風の旅人 西村一広 Sailing Diary

海とセーリングだけの人生で考えたこと、悩んだこと、感動したこと、学んだこと、あれやこれや。

2013年11月13日 Archambault 27

2013年11月13日 01時27分50秒 | CompassCourse業務日報
先週末は、
三河湾でフランス製のヨットのテストセーリング。


photo by Yuji Futami / Kazi

アーシャンボー27。
軽量でコンパクトなレーサー/クルーザー。


photo by Yuji Futami / Kazi

三河湾のチョッピーな波の中を
あちこち楽しく走り回る。

クルーに馳せ参じていただいたのは、
かつての三河湾の強豪Sexy Youの壁谷オーナー。
現在はプロの漁師さん。
ありがとうございました。


photo by Yuji Futami / Kazi

セーリングインプレッションに御興味ある方は、
12月5日発売の月刊誌Kaziで是非。


photo by Yuji Futami / Kazi

今日は朝から葉山を出て東京に向かい、
そのまま1週間の西日本方面行脚へ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2013年11月7日 現代のコロンブスはお母ちゃん

2013年11月07日 08時45分57秒 | CompassCourse業務日報
1492年、8月3日。
コロンブスはインドを経由して
最終的に黄金の国ジパング(ニッポン)を
目指す航海に出た。

船足は伸びず、反乱の気配さえ起きる中、
出港から2ヶ月以上が過ぎた10月12日になって、
やっと、インドだと思える島を見つける。
航海日数70日。

でもそこは、
現代人にはカリブ海として知られる海に浮かぶ
サンサルバドル島。
インドもジパングも、あさっての方向だ。
でも一応、コロンブスの面目は保たれ、
乗組員の反乱も避けることができた。


その、大圏コースにして4000マイル弱の航路をそのままなぞって、
現代人セーラーたちがセーリングスピード記録を争う、
国際セーリング連盟が定めた公式コースがある。

2013年11月6日、つまり昨日、この最短記録が更新された。

これまでの記録を破ったのは、
全長40mの外洋トライマラン、スピンドリフト2。


Photo / Chris Schmidt

記録は、
6日と14時間29分21秒。

このスピンドリフト2の、
13人の男共を率いるオーナー/スキッパーは、
2度アメリカズカップに勝ったあのアリンギの
アーネスト・ベルタレッリの妹、
ダナ・ベルタレッリ。



優れたセーラーであるだけでなく、
スイスの5つ星ホテルのオーナーでもあり、
3児の母でもいらっしゃる。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2013年11月5日 100%中国人クルーを目指すVORチャレンジャー

2013年11月05日 06時23分10秒 | CompassCourse業務日報
先週の関西でのコーチングと
週末の東京湾でのヴェラシスカップ運営を無事終えて、
久しぶりに自分の机の前に座ったら、
来年のボルボオーシャンレースに
中国からエントリーのニュースが。

今回のエントリーは、
ヨーロッパ人におんぶにだっこだった
前2回のエントリーとは異なり、
100%中国人クルーでの参戦を目指すという。

素晴らしいことだと思う。
そのコンセプトを打ち出し、
その実現を目指している
このチームのリーダーを、
心から尊敬する。
素晴らしい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加