会っても、
あれこれすべて悪い方に考え、
どうせ上手くいくわけはないと、自分から身を引いちゃう…
というのが、テレビでのシリーズのパターンだったみたい」

----それってニャんだか、寅さんみたいだね。
「(笑)そうだね。
ただ、これは今回の映画版で変化を見せる。
エンターテイメントのニュースサイトの会社『matalie(ナタリー)』に入った藤本は、
自分から一歩足を踏み込んでいく。
そのために傷ついてじまうことも多々あるんだけどね」

----その相手はだれ?たくさん女性が出ているけど…。
長澤まさみ演じる松尾みゆき。
藤本が彼女と知り合うきっかけはツイッター。
今回、このツイッターがいろいろと使われていて、
ツイッターやっている人が見たら、
ちょっと恥ずかしくなるかもしれない。
フォローの数とフォロワーの数だとか、
つぶやいた数だとか…。
他の女性は、そのみゆきの友だち・るみ子(麻生久美子)、
藤本の悩みをやさしく(?)聞くガールズ・バーの愛(仲里依紗)、
そして彼の会社の同僚で・唐木(真木よう子)。」

----その中で恋のさや当てがあるわけじゃないんだね?
「おっ。古い言葉知っているね。
そう言うことになるのかなと思ったら、
これがならない。
せいぜい、るみ子が藤本を好きになるだけ。
ただ、このるみ子ってのが、あまりにイタすぎ。
重いんだね。
たとえば、みゆきだったら、どんなサブカルな話にもついていくけど、
彼女の趣味は、一人カラオケ。
それもB’zの熱唱
で、自分がフラれると追いすがって
『重くならないように、
私、神聖かまってちゃんも聞くようにする』」

----あらら…。
「まあ、ストーリーはこれくらいにしておこうかな。
この映画、めちゃくちゃオモシロいんだけど、
後で考えるとストーリー自体は信じられないくらい古い。
これまで何度も描かれてきたことの繰り返し。
好きになった女には彼がいて、その彼は妻子持ち。
で、主人公を慕う女性も出てくるけど、
彼女を好きにはなれない」

----でも、ストーリーは古くても
映画は気に入ったんでしょ?
「そこなんだよね。
この監督の大根仁という人、堤幸彦監督のADだったらしい。
冒頭から、映像の遊びで飛ばす飛ばす。
主人公がフラれると大江千里の『格好悪いふられ方』が流れる。
これだけだったらよくあることだけど、
ご丁寧にも字幕が流れ、まるでカラオケ模様。
他にも、ちょっとハッピーな気分になると、
街はステージに。主人公は踊り始める。
このあたりは『(500)日のサマー』のノリだね。
かつてクレージーキャッツ映画にはよくあったけどね。
最初のうちは、その過剰な演出が鼻について…。
たとえば、主人公の心の内を全部言葉に出すとか、
うるさいなと思ったんだけど、
いつの間にか、そのテンポに入りこんでしまっていた。
とにかく声出して笑って、涙まで出ちゃったもの。
キスシーンは、やたらとリアルだし
『ソーシャル・ネットワーク』の話は出てくるし、
カラオケでリリー・フランキー
レミオロメンの『粉雪』歌うしと、
もう見どころいっぱい。
『ばらばら(星の源)』とか『東京(くるり)』とか
選曲もバッチシ。
あと、エンドクレジット。
ここまで凝ったものをぼくは観たことがないね」


                    (byえいwithフォーン)

※追加情報:
いまプレス見たら、やはりあのミュージカルシーンの元ネタは『(500)日のサマー』でした。


フォーンの一言「有名人がいっぱい出ているみたいなのニャ。」おっ、これは
※森山未來もスチャダラパーとライブでノリノリだ度

コトリ・ロゴこちらのお花屋さんもよろしく。

こちらは噂のtwitter。
ツイッター
「ラムの大通り」のツイッター



blogram投票ボタン

ranking.gif人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (23)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『カウボーイ&エイリアン』 | トップ | 『孔子の教え』 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
るみこちゃん。 (みぃみ)
2011-09-26 16:22:51
大江千里さんにB’z、見事に世代で、むか〜し、一人カラオケ5時間、7時間、熱唱!していたので、傍から見るとあぶない人だったのかぁ、とちょっと凹みました。

ラストは微妙ですが、盛り込まれているエピソードや、音楽と心の声と映像の見事なコラボにとっても楽しみました♪。

エンディングも凝っていましたね。
墨さんのアイコンが、とっても墨さんらしかったです(^^)。
■みぃみさん (えい)
2011-09-29 21:59:57
こんばんは。
一人カラオケ、7時間!
よく声潰れませんでしたね。
あのラストは微妙すぎ。
みゆきの感情の流れが掴めませんでした。
こんばんはー♪ (kira)
2011-10-02 22:48:02
おばさん二人で行ってきましたが、案外楽しめたのにびっくり(笑)

るみこサンにならって、
ひとりカラオケで、B'zを歌いまくりたいと思いました(笑)
■Kiraさん (えい)
2011-10-04 22:42:25
こんばんは。

ぼくはB'zは歌えませんが
それぞれにB'zみたいな曲があるんだろうな…
そんなカラオケシーンでした。
ああいう“重い”女性を演じさせると
麻生久美子はピッタリですね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

23 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「モテキ」好きになった人しか見えなくなった先にみた理解したいと言ってくれた女を重いと蔑ろにしたオタク男の暴走劇 (オールマイティにコメンテート)
9月23日公開の映画「モテキ」9月23日公開の映画「モテキ」を鑑賞した。この映画は昨年テレビ東京で放送されたモテキの続編となる作品で、金なし夢なし彼女なしのオタク青年 ...
モテキ (あーうぃ だにぇっと)
モテキ@ニッショーホール。 隣にでっかくて無神経なおっさんが座っていた。 でかいのは彼の罪ではない。 が、肘掛にはみ出るような座り方するな。 なんだかな〜と思っていると、彼はT橋厨房の一味だったようだ。 “席が空くから来ない?”と誘われて移動していった...
モテキ (あーうぃ だにぇっと)
モテキ@ニッショーホール。 隣にでっかくて無神経なおっさんが座っていた。 でかいのは彼の罪ではない。 が、肘掛にはみ出るような座り方するな。 なんだかな〜と思っていると、彼はT橋厨房の一味だったようだ。 “席が空くから来ない?”と誘われて移動していった...
「モテキ」吾輩にも来るのか(^^;?? (シネマ親父の“日々是妄言”)
[モテキ] ブログ村キーワード  まさかのテレビ東京深夜ドラマ枠からの映画化!「モテキ」(東宝)。ドラマにひき続き人生において突然、異性に持てる時期=“モテ期”が訪れた“低恋愛偏差値男”が巻き起こす、有り得ない“ウルトラ・ミラクル・ラブストーリー”。大爆笑...
映画:「モテキ」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成23年9月26日(月)/。 映画:「モテキ」。 【監督・脚本】大根仁 【原   作】久保ミツロウ 【 キャスト 】森山未來 (藤本幸世)・長澤まさみ (松尾美由紀)・麻生久美子 (枡本留未子)         仲里依紗 (愛)・真木よう子 (唐木素子)・...
映画『モテキ』  (よくばりアンテナ)
原作未読で、TVドラマもこっちで放送されてる時期を知らなくて逃してしまってたんだけど、 映画だけ観ても楽しめそうな気がしてました。 予告編だとさえない青年がついにモテキ(モテ期)到来して、 華...
『モテキ』 ガッポリ儲ける方法 (映画のブログ)
 思わず唸った。上手い!  映画『モテキ』の上映中、終始ニヤニヤし通しだった私は、大根仁監督の上手さに舌を巻いた。  この映画は、あたかもモテない男のルサンチマンが爆発しているかのように見せて...
モテキ(2011-072) (単館系)
久保ミツロウの同名人気コミックを映画化。 ドラマ化もされその1年後という設定で同氏がこの映画を元に 書きおろし。 監督はドラマ版の監督も務めた大根仁。 主演は森山未來。 ドラマ及び原作は未見。 ...
モテキ (だらだら無気力ブログ!)
モテキなんて一度も来たことねぇよ!
「モテキ」 恋の一喜一憂 (はらやんの映画徒然草)
「モテキ」、それは人生において突然、異性に持てる時期、らしい。 そんなもんあるん
『モテキ』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「モテキ」□監督・脚本 大根 仁□原作 久保ミツロウ (「モテキ」講談社イブニングKC)□キャスト 森山未來、長澤まさみ、麻生久美子、仲里依紗、真木よう子、       新井浩文、金子ノブアキ、リリー・フランキー、ピエール瀧...
モテキ (to Heart)
                       製作年度 2011年 上映時間 118分 原作 久保ミツロウ 監督:脚本 大根仁 出演 森山未來/長澤まさみ/麻生久美子/仲里依紗/真木よう子/新井浩文/金子ノブアキ/リリー・フランキー 原作を手掛ける漫画家、久保ミツロウが、テ...
モテキ 森山未來に殺意を抱き、長澤まさみ嬢にムラムラする映画w (マチルダベイビー!)
映画「モテキ」が公開14日間で興行収入10億円を突破する大ヒットらしい。僕もその中の1人な訳だけどw週末で映画の日に見に行ったこともあって確かにお客さんの入りと熱気は凄いものがありました。
モテキ (映画的・絵画的・音楽的)
 『モテキ』を新宿バルト9で見ました。 (1)この映画のことは予告編で知って、面白そうだなと思い見てきましたが(ですから、漫画もTVドラマも知りませんでした)、予想どおり実に楽しい気分で映画館を後にすることができました。  映画はどこをとっても面白さに溢れて...
映画:モテキ 今年のベスト10にランクインしそうな、2011年型 日本恋愛コメディ! (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
映画がテンポよく立ち上がって早々、 「歌手本人」も登場する、プロモーションビデオを圧倒的に凌駕する鋭い出来栄えの挿入歌で、一気に昇天! (「500日のサマー」へのオマージュだそう、な〜る〜) もうこのあとは、ラストまで一気に突き進むのみ。 この音楽起用....
セカンド童貞/または、長澤まさみがかわい過ぎる件について〜『モテキ』 (真紅のthinkingdays)
 第一期「モテキ」が過ぎ去り、「ちゃんと働こう」とフリーターを卒業、ニュース サイト運営会社に就職した藤本幸世(森山未來)、31歳・草食系メガネ男子。 ツイッターで知り合った雑誌編集者のみゆき(...
『モテキ』を109シネマズ木場3で観て、これは好きだ女の子が可愛いもんふじき☆☆☆☆ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【☆☆☆☆可愛い女の子が正義だ】 ドラマ版は未視聴。 軽薄なスタイルを隠そうとしない映画なので、 「こんなんを映画とは認めない」みたいに 原映画主義者が ...
【映画】モテキ (映画鑑賞&洋ドラマ日記)
JUGEMテーマ:モテキ  ドラマ版が想定よりも好評だったことで映画化された本作品。 テレビ版のもなかなか おもしろかったですね!森山くんどっかハマり役です。案外、気持ち悪い男を演じさせたら、すごいのかも!!漫画のヤツと個人的に生き写しではないかと...
モテキ (食はすべての源なり。)
モテキ ★★★★☆(★4つ) かなり好評だったモテキ!やっと観れました。 確かに良作。 前半は「くっだらない〜」と失笑の連続なんだけど、ミュージカルのようにBGMが多々使われているのが楽しめる!心の代弁カラオケいっぱい(笑) 後半は意外と泣かせるシーンも...
モテキ (銀幕大帝α)
11年/日本/118分/青春ロマンス・ドラマ/劇場公開 −監督− 大根仁 −脚本− 大根仁 −オープニングテーマ− フジファブリック『夜明けのBEAT』 −メインテーマ− 女王蜂『デスコ』 −出演− ◆森山未來…藤本幸世 過去出演作:『20世紀少年<最終章> ぼくら...
モテキ (いやいやえん)
人生にモテキは二度あるんだっけ?三度だっけ?今までもてた事がないので老年期に一気にくるのかしら…それもなんかイヤンな感じ! 原作漫画もドラマもみてない。主人公の森山未來さんを彩るのは、長澤まさみ、麻生
【映画】モテキ…90年代サブカルを象徴する際、今夜はブギーバックに頼りがち (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
本日も調子良く発電中(※太陽光発電) ゴールデンウィークも終わり、本日からお仕事…億劫です 以下は早速、映画観賞記録。ペースアップの意気込み注入中 「モテキ」 (監督:大根仁、出演:森山未來、長澤まさみ、麻生久美子、2011年日本) TSUTAYA DISCASさんか...
映画 モテキ (VAIOちゃんのよもやまブログ)
Blu-rayがレンタルできるようになっていた映画「モテキ」。‘み’は原作漫画を描いている久保ミツロウこそ(トッキュー!とかで)知っていましたが、漫画そのものもTVドラマも全く知ら ...