私、希少がんP-net患者です

1996年に膵臓手術時は病名も不明。
膵内分泌腫瘍は10万人に一人の希少がん。
通称名 P-net(ピーネット)

寿命延長

2021年07月02日 | 闘病記
少し前のことですが
書いておきたくて書きます。

以前、長年加入している生命保険会社から
私の病歴などから考慮して65歳までは変わらず保険対象であるけれど
65歳までで終わりだと言われたことはここに書いてある話。

私もそんなに長生きできるとは思っていないのですが
さすがに残り七年となると…
つい、担当者の方にじゃ、その年齢になる前に自分で死ななくちゃね。
と言ったんです。
だってそれは本心ですから。

それからしばらくの間、体調悪い時もあれば回復して元気に動き回れる日もありましたが
頭のどこかで常に[死]を意識していました。
偶発的な事故にでも遭えばいいんだ。と思ったり
人に迷惑かける方法はよくない。と考えたり
つまり、生保のその年齢で期限を決められたことがとてもダメージとなり気持ちも後ろ向きになってしまうばかりだったんです。
それが何故だかわからないけど担当さんから連絡があり、うちで話を聞いてみると
審査があるけど先日の年齢について延長出来るかもしれません。というのです。
私はまだ死にそうにないのでそれなら延長してもらいたいわ。
と色々な質問に答えて審査してもらう事にしました。
その結果、なんと!90歳まで延長されたのです✨
ビックリしましたよ、手のひら返しとはこの事よ❗️
嬉しい気持ちもあるけどそこまで生きてる自信もない(笑)
でも、これで死に方を考え続ける事は必要無くなったんです✨
もう自分の寿命が延びた気にすらなっていますし
実際前より元気になってるのは本当の話です。
サプリや運動など色々やってきたのもあるけど
最近、アーユルベータの薬飲み始めたのもあるけど
熱中できる趣味が増えた事もあるんだけど

とにかくまた生きてる。私。

という前向きな自分に驚きながらお腹の腫瘍と共存しています😊

コメント (2)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« ナニワイバラが満開です❣️ | トップ | 口だけ出すのはやめる »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
快調に共存、何より! (くちかずこ)
2021-07-07 20:27:58
くちこも、簡保で満期があるのはそれで終わりですが、それ以外は、同じ条件で更新できると言われています。
ま、月々の保険料は痛いのですが・・・
https://blog.goo.ne.jp/kazukomtng/e/9bfac9530e68c25be4909bb5d91369f2

今月、また、膵管ステントの入れ替えで入院が決まっているし、
くちこは我儘だから個室希望だし、保険給付が必須ですわ( ;∀;)

それにしても・・・
お若いわ!
くちこさん (アケビ)
2021-07-08 17:04:51
いつもコメントありがとう!
加入している生命保険は一つだけなの。
それだけでもずいぶん助けられたわ~
がんセンターではもう緩和に紹介するしかないなんて言われてね
ずいぶん気が滅入るものだよね
まるで何しても終わり。って決まってるみたいでね。
私は医療に期待してないんだけどまだ身体が生きたいっていうのはわかるの。
そのために色んな情報を得て試していたら合うものが見つかったって感じ!
若いころからずっとがんと友達なのよ、まだしばらく仲良くやっていけそうなので嬉しいわ(o^―^o)ニコ

コメントを投稿

闘病記」カテゴリの最新記事