うぞきあ の湯

映画情報は、ネタバレしていますので、これからご覧になる方は読まないほうがよいです。
コメントにはURL願います。

リンダリンダリンダ

2005年08月13日 | 映画・DVD


愛知県地方ではまだ公開されていないので、
渋谷シネセゾンにて観てきました。

ペ・ドゥナ
  なのだけれども、なんといってもソンさんでしょう!
  たまたま通りかかっただけで、Voになるわ、カラオケ
  ボックスで絡むわ、いきなり告白されるわ、『ミンナ、
  パンツミエテルヨ』だし。お笑い部門を一気に引き受け
  てましたな。夜中の体育館でのMCは少々感動(理由は
  後述)。
前田亜季
  響子さん、やっぱり、告白できませんでしたね。
  なんか、キャラがそのままで。ソーゾーできてしまいま
  した。ドラムは結構良かったですわ。
香椎由宇
  よかった!パウラとダブらなかった。
  武道館の夢のシーンは面白。
  恵さん、ピエールさんも好きだったのねん。
関根史織
  さすが、ベースは上手い!かな??

文化祭の3日間を舞台にしたこの作品。
私も高校時代は軽音楽同好会に籍を置き、レインボー等のHRを
コピーしていました。そこにやはり女の子だけのバンドがあって、
そこのGやってる子が好きでした(20年も前だから、今だから
言える・・・・)。で、この作品は妙に親近感を覚えました。
あ、私は文化祭の時に告ったわけではありませんけど、やはり、
鮮明に覚えているものですねぇ・・・。ソンさんみたく、舞台でMC
の練習やったし・・・・。

話を戻しましょう。
脇役陣がなかなかイイ!
甲本雅裕(!)、湯川潮音・山崎優子(2人とも、歌ウマー!)
それに、ピエールさんまで!
ラストはお決まりのライブシーン!
なんか、一緒にタテノリしそうになってしまいました。
最近、邦画良いじゃない・・・。



公式HP



リンダ リンダ リンダ オフィシャルブック

太田出版

このアイテムの詳細を見る




we are PARANMAUM
パーランマウム, 甲本ヒロト, 白井良明, 真島昌利, 松本隆
ユニバーサルJ

このアイテムの詳細を見る



コメント (10)   トラックバック (64)   この記事についてブログを書く
« 夏期休暇1日目 | トップ | “逆上がりの国” »
最新の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ケンケン)
2005-08-14 04:44:57
トラバありがとうございます!

こちらからも返させていただきます。

「リンダ~」、ホントイイ映画でしたね。

私的には本年度NO.1です。

もう一回見に行きたいと思ってるくらいですから。

TBありがとうございます (みけこ)
2005-08-14 23:28:54
いい映画でしたね~

私は、実はそんなに期待してなかったんです。。。

だから、なんかバーンと雷に打たれたような衝撃でした。

(ライブのシーンはゾクッとしました)

いや、こんなにいいとは。。。

また、見たいです。
TB返し (ごきげんコヨーテ)
2005-08-16 02:01:26
TBありがとうございます。

いやーいい映画ですよね。青春ノイローゼ真っ只中の自分にとっては、ホントに良かったです。年を取っても高校時代の思い出は忘れられないものです。青春の一ページを切り取った貴重な映画だと思いました。
TBありがとうございました (TOMOE)
2005-08-17 00:41:54
TBありがとうございました。熱すぎずクールすぎず、いつの時代もこんな風なのが等身大の女子高生たちなんだろうなって思いながら過ぎた日を懐かしんで(笑)楽しめる映画でした。DVDでたらやっぱり買いそうです。
TBありがとうございます (ヨクタン)
2005-08-17 07:50:48
uzokiaさんこんにちは。

この映画ホントに評判いいですよね。私も予想以上の満足感でした。過剰な演出が無いのが成功のポイントだと思います。なんかリアルなんですよねえ。
初めまして (あいり)
2005-08-17 08:52:01
TBありがとうございます。

この映画、リピーターが多いようですね。

男性人には特に受けているみたいで。笑



確かに、何度も見ると新しい発見がありそうな映画。

楽しんで見ることができました。

TBありがとうございます! (PuNi YuCa)
2005-08-20 00:47:40
最近気づけば、韓国映画と邦画ばかりを

見ています!

ホントびっくりですね~!

それにしても、ペ・ドゥナホントいい味出してましたね^^
TBありがとうございました (くど)
2005-08-22 21:03:53
はじめまして、くどと申します。

トラバありがとうございました!

それぞれの高校の時の思い出を重ねて

この映画を見られている感想を見て

日本だけかもしれないけれど、

哀愁や郷愁を感じさせてくれる

いい映画なんだなと

改めて思いました。

しみじみ懐かしいですよね (レッズファン)
2005-08-23 02:41:22
TBありがとうございました。

私もちょうど20年前の高校時代、バンドをやっていましたので(リッチーブラックモアは神様でしたね(笑))、しみじみ懐かしく、この作品にハマってしまいました。

こんなに見た後にすがすがしい作品なんて、なかなかないのではないでしょうか。

さて、もう一回見に行こうっと!
おはようございます♪ (耕作)
2006-07-25 07:09:43
どういう経緯で、「ペ・ドゥナ」がキャスティングされたのか

分かりませんが、このキャスティングが絶妙でしたね。

もう少し、ライブ・シーンが見たかった気がしちゃいます。



そんな感じで、TB&コメントありがとうございました。

コメントを投稿

映画・DVD」カテゴリの最新記事

64 トラックバック

演出しないという演出が光る 「リンダリンダリンダ」 (平気の平左)
評価:65点 リンダリンダリンダ ローレライの香椎由宇、バトルロワイヤルの前田亜季、と私が大嫌いな邦画作品のメインキャスト2人が出てたので、もしかしたらヤバイか? とも思ったのですが、やはり彼女達に罪はありませんでした。 かなりいいですよ、この映画。 こ
本日のお買い物:映画「リンダリンダリンダ」入場券 (雲九の物品購入覚書)
ブルーハーツは映画のタイトルにもなっている曲しか知りませんが、ペ・ドゥナがでているということで見に行ってきました。彼女の映画は「吠える犬は噛まない」と「子猫をお願い」を見たことがありますが、他にユーセンのネットテレビで1回だけみたテレビドラマで、前髪を異
リンダ リンダ リンダ (ネタバレ映画館)
 “日本のカウリスマキ”とまで評価される山下敦弘監督。アイドル系女優までも脱力系ギャグに浸らせる・・・  ザ・ブルーハーツには全く思い入れがないのですが、ここまでやられると帰り道に口ずさんでしまいました。バンドの練習というのは、飽きて嫌になっても更に繰り
リンダ リンダ リンダ (きょうのできごと…http://littleblue.chu.jp/)
映画「バトル・ロワイアル」からすっかりBR出演者は ご贔屓で、その中でも特に好きな前田亜季ちゃんが出演。 琴弾役だった、三村恭代ちゃんも出演。 しかも、韓国若手女優のペ・ドゥナさんが、日本語の曲 「リンダ リンダ」を歌う!? ブルーハーツ世代じゃないけど...
「リンダリンダリンダ」 (試写会帰りに)
千代田区公会堂「リンダリンダリンダ」試写会。 始めは、「ペ・ドゥナが日本映画に出るらしい」と聞き、「“リンダリンダリンダ”って、ブルーハーツ関係の映画らしい」から、「山下淳弘監督で、女子高生がブルーハーツのカバーバンドをする物語らしい」って事は、「ペ・ド.
リンダ リンダ リンダ (Cinema-Absolutism)
リンダ リンダ リンダ  2005/日本  ★★★★★ 監督 山下敦弘 出演 前田亜季 / 香椎由宇 / 関根史織 / ペ・ドゥナ / 三村恭代 / 湯川潮音  これはとんでもなく素晴らしい映画だ。  とにかくシンプルな構成に、ラストに一つカタルシスを用意し
『リンダリンダリンダ』/シネセゾン渋谷 (『世界の中心で、愛をさけんでると思ったら、中心から微妙にズレてた・・・』)
リンダリンダリンダ/シネセゾン渋谷/18:45~ 監督:山下敦弘 出演:ペ・ドゥナ/前田亜季/香椎由宇/関根史織/     三村恭代/湯川潮音/山崎優子/甲本雅裕 <簡単あらすじ> 文化祭を翌日に控えた、とある地方都市の高校。軽音楽部の女子3名、キー
映画「リンダ リンダ リンダ」 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
ペ・ドゥナ、香椎由宇、前田亜季、関根史織が演じる女子高生4人が文化祭でブルーハーツをコピーする。(ペ・ドゥナは20歳overも違和感なし) 「スウィングガールズ」に似た映画かなと思って観たが、かなり趣は異なっていた。ジワッジワ~と込み上げてくる映画だ。
we are PARANMAUM (4色半でせいいっぱい)
昨日ようやくメインのパソコンが(電源交換の末)復活しまして(^_^;) ブログの
他人のコイバナ好きのソンちゃん《リンダ リンダ リンダ》 (アロハ坊主の日がな一日)
「リンダ リンダ! リンダ リンダァー!」 ヴォーカルの韓国留学生ソン(ペ・ドゥナ)が、体育館で熱唱するラストのシーンは胸にジーンときた。思わず劇場で座席の肘掛けをぐっーとにぎってしまった。 大人になってもブルーハーツ、特に「リンダ リンダ」は、胸にく
『リンダ リンダ リンダ』~子猫の胎動~ (Swing des Spoutniks)
『リンダ リンダ リンダ』   公式サイト   監督:山下敦弘出演:ペ・ドゥナ 前田亜季 香椎由宇 関根史織   【あらすじ】高校生活最後の文化祭の直前になってバンドメンバーの萠が指を骨折してしまい、代役を立てる立てない、演奏をするしないのもん
リンダ リンダ リンダ (お気に入りの映画)
2005年 日本映画 監  督 山下敦弘 出  演 ぺ・ドゥナ、前田亜季、香椎由宇、関根史織(Base Ball Bear)、三村恭代、湯川潮音、山崎優子(me-ism)、甲本雅裕、松山ケンイチ、小林且弥、小出恵介、三浦誠己、りりィ、藤井かほり、近藤公園、ピエール瀧、山
リンダリンダリンダ (RANTA☆CRAZYの一発逆転)
リンダリンダリンダ観てきました。過剰な冷房に鼻ぐすらせてましたが。本編なかなかの秀作。文化祭にバンドをやるって話なんだけど、きっと学生時代のあるある体験みたいなカンジでノスタルジックな気分にさせられた人も多いんじゃないでしょうか。 こちらは職業上毎年見
リンダリンダリンダ(映画館)  (ひるめし。)
女子高生がブルーハーツ。 ボーカルは韓国からの留学生!? いつも行っているチネチッタではこの作品が上映されないため、「ネバーランド」以来での2回目の109シネマズMM横浜で観ることに。 109シネマズは全然なれていないため、\"アウェイ\"な感じがした・・・。いつも利用
リンダリンダリンダ (自身を語る)
 泣けたよ~。笑えたよ~。とてもよかったよ。ビバ高校時代!!ビバ「リンダリンダリンダ」!!女子高生四人によるブルーハーツのコピーバンドが、ステージに立つまでのストーリー。何気ない高校時代。でもその一瞬一瞬が思い起こすと本当に幸せな一時だった。そんなことを
リンダリンダリンダ (想ひ出 in my head)
8月13日、『リンダリンダリンダ』鑑賞。  評価 ★★★★★★★★★★ ひじょーにオモシロかったです。 こんな感じの映画がイチバン好きだな。 オレ的には文句無しの満点評価です。 今年観た映画では『ハサ
リンダリンダリンダ (Hit Town Seeing)
久しぶりに青春映画という括りの映画を見ました。 高校のときなんて何を考えて行動してたのかなあと、 ふと頭をよぎってみました。 この映画は、この高校の一大イベント文化祭に向けて、 オリジナル曲をライブでやるために練習をしていた 女の子バンドがメインに描か
リンダ リンダ リンダ (a story)
主演ペ・ドゥナ、前田亜季、香椎由宇、関根史織、三村恭代、湯川潮音、山崎優子 監督山下敦弘 脚本向井康介、宮下和雅子、山下敦弘 製作2005年、日本 がんばって歌いまっしょい 文化祭直前に新たにメンバーを組み直すことになったガールズバンドのライブまでの四日間.
リンダリンダリンダ (ドリアンいいたい放題)
向井 康介, 宮下 和雅子, 山下 敦弘 リンダリンダリンダ とっても心地のよい映画だった。 エンドロールが流れ終わってもそのまま、 続きを見たい思いにかられた。 わざわざ吉祥寺まで見にいった甲斐があった。 高校時代の日々って一日の中でいろいろな事が
リンダ リンダ リンダ@シネセゾン (ソウウツおかげでFLASHBACK現象)
軽音楽部の女子高生3人が、文化祭でブルーハーツをコピーすることになったがボーカルが見つからず、韓国からの留学生に白羽の矢を立てる。日もわずかとなった舞台に向けて奮闘する彼女たちを描いた、シンプル極まりない映画である。笑いの散りばめ方はさすが山下敦弘だが、
映画観た (今日も元気!?)
ひさーしぶりのまる一日オフ。といっても今年は7月に韓国旅行するんで休みとったんだ
『リンダ リンダ リンダ』 (ラムの大通り)
-----やっと行けたみたいだね。 周囲の評判もよく、観る前から期待が高かったようだけどどうだった? 「これは間違いなく、今年を代表する一本。 観ている間中、息を呑んでスクリーンから目が離せなかった」 -----どこがそんなによかったの? 「物語そのものはシンプルなんだ
リンダ リンダ リンダ (チラシコレクション (た~わ))
表「高校生活 最後の文化祭―。 ただ、何かを 刻みつけたかった。 ―女子高生がブルーハーツ。 ボーカルは韓国からの留学生!?-」 裏「女子高生がブルーハーツ! ボーカルは韓国からの留学生!? 笑えて泣けて、キュンとなる 21世紀型青春バンド・ムービー誕生!
リンダリンダリンダ (シネまだん)
監督:山下敦弘  出演:ペ・ドゥナ 前田亜季 香椎由宇  公式サイト   6.5点 ものっすごいくらい普通の青春が、まぶしいくらいに輝いている。  文化祭を控えてメンバーが抜けた女子高生バンド。なんとか演奏するために誘ったボーカルは韓国からの留学生。本.
リンダリンダリンダ (引っ越してきたよ)
青春と言えば、団体行動がつきもの。団体行動が嫌いで、しかもこれといってやりたいこともなく、運動部どころかバンドすら他人事だったわしには、この映画は、10代の日々の疑似体験だった。文化祭というちょっと照れくさい題材だけど、ブルーハーツをコピーするなら、ぜひ
身近なシネコン (Powered by KOMPRESSOR)
今週末は映画館へ「リンダリンダリンダ」という映画を観に行ってきた。映画館で映画を観るのは結構久しぶりで、春に観た「ローレライ」以来だ。私が観たこの映画はちょっとマイナー作品みたいで東京でも3館しか上映していない。渋谷と新宿と板橋(?!)。板橋ぃ~?なぜ板橋
リンダ リンダ リンダ (いろいろ雑記録)
青春もの。前にも似たような映画を見た。 4人の中の一人は、ローレライの最終兵器か。 ブルーハーツのリンダ、カラオケで歌いたく なった。
リンダ リンダ リンダ (あいりのCinema cafe)
監督・脚本 山下敦弘 出演 ペ・ドゥナ(ソン)香椎由宇(ケイ)     前田亜季(響子)関根史織(
ラモーンズさんとピエールさん (宇宙のめいぐると)
一足先に観ました「リンダ・リンダ・リンダ」at SHIBUYA AX。 しかも上映後LIVE付き!! 予告やポスターが物凄くキャッチーな押し出し方なので少々不安でした。 元々設定ありきの企画という事を聞いてたし。 でも杞憂でした。 やっぱりペ・ドゥナの出演はデカかった!! ポン
『リンダリンダリンダ』 (Life goes on・・・)
先週土曜に『リンダリンダリンダ』を見てきた。 あの『ほえる犬は噛まない』のペ・ドゥナが ブルーハーツを歌う女子高生役をやるというから だいぶ前からチェックしていた作品だけど、 ようやく公開初日を迎え、舞台挨拶もあるらしいので、 生ペ・ドゥナを見るチャンス.
リンダ リンダ リンダ/ペ・ドゥナ 、前田亜季 、香椎由宇 、関根史織 、三村恭代 (カノンな日々)
ついに、ついに、観ちゃいましたヨ「リンダ リンダ リンダ」。いやぁ、感動です、むーびんぐはぁと!私の中では「マラソン」も「スターウォーズえぴ3」も越えました<比べるのがまちがっちょります>。素晴らしぃぃぃ、クライマックスにはジーンときちゃいました、グゥゥッ.
リンダ リンダ リンダ [この映画大好きです] (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
*******************ストーリー******************* かつて潜水艦で日本を救った香椎由宇ちゃんは戦後、普通の女子高生になりました。平和憲法でローレライシステムは封印されてしまいましたが、ボディにピッチリの服で水につかっていないと気持ちが落ち着かない彼女は、仕方
リンダリンダリンダ (SABAのペyaplog出張所)
映画「リンダリンダリンダ」 山下敦弘監督 香椎由宇 前田亜季 山本浩司 で 音楽ジェームスイーハ で 特写東野翠れん あ、 ペドゥナ な
本年度最高の青春映画の1本『リンダリンダリンダ』! (さぼてん道楽軒)
【映画】@シネセゾン渋谷で観た山下敦弘監督の待望の最新作『リンダ リンダ リンダ』は期待通りの傑作でしたよ、ホントに。高校生の頃の「文化祭」をリアルに再現するセットと学校の空気、あの何とも言えない微妙なハイテンションと一方で醒めた感情も持ち合わせている数日
「リンダリンダリンダ」(日本 2005年) (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
高校生活最後の文化祭・・・何かを刻みつけたかった。 「彼女達と・・・バンドのメンバーと一緒にいたいから・・・。」
『リンダ リンダ リンダ』を観る (デスマッチだよ、人生は!)
バンドものにハズレなし!という定説が映画界にはある。 たとえば『ザ・コミットメンツ』『すべてをあなたに』『スクール・オブ・ロック』『ロックよ静かに流れよ』・・・。 もちろん例外もあるが、この映画はずばり「アタリ」のほうだ。 主人公たちのバンドへの取り組みの
映画「リンダリンダリンダ」 (華りずむ)
リンダリンダ~♪リンダリンダリンダ~ァァ♪♪ といえば ( *`Д´)ノ「ザ・ブルーハーツ」 2005年夏、リンダな映画が公開される。 その名も「リンダ リンダ リンダ」 ちょっと気になるオンナのコの映画だ。 キャッチコピーは 「彼女たちの<終わらない
リンダリンダリンダ(2005/日本/監督:山下敦弘) (のら猫の日記)
軽音楽部の女子高生3人が、文化祭でブルーハーツのコピーバンドをやることになった。ボーカルは、なぜか韓国からの留学生。……たったこれだけの話なのだが、予想以上に良かったなぁ。 観る前はもっと熱い青春映画なのかと思っていたが、あにはからんや、バンドに全てを打.
『リンダ リンダ リンダ』♪ (*よのなかのミカタ*)
見に行ってきましたぁ この作品は今のトコロ、渋谷か吉祥寺のみの公開だったので、まゆは”吉祥寺バウスシアター”に行きました 小さな劇場なので、早めに行って整理番号を押してもらう ジョシコーセーらしき子は二人だけで、お客さんは意外に男のヒトが多かったで...
リンダ リンダ リンダ (日々徒然ゆ~だけ)
 おっさん監督なんかがやるような,湿っぽい回顧趣味や,少女憧憬趣味に成り下がらず,優しい目線で瑞々しく,柔らかに,ユーモラスに描き出した,掌の愛すべき青春群像。  ガールズバンドなら80年代はゴーバンズやプリンセス・プリンセスがあったろう。でもここはブルー
「リンダ リンダ リンダ」 (こだわりの館blog版)
8/7 シネセゾン渋谷にて 圧倒的なペ・ドゥナの存在感! 監督・脚本:山下敦弘 出演:ペ・ドゥナ、前田亜季、香椎由宇、関根史織、三村恭代、他 まずは余談から。 この作品で主人公の少女たちがやたらとブルーハーツを【懐かしいバンド】扱いするので 最初はえ
リンダ リンダ リンダ ([混]ミックスランチ)
女子高生がバンドを組んで、ブルーHのリンダ リンダ リンダを 演奏するという映画『リンダ リンダ リンダ』を観て来ました。 ブルーハーツと聞けば、昔ムチャやってた頃が蘇って来る 青春ど真ん中の伝説のバンドです。
『 リンダリンダリンダ  』 (やっぱり邦画好き…)
『 リンダリンダリンダ  』 [ 試写会鑑賞2005.07 ] 2005年:日  本  監 督:山下敦弘 脚 本:向井康介/宮下和雅子/山下敦弘 主題歌:「終わらない歌」(ザ・ブルーハーツ) 音 楽:James Iha サントラ盤:ユニバーサル ミュージック [出演] ぺ
リンダリンダリンダ 僕にはツボでした。。 (Blog・キネマ文化論)
●リンダリンダリンダを浜松東映劇場で鑑賞。 とある地方都市にある芝崎高校。高校生
リンダリンダリンダ (M U S I C D I A R Y)
リンダリンダリンダ あ~! めっちゃ、嬉しい! 公開している劇場が少なかったために 見にいけなかった・・・ 見た人は全て「最高!」の評価! DVD出るまで待つしかないかな・・・ と、思っていたら・・・ 人気が後押し!
リンダリンダリンダ (確証はない。それを信じるしかない。)
映画「リンダリンダリンダ」を観る。 チープ、青臭い。しかし、観ていて楽しい映画。私は好み。 軽音楽部に在籍する女子高生が高校生活最後の文化祭に向けて、メンバーの仲違いにより空中分解したバンドに韓国人留学生を加えて、新たに結成し、練習から発表となる文化
リンダリンダリンダ (意味なんてないよ)
先日「リンダリンダリンダ」(山下敦弘監督)を見てきた。 行く前に見たネット上の掲
『リンダ リンダ リンダ』 (今日も映画、明日も映画♪)
   今日は、姉と二人でシネセゾン渋谷 へ『リンダ リンダ リンダ 』を観に行ってきました♪ STORY 高校生活最後の文化祭のステージに向けて、オリジナル曲の練習を重ねてきたガールズバンド。ところがまさにその直前、ギター担当の怪我をきっかけにボーカル
リンダ リンダ リンダ (any\'s cinediary)
高校生活最後の文化祭――。 ただ、何かを 刻み付けたかった。 <ストーリー>
映画『リンダリンダリンダ』 (紫の経歴書)
東京に戻ってきました。 以前からTVCMでのいしだあゆみのすごい叫びっぷりが気になっていた、 映画姑獲鳥の夏 を彼と見に行ったら・・・ 予定を見間違えていたのかレイトショーだったので、 同じ映画館で公開していた、 『リンダ リンダ リンダ』 を見
「リンダ リンダ リンダ」ペ・ドゥナに違和感なし、軽く見たい (soramove)
「リンダ リンダ リンダ」★★★☆ ペ・ドゥナ、前田亜季、香椎由宇、関根史織 主演 ブルー・ハーツの歌と 女の子だけのバンド。 もうそれを聞いただけで ラストの盛り上がりは容易に想像できる。 バンドの成立関係が、 ひどく曖昧なように、 映画全体も...
高校時代・文化祭の想い出のエピソードを募集 ([M+] 東野翠れんplus湯川潮音blog)
『リンダ リンダ リンダ』公開記念オールナイトイベント 「東野翠れん plus ...
リンダリンダリンダ (映画番長。)
2005年8月13日 横浜にて鑑賞 当初そんなには期待していなかったが、見てびっくりかなり面白かった。 メンバーが4人の為、それぞれの個性が丁寧に描かれていたのが良かったかも。 学校の風景だけでバックにブルーハーツの音楽が流れているのが何だか青春って 感じがし
本当の日韓交流と、懐かしい高校生活◆『リンダ リンダ リンダ』 (桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」)
9月5日(月) TOHOシネマズ木曽川にて 文化祭前日、バンドを結成しているキーボードの恵(香椎由宇)、ドラムの響子(前田亜季)、ベースの望(関根史織)は途方に暮れていた。文化祭のライヴに向けてオリジナル曲の練習を重ねてきたのに、ギターの萌(湯川潮音)が指を骨折.
リンダ リンダ リンダ (★☆★ Cinema Diary ★☆★)
鑑賞した日 : 9月9日金曜日 鑑賞した劇場 : シネマテーク   本日2本目は「リンダ リンダ リンダ」です。 こちらも楽しみにしていた一作。 時間が迫るにつれ自然と期待が高まります。   ←4人のサイン入りポスターです…って光のせいで見えないじゃん.
リンダリンダリンダ(評価:◎) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】山下敦弘 【出演】ぺ・ドゥナ/前田亜季/香椎由宇/関根史織 【公開日】2005/7.23 【製作】日本 【ストーリー】 高校生活最後の文化祭に向けて、オリジナルの曲の練
リンダリンダリンダ (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
♪ドブネズミみたいに美しくなりたい 写真には写らない美しさがあるから リンダリンダ リンダリンダリンダ リンダリンダ リンダリンダリンダ♪♪ 「ドラム。練習サボるけど、かわいい響子ぉ!!(^^)//パチパチパチ ベース。料理チョッと味濃いけ
シャウト!ブルーハーツ。~「リンダリンダリンダ」~ (ペパーミントの魔術師)
バンドをやったことのある人間なら、 この気持ちはめちゃわかる。 帰宅部だった人にも高校時代の思い出がオーバーラップするのでは。 文化祭の屋台のにおい、ステージの盛り上がり、 そんな時代へ自分をタイムスリップさせるような映画だった。 リンダリンダリンダペ・ドゥ.
リンダリンダリンダ (東京には空がないと言う)
リンダリンダリンダ~。 ってことで、リンダリンダリンダを見ました。 NANAを見たあとだったんですが、すごくサラリと見ることが出来ました。 ただ、僕はこの手の映画のレビューが非常に苦手です。 映画としては文化祭で女子高生がバンドをやるだけなんですもん。 本当に
リンダリンダリンダ-(映画:今年45本目)- (デコ親父は減量中(映画と本と格闘技とダイエットなどをつらつらと))
監督:山下敦弘 出演:ぺ・ドゥナ、香椎由宇、前田亜季、関根史織、三村恭代、山崎優子、甲本雅裕、湯川潮音、松山ケンイチ、りりィ、藤井かほり 評価:97点 公式サイト ああ、たまらん。 俺をもう一度高校生に戻してくれい。 ちょっとい.
NO.137「リンダ リンダ リンダ」(日本/山下敦弘監督) (サーカスな日々)
単なる学園ドラマがなぜ、 僕に元気をくれるのだろう? いったいなぜ、この単なる学園映画に、50歳を過ぎた僕まで、元気にしてくれるような要素があるのだろう。観終わった僕は、しばらく、「リンダ リンダ」の歌詞を頭にめぐらせながら、そう思ったものだ。 「ブルーハー
『リンダ リンダリンダ』’05・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ高校生活最後の文化祭のステージに向けてオリジナル曲の練習を重ねてきたガールズバンド。ところがまさにその直前、ギター担当の怪我をきっかけにボーカルが抜けバンドは空中分解寸前となる。残されたドラムの響子(前田亜季)キーボード転じてギターの恵 ...
リンダ リンダ リンダ/山下敦弘 (文学な?ブログ)
私は学園もの映画が好きで、この映画もその一つになりました。僅かな学生生活の中で、そこでしか得られないことはたくさんあります。しかし、実際に学生の頃には時間が無限にあると感じていて、無駄な時間の浪費をしていたと懐かしく思います。 「リンダ リンダ ...
リンダ リンダ リンダ (タクシードライバー耕作のDVD映画日誌)
製作年度 2005年 製作国 日本 上映時間 114分 監督 山下敦弘 原作 - 脚本 向井康介 、宮下和雅子 、山下敦弘 音楽 ジェームズ・イハ 出演 ペ・ドゥナ 、前田亜季 、香椎由宇 、関根史織 、三村恭代 (allcinema ONLINE) 解説: 高校を ...