ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『ソーシャル・ネットワーク』(東京国際映画祭オープニング作品)

2010-10-18 22:36:26 | 新作映画
(原題:social network)


----これって、いま全米でスゴく話題になっている映画だよね。
東京国際映画祭でもオープニングを飾るんでしょ。
いったい、どんなお話ニャの?
「いわゆる実話系。
主人公は“フェイスブック”の創始者マーク・ザッカーバーグ。
彼は、インターネット時代のビル・ゲイツと呼ばれ、
アメリカの経済誌フォーブスが発表した2010年版の長者番付では
『世界で最も若い億万長者』とされている」

----それはうらやましいや。
若くしてそこまで登りつめるってことは、
それだけ才能があったということだよね。
「うん。
ザッカ―バーグはハーバード大学でコンピュータサイエンスを専攻。
映画によると、修復できないほど彼女を怒らせたその夜、
彼はハーバード中の名簿をハッキング、
学生たちの写真を並べてランク付けするサイト作りに没頭するんだ」

----それって、悪趣味。
「だよね。
でも、そういうのってみんな興味があって、
フェイスマッシュという名のそのサイトは
たった2時間で22,000アクセスにも達し、
ザッカ―バーグの名前はハーバード中に知れ渡る。
そんな彼の才能を見抜いて近づいてきたのがウィンクルボス兄弟。
ふたりは資産家の家に育ち、
次期オリンピックにも出場が期待されるボート部のトップにして、
ハーバード最高峰のクラブ“ポーセリアン”のメンバー。
自分たちが企画している学内男女のインターネット上の出会いの場
“ハーバードコネクション”立ち上げのため、
優秀なプログラマーであるザッカ―バーグに協力を要請したんだ。
ところが、彼はのらりくらり交わし、
その間に、“フェイスブック”を立ち上げてしまう。
映画は、これは自分たちのパクリと憤慨する兄弟、
マークに裏切られたという創業時の共同経営者エドゥアルド、
そしてマークの3つの視点から
フラッシュバックを使って、
時間を行きつ戻りつしながら、物語を進行させていく」

----ニャんだ。それだけの話?
「うん。
それも映像が売りのデヴィッド・フィンチャーとは思えないほど、
会話を中心とした作り。
正直言って、最初はどうしてこの映画がそんなに話題になるのか分からなかった。
でも、これがあとになってジワジワと、
ボディブローのように効いてくる。
その理由のひとつは、
この物語の根底には
才能一つで巨大な富を築くという
昔ながらのアメリカン・ドリームがあるということ。
二つ目は、それが現代ならではのツールを使ったものであるということ。
そして決定的なのが、主人公マーク・ザッカーバーグのキャラ。
おそらく、この映画を見たほとんどの人は、
ザッカ―バーグをとんでもない男と思うに違いない。
でも、前から言っているように、
映画は、善悪を自分の良識に照らし合わせて語るものじゃないし、
それをで安心するものでもない。
見たこともない“怪物”を描くからこそオモシロい。

----それって、確か『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』のときも言っていたよね。
「そう。
おそらくフィンチャーも、そこに惹かれたのだと思う。
そしてマーク・ザッカーバーグを演じるジェシー・アイゼンバーグ
もね。
ここまで、嫌な感じの男を演じきれるなんて、
アイゼンバーグの人間観察力、表現力は大したもの。
ぼくは、アカデミー主演男優賞には、ざひ彼を推したいね」



                    (byえいwithフォーン)

フォーンの一言「ナップスターを作った人も出るらしいのニャ」身を乗り出す

※ハードボイルド、いやハーバードだ度

コトリ・ロゴこちらのお花屋さんもよろしく。

噂のtwitterを始めてみました。
ツイッター
「ラムの大通り」のツイッター



blogram投票ボタン

ranking.gif人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (14)   トラックバック (43)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『行きずりの街』 | トップ | 『デイブレイカー』(イーサ... »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
今年もよろしくお願いします。 (rose_chocolat)
2011-01-10 16:13:39
>マーク・ザッカーバーグのキャラ

確かにとんでもないしKYですよね。
最も、そこまで突出してたからこそFacebookができたのでしょうけどね。
彼には憐れみを感じます。
エリカの捨て台詞には同感。

天才と○○、じゃなくてKYも紙一重、
なのかな。
そのギリギリのラインを表現したジェシー・アイゼンバーグくんは秀逸です。
いい言葉だ! (にゃむばなな)
2011-01-15 15:23:06
>映画は、善悪を自分の良識に照らし合わせて語るものじゃない

そう、作り手は常に冷静でいなくてはいけないですし、また見る側も時にそれを要求されることもあるもの。
この映画はその両方があるような映画に思えましたよ。
わたしも1票 (悠雅)
2011-01-15 16:52:48
>映画は、善悪を自分の良識に照らし合わせて語るものじゃないし、
>それをで安心するものでもない
まさに仰る通り!
この主人公には、能力も性格も着いてゆけないけど(彼もわたしにはついて来いとは言わないしね)、
この常人とは明らかに違う天才を描くから面白いんですね。
で、結局気づいたら、わたしは資金提供者のエドゥアルド応援団になって観てしまいました。
■rose_chocolatさん (えい)
2011-01-16 23:02:49
こんばんは。

ジェシー・アイゼンバーグはスゴかったですね。
演じているとは思えない。
これぞ神懸かりの演技。
オスカーに最も近い感じかも。
■にゃむばななさん (えい)
2011-01-16 23:06:20
こんばんは。

>作り手は常に冷静でいなくてはいけない

これがなかなか難しいんですよね。
どうしても、入り込んじゃう。
そう言う意味では、
この映画の主人公のような人物を描くということは、
監督そのものとしての力量が問われる結果にもなりかねません。
デヴィッド・フィンチャー、恐るべしです。
■悠雅さん (えい)
2011-01-16 23:10:14
マーク・ザッカーバーグを「悪」とまでは言いませんが、
この映画って、ある意味、
現代のモンスターを描いた作品のような気がします。
ピカレスク・ロマンというほどカッコよくはないですが…。
自分の常識を超えた人物を観たとき、
ぼくは充足感を感じてしまいます。

こんばんは (ノラネコ)
2011-01-17 21:46:54
語り口の非常に巧みな映画でした。
マーク・ザッカーバーグという天才を、エドゥアルドという我々に近い目線を持つキャラクターを介する事で、適度な距離感を持って観察させました。
語り口は非常にクール、でも描いているテーマは天才の孤独というハリウッド映画の王道。
賞レース独走も納得です。
■ノラネコさん (えい)
2011-01-23 23:46:31

さきほど、
Nakajiさんのところで
>彼女にすごいって言われたくて、彼女を振り向かせたいただの一人の男の子
という一文を拝見して
ある映画を思い出しました。
それは『華麗なるギャツビー』。
この一点を取っても、
これはきわめてハリウッド的なお話でしたね。
Unknown (vic)
2011-01-24 00:13:59
私はマーク・ザッカーバーグに対してそんなに「不気味」とか「モンスター」とか「嫌なヤツ」という印象は受けなかったんです...

恐らく子どもの頃から「オタク」とか「キモイ」って言われてきたんだろうな~というのが分かって
かなり気持ちを寄りそわせてみていたかも知れません。

アカデミー主演男優賞、取って欲しいですね!
■vicさん (えい)
2011-01-24 23:43:48
こんばんは。
なるほど。
彼の過去はどうだったんだろう?
ご指摘を受けて俄然興味が出てきました。

もしも、フラッシュバックを使い、
最後で一気に、彼の生い立ちと現在の生き方が結び付く…
というのだと、
もはや当たり前の描き方でつまらない。
監督は、あえてこのような
アイデアの元ネタが生まれてから
今までを描いたのかも。

満足 (うめ)
2011-02-16 22:11:25
こんにちは。
やっと観れました。すごくすごく面白かった!

私も、身近にこういう男の子がいるので、話が飛んでるように見えるトコとか、自分に都合のいいように物事を解釈してみせるトコとか、「あるね。」という感じでした。
どーでもいいことですが、途中、ザッカーバーグ、マインドマップ描いてました??

訴訟されるような事は、観た人がそれぞれが判断すればいいだろうし、
それ以上に、そこらの学生と変わらない青春と、スピード勝負・アイデア勝負のビジネスがうまく絡んで、面白い映画でした。

『バトル・オブ・シリコンバレー』DVDと、あわせて観たんですが、面白さ2割り増しぐらいはあったような…。
■うめさん (えい)
2011-02-24 10:45:26
おはようございます。

スゴい亀レスになってしまいました。

マインドマップですか?
そういえば、あったような…。


この映画、これまで
ハリウッド映画が描いてきた
怪物のサクセスストーリーでありながら、
うめさんがおっしゃるとおり、
確かに、青春映画の要素があるところが
異彩を放っている理由の一つでしょうね。
やはり、現代の映画だなあ。
ずいぶんと (miyu)
2011-02-26 19:13:52
出遅れてしまいましたが、すみませんm(_ _"m)ペコリ
なるほど、なるほど!
つい映画を見ると、同化したり、自分の尺度で
見てしまいがちですが、そうやって見る映画もあれば、
そうじゃない映画もありますものね^^
これは単純に面白くって、楽しめました。
ジェシー君良かったですね^^
■miyuさん (えい)
2011-02-27 22:27:55
こんばんは。
もう、miyuさんったら、
なにをあやまっているんですか(汗)。
miyuさんのレビュー拝見しました。
そうですよね。
これはひとつの青春映画。
しかも「いまを生きる」人の…。
あんまり、難しいこと言わずに
楽しんじゃうほうがいいのかも。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

43 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ソーシャル・ネットワーク (試写会) (風に吹かれて)
天才の考える事は凡人にはわかりませーん 公式サイト http://www.socialnetwork-movie.jp1月15日公開原作: 「facebook 世界最大のSNSでビル・ゲイツに迫る男」
『ソーシャル・ネットワーク』(2010)/アメリカ (NiceOne!!)
原題:THESOCIALNETWORK監督:デヴィッド・フィンチャー出演:ジェシー・アイゼンバーグ、アンドリュー・ガーフィールド、ジャスティン・ティンバーレイク、アーミー・ハマー、マックス...
劇場鑑賞「ソーシャル・ネットワーク」 (日々“是”精進!)
「ソーシャル・ネットワーク」を鑑賞してきました観客が自分を含め4人って・・・。ベン・メズリックのベストセラー・ノンフィクションを基に、誕生からわずか数年で世界最大のSN...
『ソーシャル・ネットワーク』 (こねたみっくす)
2010年だけでなく、21世紀最初の10年を代表する顔、マーク・ザッカーバーグ。 facebookの創始者にして親友に6億ドルの訴訟を起こされた学生企業家。ハーバード大学に在籍する天才プロ ...
ソーシャル・ネットワーク (悠雅的生活)
窓ガラスのアルゴリズム。ネットワークの構築。唯一の友達。
「ソーシャル・ネットワーク」色々な発想と失敗から学んだ人脈づくりのプログラミングストーリー (オールマイティにコメンテート)
1月15日公開の映画「ソーシャル・ネットワーク」を鑑賞した。 この映画は世界最大のSNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス) のFacebookの創設者マーク・ザッカーバーグ氏が Fa ...
「ソーシャル・ネットワーク」 The Social Network (俺の明日はどっちだ)
・ 2006年の夏、最初にフェイスブックを試したときは、まだ日本語に対応していなかったこともあって何処を探しても友人はもちろんのこと、知り合いもまったく見つからず、遠く遥かな存在のものだと思っていた。 あれから3年半、フェイスブックは今年中にはユーザー数が6...
ソーシャル・ネットワーク / The Social Network (勝手に映画評)
全世界で5億人ものユーザが登録しているFacebookの創業にまつわる物語。しかしながら、制作に際してFacebook側の協力は得られず、どこまでが事実で、どこからが創作なのかが不明である。 この手の物語には、仲間内での衝突が数多く繰り広げられるものですが、Facebookの....
「ソーシャル・ネットワーク」 (のんびり。)
〔2010年/アメリカ〕 この間の、「相棒 劇場版?」に続いて、 なぜかまた、今度は「ソーシャル・ネットワーク」の試写会が当たった。 一体どうしちゃったんだ?と言いながら、顔が笑ってしまう。 すごく得した気分。 現在、世界最大のSNSである「フェイスブック」。 ...
「ソーシャル・ネットワーク」 (のんびり。)
〔2010年/アメリカ〕 この間の、「相棒 劇場版?」に続いて、 なぜかまた、今度は「ソーシャル・ネットワーク」の試写会が当たった。 一体どうしちゃったんだ?と言いながら、顔が笑ってしまう。 すごく得した気分。 現在、世界最大のSNSである「フェイスブック」。 ...
『ソーシャル・ネットワーク』 友達いる? (映画のブログ)
 『ソーシャル・ネットワーク』というタイトルは、とうぜんFacebookそのものが代表するSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)のことだと思った。  しかし、それでは映画の題材にならないだろう。デ...
*ソーシャル・ネットワーク* (Cartouche)
2003年。ハーバード大学2年生のマーク・ザッカーバーグ(ジェシー・アイゼンバーグ)は、高校時代から腕利きのハッカーだったが、人付き合いに関してはおくてで、今もガールフレンドのエリカ(ルーニー・マーラ)を怒らせ別れてきたところだ。寮の自室に戻り、やけ...
[映画『ソーシャル・ネットワーク』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆う~む、面白い!  が、非常に不愉快な作品でもある。  冒頭の主人公マークの、女の子とのデートでの会話の不安定さから、物語に非常に引き込まれる。  頭は良いのだが、思考回路が高スピードで、しかも拡散していて、妙なプライドももっているマークは、会話相手...
ソーシャル・ネットワーク・・・・・評価額1750円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
全世界に5億人の会員を持つ、世界最大のソーシャルネットワークサービス“フェイスブック(FACEBOOK)”の誕生を描くノンフィクション。 鬼才デヴィッド・フィンチャーは、ハーバードの学生だったマーク・ザッカ...
ソーシャル・ネットワーク/ The Social Network (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click ゴールデン・グローブ賞6部門ノミネート他、各映画祭などで高評価 デヴィッド・フィンチャー監督最新作! プロデューサーに、ケヴィン・スペイシー。 全米で秋に公開、東京国際映画祭でも上映されて話題の作品、いよいよ日...
ソーシャル・ネットワーク (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
世界最大のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)“フェイスブック"創設の裏側を「セブン」「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」のデヴィッド・フィンチャー監督 ...
デヴィッド・フィンチャー監督『ソーシャル・ネットワーク』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・台詞、内容に触れています。ハーバード大学在学中に19歳でSNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)「Facebook」を立ち上げ、その後一躍有名人となり史上最年少の億万長者となったマーク・ザッカ
ソーシャル・ネットワーク 今年はこれか! (労組書記長社労士のブログ)
【=4 -1-】 長女、再就職が内定した、今勤めている再建中の会社は、新しい経営者に業務がもうすぐ引き継がれるが、彼女は当初の予定通り辞職するために現在年休を消化中だ。 会社都合の退職にして貰うことに話は付いていたが、結果的に、失業給付は受けずに新しい仕事に....
ソーシャル・ネットワーク (心のままに映画の風景)
  2003年、秋。 ハーバード大学の学生マーク・ザッカーバーグ(ジェシー・アイゼンバーグ)は、恋人にフラれた腹いせに、学内のデータベースをハッキングして、女子学生の顔写真を使った人気投票サイ...
ソーシャル・ネットワーク (to Heart)
原題 THE SOCIAL NETWORK 製作年度 2010年 上映時間 120分 原作 ベン・メズリック 脚本 アーロン・ソーキン 監督 デヴィッド・フィンチャー 音楽 トレント・レズナー/アッティカス・ロス 出演 ジェシー・アイゼンバーグ/アンドリュー・ガーフィールド/ジャスティン....
The Social Network ソーシャル・ネットワーク「字幕」(2011-003) (単館系)
世界で5億人以上が登録しているSNS(交流サイト) 「Facebook(フェイスブック)」の誕生物語。 自分は未登録。 ソーシャル・ネットワークを略してSNS。 日本でのSNSといえばmixi。 邦画、ハッピーエ...
「ソーシャル・ネットワーク」感想 (狂人ブログ ~旅立ち~)
 鬼才・デヴィッド・フィンチャー監督最新作は、若くしてSNSサイト「Facebook」を創設した天才・マーク・ザッカーバーグの成功と、その裏に隠された孤独を描いたノンフ...
デヴィッド・フィンチャー監督 「ソーシャル・ネットワーク」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが…死にそうになったので禁煙か?)
ゴールデン・グローブ賞決定!映画作品賞受賞リスト!『ソーシャル・ネットワーク』が最多4冠!『ザ・ファイター』助演W受賞 - シネマトゥデイ ↑この記事に刺激されてって訳じゃないのですが… 昨日(1月18日)観てきました。 現在、世界で6億人もの人が登録して...
[映画][2011年]ソーシャル・ネットワーク(デイヴィッド・フィンチャ―) (タニプロダクション)
日本語吹き替え版 新宿バルト9 座席位置二列目中央 出演:ジェシー・アイゼンバーグ アンドリュー・ガーフィールド ジャスティン・ティンバーレイク他 評点=☆☆☆☆(80点)ダンゼン優秀!・・・ただ、英語が出来ない僕が、仮に字幕版で観ていたら、好感度は下が...
「ソーシャル・ネットワーク」 牽引するのは脚本力 (はらやんの映画徒然草)
現在世界最大のSNSへ成長しているフェイスブックのCEOマーク・ザッカーバーグを
ソーシャルネットワーク / 83点 / THE SOCIAL NETWORK (ゆるーく映画好きなんす!)
幸福感は何処に在る?5億人の友達を持つ成功者の物語・・・ 『 ソーシャルネットワーク / 83点 / THE SOCIAL NETWORK 』 2010年 アメリカ 120分 監督: デヴィッド・フィンチャー 製作: スコット・ルーディン デイナ・ブルネッティ
ソーシャル・ネットワーク/The Social Network (いい加減社長の日記)
日本では、まだそれほどでもないけど、世界で5億人が利用しているフェイスブック。 アクセス数で、グーグルを抜き、創業者のマーク・ザッカーバーグは、去年のマン・オブ・ザ・イヤーに選ばれた。 ということで、マーク・ザッカーバーグの伝記ともいえる「ソーシャル・...
ソーシャル・ネットワーク (C'est joli~ここちいい毎日を~)
ソーシャル・ネットワーク '10:米◆原題:THE SOCIAL NETWORK ◆監督:デヴィッド・フィンチャー「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」「ファイト・クラブ」 ◆主演:ジェシー・アイゼン ...
ソーシャル・ネットワーク (こんな映画見ました~)
『ソーシャル・ネットワーク』---THE SOCIAL NETWORK---2010年(アメリカ)監督:デヴィッド・フィンチャー 出演:ジェシー・アイゼンバーグ 、 アンドリュー・ガーフィールド、 ジャスティン・ティンバーレイク 、 アーミー・ハマ...
映画 ■■ソーシャル・ネットワーク■■ (Playing the Piano is ME.)
ゴールデン・グローブ賞の ドラマ部門作品賞を受賞して アカデミー賞の有力候補にもなった 「ソーシャル・ネットワーク」 これは見逃せません! ああ、アカデミー賞前後は、名作が多くて嬉しい!
■映画『ソーシャル・ネットワーク』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
デヴィッド・フィンチャー監督が、ソーシャル・ネットワーキング・サービス“フェイスブック”を作った男、マーク・ザッカーバーグを主役に据えて撮影した映画『ソーシャル・ネットワーク』。 ジェシー・アイゼンバーグ演じるマーク・ザッカーバーグの、虚空の一点を見...
ソーシャル・ネットワーク (小部屋日記)
The Social Network(2010/アメリカ)【劇場公開】 監督:デヴィッド・フィンチャー 出演:ジェシー・アイゼンバーグ/アンドリュー・ガーフィールド/ジャスティン・ティンバーレイク/ブレンダ・ソング 天才 裏切者 危ない奴 億万長者 世界最大のSNSサイト「フェ...
『ソーシャル・ネットワーク』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「ソーシャル・ネットワーク」 □監督 デヴィッド・フィンチャー □脚本 アーロン・ソーキン□原作 ベン・メズリック □キャスト ジェシー・アイゼンバーグ、アンドリュー・ガーフィールド、ジャスティン・ティンバーレイク■鑑...
「ソーシャル・ネットワーク」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2010年・米/ソニー・ピクチャーズ原題:The Social Network監督:デビッド・フィンチャー脚本:アーロン・ソーキン原作:ベン・メズリック 世界最大のSNSサイト「Facebook」創設
ソーシャル・ネットワーク (映画的・絵画的・音楽的)
 すでにグラミー賞の4冠を獲得していて、さらにアカデミー賞の最有力候補ともされていますから、早目に見ておこうと、『ソーシャル・ネットワーク』を吉祥寺のバウス・シアターで見てきました。 (1)この映画はFacebookの創始者であるマーク・ザッカーバッグ氏のことを中...
『ソーシャル・ネットワーク』 ビリオネアの空虚 (Days of Books, Films )
Social Network(film review) ハリウッドはアメリカン・
ソーシャル・ネットワーク (スペース・モンキーズの映画メイヘム計画)
★★★★★ ソーシャル(じゃない男が作った)ネットワーク Facebook誕生に関わった若者達の情熱やスピード感を、その時代の空気も合わせて丸ごと切り取った、デビッド・フィンチャーの傑作。 他人...
ソーシャル・ネットワーク (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『天才 裏切者 危ない奴 億万長者』  コチラの「ソーシャルネットワーク」は、いよいよ2日後に迫ったアカデミー賞では、作品賞、監督賞、主演男優賞、脚本賞、撮影賞、録音 ...
ソーシャル・ネットワーク (映画 大好きだった^^)
2011年公開作品、字幕で観賞。今年映画館での最初の観賞で、去年6月のアイアンマン2以来!正月の福袋で買った5月いっぱい期限の映画券(記事はこちら)は、あと9枚残っていてちょっと ...
『ソーシャル・ネットワーク』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 ソーシャル・ネットワーク 』 (2010)  監  督 :デヴィッド・フィンチャーキャスト :ジェシー・アイゼンバーグ、アンドリュー・ガーフィールド、ジャスティン・ティンバーレイク、アーミー・ハ...
ソーシャル・ネットワーク (食はすべての源なり。)
ソーシャル・ネットワーク ★★★★☆(★4つ) やっと観てきました。ソーシャルネットワーク! 高評価はだてじゃないね、面白かったです。 一言でいうなら「うらやましかった」かな~。天才って、遊べる幅が凡人とは違うんだろうな。小学生相手にポーカーするような...
ソーシャル・ネットワーク (The Social Network) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 デヴィッド・フィンチャー 主演 ジェシー・アイゼンバーグ 2010年 アメリカ映画 120分 ドラマ 採点★★★★ いつまでも根に持って虎視眈々と復讐の機会を伺うタイプではないんですが、“機会があれば仕返ししたいリスト”ってのを常に心の奥にしまっている私...
映画評「ソーシャル・ネットワーク」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2010年アメリカ映画 監督デーヴィッド・フィンチャー ネタバレあり