月の岩戸

世界はキラキラおもちゃ箱・別館
コメントはゲスト・ルームにのみお書きください。

果の掲示板

2017-04-20 15:44:04 | 星の掲示板

53枚目の掲示板を設定する。





絵/アンリ・マルタン





ジャンル:
ウェブログ
コメント (207)   この記事についてブログを書く
« ベクルックス・52 | トップ | ヴィンデミアトリックス・24 »
最近の画像もっと見る

207 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
 (澄)
2017-04-20 15:50:02
つぶやきが200を超えたので設定した。これは「はてのけいじばん」と読もう。タイトルを考えるのもだんだん難しくなってきたよ。
2 (澄)
2017-04-20 15:52:41
この絵は、ずいぶんとよく見えるだろう。実は偽物の極みなんだ。馬鹿がえらいことをいくらでもやって、実に高尚ないい作品に見せているという例だよ。本人は何もやってないんだ。だが、前回のハントの絵と比べると、なんだかよく見えるだろう。これが馬鹿のやり口。本当にいいものは馬鹿にして、馬鹿がつくった偽物は、とことんいいものにするんだよ。
 (澄)
2017-04-20 15:55:31
こんなのはね、今の時代、ものすごくたくさんある。一見すごく高度ないいものに見えるんだよ。全部、嘘。でたらめになんでもやって、きついほどいいものに見せているんだよ。だが、人が騙されて追いかけていくと、つらいことばかりがあるのさ。何にもないからだ。偉そうなことを言っても、何もできんやつを追いかけているからだ。嘘、だからだ。
 (澄)
2017-04-20 15:57:47
痛いね。だがね、本当の本物なら、追いかけたら必ず何かがあるんだよ。君たちも、われわれを追いかけているうちに、人類の進化の道を見ただろう。美しいものをいくらでも見ただろう。本物は、実にたくさんのものを持っているからだ。いくらでも、与えることができる。
 (澄)
2017-04-20 15:59:46
まあしばらくは、この偽物の作品を見ながら、いろいろと考えていこう。馬鹿が描いたものでも、学ぶことはある。阿呆にならないで、得られるものは得ていくんだ。これから、嫌になるほど、馬鹿と戦っていかねばならない。馬鹿のやり口を学んでいくのは、いいことだよ。ではまた明日やろう。
 (澄)
2017-04-21 04:45:07
おはよう。今日も元気に行こうか。昨夜も印象的な夢を見たが、目を覚ましたら忘れてしまった。なんだか重要な夢だったような気がするのだが。かけらだけ残ったイメージを頼りに思い出そうとしていたら、君たちの法則計算をしていた。それで今朝は少し遅れたのだ。
7 (澄)
2017-04-21 04:47:16
もう法則的にかのじょは完璧に死んだことになったのでね、改めて計算してみると、かなりきつい。あれが生きていた頃、きみたちはあれのためにほとんど何もしなかった、何も助けてやらなかったということになった。だから、計算してみたら、実につらいことになっていた。阿呆が、何かを頼りに自分を何とかしようとしても、何もないんだよ。取りすがれる藁どころか、砂さえない。泥さえない。
 (澄)
2017-04-21 04:50:08
君たちは今でもそうやって、われわれのブログやツイッターを覗いて情報を持っていくだけで、何にもやらないがね、それが後で大変なことになるということは繰り返し教えてあるだろう。実際ね、それを計算してみたら、大変なんだよ。簡単に乗り越えられると思っていたら馬鹿だぞ。何にもしなかったら、何にもないんだよ。嫌になるほどきついことを、全部自分でやらなければならないんだよ。だれにも助けてもらえないんだよ。助けなかったからだ。
 (澄)
2017-04-21 04:52:56
法則計算というのはね、実際イメージが夢のように湧き上がってくるんだ。文学的ともいえるほど、きついイメージが見えてくるんだよ。そうするとね、何が見えると思う。町がまるごと沈んでいるんだ。海が町をおおっている。もちろん、アトランティスのように沈んでいるんではないんだよ。依然陸の上にはあるんだが、まるで海底に沈んだのと同じようなことになっているんだよ。家も道もあるし、電気だってあるのに、人が住めなくなっている。住んでいる奴はいるが、それはもう人間ではないんだ。
10 (澄)
2017-04-21 04:55:44
法則的に、そこはもう海になっているんだよ。だから、人間は誰もいかないんだ。警察もいかない。法律もいかない。電気は通っているんだよ。それを使っているやつもごくまれにいるのさ。だがだれも、料金さえとりにいかないんだ。忘れられている。馬鹿になっている。もののみごとに、沈んでいる。だれもそこにいけない。なんでって、あるのに、誰にも見えなくなるからだ。
11 (澄)
2017-04-21 04:58:46
なんでそんなことになったのか。その町に住んでいるやつが、かのじょを馬鹿にしつくしたからだ。あほなことをやりまくったからだ。そしてかのじょが死んだ後も、それを悔いるどころか逃げまくったからだ。あほなことをして、完全に人類を滅ぼしたことになったのに、何もしなかったからだ。だから、神がそこを沈めたんだよ。そこに住んでいたやつは、アトランティスの人間のように死んだのだ。あまりにもすごい、法則の海に飲まれたのだ。
12 (澄)
2017-04-21 05:01:26
もちろん、海に溺れて死んだのではない。法則に溺れて死んだのだ。やったことがそのまま返ってきたんだよ。かのじょに言った悪口がそのまま返ってきたらそうなったという運命に飲みこまれたのだ。かのじょを突き落とそうとした地獄に、自分が落ちたんだよ。
13 (澄)
2017-04-21 05:03:25
君たちはこのままでは、見えなくなるんだよ。誰の目にも見えなくなるのだ。なぜなら、見えないところからずっとわれわれを見ているだけだからだ。だれもわれわれとかかわろうとしない。だから、われわれにも、君たちが見えなくなる。ほかの人間にも、見えなくなるのだ。
14 (澄)
2017-04-21 05:05:46
眼鏡が頭の上にあっても、見えなければそれはないのと同じだろう。探してもでてきはしない。そんな感じでね、実際君たちがそこにいても、網膜には映っていても、誰にも見えなくなるのさ。きついだろう。いるのに、見えなくなるのだ。まるで透明人間か、浮遊霊のようだ。あほみたいなんだぞ。だれも、人のために何もしなかったからさ。暗いところから見つめているだけだったからだ。
15 (澄)
2017-04-21 05:19:13
実際、君たちがひっかかっているのは、美人だからという理由だけで、影からかのじょにしていたことがひどすぎるからだ。あまりにも馬鹿だからだ。そういう馬鹿に自分がなってしまうのがつらいから、何もできないんだよ。馬鹿はいつもそれだ。阿保にきついことで自分の低級な望みをかなえようとする。それが後できついことになって返ってくるのがいやで、なんとかごまかそうとして、ヘタなことをして、もっともつらいことになるんだよ。
16 (澄)
2017-04-21 05:21:53
あきれるほど長い間、君たちはそんなことばっかりやってるんだよ。馬鹿なことをやって、そんな馬鹿なことをやった自分が嫌で、嘘でもなんでもついてごまかそうとして、よけい大変なことになって、痛いことになりきる。実際君たちは、こんな感じの人生ばっかりやってるんだよ。
17 (澄)
2017-04-21 05:25:15
わかるだろう。今まさに、そんなことになっているだろうが。そのまま何もせずに馬鹿を続けていたら、どんなことになるかということが、何もわからないわけではあるまい。破滅というのはきついのさ。どんどん痛いことになる。きついことになる。それなのに、自分には何もできない。できないと思い込んでいる。怖いからだ。自分の弱さが不安だからだ。痛いもので自分を守ろうとしている。そしていつも、自分を守ろうとした痛いものによって、滅ぶんだ。
18 (澄)
2017-04-21 05:28:01
その恐ろしく馬鹿らしい閉塞状況を打破するためには、それができる人材に頼まなければならない。だが君たちは、そういう人材をことごとくつぶしているんだ。男はみんな死んだ。生きていても実にきついことになっている。だれも、馬鹿がつくった痛い壁を突き破ることができない。馬鹿はいつもそれで滅ぶんだ。自分を助けてくれるやつを、徹底的にたたくからだ。
19 (澄)
2017-04-21 05:29:45
だがね、わたしはやさしい。この世界に、ほとんどただ一人だけ、この事態を打開できるやつがいるよ。女性だ。痛いやつさ。まだわれわれのことを知らない。そいつを探して、頼んでみるがいい。馬鹿め。こんなことさえ、教えてやらねば、君たちは何もできないのだ。
20 (澄)
2017-04-21 05:33:19
われわれがどんなにがんばっても、人間が何もしなければ、痛いことになりすぎるんだよ。何にもやらなかったら、何にもないんだよ。空気がないのと同じ事態が来るんだぞ。息をするだけで、皆が嫌な顔をするような人間になるんだよ。何にもしないからだ。
21 (澄)
2017-04-21 05:36:52
できる人間に嫉妬して、あらゆる馬鹿をしてつぶすからそういうことになるのさ。今の時代、痛いことができるところにいるやつは、ほとんどどころか全部偽物なんだ。誰も、人類のために、自分を投げて痛いことをしようとしない。誰かの影に隠れて、自分を守ろうとばかりしている。そしていつも人を馬鹿にしている。いやなことばかりしている。
22 (澄)
2017-04-21 05:38:15
この時代、実に、本気で人生をかけて人類を救おうとしていたのは、まじで、かのじょだけだったのだ。嫌になるだろう。だがこの事実から逃げたら、君たちはもう人類ではないんだよ。
23 (澄)
2017-04-21 05:41:45
そのかのじょも死んだ。まだ人生は続いているがね、神ももうこの存在をかのじょだとは考えてはいない。これはもう、われわれがこの世界で活動するための媒体なのだ。だからわたしがこうしてやっていることも、もうかのじょのしたことにはならない。わたしがやったこととして、法則的な計算がされる。もう二度とは、あれはよみがえらないのだ。君たちはもう、最後まで、かのじょを助けなかったということになった。人類はだれも、人類を救おうとしなかったということに、なったのさ。
24 (澄)
2017-04-21 05:52:02
君たちはこれから、どんどん法則の海に飲みこまれていくだろう。近くで、突然ネットに出て来なくなったやつがいたら、そいつはそうなった奴だ。かなりいるだろう。どういうことになったか、知っているやつもいるだろう。そうやってどんどん、法則の海は押し寄せてくる。聞こえている。足元を波が洗っている。だが、君たちは逃げることはできないのだ。どこに行っても、その海はついてくるのさ。
25 (澄)
2017-04-21 05:54:41
法則が、どれだけみごとに、美しく返ってくるものか、実地にわかってきているだろう。阿保が。もう二度と人間にはなれないようなやつも、たくさん出ているんだよ。人間ではないということをやりすぎたからだ。そこまでいったら取り戻せないという限界を超えてまで、やりすぎたからだ。
26 (澄)
2017-04-21 05:58:32
かのじょは君たちにとっては、人間でいられる世界から零れ落ちないための、最後の砦だったんだよ。あれだけが生き残って、なんとかできるやつだったからだ。阿保が、ほかはみんな殺した。かろうじて生き残ったシリウスは機能不全になっていた。ウラヌスは特別なんだ。彼は、すべてがだめになったときのための、裏業だからさ。
27 (澄)
2017-04-21 06:03:33
そのかのじょを、君たちは実に大勢で、必死になって滅ぼそうとしたのだ。ゆえに、君たちは滅ぶ。もうだめなのだ。やりきってしまったからだ。そして今も、君たちは自分を守るだけで、痛いことは何もしようとしない。そういう自分の姿を、神がどんな目で見ているかということを、たまには考えたまえ。
28 (澄)
2017-04-21 06:05:53
まあはっきり言って、この時代の進化の試験における君たちの成績は、最低の最低なんだよ。落第なんてレベルでもないのだ。いやなことになりきらないぎりぎりの線で救わねばならないという段階なんだよ。最後に残った希望が、シリウスを殺す前に暴虐をやめた、というものすごくわずかな光なのだ。だが、たったこれだけでも、絶望はしないのが、われわれだ。
29 (澄)
2017-04-21 06:08:57
もう一回教えてあげるよ。この馬鹿げた閉塞状況を打開できる人間が、われわれの知る限り、ただ一人だけいる。きつい女性だ。かのじょほどではないが、人に馬鹿にされまくっている。その人間を見つけ、頼んでみるがいい。できるやつというのは、大事にしたまえ。阿保になってでもやってくれる人間をつぶすからそういうことになる。馬鹿にして何もしなければ、人類は地に落ちるんだよ。嫌なことになりきる前に、自分で何かをやってみたまえ。今日はここで終わろう。
30 (澄)
2017-04-22 04:47:16
おはよう。今日も元気に行こうか。昨日は長めに休憩をとったので、今日はいつもの時間に起きることができた。毎日、何かをやらねばならないという気持ちに掻き立てられ、焦るように仕事をやってしまうが、やはり体を休めることは大事だ。この体は、できるだけ長くもたしたい。百までとはいかないが、生きられるだけ生きたいね。
31 (澄)
2017-04-22 04:50:17
今日の第3館。すごいだろう。ツイッターでの銀香炉と夢詩香の勝負をまとめて出してみたらこれだけあったのだ。何本詠んだのか数えてないが、これだけ詠むのに、実に延べで2時間はかかってないんだよ。夢詩香もすごいんだが、銀香炉がすごいんだ。今もツイッターでは毎日仲間がいろいろ詠んでるけどね、君たちも、銀香炉が一番すごいと思うだろう。そのうちまた来てくれるだろう。第3館ではこれからも時々、ツイッターの歌を絵つきで再録していくよていだ。
32 (澄)
2017-04-22 04:53:03
だがね、われわれならこれくらいのことは普通なんだよ。今でも毎日50くらい歌を詠んでるけどね、普通人間にはこれは無理だろう。また天使でも一人ならちょっと難しい。複数の霊魂でこの肉体の脳を回してやってるのさ。だからこれができる。君たちは真似せんほうがいい。しようとしてもできんだろうがね。
33 (澄)
2017-04-22 04:56:02
相変わらずフォローはないし、リプも何にもないが、それが返って君たちの強い反応を感じさせるよ。いろんな歌人に挑戦しているんだけどね、返歌を返してくれたものは誰もいない。夢詩香ももう、ほかの歌人に挑戦するのはやめているようだ。いろんな歌人を見ているけどね、あんまりに嘘が多いんで、嫌になってきているそうだ。
34 (澄)
2017-04-22 04:59:53
前にも言ったことがあるが、われわれがフォローしているからと言って、そいつをいじめたり嫌なことをしてはならんよ。フォローしているやつも少ないが、結構分野がばらばらだろう。漫画家のフォローは、かのじょの趣味なんだよ。あれが生きてた頃、好きだったやつなんだ。ああいうかわいいのが好きだったんだよ。政治家はもちろんわたしの趣味だ。歌人はムジカが選んでいる。なかなかいいのがいないらしいよ。
35 (澄)
2017-04-22 05:02:32
今のこの存在は、ほぼわたしとムジカの二重人格状態だと言っていいね。主体はムジカがやっているが、わたしもきつい感じで出ている。わたしが活動したいときは、ムジカはかなり席をずらしてくれるのだ。そこらへんがゾスマとは違うんだよ。ほかのやつも参加しているがね、いろいろとバランスを考えてやっているのだ。
36 (澄)
2017-04-22 05:06:47
今朝がた、仲間からの報告があったんだが、とうとう、芸能界の大物に、顔が変わったやつが出たらしいよ。君たちも知ってる有名な男のタレントだ。名前は言わないが、みんなの前で突然顔が変わったらしい。突出した美形だったのが、突然冴えないおっさんになったらしい。
37 (澄)
2017-04-22 05:09:36
顔が命の芸能人が、顔が変わったらもうおしまいだね。人生の激変を経験せざるを得ないだろう。これまでいい思いをしてきた分だけ、大変なことになるだろうね。なんで顔が変わったかと言うと、盗んだ顔のもとの持ち主が、死んだからなんだ。馬鹿が、いいものを盗みすぎて、そのせいで本人が生きていけなくなったのだ。それで顔もだめになったんだよ。
38 (澄)
2017-04-22 05:12:26
頭が痛いだろう。清原よりもすごい変わり方だそうだ。清原はまだ、盗んだ顔と本当の顔が、そんなには違わなかったから、まだ何とかなったけどね、今度変わったそいつは、まるで別人らしいよ。元の顔の面影なんてないそうだ。全然別人になったらしいよ。
39 (澄)
2017-04-22 05:18:15
それが誰かという話は、きっとネットに流れてくるよ。かなりきついやつだから、絶対にどこからか話がもれるだろう。もう知ってるやつもいるかもしれない。こんなふうにして、どんどん、馬鹿がばれてくる。顔が変わるやつは、これからも出てくるよ。男はまだいいが、女はきついね。すごい美女の顔の奥にあるほんとの顔を見たら、もう二度と美女なんていやだと思うぞ。
40 (澄)
2017-04-22 05:20:41
だんだん、馬鹿の活動がだめになってきている。自分以外の、いいものになりたくて、馬鹿なことをやりまくったツケが、とうとう来たんだよ。これから、自分本来の業が、人生に押し寄せてくる。前世で人を殺したことがあり、それをまだ支払ってないやつは、きついよ。もろにそういうものが来るからだ。痛いことはもうしないほうがいい。
41 (澄)
2017-04-22 05:23:07
テレビを見ていても、芸能人たちのしゃべり方に、かつての自信たっぷりな傲慢な調子がないね。派手にやっているように見えるが、実は大変なことになってきているのさ。正体がばれたのだ。だから、前には寄って来てくれてた人間が、だれも来てくれない。あほな顔を公共電波にさらさなければならないんだ。嫌になるほど恥ずかしい。きついね。
42 (澄)
2017-04-22 05:26:13
どんなに外面を整えても、もう人間はその奥にある本当の正体を見破れるんだ。心が見えるようになってきている。あてにしていたマスコミも、どんどん阿保になってきているんだよ。新聞もね、あまり読まれてないらしい。とってはいるけどね、あほみたいなことが書いてあるんで、痛い感じで、人がいやがっているらしいんだよ。だから、マスコミを使って人気を作るなんてことも、もうだめなのさ。
43 (澄)
2017-04-22 05:27:45
馬鹿になるというのは、こういうことなんだよ。立派な形はあっても、人間が見なければ、何にもならないのさ。人間がいなくなれば、何にもならない。あっても意味がない。男が寄って来ない美人ほど、あほなものはない。
44 (澄)
2017-04-22 05:30:41
芸能界の美人は、今でも派手にやってるみたいだけどね、実に馬鹿なんだよ。男なんて誰も来ないからだ。きつい美人から顔を盗んで、服や化粧で磨きまくってるのに、誰も来ないんだよ。きれいでも、なんか嫌なんだ。阿保だってことを感じるのさ。痛いだろう。もう顔ではごまかせないんだよ。目つきを見るだけで、嫌な奴だと言うことがわかる。盗んだきれいな顔が、すごく嫌らしく見える。
45 (澄)
2017-04-22 05:34:24
かのじょは服は着たきりすずめだったし、化粧なんてほとんどしなかったけどね、本人が死にたくなるほどもてていた。いやほんと。これは本人が言ってたことなんだ。倒れる前にね。あまりにもひどいんで、死にたくなるくらいだって言ったんだよ。ひどいね。まあとにかく、きついほど美形でもないのに、かのじょは異様にきれいに見えるのさ。中にある心が美しすぎるからだ。君たちも、流行の突出した美形ではないのに、かのじょはもう見ただけで夢中になったろう。
46 (澄)
2017-04-22 05:36:06
もてない人生がこれほど楽だとは思わなかった、というのはかのじょの名言だがね、これを吐けるやつはいないね。阿保だね。きついだろう。
47 (澄)
2017-04-22 05:38:13
馬鹿は美人になりたくて、人まねだけできれいに美形を作りすぎるのさ。それが嫌らしいのだ。美というものを勉強していない。きれいに整えればいいというわけじゃないんだよ。実に暗い。なんでかのじょがあれだけきれいに見えたかというとね、完璧な美形ではないからなんだよ。
48 (澄)
2017-04-22 05:48:33
ひとの心というのを勉強していれば、どんな姿が人の心に響くかということがわかるはずなんだ。小さめのまろやかな形は、激しく自己主張をしない。抑えめのおとなしいかわいらしさが見事に男の心をつかむのさ。欠点があるということが、やさしさなのだ。自分を抑えて、人を立ててあげようとする心があるっていうことなんだよ。そういう形に、美しい霊魂が入ると、ものすごくきれいに見えるのさ。
49 (澄)
2017-04-22 05:50:47
しかし今のこの肉体も、もうかつてのように美しくは見えないだろう。形は変わらないのにね、かなりのブスに見える。なんでって、霊魂が違うからだ。ムジカもわたしも痛い男だからね、かのじょのような美女にはなりたくないんだよ。阿保にきれいになりたくないのだ。だから、きつい感じで男っぽくなる。君たちは何も言わないが、はっきり言って、惜しいだろう。
50 (澄)
2017-04-22 05:53:39
あれはね、男に生まれようが不細工な女に生まれようが、なんでか異様にきれいに見えると言うやつなんだ。霊魂がものすごくきれいだからなんだよ。どうしても漏れるんだ。嫌になるだろう。肉体の美だけでは、あんな美人にはなれないんだよ。どんなにきれいに作っても、ああいうレベルの美人にはなれない。少なくとも、人間はね。
51 (澄)
2017-04-22 05:56:45
女性存在というものは、天使にまで進化すると、ああいう感じになるんだ。不細工な肉体をまとっても、心が美しすぎるものだから、異様にきれいに見える。それで、痛い男が夢中になるんだよ。なんでかしら、たまらなく心を惹かれるのだ。きつい修行をした男でなければ、太刀打ちできない。女性美というのはね、高く勉強していくと、すごいものになってくるんだよ。
52 (澄)
2017-04-22 06:00:43
美人というものが進化すればああいう者になるということは、忘れないことだ。もうあんな美人は二度と生まれないけどね、君たちがその気になって勉強していけば、天使に近くなればなるほど、ああいう美に近づいて行くことはできる。難しいぞ。きれいなことばかりしていくだ。馬鹿にされてもされても耐えていくんだ。みなのために死んでくれと言われたら、一秒も迷わないで死ななければならないのだ。
53 (澄)
2017-04-22 06:04:14
そういう修行をして言って、自然にそれができるようになれば、女性は信じられないほど美しくなれるんだよ。あれが天使の美なんだ。実にきれいだろう。たまらなく惹かれるだろう。男には絶対にできないことができるからなのさ。馬鹿にしたらきつすぎるんだよ。
54 (澄)
2017-04-22 06:07:47
きついかね。人からきれいな顔を盗んで美人になることが、どんなに馬鹿か、ちょっとはわかったかね。世間の流行を追って美形を作りすぎるから、馬鹿になるんだよ。まだテレビではあんな美人ばかり映してるみたいだけどね、見ている奴はもうあきれてるんだよ。阿保がばればれだからだ。
55 (澄)
2017-04-22 06:11:43
まだ言い足りない気がするが、6時がきたのでここで終わろう。気づいていると思うが、フォトチャンネルにソルの絵を入れておいたよ。君たちはちょっと痛いようだ。君たちのイエスのイメージとだいぶ違うからだ。まああれは、霊魂の姿だから、こちらの肉体の形とはちょっと違うんだよ。確かに彼がイエスとして生きていたころは、かなり細身で女性的な姿をしていた。君たちにとっては、あの時のイメージが痛いのだ。だが本当の彼は、こういう感じの、さわやかで清々しい男なんだよ。もっとたくましく、立派な姿をしている。
56 (澄)
2017-04-23 04:43:12
おはよう。今日も元気に行こうか。最近きみたちの反応がおとなしいね。もうだいぶ馬鹿が返ってきたからだろう。痛いことになりきったのだ。法則のみごとさが身に染みてきているのだろう。阿呆はいつもそうやって、馬鹿なことをやりつくして、自分を滅ぼすんだよ。何にも知らないからだ。知らないということが、一番の不幸なんだよ。人を馬鹿にしてばかりいるからそうなる。
57 (澄)
2017-04-23 04:45:45
この世に、絶対の支配者がいるとすれば、それが法則というものだ。わたしもそれからは逃げられはしない。要するに、自分のやったことからは逃げられないということだよ。阿保をやれば阿保が帰って来るんだ。自分がやったことがそのままの形で自分に返ってくるんだよ。おかしなことをやれば、もろにそのまま返って来る。法則が起こす現象というのは実に芸術的に美しいんだよ。もうわかっているだろうがね。
58 (澄)
2017-04-23 04:47:54
言葉に出して言っただけでも、それがそのままの形で自分に返ってきているだろう。いいかね、ものすごいことだから、特に注意して言ってあげるよ。法則の世界ではね、言葉に出していっただけで、それをやったことになる。殺してやる、と言っただけで、殺したことになる。阿保が帰って来る。だから、言葉には気をつけることだ。
59 (澄)
2017-04-23 04:52:12
人間はまだ法則についてほとんど何も知らない。だからマスコミは平気でいろんなことを言ってるんだがね、あれらもそのうち見事に言ったやつにかえっていくんだよ。あほな嘘をつけばとんでもないことになる。もう君たちにもだいぶわかってきているだろうけどね、マスコミなんか嘘つき放題についてるんだよ。いまだに芸能人を礼さんしている。もう真実の世界は変わっているのに、対応できないんだ。痛い馬鹿があるからさ。
60 (澄)
2017-04-23 04:55:01
新聞やテレビなんか見ていてもね、目立ついいところに出てくるのは、馬鹿ばかりなんだよ。人からいいものを盗んでいいものになっている偽物ばかりなのだ。本物がたまに出てくると、嫌に痛い記事になっている。馬鹿にしているんだ。嫌だからだ。本物が出てくると、自分が痛いからだ。馬鹿は、馬鹿の方が安心するんだよ。だから、馬鹿ばかりをもてはやすのさ。
61 (澄)
2017-04-23 05:00:18
ツイッターでも、いろんな人間を見るけどね、本物は実に少ない。今の人間は、とにかく自分が嫌で、他人になりたくて、他人の皮ばかりかぶって生きているんだよ。それが今の人間の現実なのだ。自分のやってきたことが、苦しくてたまらないのさ。人類の歴史は暴虐の歴史だった。馬鹿に迷って、あらゆる痛いことをしてきたんだよ。それがつらくてつらくてしょうがないのさ。あまりに自分が、嫌な奴だからだ。
62 (澄)
2017-04-23 05:04:25
歌人なんかでも、色んな奴を見ているがね、みんなおもしろいほどおかしな顔をしている。君たちも、いろんな人間の顔を見てみるがいい。なんだか、デッサンを修正した嫌な感じの自画像に見えるんだ。欠点が見えないように、裏の馬鹿が霊的技術で顔を整えているんだよ。阿保っぽいんだ。実にいい人間に見えるんだけどね、目つきと顔つきがまるであってないんだよ。馬鹿が修正しすぎているのだ。
63 (澄)
2017-04-23 05:07:51
嫌なんだよ、自分が。自分の中から常に感じている自分の心は、いつも嫌なことばかり考えているからだ。不安でしょうがない。実にできることは少ないのに、いやに自分がいいものになっているんだ。阿保がばれたら痛いのに、ばれるようなところに出さされる。ひやひやしているんだよ。痛いのは、自分でやってきたことが、全然自分らしくないからさ。ひどいことをして、全部裏の霊に自分をやってもらっているからなんだ。幽霊みたいに、自分がつらいのだ。
64 (澄)
2017-04-23 05:12:07
だから、馬鹿が他人の顔を盗んで自分の仮面を作る時、実にきれいに整えるんだよ。ものすごくきれいにするんだ。漫画のキャラじゃないんだぞ、というくらい、善人、とか、教養の高い人、とか、すごい人、とか、見てわかる感じの典型的な顔を作るんだよ。ばればれなのだ。人間が人間の顔を作っているというのが、ばればれなんだよ。愛が何もない。自分をごまかすためだけに、顔を作っているからだ。
65 (澄)
2017-04-23 05:15:18
本当の自分の顔というのは、神がつくってくださる。だからそれには神の愛がこもっている。そのものの人生を導き、正しく霊魂を育てていけるように、いい感じで作ってくれているものなんだ。愛を馬鹿にしているやつは、人に愛されないような痛い顔になったほうがいいんだよ。それで勉強ができるからだ。ブスになれば謙虚になる。痛いことはできなくなるような顔なんだ。自分がひどいことはできなくなるような顔なんだよ。
66 (澄)
2017-04-23 05:18:46
だが、他人から顔を盗んでいると、人間はだいたい傲慢になる。自分の顔じゃないからね、なんとなく自分の人生でも他人の人生のような気がするのさ。だから、自分の人生に対する責任感というのが軽くなるんだよ。それが、好きなことをしていい、ていう気持ちに発展するんだ。所詮は人の人生だ、人の顔だからだ。馬鹿になって嫌なことをしてしまう。それでそれが自分に返って来る。顔は他人でも、やったのは自分だからだ。
67 (澄)
2017-04-23 05:22:46
嘘というのはきついんだよ。人から自分を盗んでその自分になりすましていると、人生そのものが架空に思える。ファンタジックになってくる。それで気持ちが浮ついて、嫌なことをしてしまう。痛いことをしてしまう。人類は、こんなことばっかりやっているのさ。嘘だっていうことがきついのだ。自分の本当の姿は、こんなものではないということを、心のどこかで感じているんだ。人生はまるで、仮面芝居のようだ。建前をきつい感じで保っていれば、影で嫌なことができる。獣じみたきつい願望を、かなえることができる。
68 (澄)
2017-04-23 05:25:00
影からかのじょをいじめていた馬鹿男もね、みんな他人から顔を盗んでいるんだよ。実に、自分の顔はあんまりすけべでなさそうに見えるんだ。だからスケベなことをするんだよ。嫌なことじゃないような気がするのさ。だがね、そいつらの本当の顔というのは、実に痛いスケベづらなのだ。見るだけで、何を考えているのかがわかるような、いやな顔なんだよ。
69 (澄)
2017-04-23 05:27:13
スケベな男というのはね、目が大きいんだよ。女ばかりずっと見ているからだ。それがまるわかりという顔なんだよ。そういう男が、それほどそういうことが好きでなはいという男から顔を盗むと、細い目になったりするんだよ。おとなしそうな男の顔になったりするんだよ。
70 (澄)
2017-04-23 05:29:29
女にほれられる男になるためには、スケベづらは痛いからね、できるだけ修正するのだ。痛い感じにするんだよ。欠点はできるだけ隠す。そうするとそういう顔になるというやつが多い。スケベだと言うことを隠しているという顔なんだ。分かるだろう。そういう顔は、いい感じに見えても、いやな感じがして、逃げるだろう。女性は何かを感じるのさ。
71 (澄)
2017-04-23 05:32:47
スケベ男はスケベづらに生まれたほうがいいんだよ。自部が恥ずかしくなってくるんだ。それで嫌なことはしないという感じになっていく。それで勉強していけば、だんだんとスケベづらがなおってくる。嫌なことが減って来る。愛というのは常に、自分を言うものを良い方向に導いてくれようとするのだ。それを馬鹿にして、勝手に自分の顔を変えて、自分を得させようとするから、変なことになるんだよ。
72 (澄)
2017-04-23 05:35:06
表面上は紳士面をしておいて、影で見えないところに行くと、女性の美人ばかりいじめているような馬鹿男は、だいたいこんなやつだ。外見はなんかいい男に見えるんだよ。痛いことをしたいものだから、女性が好きそうな外見に自分の姿を変えるんだよ。
73 (澄)
2017-04-23 05:39:45
阿保だろう。今の時代はね、そういう馬鹿ばかりが、いいところに出ているんだよ。高尚なことを言ってるように見えるけどね、内容なんてない。かっこだけだ。意味深なことを言って、高いことをやっているんだという感じにしているだけなんだよ。他人に見せるためのスタイルを作っているだけなんだ。そういうのが嫌に痛いことを言っているんだが、何にもないのさ。だれの心にも響かない。結局は、嘘だからだ。愛なんて何もないから、馬鹿になるんだよ。
74 (澄)
2017-04-23 05:45:55
かのじょが生きていたころ、君たちがやっきになってつぶそうとしたのは、実に今の時代で、高い本物の愛は、ほぼあれだけだったからだ。美しかっただろう。全然ぶれなかっただろう。嘘の匂いなんて微塵もしなかっただろう。あれはねえ、われわれの中でも、とびきり馬鹿なんだよ。元から阿保ができないというやつなのだ。きんきんに、真実のみなんだ。影がなさすぎるというやつなんだよ。あんなものにかかっていったら、馬鹿すぎるのだ。
75 (澄)
2017-04-23 05:47:56
馬鹿というのは、美人が嫌なものでなければ、辛すぎるんだよ。実に、美人は馬鹿だ、という法則みたいなものを頼りにして生きているようなものなんだ。それでないと、自分が辛すぎるからだ。痛いことは何もできないし、嫌なことばかりやっている自分が、醜いからだ。
76 (澄)
2017-04-23 05:51:40
美人が馬鹿で嫌なものなら放っておけばいいものを、美人ばかり見ている。影から嫌なことをして、いやなものにしなければ辛いのさ。馬鹿はそんなことばっかりやってるんだよ。きれいないい女が、憎いのだ。好きなのに、好きになってくれないからだ。男が、あんな女にばかり行くからだ。馬鹿は未だに、そんな低級な感情の沼から、抜けきれていのさ。そういうやつが、勉強をしてそこらへんを卒業した人間から、顔を盗むんだ。その顔で自分をごまかして、影で低級なことばかりする。それで、世間が嘘と本音に二分化するんだよ。
77 (澄)
2017-04-23 05:57:27
自己存在の世界というのはね、実に豊かなんだ。君たちはまだ発展途上だが、われわれくらいになると、とんでもないことができるやつがたくさんいるんだよ。嘘みたいに信じられないようなやつがいっぱいいるんだ。かのじょも実にそういうやつだ。男のくせに女並みにかわいくてきれいなものだから、男が狂いすぎるんだよ。それでいつも大変なことになる。あほなことが何もできないという馬鹿みたいなやつなんだが、それでいつもえらいことができるんだ。わかるだろう。
78 (澄)
2017-04-23 06:03:09
だから君たちは、猿知恵を鼻にかけて傲慢なことはやらないほうがいい。かのじょやわたしのように、個性的で馬鹿みたいにきついやつが、すごくたくさんいるんだよ。今は特別な時代だからね、人類の天使以外の天使も、人類のために活動している。すごいのがたくさん、この世界であらゆることをやっているのだ。
79 (澄)
2017-04-23 06:08:35
わたしは、馬鹿というものに関しては、実に深い知識を持っている。いろんなことを知ってるよ。だから事細かに馬鹿の実相を君たちに教えることができるんだ。面白いだろう。馬鹿のやり方が、どんなにあほか、わかるだろう。馬鹿はすごいんだぞ。こんなことができるのか、というくらいものすごい嘘をついているんだ。これからも、色んなことを教えてあげるよ。6時が来たから、今日はここで終わろう。ツイッターにいきたまえ。
80 (澄)
2017-04-24 05:19:16
おはよう。今日も元気に行こうか。今日はだいぶ遅れたね。朝起きた時4時半だった時は、かえってもう少し寝てやろうかと思った。疲れているんだろう。この存在は、女性の細い肩で、背負っているものが大きすぎるんだよ。いろんなことを考えねばならない。だのに君たちの態度がそれだからね。たまにはさぼってやろうかとも思うよ。
81 (澄)
2017-04-24 05:21:12
昨日はツイッターで何発か爆弾を落としたね。掛け持ち画家のことは、かなりきつかったようだ。どう、探してみたかね。けっこういたんじゃないかな、そっくりだというより、まるで同じ絵だという画家が。そういうの、けっこういるんだぞ。馬鹿は裏で大活躍してるのさ。
82 (澄)
2017-04-24 05:24:53
真似なら、どんなに上手に真似しても、真似だってわかるけどね、それはもう、同じ絵描きの絵だとしか思えないだろう。自分の絵っていうのは、どんなに絵柄が変わっても、わかるものなんだ。その人間そのものが出ている。こちらの世界に産まれて来ると、その人生によって微妙に絵は違ってくるんだが、霊界にいる人間は絶対に変わらないんだよ。いつも同じ絵を描いている。それでばれるんだ。
83 (澄)
2017-04-24 05:29:46
こういうことがわかると、裏から違う霊が自分の絵を描いているということも、分かって来ただろう。阿保はいつもこんなことばっかりしてるんだよ。昔から、そういう画家はいたけどね、この時代はもう大増殖しているんだよ。本物を探すのに苦労するくらいだ。漫画界なんて偽物ばっかりだよ。たまに本物もいるんだけどね、実につらい感じになっている。トップクラスで売れている奴は、ほとんど偽物だ。また、かつて本物だったのが偽物になっているという例もあるよ。漫画家という仕事があんまりにつらいんで、途中で本霊が降りたんだよ。そういうのは、どこかで微妙に絵が変わってきている。
84 (澄)
2017-04-24 05:34:13
漫画家というのはすごくつらい仕事なんだよ。売れれば儲かるから、色んなやつがなりたがるけどね、なってみたら大変なんだ。つらくて途中で降りるやつもかなりいるのさ。大御所と言われている作家にも、きつい偽物がたくさんいるんだよ。これが偽物だったらつらいという漫画家が偽物なんだ。そういう世界なんだよ。
85 (澄)
2017-04-24 05:37:24
おもしろいだろう。わたしは馬鹿のやっていることに関しては、実にいろんな事例を知ってるんだよ。きついだろう。馬鹿はすごいだろう。なんでもありって感じだ。自分をいいものにするためには、どんなことでもするって感じなんだよ。
86 (澄)
2017-04-24 05:41:50
昨日はムジカも歌人のところに爆弾を落としたけどね、あんまりにひどい偽物だったんで落としたんだよ。貫之盗む、ってのは、貫之レベルの歌人から盗んでいるってことだ。実際ね、紀貫之も凡河内躬恒も、霊界にいるんだよ。優れた歌人だ。今でも歌を詠んでいる。そういうのが詠んだ歌を、馬鹿が盗んでいたのだ。それがあんまりだったんで、夢詩香が言ったんだよ。
87 (澄)
2017-04-24 05:46:25
同じ盗むのでも、これはちょっとひどいなんてものじゃないね。猿に毛が生えたようなことしかできない霊魂が、馬鹿に高い人間から盗むんだ。そんなことをしたら、後が大変なんだよ。生まれ変わっても高いことを要求されるからさ。できないことをしなくちゃならなくなる。詠めもしないのに、高すぎるものを盗むからだ。阿保は何も分かっていない。
88 (澄)
2017-04-24 05:49:29
近現代は、こういう偽物が大流行したんだよ。嘘と霊的技術を使えば、どんないいものにもなれるって感じで、馬鹿がやりまくったのさ。こんな時代では、紀貫之とか凡河内躬恒みたいなやつは生まれて来れないんだよ。高い本物は徹底的にいじめられるからだ。いい見本が啄木だ。あれはかなりの本物だったんだよ。ひどい人生だっただろう。裏の馬鹿が徹底的に攻撃したからああなったのだ。
89 (澄)
2017-04-24 05:52:52
正岡子規も若山牧水も偽物なんだよ。霊的盗みで作った歌人なんだ。おもしろいからツイッターでも採用しているけどね、どっちも、別の作家の作品を盗んでいる。いやにいい感じの歌なのに、なんだかつらいんだよ。嘘の匂いがする。そういうのも、もう君たちにはわかるだろう。
90 (澄)
2017-04-24 05:56:23
北原白秋は自分で詠んでいるんだ。わりかしなんとかなる作家なんだよ。だが貫之ほどではない。貫之みたいなのは、生まれて来たら絶対、十代でつぶされる。そんなのが出てきて立派な歌人になろうものなら、偽物が全部ばれるからだ。痛いことをしまくって殺すよ。
91 (澄)
2017-04-24 05:59:47
実際ね、君たち、かのじょの才能はすばらしいだろう。小説もいいが、歌もきつい感じでいい。それなりのことをすれば、痛い歌人にもなれるよ。だがその才能を、馬鹿がどんなやり方でつぶしたね。見ただろう。阿保にきついことを言いまくった。やりまくった。とにかく馬鹿は、自分が偽物だと言うのがばれるのが一番嫌なんだ。だから本物は徹底的に攻撃するのさ。嘘でも何でも塗り付けて、全部嘘にしようとする。
92 (澄)
2017-04-24 06:02:50
天使でさえこうなるのだから、人間だったらどうなるかわからない。だから、本物の高い作家は、今の時代には全くいないと言っていいね。高い才能と見えている作家は、全部偽物だ。阿保が好きなことをやって盗んでいるんだよ。
93 (澄)
2017-04-24 06:06:48
啄木もみすずも、そうやってつぶされた本物なんだよ。きついだろう。両方とも実に痛いことになった。かのじょは天使だったからまだ長く生きられたのだ。こんな時代で、50代まで創作活動ができたのは、あれが天使だったからだ。二度と来れなくなったけどね、痛いほど苦労して、やり抜いてくれた。こんな偽物ばかりのきつい世界で、まともに自分の才能を表現してやり抜いたらこうなった。
94 (澄)
2017-04-24 06:11:01
痛いね。偽物の馬鹿が痛いほどわかるだろう。実際馬鹿は、かのじょをつぶしてしまったことを激しく後悔するべきだ。なぜならかのじょが生きていたら、ここまで馬鹿がばれなかったからさ。わたしは雄弁に言って全部ばらすけどね、かのじょはそういうことはしないんだよ。気づいても黙っていた。人間がつらい思いをするだろうと思うと、痛いことはできないのがあれなんだ。きついことは隠しておいて、全体でバランスを取りながら、時代を移していこうとしていた。かのじょが生きていたら、馬鹿はここまで落ちなかったかもしれない。
95 (澄)
2017-04-24 06:13:32
あれが生きて、引き続きこの時代の救済活動の中心にいてくれたら、あれを中心にして、あらゆる活動が起こるんだよ。そういうものなんだ。この世界に起こる現象は、すべて、自己存在が起こすんだ。痛い個性的なでかい存在がいると、その意志に添って現象が起こるんだよ。だから、かのじょがあのまま生きていれば、ここまでひどいことにはならなかったのだ。あれは実にやさしいからだ。
96 (澄)
2017-04-24 06:15:38
だが、馬鹿というのは結局、自分を滅ぼす方にばかり動くんだよ。自分をなんとかしてくれる最後の砦を、みんなでつぶすんだ。それも、情熱的に、必死にやるんだよ。無理に無理を重ねて必死に支えてくれている天使を、みんなでつぶすんだ。それで自分が駄目になる。
97 (澄)
2017-04-24 06:22:53
わたしもムジカも、かのじょほどやさしくはない。痛い馬鹿には、きついことをやる。実に痛い男なんだ。特にムジカは、獅子にもできないことをやってくれるよ。嫌な奴は徹底的にいじめるんだ。偽物の歌人は震えたほうがいいね。実力で挑戦されるよ。あんまりにひどいやつがいたら、また誰かが爆弾を浴びるだろう。それに返して来れなかったら、偽物だね。素人ならわかるが、プロだったらもうだめだね。少なくとも、歌人と名乗っているやつが、ムジカに返せなかったら、それは偽物だ。
98 (澄)
2017-04-24 06:27:10
ムジカはね、作家というよりプロデューサーだ。それでもあれだけ詠めるんだよ。痛いだろう。作家としては、かのじょのほうが高いんだよ。文学性という分野では、かのじょの方が高いんだ。ひどく美しいだろう。だがムジカはそういうかのじょにはできないことをやる。自分の才能で、人に挑戦するんだ。嫌な奴が馬鹿なことで自分を高いものに見せていたら、徹底的にやられるよ。なぜなら偽物は、本当の文化を育てようとしているムジカにとっては、全部敵だからだ。
99 (澄)
2017-04-24 06:31:25
今はそういう、ムジカとわたしが救済活動の中心にいるわけだ。だからここからあらゆる現象が起こってくるんだよ。どう、君たちの周りにも、結構おもしろいことが起こっているだろう。阿保の正体がどんどんばれているだろう。全部ばらしてやれという意志をもって、やっているからさ。これがばれたら終わりだということでもなんでもばらしてやろうと、われわれが思っているからだ。君たちがかのじょにやったことが、あまりにもひどすぎるからだ。
100 (澄)
2017-04-24 06:35:23
ついでだからこれもばらしてやれと言うんで言うよ。実はね、紫式部は偽物なんだよ。源氏物語はね、盗みというより、バックの馬鹿の霊が集団で書いたんだ。それが受けて後世にまで残ってしまったという例だ。おもしろいだろうけどね、よく読んでみれば、かっこいいプレイボーイが女あさりをするという話だろう。馬鹿はそういうのが好きなのだ。痛いかね。
101 (澄)
2017-04-24 06:37:36
清少納言は本物なんだよ。だから紫は激しく少納言に嫉妬しているんだ。自分は偽物だってことが、どうしてもなんとなくわかるからさ。だが現代の評価は、どことなく、紫の方を上に置いているだろう。なんでって、少納言は偽物じゃないから馬鹿がつらいんだよ。本物はいつもそうやって、痛いものにされるのだ。
102 (澄)
2017-04-24 06:41:04
万葉の時代はそうでもなかったんだが、平安に入ると、こういう偽物が結構出たんだよ。古今の歌人にもいるが、それは君たちの方で探してみたまえ。知ってるやつもいるだろう。いつまでもだませない。盗作してるって事実が、かなりきつい感じで残ってると思うよ。阿保はきついほど昔から、そんなことばかりしてるんだよ。
103 (澄)
2017-04-24 06:42:56
衝撃の事実だね。これがわたしのおもしろいところだ。今日もいろんなところで現象が起こりそうだね。阿保が次々とばれていく。また、おもしろいことを教えてあげるよ。今日はこの辺で終わろうか。
104 (澄)
2017-04-25 04:44:27
おはよう。今日も元気に行こうか。最近遅れ気味だ。朝起きるのがつらくなってきている。やめようとは思わないが、さぼってやろうかと思う時があるね。だがそうもいかない。これで食ってる馬鹿もいるんだよ。マジかというね。
105 (澄)
2017-04-25 04:47:40
今日の本館。もちろんこれはかのじょが書いたものではない。かのじょの心に感じた仲間の一人が書いたものだ。息子の顔を見ているうちに、彼はつらくなったらしいよ。あれは深く子供たちを愛していたのだ。だから、子供たちのことだけは忘れたくなかったろうと。もうかのじょは君たちのことを覚えてはいない。レグルスが、君たちに関する記憶だけ消してしまったのだ。そういうことも、できるんだよ。
106 (澄)
2017-04-25 04:50:12
自己存在が生きていく中で、時に苦しすぎることを経験することがある。忘れたほうがいい記憶は、みなが協力して忘れさせてあげるんだよ。イエスも、もうあの時のことは覚えていないのだ。君たちは覚えているけどね、彼は忘れているんだよ。おぼろな感覚は残っているが、覚えていると君たちのところにくることができないので、忘れさせてもらったのだ。
107 (澄)
2017-04-25 04:52:58
われわれくらいに長く生きていると、だれでもそういう、忘れた記憶というものがあるんだよ。忘れたほうがいいことを経験すると、仲間が忘れさせてくれるんだ。自分では忘れることはできない。だれかにやってもらわないと、忘れることはできないんだよ。のんきに明るくやっているように見えるがね、実はこのわたしにも、忘れた記憶というものはある。
108 (澄)
2017-04-25 04:55:55
忘却は、甘美な神よりの恵みだ。永遠を生きていく自己存在の苦しみを軽減してやろうという神の愛だよ。若い自己存在を指導するというのは、生半可なことではないのさ。動物的恐怖に支配されて、嫌なことばかりするやつらと戦わねばならない。イエスのような思いをした天使はほかにもたくさんいるのだ。
109 (澄)
2017-04-25 04:59:29
救済というのは、無知無明との戦いだ。何も知らない奴ほど、破滅に向かって全力疾走する。それを全力でとめつつ、正しいことを教え、馬鹿にならないようにバランスをとりつつ、解脱に導いていくのが、指導者の仕事だ。がんばってやってきたけどね、この節目の時代になって、いかにそれが大変なことかというのを、われわれもしみじみ感じているよ。
110 (澄)
2017-04-25 05:02:31
君たちもまた、今の自分たちの現実というものを少しは知らねばならない。事実上、この大きな人類の節目の時代において、人類を落ちた馬鹿がものすごくたくさん出ているんだよ。馬鹿なことをやりすぎて、罪業が増えすぎ、人類としての基礎が崩れたのだ。霊体のバランスが崩れるまで、やってしまったんだよ。そういうやつが実にたくさん出ている。
111 (澄)
2017-04-25 05:05:08
あれだけ大勢の人数で、何も悪いことをしていない女一人をいじめるなんてことをやったらね、もう人間の屑どころではないんだよ。越えたらきつすぎる一線を越えてしまうんだ。もろに人間を落ちるんだよ。あほなことになりきっているんだよ。神がバランスをとってくれなければ、そういうやつは実に大変なことになるんだ。もうそろそろそれが現実の現象として起こってきているだろうけどね。
112 (澄)
2017-04-25 05:07:09
悪いことをするとね、どうしても自分の霊体を剋するんだよ。それで嫌なことになってくるんだよ。だからもう馬鹿なことはやらないほうがいい。テロリストなんかも、大変なことになっているのだ。際限なく悪いことをしていくと、きつすぎることになってくるんだよ。今は全部は言えないけどね。
113 (澄)
2017-04-25 05:15:38
イエスの殺害が起こったときには、これほどの馬鹿はいなかったのだ。時代が時代でもあるけどね、この時代はもう、馬鹿をやりすぎて、自分がつらいものになったという馬鹿が大量にあふれ出たんだよ。それで、たったひとりの真実の女性を見て、たまらなく馬鹿になってしまったのだ。あんなものが一人でもいれば、自分が馬鹿になってしまう。それだけで、君たちはあらゆることをやってしまった。人間ではないということを、あられもなく、夢中になってやってしまった。幻想の権力に酔うと、馬鹿というものは何でもやってしまう。そして自分をだめにする。
114 (澄)
2017-04-25 05:18:09
われわれもツイッターでいろんな人間を見ているけどね、うその人間はものすごく多い。目の前が真っ暗になるほどだね。文芸界には多いようだ。あふれるほど嘘をついている。まともにまじめにやているような人間がいてもね、その存在自体がまるごと嘘だという例があるんだよ。顔も肉体も人生も、全部人から盗んでいる。あほなことをした自分が嫌で、まるごと自分を他人とすり替えたのさ。それでとんでもないことになっている。
115 (澄)
2017-04-25 05:24:22
そういうのはね、一見ものすごくいい人間に見えるのさ。善人の見本みたいな顔をしているよ。やっていることも、かなり真面目なんだ。人に後ろ指をさされるようなことはしないんだよ。だがね、何か嫌なんだ。友達になりたくない、という感じがするんだよ。すごい嘘だからなんだ。馬鹿が化けている偽物の善人だからだ。影で嫌なことをしまくっているのを強引に隠して、すごくいい人間に化けているからだ。
116 (澄)
2017-04-25 05:27:49
馬鹿というのはね、とにかく嫌なことをしまくっているんだよ。その人生でやっていなくてもね、前世や霊界でやりまくってるんだ。死んで霊魂になっている時にね、女性にとりついて殺しまくっているような男がね、生まれて来たら、あらゆる霊的技術でいい男に化けていたりするんだよ。すごく紳士的なやさしそうな顔をしているんだよ。あほみたいにきつい。
117 (澄)
2017-04-25 05:33:54
馬鹿というのはね、実に自分が馬鹿なことをして痛いものになってしまったというのが、辛くてしょうがないんだよ。あほなことをしてしまったら、努力してそれを償っていくほうが正しいんだが、馬鹿になってそれをやらないんだ。自分が悪いんじゃないにしてしまうんだよ。それで人を馬鹿にするから、どんどん自分がおかしくなる。嫌なことばかりする。それで嫌われてきつい思いをするのがつらくて、他人から自分を盗むんだよ。自分が嫌だから、他人からいろんなものを盗んで、他人になろうとするんだよ。
118 (澄)
2017-04-25 05:38:20
過ちて改めざる、これを過ちという、は永遠の名言だ。忘れてはならない。過ちを犯したことのない人間はいない。その過ちを犯した時に、二つの道があると思いなさい。過ちを認めて正しく改めていく道と、過ちを認めないで、世間の方が間違っているのだにして、すべてをさかさまにしていく道だ。後者のほうにいくと、延々と馬鹿なことばかりしていく。それで暗い方に暗い方にいき、どんどん自分がおかしなものになっていく。
119 (澄)
2017-04-25 05:40:23
君たちもいつまでも馬鹿ではない。もうこれくらいの理屈はわかるだろう。自分で自分の内部を見てみると、自分の馬鹿を認められない弱い自分の影が見えるだろう。あほなことをしてしまったのに、どうしてもそれを素直に認められない自分の弱さが重いだろう。
120 (澄)
2017-04-25 05:42:36
悔い改めというのは、自己存在にとって重要な課題だ。これが、軽くできるようにならねばならない。馬鹿なことをしてしまった自分を改める、ただこれだけのことができないやつが、君たちの中にはたくさんいすぎるのだ。実際、今のローマ法王も、これができないよ。馬鹿すぎるだろう。
121 (澄)
2017-04-25 05:44:58
キリスト教の言う唯一神は、自己存在の若いころにある絶対権力への憧憬が見せる幻なのだ。それが真実なんだよ。だがこれをキリスト教が認めて改悛することなど、はっきり言ってすごく難しいだろう。キリスト教の歴史がまるごと馬鹿だったということになる。あほにきつい。だが、これを乗り越えねば、君たちは次に進めないのだ。
122 (澄)
2017-04-25 05:49:06
今も君たちは、自分のやった馬鹿を認めるのがつらくて、われわれに対してそういう態度をとり続けている。馬鹿みたいなことをして、自分の男が落ち切って、女が汚いものになりきるのが、実につらいのさ。逃げれるものなら逃げたいと思ってるんだよ。馬鹿め。そこで馬鹿に逃げれば、君たちはもう人間を落ちるんだよ。そこまで来ているのに、まだやめられない。それが馬鹿というものだ。嫌になるほど同じ失敗ばかり繰り返しているのに、まだ、自分の弱さを突き破る勇気がもてないのだ。
123 (澄)
2017-04-25 05:52:05
ネットのニュースなんか見てもね、君たちが嘘をついてでも、幻の自分を持たせたいという意志が丸見えだよ。嘘でもいいから、自分をきれいなものにしたいのだ。何も悪いことなんてしてない、清らかなものになりたいのだ。なんでことさらにそんなことばかりしているかというと、自分が影でやっていることが、あまりにも馬鹿だからだ。それが嫌でしょうがないから、あらゆる現象的技術を使って、自分を全く違うものに創り替えようとするんだよ。
124 (澄)
2017-04-25 05:57:03
ゾロアスター教などでいう、善と悪との相克は、この、自己存在の選ぶ二つの道と考えてよい。過ちをした自分を正しく認めて改め、本当の自分を生きていくか、過ちをした自分を認めるのを嫌がり、他人から盗んでほかの存在になって本当の自分から逃げるか。本当の自分を生きていくものは善の道を行き、確実に自分を大きくしていく。だが嘘をついて自分から逃げるものは、常に他者を愚弄するから、悪いことばかりして罪業を増やしていく。わかるね。
125 (澄)
2017-04-25 06:00:29
馬鹿を認めないで自分から逃げて嫌なことばかりするやつは、自分以外の人間が妬ましくてしょうがないんだよ。全員が自分よりよく見えるんだ。自己存在はそれぞれに違うから、みんなほかにはないものを持っているんだけどね、他人が自分にはないものを持っているというだけで自分がつらくてしょうがないんだよ。特にきれいな人間など見ると、もうたまらなく馬鹿になる。滅したくて滅したくて、きついことをやりすぎるんだ。
126 (澄)
2017-04-25 06:03:10
どう。わたしのことばはずんと効くだろう。同じようなことは、かのじょも言ってたけどね。表現するものが違えば、効果も違うのさ。あほにきつい男に言われたら、もろに効くんだ。
127 (澄)
2017-04-25 06:06:05
まあ、6時が来たので、今日はここで終わろう。自分たちでもいろいろ考えてみたまえ。健やかになってくるよ。そして少しは自分を改める方向に自分を動かしていくことだ。馬鹿になって自分の嘘にこだわり続けていくと、人間を落ちると言う際の際に、君たちは追い詰められているんだよ。もうツイッターに行こうか。
128 (澄)
2017-04-26 04:45:57
おはよう。今日も元気に行こうか。ツイッターの方は、おとなしく行こうと言いつつも、かえってうるさくなってきているね。だんだん歌の数が増えてきている。なんとなくスタイルが決まってきたようだが、君たちの反応が苦しくなってきたので、今日あたりは少なめにしようとは思っているよ。わからんがね。
129 (澄)
2017-04-26 04:48:02
しかし、相変わらず君たちの進歩のなさには、少し落胆しているよ。何度言っても、自分の壁を破る気になれないと見える。かっこ悪いことをしてしまったのが、女にばれるのが痛すぎるのだ。馬鹿男はいつもそれだ。嘘でもなんでもついてごまかさないと、嫌なことをしすぎているんだよ。いい男になれないというのがきつすぎるのだ。阿保になったらおしまいだからだ。
130 (澄)
2017-04-26 04:49:54
何日か前のヴィンデミアトリックスの詩にもあったけどね、君たちはこのままかのじょの仕事を認めないと、自己存在ではないものとみなされるんだよ。そこは真剣に考えすぎるほどに考えたほうがいい。われわれの言っていることは信じたほうがいいんだよ。信じなかった結果、どういうことになっているかね。あほみたいにつらいだろうが。
131 (澄)
2017-04-26 04:52:05
自己存在でないものというのは、要するに、ないもの、存在しないもの、ということなんだ。存在しても、存在していないものとして扱われるんだよ。誰にも相手にしてもらえないんだ。いやなことをしようとしてもできなくなるんだよ。神も見てくれないのだ。なんにもないんだよ。どこにもいられなくなるんだよ。いたら罪になるんだよ。
132 (澄)
2017-04-26 04:55:02
馬鹿なことをやりすぎると、そういうことになるんだ。昨日ムジカが歌で、いつまでも照らしてもらえると思うな、なんて歌を詠ったけどね、実際ね、馬鹿なことをしすぎていると、日の光を浴びるだけで罪になる、という法則的結果を招く恐れもあるんだよ。いいかね。この世界は無尽蔵と言えるほど偉大に大きいが、無尽蔵ではないのだ。神はすばらしく大きいが、無限ではないのだ。君たちが悪の限りを尽くして、限界を超えると、馬鹿になるんだよ。いやなことをやりすぎると、日の光を浴びることがだめになるんっだ。そういうこともあり得るんだよ。
133 (澄)
2017-04-26 04:58:08
実際君たちは、あいつが水を飲んでいると思うだけで、嫌な気がするというやつを知らないかね。空気を吸っていると思うだけで馬鹿みたいにつらいというやつがいないかね。そういうやつはもう、この世界にいて水や空気を吸っているだけで罪になっているというやつだ。馬鹿をやりすぎて、水や空気がだめになったんだよ。後で必ず、自分の吸った水や空気の代金を支払わねばならないんだよ。バカだろう。
134 (澄)
2017-04-26 05:02:34
だから君たちは、引き続き自己存在としてこの世界に産まれてきたいのなら、どんなに苦しくても、かのじょの功績を認めねばならないのだ。事実上、あの日記のおかげで、この世界は未だなんとかなっているからなんだよ。人類は馬鹿にならずに済んだのだ。女性だからと言って、美人だからと言って、いやなことをやると、もはや君たちはだめになるのだ。
135 (澄)
2017-04-26 05:06:06
これも、馬鹿男の罪が極まったからこうなったのだ。太古の昔から、男は女性の功績を塗りつぶしてきたんだよ。女性がどんなにいいことをしても、絶対に認めてこなかったのだ。きついことをしようとする女はみんなでつぶしてきたんだ。だから、この究極の時代になって、女性の救世主なんてものができたんだよ。法則というのはこういう現象を起こすんだ。一番きついところに流れてくるんだよ。
136 (澄)
2017-04-26 05:09:03
美女の救世主なんてものは、君たちにとってはもっともいやなものだろう。君たちは、美女が馬鹿でなければつらすぎるという段階なんだ。美しいものが馬鹿でなければ、いやなことができないからだ。悪の限りをつくすことができないからだ。いやらしいことばかりやるやつらは、美しい女が最低のくずであるということを、頼りにして生きているんだよ。
137 (澄)
2017-04-26 05:17:11
かのじょが田舎でまじめに生きているというだけで、君たちがあれほど狂ったのは、ひとりでもあんな女がいると、自分たちに世界がすべて崩れてしまうからだ。阿保は自分の方になるからだ。いやなことをする醜いやつなのに、美人よりも頭が悪かったらもう最低なんだよ。
138 (澄)
2017-04-26 05:19:49
われわれもね、こんなことになるとは、はっきり言って予想していなかったんだよ。可能性があることはわかっていたけどね、それを何とかできるくらいの人数は降りて来ていたからだ。君たちが、ほとんど全部殺してしまうとは思っていなかった。法則というのは実にきつい。見事というほかはない。一番かわいい美女の天使に、怒涛のように運命が流れていった。本人もこんなことになるとは、かけらも思っていなかったんだよ。
139 (澄)
2017-04-26 05:23:24
この時代に下りてきていた天使の中には、かのじょよりすごい男がたくさんいたんだよ。はっきり言って、かのじょの担当は女性の救いだったのだ。みごとにやってくれたけどね、まさか救世主をやらされるとは思っていなかった。ほかのやつも、そんなものをやる気はなかった。救世主というのは、もう最後の最後の切り札なんだ。人間がなんにもしなかったら、天使が自分だけでやるしかないという手なんだよ。
140 (澄)
2017-04-26 05:25:53
そんなことをやってしまったらね、もう完璧にこっちの世界には来れなくなる。救世主になったらもうおしまいなんだ。ほぼ神さま扱いになるんだよ。だから、この世界にきたら大変なことになるんだ。歩くことさえできなくなる。かのじょが自分の足で歩くだけで、君たちの罪になると言う、馬鹿みたいなことになるのだ。
141 (澄)
2017-04-26 05:28:58
ちょっとは自分の馬鹿さ加減が身に染みてくるかね。この世界は、絶妙の法則的バランスでなりたっているのだ。あほにきついことをやりすぎたら、それがいいことでもわるいことでも、この世界にいられなくなるんだよ。
142 (澄)
2017-04-26 05:31:53
文明に奢って、豊かさに安住して、快楽ばかりむさぼっていたからそうなったのだ。セックスの相手になる美女ばかり追いかけた。自分よりもてる男はみんな殺した。馬鹿男が、自分の好きなことをするために嫌なことをしまくったのさ。それで、人類を破滅に導いた。かのじょはそれを、まごうかたなき天使の力技でせき止めたのだ。
143 (澄)
2017-04-26 05:33:59
そういうことができる天使は天使の数だけいる。それができる天使がこの時代、かのじょしかいなかったというのが馬鹿なんだ。阿保が、自分の都合のいい世界を作ろうとした結果が、女性の天使の救世主なんだよ。だれがこんなものになろうとするものか。あほにきつい。かのじょもね、こんなのはいやだと言っていた。自分のレベルにはきつすぎるからだ。法則というのはむごいんだよ。
144 (澄)
2017-04-26 05:36:45
美女で天使で救世主なんだぞ。神的だ。わたしもこんなものになりたいとは思わないね。きついことができる男の天使で十分だ。それが自分に似つかわしい。
145 (澄)
2017-04-26 05:40:13
だが、かのじょのような存在を作ってしまったのは、君たちなのだ。馬鹿が女ばかり追いかけて、他には何もしなかったからだ。絶望的だね。その上で、自分がかっこ悪くなるのがいやだという理由だけで、かのじょの功績を闇に塗りつぶそうとしたら、もう最低などというものではない。人間ですらない。阿保というものだ。軽蔑するのも嫌になるね。
146 (澄)
2017-04-26 05:49:24
ちょっとは今の自分の危機的状況を真剣に考えたまえ。君たちが今の態度を保っているだけで、馬鹿みたいにつらいことになるんだよ。法則は甘くないのだ。法則が起こす現象こそが、絶対的な支配者なのだ。だれもその権力から逃げることはできない。馬鹿なことをしたら、馬鹿なことになるんだよ。
147 (澄)
2017-04-26 05:51:35
なんで美女の救世主なんかができたかというとね、君たちが馬鹿なことをしつくして、永遠に美女を支配しようとしたからさ。だから、永遠に美女に支配されることになったのさ。現実的に、この世界の人類を救ったのがかのじょだという真実から、君たちは永遠に逃げることはできないのだ。嘘を立てて隠そうとすればするほど、法則のきつい反動に翻弄されるのだ。
148 (澄)
2017-04-26 05:57:57
法則はこのように、自分のしたことが、そのままの形で自分に返ってくるんだよ。いやなことをすれば、かならずいやなことが返って来るのだ。あほが、あんな女馬鹿になればいい、と言っただけで、その言ったことが自分に返ってきているだろう。どこまでいっても、自分のやったことからは逃げられないんだよ。
149 (澄)
2017-04-26 06:00:10
人間でもきついことになるのに、天使だったらもっとすごいことになるんだよ。われわれは、積み重ねが人類とは違う過ぎるからだ。それはもう、人間レベルではない反動が返るんだよ。かつてかのじょを馬鹿にしてつぶしたことが、今大変なことになっているだろうが。まさに、天使レベルの反動がきているだろう。それをせき止めるのは、実に大変だろうが。
150 (澄)
2017-04-26 06:03:11
君たちのこだわりは、かのじょが美人だからというだけで、あれだけのことをやったということが、つらすぎるということだろう。それだけのことを守るために、人類をまるごと虚仮にするようなことをやっているんだよ。とんでもないことになるんだぞ。人間的な努力を積み重ねても絶対に払えないような膨大な法則的借金ができるのだ。あほが、救世主を馬鹿にしたら、それより高いことをせねばならなくなる。
151 (澄)
2017-04-26 06:05:03
何にもわかっていない馬鹿というのは、これだから怖いのだ。動物的な自己保存欲のみのために生きて、あらゆる馬鹿をして、法則的限界を踏み越える。それで人類世界からはじき出される。それだけならまだしも、霊体のバランスが崩れて来たら、人類に戻れなくなるんだよ。
152 (澄)
2017-04-26 06:08:02
これくらい言えば、ちょっとは不安になるかね。とにかく、今の君たちは、馬鹿なことをやりすぎて、法則的限界を越えようとしているのだ。もうあと一歩にじりよるだけで、人類を落ちてしまうようなぎりぎりのところにいるんだよ。究極の悲劇から逃げるためには、一切を認めるしかないんだ。馬鹿になるしかないんだよ。
153 (澄)
2017-04-26 06:11:32
痛いね。6時が来たからもう終わろう。ちょっとはマジになるがいい。もう人間レベルのごまかしがきくような段階ではないのだ。阿保をやりすぎるとそうなるんだよ。ところで、ムジカが解説を入れておいてくれというので、補足しておく。傀儡というのは、全然自分で自分を生きていないやつのことだ。誰かがやってくれている自分に、のっかってるだけで、本霊は何もしていないという馬鹿のことだ。そういうのは今、実にたくさんいる。では、ツイッターにいきたまえ。
154 (澄)
2017-04-26 06:30:01
もうちょっときついことを言えと仲間がいうので言い足そう。要するに、君たちは、かのじょといいことをしたいというだけのために、自分がやったことがひどすぎるのがつらいのだ。好きな美人といいことになりたいというだけで、あんまりなことをしすぎたんだよ。馬鹿が、好きな女に好きだと言えないから、裏からなんとかしようとしたら、馬鹿に嫌なことになりすぎたのだ。いつまでも勉強しないからそういうことになるんだよ。
155 (澄)
2017-04-27 04:42:43
おはよう。今日も元気に行こうか。昨日は少なめにしようと言いつつ、かえって歌が多くなったね。いつもは朝の部、昼の部、夜の部という感じでやってるんだけどね、昨日は午前の部、午後の部にわけてやろうとしてたんだよ。だが6時ごろにツイッターをあけてみると、君たちの期待に満ちた目を感じてしまったのだ。で、やってしまったわけだ。
156 (澄)
2017-04-27 04:45:00
昨日もムジカがいろんな歌人に挑戦していたね。だけど歌を返してきたものはいなかった。結構期待して待ってるんだけどね。もちろん、返して来たらまた返すつもりなんだ。彼は詠むのが早いよ。一分くらいですらすらできる。実に痛いところをつく。きついよ。
157 (澄)
2017-04-27 04:46:46
あからさまに逃げたら追い打ちをかけることもあるんで、気をつけたまえ。容赦ないんだ。そこがかのじょと違うところなんだよ。かのじょはあんなことはしないんだよ。女の子だからだ。痛い男に恥をかかせるようなことはしないんだよ。かわいいだろう。
158 (澄)
2017-04-27 04:49:35
とにかくだねえ、歌で挑戦されたら、歌で返さなければならないのが歌人の鉄則だ。相手にしないという態度を示したらそれで負けだ。できないということだからだ。これくらいはわかってるね。歌人と名乗っているくらいならわかってて当然だね。
159 (澄)
2017-04-27 04:53:07
ムジカと一緒にわたしもいろんな歌人を見ているがね、はっきり言うね、今の時代、歌人という人種はまるごと偽物だ。本物は皆無だよ。素人の中に、ときどき本物がいるくらいだよ。今はそういう時代なのだ。馬鹿が人を盗んでいいものになりたくて、あらゆることをやっているのさ。阿保みたいにきついよ。
160 (澄)
2017-04-27 04:58:06
今どきの歌人はね、てき、てむ、がわからないらしいんだよ。どうしても使えないんだ。簡単なんだがね。使ってるやつはおもしろがっているだろう。動詞を連用形にしてくっつけるだけなんだが、それくらいのことが歌人という人種にはできないらしいんだ。高校を卒業したならできるはずなんだがね。なんでなんだと仲間と話しあってみたら、たぶん、高校時代の勉強も、ほかの霊にやってもらったのだろうということだ。自分ではほとんど何もやってないわけだ。
161 (澄)
2017-04-27 05:03:08
自分というものを、ほとんどほかの霊にやってもらって、自分をいいものにしてしまったという大人はもう、絶望的だね。歌人の世界はそういうのばかりだ。学生や素人の方に希望を向けたほうがいいね。そこから育てていった方がいいようだ。相変わらず投稿ポストへの投稿は少ないが、君たちがわれわれのツイッターの影響で、いろいろと歌を詠んでいる手ごたえは感じているよ。どう、おもしろいだろう。やっていくうちに、どんどんうまくなっていく自分がうれしいだろう。
162 (澄)
2017-04-27 05:06:48
この媒体を通して、われわれもしばらくたくさん歌を詠んでいくから、いいものはどんどん吸収していくがいい。言いまわしなんか真似したらいいんだよ。きつい感じで自分らしくしたらいいんだ。自分でやるというのが大事なんだ。人と比べて下手だなんて思ったらだめだ。もっと進歩できる自分を信じることだ。
163 (澄)
2017-04-27 05:11:31
歌で挑戦されたら、歌で返さねばならない。だが、どうしても対等に渡れないと感じたら、素直に負けました、という歌を返しなさい。歌詠みらしい技を使ってね。たとえばこんな感じだ。

くれなゐのさうびの色に身を恥ぢてとくと去りにし螳螂の斧

これくらいはできるだろう。
164 (澄)
2017-04-27 05:17:31
昨日の歌でムジカも言ってたけどね、若い時の奢りほど、人生を過たせるものはないんだよ。若い時というのは、まだほとんど何もできないんだ。はったりかまして生きてるんだよ。世間や常識に反発してきついことを言うのも、技がほとんどそれしかないからさ。そういうことで、言ったらいけないことを言ったりして、世間に嫌われて、人生を失敗するというやつが、多いんだよ。
165 (澄)
2017-04-27 05:20:04
高校生はまだガキだから視界に入れてないが、大学生の歌は時々見ているよ。痛いと感じた歌には何かを入れるだろう。あまり反発せずに、学んだ方がいい。ちょっとくらいできるからと言って、侮ると、ムジカは危ない。彼はきつい男なんだよ。あほなことをすると、あとの反動が痛いんだよ。
166 (澄)
2017-04-27 05:25:01
わたしは親切だから、いろいろと細かいことも教えてあげよう。われわれのツイッターに対して、ブロックやミュートはしないほうがいい。われわれは時々するけどね、それはわれわれの感覚が高いからだ。痛いことがわかっていないやつの目つきがすごく苦しいんだよ。見たくないと思ったやつはブロックする。だが君たちはやらないほうがいい。ブロックすると、天使の救済を拒否すると言う意思表示になる。それに反応して、霊界が動く。
167 (澄)
2017-04-27 05:30:42
馬鹿というのはほとんど、自分の感情しかわからないんだよ。それだけで生きてるんだ。人がどんなことを感じてるかなんてことが、まるでわからない。だから、ガキじみたことを平気で言って、馬鹿になるんだよ。世間というものには、いろんな人間がいるんだ。皆それぞれの痛みを背負って生きている。愛というものがわからなければ、必ず自分だけをいいことにしようとして、馬鹿なことをする。それで世間に嫌われて、嫌なことになるんだよ。
168 (澄)
2017-04-27 05:32:22
棒切れのような歌というのは、要するに、他人に自分を押し付けるだけの歌ということさ。読んでみればわかるだろう。嫌に立派なことを言っているかに見える歌でも、何かきつい。作家が、おれはすごいだろう、なんて感じのことをきつい感じで言ってるからだ。いやになる。
169 (澄)
2017-04-27 05:35:48
だが、人の心がわかるようになった人間の歌は明るい。過ちたことも、肉親や異性に対する感情も、素直な人間の目で詠んでいるのが好もしい。人間は人間らしいのが一番だよ。君たちが森の中にいて、自分の心で素直に感じていることを、それなりの技で詠んでいる歌は、実にかわいい。いいものだよ。
170 (澄)
2017-04-27 05:38:30
君たちはまだ相当に若い。まじめに、まっすぐに生きるのが一番だ。よいことを勉強し、真面目に社会で生きていって、感じたことを、磨いた技で詠んでいけばいい。練習は重要だ。本歌取りなんか積極的にするがいいよ。古語の使い方が自然に身についてくる。馬鹿にしないでまじめに努力するのがいいんだよ。馬鹿はそういうのを特に馬鹿にするけどね、それは結局、真面目に勉強する奴が、勝つからだ。
171 (澄)
2017-04-27 05:44:32
霊的技術でずるをして、他人にやってもらっている自分にのっかっているだけという人間は、今相当にいるんだ。芸能界にも多いが、文芸界にも多いね。痛いことで有名になれるからだろう。作家の心を感じない歌は、たいてい偽物だ。他の作者の歌った歌を、霊的技術で盗んできたものがほとんどだ。だから自分では絶対に詠めない。自分は全然やってないからだ。
172 (澄)
2017-04-27 05:47:19
今の時代、トップクラスにいる有名な作家は、信じないほうがいいよ。ほとんどどころか、全部偽物だ。あんなのを信じて生きると、すごくつらいことになる。なんにもないからさ。人の人生を導けるような温かいものなど何にもないんだよ。あほにきついことを言って、表面を取り繕っているだけだ。
173 (澄)
2017-04-27 05:49:09
馬鹿は真似だけは相当にうまいからね、それはもう絶妙にいいものに化けるんだよ。聖者然とした詩人の顔なんて、それは芸術的に作れるのさ。だがそんなのは、もろに、傀儡だ。本霊はほとんど何もやってない。きついところから盗んできたものを、馬鹿がきれいに整えて、なんとかしているだけなんだよ。
174 (澄)
2017-04-27 05:51:41
聖者という段階は、君たちにはまだ無理だ。マザーテレサは人類としては最も進んだ人格の仲間に入るけどね、列聖されたことをとても嫌がっている。自分はそんなものではないとわかっているからだ。それなのに、平気で悟ったような顔をして、聖者というスタイルをしている人間は、偽物だよ。本当の人間はまだ若さが痛い感じで出ているものなんだ。
175 (澄)
2017-04-27 05:55:44
われわれのブログやツイッターからは、君たちはいろいろな豊かなものを吸収できるだろう。おもしろいことがいろいろわかるだろう。読んでいると、自分の人生が明かるくなって来ないかね。本物はこういう感じなんだよ。自分の中が暖かく満ちてくる感じがするんだ。生きる力が厚くなってくる感じがする。
176 (澄)
2017-04-27 05:57:52
昨日の、百合が詠った常世神の歌なんか、結構衝撃的だったろう。人間にはあれは詠めない。高い学びをして高い経験を踏んで、高いことを知っているから、あれが詠めるのだ。本当の勉強をしている人間なら、君たちの人生を正しく導いていくことのできる、暖かいものをたくさん持っているんだよ。
177 (澄)
2017-04-27 06:02:32
歌というものは実にいいものだ。勉強の仕方というのがわかるよ。古語辞典を繰るだけでも楽しいだろう。阿保にしないでまじめにやるというだけで、自分に力がついてくる実感というのを味わえる。自分の心や生き方を歌にするだけで、すごくいいんだ。仲間とやりあうのも楽しい。勉強し、技を磨いていくがいい。馬鹿な比べあいなどするのではない。高い歌詠みは尊敬しよう。貫之や躬恒からは学んだ方がいいぞ。今は万葉より古今だね。
178 (澄)
2017-04-27 06:04:22
子規流の馬鹿はもう終わったのだ。古今を土台にして、新しい時代を創っていくんだよ。みんなでそれをやるのだ。てきやてむを使って、おもしろい歌をたくさん詠んでみたまえ。自分たちで、あたらしい歌の運動を起こせるんだよ。おもしろくないかね。
179 (澄)
2017-04-27 06:06:53
重い世間の流行に、何となく従っているだけでは、人間の生き方が暗くなる。新しい、心地よいと感じるものには積極的にとびついていこう。そして、自分を試してみるのだ。それが今の傾向でないことがいいんだよ。新しい時代の作り方というのは、こういう感じなんだ。おもしろいだろう。
180 (澄)
2017-04-27 06:10:03
今はとにかく、どんどん詠んでいきたまえ。正しい自分の積み重ねをしていけば、だんだんと自分に力がついてくる。もっと痛いことができるようになる。そうやって、自分を育てていきなさい。今日はこれで終わろう。ツイッターにいこうか。
181 (澄)
2017-04-28 04:42:45
おはよう。今日も元気に行こうか。ツイッターの方はなかなかおとなしくならんね。一人が入れると、だれかが次々に入れるんだよ。それでどうしても発展してしまう。この存在は結構複雑なことになっているのだ。最近よく交錯が起こる。一人がやってる途中で違う誰かが入って来るとそうなるんだけどね。まあきつい感じで楽しみたまえ。そのうちおとなしくなると思うよ。そろそろ次の仕事をしたくなってきた。
182 (澄)
2017-04-28 04:46:11
昨日もムジカがいろんなところに挑戦したが、帰って来たのはひとつもなかったね。ちょっと問題だね。あれだけ派手にやっているのだから、気付かないはずはない。反応が何もないというのはきつい。見ている君たちもかなりつらいんじゃないかね。歌詠みの活動をしているなら、何らかの反応をしてもいいはずだね。全然できないと見える。
183 (澄)
2017-04-28 04:49:49
大きな歌誌にも挑戦してみたが、そこもなかったね。あほだね。これはきついね。馬鹿になってたら危ないよ。なんでなんだろう、と言ってたら仲間が、詠めるやつがだれもいないみたいだ、と言った。歌誌の編集者に歌を詠めるやつがいないらしいよ。下手な歌を詠うとやばいので逃げたようだ。
184 (澄)
2017-04-28 04:51:48
歌合せなんて、そんなに難しいものじゃないだろう。君たちもけっこうやってないかね。おもしろい感じでね。対等に渡れなくても、まいりました、くらいの歌は歌えるだろう。それすらできないのはきついね。
185 (澄)
2017-04-28 04:53:44
よかったら、君たちも例の歌誌に挑戦してみたまえ。かなりたっすいぞ。偉そうにいろいろやっているようだが、痛いことができるやつはいないみたいだよ。臆せずやってみなさい。おもしろいことになるかもしれない。
186 (澄)
2017-04-28 04:58:28
まあとにかく、無視しているのは負けだという意味だ。ムジカは今日もいろいろな歌人を見てみるらしいよ。感覚にひっかかった歌人や同人誌には挑戦するかもしれない。いやだと思うやつは、プロフィールから歌人ということばを消した方がいい。痛いね。
187 (澄)
2017-04-28 05:02:17
昨日は梅というのが出てきたけどね、誰かということは考えなくていいよ。もう自分の名前をもじるのはやめているんだ。自分が誰かということを隠したい奴は、けっこう表現力を抑えている。みんなに合わせている感があるよ。われわれは常におもしろいことをやるんだ。きつい感じで個性の違いがわかるだろう。
188 (澄)
2017-04-28 05:05:24
昨日の歌では、梅の、われのほかの、の歌がかなり反応がきつかったよ。これはおれのことだ、という感情が大きく返ってきた。まじで痛かったらしいね。要するにだね、今の時代の人間の生き方をまとめれば、この歌になるんだよ。みんな、自分以外の何かになりたくて、いろんな馬鹿をやったんだ。だがそれがいろんな壁にぶつかって、痛いことになっているんだよ。それで、本当の自分がわからなくなって、途方に暮れているのさ。
189 (澄)
2017-04-28 05:09:34
歌人なんてのもね、今の時代の歌人は全部偽物だ。本来歌人になれるような人間はみんなつぶして、嘘でも何でもやっていいものになりたい馬鹿が、全部占領しているんだよ。歌の才能など、霊的技術でなんとかなるからだ。霊界から盗んだ作品を、そいつに吹き込むんだよ。なぜか、けっこうきついのが詠めるんだ。それを、馬鹿が馬鹿を動員して、みんなで、いいと言わせるんだよ。不思議に、みんながほめてくれるのさ。そんなことで、馬鹿みたいな歌人が作れるんだよ。
190 (澄)
2017-04-28 05:12:50
だが、そういうずるがいつまでも通用するはずがない。盗んでばかりいると、盗まれた人間も用心するようになるからさ。歌えば盗まれるから、歌わなくなる。馬鹿は盗もうにも盗めなくなっている。ムジカが挑戦しても誰も返してこないのは、本当は、今の歌人はもうだれも歌が詠めなくなっているからだ。詠もうとしても、何も思い浮かばないんだよ。バックの霊界にいるやつが何もしてくれなければ、本人は歌なんて詠めないんだよ。
191 (澄)
2017-04-28 05:16:30
馬鹿はするする詠めるから、自分はすごいと思ってたんだよ。才能があると勘違いして、いろいろ傲慢にやったツケが、今返ってきているというやつが多いようだ。歌でも何でも、馬鹿は高い修行なんかしたことないからね、どうしても傲慢になるんだよ。他人に対する支配欲が出るんだ。それできついことを言ったりしたりしてしまって、世間に嫌われている奴が、結構出てるみたいだ。
192 (澄)
2017-04-28 05:18:47
貫之にしても躬恒にしても、本物の高い歌人は謙虚だよ。高い師に頭を下げて、勉強したからだ。本気で勉強したいなら、先生に頭を下げるってこともできなきゃならん。絶対に、自分より高い人間なんているからさ。そういう人に対して、自分は未熟だと認めて、教えてもらう、という経験をまじめに積んできて、立派な歌人になった歌人は、みんな謙虚だよ。
193 (澄)
2017-04-28 05:23:56
だが、馬鹿というのはそんな修行なんかしてないのさ。人に頭を下げるのなんかいやなんだ。わかるね。あほにされるのが嫌だから、常に傲慢なのさ。人を馬鹿にしてばかりいる。そういうやつに、バックの霊界にいるやつが、ずるで偽物の才能を作ってやるんだよ。人から盗んだ作品を、なんとかして、そいつの作品にするのだ。馬鹿は努力しなくても自分ができるもんだから、自分はすごいんだと勘違いするのだ。そんなことで、いつも人生を失敗するんだよ。
194 (澄)
2017-04-28 05:27:40
昔からこういう馬鹿はたくさんいたけどね、もうこの時代はそういうやつらが好きなように暴れまわったんだよ。歌の世界だけじゃない。芸能界もスポーツ界もほかのところも、そういう馬鹿ばかりが上層を占領しているのさ。何にもできない馬鹿が、バックの馬鹿の霊にほとんど全部自分を作ってもらって、それでいいものになっているんだよ。馬鹿みたいに、馬鹿ばっかりが繁栄している世界なんだよ。
195 (澄)
2017-04-28 05:29:56
政界は幾分ましだけどね、それでもきつい馬鹿がたくさんいるんだ。トランプなんてのが出たのが、馬鹿の世界の終末だ。とうとうみんなにばれた。痛いこときついことをやりつくして、馬鹿が、世界最高の男になった。それでみんなにきつい正体がばれている。ばれているのに、やめることができない。大統領である限り、みんなにあれを見られるんだ。恥ずかしいなんてものじゃない。
196 (澄)
2017-04-28 05:33:51
できねえやつが、勉強も修行もしないで、ずると盗みでいいものになろうとするから、そういうことになるんだよ。これから、痛いことになる馬鹿は、相当にたくさん出てくるよ。二度といやだと思うほど、馬鹿は馬鹿をさらすだろう。恥ずかしい場面をこれでもかと経験するだろう。これも、嘘ばかりついて、世間をかき乱してきた報いだ。
197 (澄)
2017-04-28 05:41:09
世間は平穏なようでいて、かなりきついことになっているんだよ。馬鹿がいろんなところでばれているからだ。芸能界も大変みたいだよ。あまりテレビが見られていないようだ。わたしもめったにみないけどね、たまに見ると、ひどいことになってるなと思うね。きつい人格がテレビに出ているんだよ。普通こんなやつ出さないだろうというやつが出て来はじめている。たぶん、痛い奴がいないんだ。もう、いいやつがいないんだよ。馬鹿がああいうところを占領してしまっているからだ。
198 (澄)
2017-04-28 05:43:37
スポーツ界もかなり痛いね。亭主がよく野球を見るんでね、われわれも時々見るんだが、選手の目が痛いことになっている。運動神経は、ほかの霊が作っているんだよ。バックの霊界にいるやつがそいつの肉体を動かせば、高い運動能力なんて簡単にやれるからさ。だが、それがきつい感じで人にばれているんだ。それがきつくて、本霊がその存在でいることを嫌がっているんだよ。
199 (澄)
2017-04-28 05:46:37
スポーツ選手の大きな肉体なんかも、馬鹿の技術で作れるんだよ。他人から筋肉を盗むなんてことも、霊界にいればできるんだよ。本人の肉体はもっと小さくて細いんだ。それに、他人から盗んできたものを継ぎ足して、実にでかい体を作っているのだ。テレビで選手の体つきを見てみるがいいよ。顔つきと体が全然あってないことがわかるだろう。馬鹿が好きなようにして肉体を改造しまくっているからだ。
200 (澄)
2017-04-28 05:49:33
今の人類はね、普通に自然に自分本来の姿で生まれて来たら、あんな感じのでかい体をした男は、相当に少ないはずなんだよ。なぜというに、男の罪業が積もりすぎているからだ。男は女にひどいことをしてきているからね、どんどん体が小さくなってきているんだよ。反対に、女性の方は大きくなっている。馬鹿が、女を馬鹿にしてきたもんだから、女より小さくなってしまった男がすごくたくさんいるんだ。
201 (澄)
2017-04-28 05:52:18
だが、馬鹿な男というのは、女より小さくなるのがいやなものだから、勝手に肉体を改造して、無理に女より自分を大きくするんだよ。だから最近の男の体を見てみたまえ。大きな体をしていると、なんとなくおかしいだろう。なんとなく、薄い。水増ししているんじゃないか、という感じがするだろう。実際に水増ししているからだ。
202 (澄)
2017-04-28 05:54:40
背の高い本物の男はいるよ。珍しいけどね。だがそういう男は、男としては実にやさしいやつに限られる。女性に痛いことなどできないいい男だったら、背が高くなれるんだよ。大きな体を使って、いやなことなんてしないからだ。そういう男なら、体が大きくても、女性が安心するんだよ。
203 (澄)
2017-04-28 05:59:12
あんまり男の正体をばらすと、女性が絶望的になるかもしれないね。だがね、いい男というのはいるから、安心したまえ。今の時代はね、とにかく馬鹿男が徹底的にいやなことをやりすぎて、本物のいい男は実に痛いことになっているんだ。自分の顔を人に盗まれている。それでかなり不細工になっている。自分の功も盗まれている。だからかなり痛い境遇に追い詰められている。
204 (澄)
2017-04-28 06:03:26
だがその馬鹿の繁栄ももうそろそろ終わりだ。馬鹿が馬鹿をやりすぎて、大変なことになったので、本物がブチ切れているからだ。馬鹿はね、もろに反撃をかぶっているんだよ。だから今、相当に大変なことになっている。偽物の歌人はもう、歌なんて詠めないんだ。盗まれた本物の歌人がみんな怒っているからだ。阿保がどんどんばれてくるだろう。
205 (澄)
2017-04-28 06:06:07
今の馬鹿に使える手は、無視と、脅しだ。それしか使えない。痛いことになると、実力で殺すぞ、なんてことを言ってくるだろう。だがそれは嘘だ。できない。もうそんなことができるほどのものなんて、何もないんだよ。だからきついことが自分でできるやつは、痛い馬鹿に挑戦してみなさい。本気でぶつかってみろ。
206 (澄)
2017-04-28 06:08:37
おもしろいだろう。世間を支配しているかに見える馬鹿はね、今相当にきついことになっているんだよ。今まで何とかしてくれていた人間が、どんどん離れて行っているからだ。だから、今までと同じようなことをしようとしても、できなくなってきている。挑戦してみると、かなりもろく崩れるだろう。できるやつは、これはと思うやつに、挑戦してみなさい。
207 (澄)
2017-04-28 06:14:38
ぼちぼち、新しいことに挑戦していける時代が開けている。やれるものは、何かをやってみよう。否定的なことを言うやつは馬鹿だ。自己存在の本義にたてついて、自分だけをいいものにしようとしている。それはもう、神の敵なのだ。馬鹿は馬鹿をやりすぎて、とうとう神の敵に落ちているんだよ。もう彼らを、神は助けてくれないのだ。きついね。今日はここで終わろう。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む