示玄

日々の雑感

ツリー

2018-12-12 13:51:07 | チェンソーカービング


このアートのツリーに飾りつけをしました。
原木は左の Profile の写真です。











Comment

初雪

2018-12-09 07:51:34 | 日記


 予報どうり冬型の気圧配置、初雪の朝です。
今年も残りわずか、これといって用もないがなぜか心せわしいこの頃。
あぁ面倒なこと、ぼちぼち年賀状を準備せな・・・






Comment

越冬準備

2018-12-07 07:39:59 | 日記


 寒波が来るそうな。
冬が来る前に・・・庭のミカンの雪囲い。
今年はこの木も40kgほど実をつけました。
剪定をして枝を寄せ、半分くらいの大きさに絞りビニールをかけました。

 今夜あたりから雪になるかも、寒くなって喜ぶのは犬たち。
下はチェンソーで作った仔犬たち・・



 <柿の実に山雀>

Comment

京都府立植物園

2018-12-02 18:05:37 | 日記


 植物園へ出かけました、紅葉がいま盛りです。
ここの素晴らしいのは巨木群、去年、今年といずれも21号台風で大変な被害を受けました、関空が甚大な被害を受けたのも21号でした。
植物の生命力、見事な紅葉でした。



 直径1mはあるか・・・チェンソーアートしてみたい大木がゴロゴロ・・・




 いろんな野鳥が多くいます、人なれしていて逃げません。






 
 21号台風の倒木で作ったアート 「ようこそ」
お笑いください「流木にも託す夢あり木は氣なり」





Comments (3)

師走

2018-12-01 17:54:07 | 日記


 「歳月不待人」もう12月となりました。
歳月人を待たず、カレンダーもあと一枚、今年も一ヶ月。
「待てば遅いが待たねば早い 人生 年の瀬 お正月」
月日の流れが速すぎる、ブレーキがほしい、「Pレンジ」があればもっといい・・・
と思いませんか。

 暖冬なのか12月なのに蝶が飛び、タンポポの花が散歩道に咲いています。
ぼちぼち冬用タイヤに交換せねば、ミカンや野菜も雪囲いをせねばと思いながら
この暖かさに遊び回っております。
Comment

チェンソーアート

2018-11-29 12:15:26 | チェンソーカービング


 京都府立植物園から丸太が届きました。
秋の台風が大変な強風で300本ほど大木が倒れたとのこと。
樹齢100年の杉、中はチョコレート色です。
この材木にクマを彫ってほしいとの依頼でした。
植物園のレストランの入り口に置きたいと・・・
昨日からの青空の下、チェンソーで荒削りをしました。
きょうはここまで・・・近日中に仕上げます。

 日本で一番古い大きな植物園とのこと、たくさんのお客さんが見てくださると思います。
「マンガチック」に滑稽で笑いを誘うようなカタチに仕上げたいと思っています。
WELCOME の看板を持っています。

https://icotto.jp/presses/2492




Comment

カービング

2018-11-26 12:39:34 | チェンソーカービング


 ”ようこそ ”
チェンソーアート、親子グマの WELCOME
久しぶりのカービングでカタチが思い出せません。
きょうのクマは「ヒグマ」の親子の看板持ちです。



Comment

快晴

2018-11-24 15:34:39 | 日記


 きょうは晴れ・・・
朝は冷え込んだがよく晴れました、いつものところに「ヤマセミ」が来ました。
距離10m、Sモードシャッター優先、1/1000画像。
白い水玉、滝を流れる水しぶきです。


Comment

小雪

2018-11-22 14:38:07 | 野鳥


 きょうは暦の上では「小雪」いよいよ木枯らしの季節。
今年は暖冬と云われ、いくらか初冠雪も遅いが・・・。
散歩道の梅の木に冬鳥の「アオジ」がいた。
梅の蕾がいくらか大きく感じられまが、冷たい雨の一日です。

Comment

ウグイス

2018-11-20 18:38:05 | 野鳥


 きょうの写真は駐車場の横の茂みの「ウグイス」
春のように「ホーホケキョ」とは鳴きません。
チッチッチッと鳴き続けますが、なかなか姿を見せません。
時雨模様の一日でした。

 きょうも菩提寺の駐車場当番。
14日間の「満天星ツツジ」の一般公開が終わりました。
これまでの最高の参拝客、子どもや障害の方たちを合わせると、
今年は30000人ほど・・・?
きょうは最終日、晩秋の時雨のなか、遠くは高知県や岐阜などからも見えました。
殆ど散っているのに「あぁ良かった」と不足を云うかたがないのが不思議です。

 「感性」の違いか、美に接したとき、その人なりの評価に対しての、印象の中にある意味を、知る能力と言えるでしょう。
来年はもう少し早くきますと、もう来年に思いを馳せる参拝客には頭が下がります。

 
Comment