月の岩戸

世界はキラキラおもちゃ箱・別館
コメントはゲスト・ルームにのみお書きください。

テグミン

2017-07-18 04:14:54 | 詩集・瑠璃の籠

星の使いが
火の馬に乗って下りてくる
お前の首を折るために

自分の性欲を満たすために
永遠の月を割った
醜い馬鹿を滅ぼすために

シオマネキのように
愚かなはさみを振り回して
月光を切れるとでも
思ったのか
あほうめ

神の下ろす金のメスのように
わたしはお前の
命の玉を割ってみせよう
いつわりを改めもせず
正門をくぐろうとするものは
ギロチンのように
わたしの斧に刎ねられるだろう

星の使いが
火の馬に乗って下りてくる
月光の救いを
薄絹のように
大地からはぐために




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 形の掲示板 | トップ | ケバルライ・5 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む