風の旅人 西村一広 Sailing Diary

海とセーリングだけの人生で考えたこと、悩んだこと、感動したこと、学んだこと、あれやこれや。

3月15日 太平洋へ

2009年03月15日 07時13分38秒 | Weblog
この2月は、ニュージーランドとハワイで慌しく過ごした。
慌しすぎて、残念なことに大好きなニュージーランドを充分に楽しむことができなかった。

ハワイでは、ニュージーランドのことを、アオテアロアと呼ぶ人が増えていることに気が付いた。
特に西洋人の人たちがこの呼び方を敢えて選んでいることに興味を持った。

アオテアロアとは、約1000年前にマオリの人たちがこの島を見つけたときからの、この島国の呼び名。
見つけたときの光景を現す、「白く長い雲(がたなびく島)」という意味を持つ。
ニュージーランドは、それから700年も経って西洋人がこの島国を見つけたときに付けた名前。
「新しいジーランド(オランダにあった地方名)」
命名に詩心はなく、征服欲と独占欲と自己顕示欲が透けて見える。
すでにこの島で独自の文化を育んでいたマオリの人たちにとっては、新しいジーランドでも、なんでもない。
だから、本来は、アオテアロアと呼ぶべき島々。

これから3週間ほど、久し振りに太平洋を航海してきます。
今度の航海ではどんなことに出会えるのだろう。
日々の居所は、
www.hokuleawwv.org
で。

(写真は、アオテアロアのワイヘキ島)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加