⑦パパの「頭の中は575」

元は「子育て日記」だったが、子供達も全員大人になっており、最近「俳句」の記事が増えたのでタイトルを変更しました。

7週間ぶりの、南海放送「一句一遊」

2021-06-29 15:06:01 | 創作・俳句など

広島ブログ
広島ブログ ランキングに参加していますので、1日1回ポッチンの応援よろ
しくお願いします。

 

投句数が多すぎて、2カ月に1回読まれれば御の字と言われる南海放送の俳句

ラジオ番組「夏井いつきの一句一遊」。この番組へ投稿し始めたのはちょうど

2年前。月曜日が「ちょっとアカンやつ」季重なりとか季語がないやつとかね。

で、火曜日が「凡人」水曜日が「才能あり」木曜日が「お便り」で金曜日が「

特待生名人クラス」となっています。初投句で金曜日を経験しましたが、金曜

日はその1回のみですw

で、今回は7週間ぶりで読まれたのですが、なんと半年ぶりの火曜日。読まれ

たことを喜んで良いのか、火曜日「凡人」を嘆いた方が良いのか分かりません

が、組長(俳句集団いつき組、組長夏井いつき)が大笑いしてくれたので善し

としますw

「小中高サッカー部でした」と、句に添えた言葉に、組長のコメントは「走れ

るんだ!⑦パパ? あっはっはっはっはは」って大笑い。どういう意味やねん

     

兼題は「サッカー吟行」

 キラーパス追いついてくれ青嵐 ⑦パパ

65才のでぶは確かに走れませんが、20才くらいまでは58キロしかない痩

せっぽちのスピードスターやったんやで。ほんまに

ま、うければなんでもええわ

 

↓ ラインスタンプ ➜ 購入画面

広島ブログ

コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

なんだこの句は、池田澄子先生はすごい、すごすぎる!

2021-06-29 05:15:46 | 創作・俳句など

広島ブログ
広島ブログ ランキングに参加していますので、1日1回ポッチンの応援よろ
しくお願いします。

 

角川俳句7月号「特別作品50句池田澄子」の中の一句にぶっ飛びました。

曳く波や熱砂や恋やいつの世も

1回目に読んですぐ、「詠嘆の助詞、切れ字の『や』が3つもある。なんじゃ

これ?」と思ったのですが、2回目に読み返して、この「や」は詠嘆の切れ字

ではない!と気づきました。

この「や」は、詠嘆ではなく、列挙の「や」だ。~~と~~と~~と に置き

換えられます。一瞬「切れ字3つ?」と、素人を惑わす悪戯心、さすがです。

選でも、相性の1番良い池田澄子先生ですが、例の蛍の句もそうですが、先生は

85歳と私より丁度20歳も上だというのに、先生の句は、ビックリするほど新

しい。池田澄子先生が大好きです。  

こんな句もありました。

冷奴あまり冷たくなくなりぬ

 

↓ ラインスタンプ ➜ 購入画面

広島ブログ

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする