風の旅人 西村一広 Sailing Diary

海とセーリングだけの人生で考えたこと、悩んだこと、感動したこと、学んだこと、あれやこれや。

2014年8月31日 銀座

2014年08月31日 15時23分03秒 | 西村一広風日記
はー、
今日も楽しいレースでした。

セーリングは、裏切らないな、
いつも。

このレースの朝は、
ほとんどいつも
朝6時台の銀座を歩く
ことになる。



世界の銀座に
ほとんど人間がいない
時間帯。



生まれたての、
都会の朝。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2014年8月31日 東京ディズニーシー沖

2014年08月31日 03時17分33秒 | CompassCourse業務日報
これから始発バスに乗って
東京へ。

ディズニーシー沖の海面で、
今年8月最後のレース。



1レース1レースを、
大切に。
胸に刻み込むように。

いつまでも
遊んでばかりはいられない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2014年8月30日 ヴェラシスカップシリーズ2014

2014年08月30日 06時32分23秒 | CompassCourse業務日報
昨夜の、
北九州発羽田行きのJAL便は、
それほど揺れることなく、
ほぼ定時に羽田着。



本年度個人的夏休み終了。

本日は、
浦賀のヴェラシスで
セールトレーニング会の実施。
10月のヴェラシスカップ本番に向けて
最後のトレーニング。



お昼までには雨も上がる予報だし、
北北東風も安定しているようなので、
ジャイブセットになる風上マーク、
タックとジャイブになる障害物マークは
日頃の各艇の練習の成果を出す
腕の見せどころになるはず。

できれば、コース練習を2回実施して、
スタートを練習する機会も
増やしてあげたい。

まずは、無事故で。
そして、楽しく。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2014年8月29日 さよなら小倉

2014年08月29日 06時52分05秒 | 西村一広風日記
このあと午前中、父を見舞った後
小倉を出て、葉山に向かう。

さてと、今年の夏休みも終わり。
きつい世の中との
闘い再開といきますか。

何の気なしに引き受けた
カヌー雑誌のサバニ記事。

この夏休み週間の
深夜の時間を使って仕上げたけど、
自分の来し方行く末を
再確認するための、
思わぬ機会になった。


photo: K.Miyazaki / Canoe World

サバニくん、
ありがとう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2014年8月28日 小倉消防署

2014年08月28日 23時44分49秒 | 西村一広風日記
子どもの頃、
祖父の家のすぐ近くにあり、
祖父が副署長を務めていた
消防署の建物が、
移転に伴って取り壊されるらしい。



祖父の家も取り壊されて
マンションになってしまったし、
祖父のことを思い出せる消防署は
いつまでも、そこに
在っていて欲しかったけど。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2014年8月27日 前を向く。 

2014年08月27日 11時45分12秒 | Weblog
仕事でも、セーリングでも、
常に挑戦し続けることを
忘れないようにする。

誰にでもいつか
必ず終わりの日は
来るんだけど、
そのことはもちろん知りつつ、
いつも前を向いて。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2014年8月26日 北九州

2014年08月26日 08時14分00秒 | 西村一広風日記
セーリングに
ほぼすべての時間を費やした
大学時代。

自分の歳に近いような、
当時すでに超おんぼろになっていた
木造ヨットを
大学の先輩から破格値で譲り受け、



ほかのヨットでのセーリングの
合間を縫っては
その艇を修理して、
4年生の夏休みに東京から
北九州・小倉まで帰った。

そんな、
自分の原点を見つめ直す日々。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2014年8月25日 東京タワー

2014年08月25日 07時28分24秒 | 西村一広風日記
2ヶ月ぶりに北九州で
朝を迎える。
ふるさとの空気は、
なんだか優しい。

昨日、
飛行機までの時間つぶしに、
東京タワーに行く。

映画の「三丁目の夕陽」を観たり、
リリー・フランキーさんの
「東京タワー」を読んで以来、
遠くから観たり、
下を通り過ぎるだけでなく、
もう少しお近づきになりたいと
思っていたスポット。

貿易センタービルから、
歴史的建物の横を通って、
歴史的建物になりつつある
塔へ。



静かな森も、くぐる。



エッフェル塔に比べると、
圧倒的に鉄の量が少ない。
これも当時の
技術革新だったんだろうな。



結構な人気スポットのようで、
ゆるくて、ほのぼのした空気に
包まれた展望台を楽しんだ。








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2014年8月24日 北九州

2014年08月24日 06時06分16秒 | CompassCourse業務日報
昨日のマリーナヴェラシス
ジャズナイト・セールトレーニング。

スタート予定の12時ドンピシャに、
三浦海岸沖と浦賀沖が
雷雲に襲われた。



南から急速に接近する雷雲を見て、
11時30分に、
参加艇に急いでマリーナに戻るよう指示。

その直後に始まった土砂降りで、
視界を失い、
参加艇の動向が分からなくなったため
スタートライン付近にとどまり、
全艇帰着を確認してから
マリーナに向かうことにする。

みんな無事に帰り着いてよかった。

来週、
トレーニングが2回できればいいな。
参加艇のスキッパーの皆さんも
それを望んでおられるし。

本日から金曜日まで、
九州。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2014年8月23日 浦賀 ジャズナイト

2014年08月23日 04時56分59秒 | CompassCourse業務日報
本日は、
浦賀のマリーナヴェラシスで
練習会を実施。

スタート練習をした後、
三浦海岸沖から浦賀沖にかけての
コースを作り、
スタート練習とセーリング練習。

その後マリーナに戻って、
希望艇には、気が付いたことを
レクチャーなど。

その後、マリーナ企画の
ジャズナイト。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2014年8月22日 火星と土星

2014年08月22日 06時21分51秒 | CompassCourse業務日報


東京・日比谷のホテルで、
重い議題の会議を終えた後、



頭をいったん冷やそうと、
銀座のライオンまで歩いて、
ジョッキを2杯、塩えんどうで。

逗子駅からの帰り道、
南西の空に、
火星と土星がくっきりと浮かぶ。


石井ゆかりさんのブログを見ていたら、
西洋の星物語でも、
幸運の恒星というのがあって、
それは、
麦色に光るアークツルスと
青白く光るスピカの
2つだけなのだそうだ。

そしてさらに、アークツルスは、
旅や航海の守り星でもあるんだそうだ。

へえ~。

アークツルスはハワイでは
皆さんご存知、ホクレアと呼ばれ、
ハワイ語でホクレアは、
喜びの星、という意味。
そして
カヌーの航海を見守ってくれる星。

面白いもんだな。




「幸福とは、幸福な気持ちのこと。」

東京行き帰りの
電車の中で読んでいた本の中で、
日野原重明さんは、そう書いていた。

欲と、夢=希望、の違いについても、
明快に分かりやすく書いておられた。

幸せの青い鳥は、
自分の心の中にいるってことを
忘れないようにしよう。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2014年8月21日 富岡八幡宮本祭り思い出日記その4

2014年08月21日 09時09分39秒 | CompassCourse業務日報


ぼんやりと
祭りの思い出に浸っていたいのに、
そうもいかなくなってきた。



能力をいっぱい出し切っても
自分の実力を越えているかも、
と思われる仕事に挑戦中。

脳みそが沸騰しそうになるので、
昨日は、午前と午後、計2回も
前の浜まで行って
頭を冷やすために泳いじゃったぞ。

今年はクラゲが少ないな。

今日はこれから東京で、
またまた頭を絞る会合。

こちらは仕事には
ならんのだけど。

次世代の踏み台になるために、
やるべきだと
自分に課したことなので、
仕方あるまいの。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2014年8月20日 富岡八幡宮本祭り思い出日記その3

2014年08月20日 10時24分53秒 | CompassCourse業務日報
富岡八幡宮本祭りの思い出に浸ったり、



早く開店しなければいけない
インターネットショップの準備作業に
頭を痛めたり、

締め切りが迫る雑誌のサバニ記事に
思いを巡らせたりしながら、

明日のアメリカズカップ打ち合わせのための
調べものを続ける。



これまでのような、
残念な時間にならないことを願う。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2014年8月19日 富岡八幡宮本祭り思い出日記 その2

2014年08月19日 05時14分46秒 | 西村一広風日記
次回のアメリカズカップの
プレゼン資料を準備するという、
仕事にはならない仕事で忙殺される。

でも、今はそれよりも、
祭りの思い出に浸りたい。



これまでで初めて、
永代橋の渡りを
最初から最後まで
担がせてもらった。

永代橋の渡りは特に、
強い担ぎ手じゃないと、
恐い青年部役員の手によって
神輿から引っ張りだされるのだ。

この歳になってようやく
認められたってことだぜ。

それも、
橋のたもとから真ん中まで、
神輿を差して(差し上げて=持ち上げて)
一気に駆け上がったのじゃ。

あ~、嬉しい~。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

2014年8月18日 富岡八幡宮本祭り思い出日記 その1

2014年08月18日 04時55分32秒 | 西村一広風日記
最高だった。



レポートになってないけど、
最高だった。

夕方、ちゃんと書こうっと。

いや、最高だったなあ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加