ザ・ヒットパレーズ ユキのブログ

2010年にメジャーデビュー。歌謡曲専門ビッグバンド「ザ・ヒットパレーズ」の専属歌手ユキのブログです。

父の死③

2022-09-24 14:21:00 | 日記
病棟に辿り着くと、肩を落とした母がぽつんと待合室に座っていました。

こんなに母は小かっただろうか?

「父危篤」という超イレギュラー事態なのに、第一に思い浮かべたのはそんなこと。

若い頃は結構な切れキャラ且つ教育ママで、しょっちゅう私と喧嘩していたような人だったのに、視線を落として所在なげに座る様は別人のようで戸惑ってしまいました。

私達に気付くと、「来てくれて良かった〜。意識が戻ったよ」
泣きながら話す母に、何もうまい言葉が見つからず、「大丈夫!大丈夫だよ」と繰り返すことしかできません。

意識が戻ったなら、面会ができるかどうか、峠は越えたのかどうか、病状から今後はどうしていくのが良いか、色々と医師に確認しようと思い立ち上がると、看護士さんに声を掛けられました。

「娘さんですか?お話したい事があるので、こちらへどうぞ」

小さな談話室に案内されました。
恐れ入りますがお一人で・・との事。
これは、父の病状を話すのではないなと予想しました。
ではなんだろう??
優しそうな看護師さんが、訝しむ私に告げたのは、

「お父様の病状に関しては、後ほど医師から詳しくお伝えします。先にお話したいのは、お母様は認知症ではないでしょうか」

わーー!キャパオーバーしそう!
父危篤に加えて、母認知症。
元々ここ2年ほど忘れっぽくなったなーとは感じていましたが、専門家が見てそう思うんだ!

コロナ禍で、お見舞いは1人ずつ・1日に2人まで・10分間まで・病棟の待合室には長く滞在できないという決まりだそうですが、母は何度説明されても理解できず、会話が噛み合わないとのこと。
「こんな時に大変ですが、一度認知症外来に連れてきてあげてください」

ちょっと待って待って。
頭を整理する時間をください!

そんなこんなで続く。




この半年、色々な頂き物で心が和みました。
こちらはN社様から、オーベルヴュータンのクッキー♪
さすが河田シェフ!美味しゅうございました。























コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

父の死②

2022-09-11 02:02:00 | 日記
3月初旬のこと。
母から、父が入院したと連絡がありました。
ここのところ疲れやすく、寝ていることが多くなったとは聞いていましたが、救急搬送されるほど具合が悪いなんて。

今は容態が落ち着いているし夜遅いので、週末にでも来てほしいとのこと。
了解と伝え電話を切りました。


翌日、外出先にバンマスから、
「お父さんが危篤だからすぐ向かうぞ!」
と連絡が。

嘘でしょ!?
昨日は落ち着いていたじゃない!?
とにかく行かねば!

帰宅してからだと時間のロスなので、バンマスと西日暮里の駅で落ち合うことにして、慌てて向かいました。

何かの間違いに決まってる。
父方は長寿の家系で、祖母なんか102歳の大往生だったもん。

電車に揺られながら、そんなことばかり考えていました。

病院に駆け込むと、一刻も早く病室に行きたいのに、受付の人に面会時間外の手続きは警備員の構える別の入り口からだと言われました。

モヤモヤしながら、遠くの入り口へ向かい、検温やら身分証明やらサインやらした後に、

「コロナワクチンの証明がないと入れません」

ええーーーっ!
キレました!
そんなもん持ち歩いてねーわ!
身内が危篤だって、さっきから言ってるじゃん!
担当医に呼ばれて来てるんだから、連絡してよ!

警備員さんにかなり強くお願いしました。

このバタついてる間に、もしも死んでしまったらどうするんですか!!

権限を持たない雇われてる人に、イレギュラーなことを要求するのは忍びないって、普段の私なら考えるのですが、親の危篤だよ!きとく!きーとーくー!

そんなこんなで、やっと病室に向かうことができました。

続く







コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

父の死①

2022-09-03 20:37:00 | お知らせ
久しぶりのブログ更新です。

3月に父が亡くなり、約半年間バタバタとした日々を過ごしておりました。

本当にバタバタとしか言いようのない、初めて尽くしの経験!

そりゃいつかは親も死ぬものだけれど、正直言って「老後」とか「ライフプラン」とか鑑みることなく、歌しか歌って来なかった中年娘は余りにも無知で無力。

周りの人に助けて頂いて、何とかひと通りの死後手続きを終えることができました。

少しずつ振り返って、ここに記していきたいと思います。

何かの機会で、たまたまこのブログを見てくれた誰かのお役に立てたら幸甚です。
だってめちゃめちゃ複雑な手続きだったから!

一説によると、遺族が悲しみに浸ってられないほど忙しくなるように、お役所の手続きは難しくしてあるとか?

そして怒涛の時間を過ぎて、まだ泣けていない自分とも対話できたらいいなぁ。

そんな訳で、よろしくお願い申し上げます。




コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

チョコの記憶

2022-02-10 00:33:00 | 日記
チョコレートハウス モンロワールのリーフメモリーを送ったら、姪っ子が喜んでくれて嬉しい!

なんでも、幼稚園の頃にお友達のお家で頂いて、もう一度食べたかったとか。

わかる!その気持ち!

私も子供の頃に食べたチョコが、ずっと忘れられなかったもの!

それは、父が出張かなんかで買って来たのか、誰かのお土産だったのか分かりませんが、お花のキレイな絵の包み紙の板チョコで、箱にずらっと入っていて色んな味がありました。

どれも美味しいけど、モカ味はそれまで食べたことが無かったので、衝撃的な美味しさでした。

少しずつ大事に食べて、包み紙もとっておきました。

「あのお花のチョコ、もう一度食べたいなぁ〜」

でも子供なので、メーカーも把握してないし、叶う事なくいつしか忘れてしまいました。

お花のチョコの正体が分かったのは、20年くらい前のことです。

仕事で北海道に行った際に、千歳空港で見つけました!

これこれ!
探してたのはこれ!
焦がれてたのはこれ!

※画像はサマリー様より

※公式サイトより


六花亭だったのかー!

めちゃめちゃ嬉しかったです!
千歳空港の中心で愛を叫びそうになりました。

六花亭さん!大好きです!
マルセイバターサンドも、ストロベリーチョコも!

あの時は、小さな私が報われるようでした。

ちなみにこの板チョコ、現在は販売してないのです。
リニューアルされて、枕木をモチーフにした個包装の物に変わってしまい、ちょっと寂しいな。



※公式サイトより


坂本直行先生の、キレイなお花の絵は健在ですね。

包装紙のグッズもあるそうで、コレクター心が疼いてきます。
本店に行かなくても買えるのかな?
ちょっと探してみよう!

サンキューテルヨ!
サンキューパセリ!





コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

コーヒーブレイク

2022-02-05 17:41:00 | 日記

私は2年くらい前に来た事がありましたが、バンマスは初めての来店。

綺麗なペーパーナプキンに興味を示していたので、先輩ウインドで、
「ここはデコパージュ教室もやってるんだよ♪」
と教えてあげたら、
「でこっぱち??」

うーん。
何から説明したらよいものか。

悩んでたら、優しいマスターが説明してくれて、ペーパーナプキンもお土産に下さいました。









相変わらず美味しくて、落ち着くステキなお店を堪能しました。
桜の季節にはテラス席で、コーヒー飲みたいな。

サンキューテルヨ!
サンキューパセリ!



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする