整列機とは?

部品供給方法、部品供給装置のいろいろ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

熱中症になりかけて幻覚を見た?

2018-08-23 09:49:21 | 効率アップ
コーヒータイム(与太話)

関東地方は盆明け頃から比較的涼しい日が
続いていたのですが、ここに来て猛暑が
ぶり返して来ました。西日本はずっと
猛暑のようです。

そこで、怪談の第4弾をお届けします。
つい2週間ほど前に、友人が経験した話です。
関東でも猛暑真っ盛りの頃です。

この友人は単身赴任中で、JRのとある
駅から徒歩20分くらいの距離の所に、
アパートを借りて住んでいます。

駅から歩いて2分くらいで住宅街になっており、
通勤の時は住宅街の中の道をひたすら歩いて、
駅とアパートを往復します。

或る夜の事でした。いつものように仕事から
帰って来て、駅を出て自宅アパートに向かって
歩いていました。

夜も30℃を越える暑さ。湿度も高く、
20分も歩くと毎日汗だくになってしまいます。

もう少し駅に近い所に住めば良かったかな~。
しかし家賃が高くなるしな~。
と言うか、この暑さは想定外だからな~。
と思いながら歩いて行きます。

住宅街の中に入ると、所々街灯が有るだけで、
薄暗い道です。静かな住宅街で、夜9時を
回る頃には、人通りもあまり有りません。

駅から出て来たばかりの時点では、
自分と同じ方向に歩いている人が十数人
いますが、暫く歩くと、ほとんど自分1人に
なってしまいます。その日もそうでした。

駅から10分ほど歩くと県道に突き当たり、
そこを横断します。県道の両脇には飲食店や
飲み屋がポツポツ有りますが、横断すると
またすぐ住宅街に入り、そこから更に
10分ほど歩いて我が家です。

その日もいつも通り県道を横切って、
再び薄暗い住宅街の道に入って行きました。

すると、自分の10mくらい先をアベックが
歩いています。服装や歩き方から、
かなり若そうな2人でした。

とは言え、別にその2人をじっと見ていた
わけではありません。自分とちょうど
同じくらいのペースで同じ方向に
歩いていますので、自然と視界の
中央あたりにい続けるだけで、
この友人は特に気にするでもなく、
ボーッと前を見ながら歩いていました。

すると、右側を歩いている女性の頭が、
時折変な見え方をする事に気付きました。

ショートカットの黒髪なのですが、
それがチラチラと金髪(白髪?)の
ようになって見えます。

街灯の光が当たって、部分的に白く
見えるのなら分かりますが、明らかに
髪全体が白くなったり黒くなったり
するのです。

え?と思いながら、今度は凝視しながら
歩き続けます。確かに髪の色が
変わり続けている!どういう事?

その内、女性は自宅と思われる家の前で
別れを告げて、男性と別れました。
男性はそのまま道を先へと進みます。

その時は女性の髪は白い状態でしたが、
下半身が透けた金髪(白髪?)の女性が、
スーッと空に昇って行ったそうです。

友人はその時わかりました。
金髪の女性が、この黒髪の女性の背中に
貼り付いていて、その上半身が見えたり
消えたりしていた事に。

たまたま上半身の服装が似ており、
髪型も色以外はほぼ同じだった事から、
まるで髪の色が変化するように
見えていたのだと。

友人は声を上げそうになりましたが、
このアベックに聞こえてしまうので、
グッとこらえました。

そこから2分ほどで我が家でしたが、
その金髪の上半身が空に昇って行った
正にその場所を通りたくなかったですし、
1人で部屋の中にいるのも嫌だったので、
県道の所まで引き返し、空腹でもないのに
飲食店に入ってラーメンを食べたそうです。

少し落ち着いたので、遠回りして反対側から
自宅に帰ったそうです。そして、1人では
晩酌をしない友人が、平日の夜なのに
缶ビールを4本も空けて寝たそうです。

引っ越したいと言っていましたが、
来年3月で単身赴任が終わるらしいので、
それまで我慢するそうです。
ジャンル:
ビジネス
コメント   この記事についてブログを書く
« 効果の検証が必要です | トップ | 治具の大敵"ソリ" »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

効率アップ」カテゴリの最新記事