月の岩戸

世界はキラキラおもちゃ箱・別館
コメントはゲスト・ルームにのみお書きください。

ヴィンデミアトリックス・24

2017-04-21 04:19:48 | 詩集・瑠璃の籠

永遠の黄昏の荒野で
砂をなめ 砂を噛み
徒労の闇を飲んで
生きるがよい

涙は風に触れるたび
すぐに塩になる
汗はにじむたび
すぐに枯れ藻になる
阿呆が
唇から
銅の舌のように
垂れ下がる

誰に文句を言うつもりなのか

嫌なことをすれば
嫌なことになる
その結論を
はらわたに座る
巨大な胆石のように
抱いていくがいい

永遠の樽を
三つほど返した向こうに
閉じた闇が瞼のように広がり
大きな銀の蛇が現れる
だらりとした銀の帯を
砂の荒野に落とし
おまえたちが抱いた結論の石に
不思議な授精を施すだろう

まなじりを
下げ
風が経のように読み上げる
時の音を聞きながら
永遠の黄昏を
憐れんでいくがよい




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 果の掲示板 | トップ | ミネラウヴァ・14 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む