気ままに うたどん

気ままな 日記

七夕まつり

2018-06-30 15:11:09 | 日記



西部公民館で七夕祭りで写写会で4人出席
11時から始まり ご挨拶が終わり アトラクショウンに
ボイトレサークルの方たちの指導で顔の筋肉トレ
声を出すあくびと  を大きな声を出しての斉て声帯訓練
その後全員で合唱 ドレミ歌 学生時代 真っ赤な太陽 夏は来ぬ 

二部はハーモニカ演奏を二曲聞き 七夕さま 夏の思い出 青い山脈
憧れのハワイ航路 ふるさとと5曲歌い 全部で9曲も

おやじの厨房 クッキングパパ クッキングママ ピクルスの会の
方たちが作ってくださった料理をバイキングでいただく
いつも500円でいいのかしらっと思うほどメーン料理に
デザートが二品もついて・・・
いつも美味しくいただいてます。

西部公民館の出席率はいいのですよ。今日は90名です。









コメント (2)

植物多様性センター

2018-06-29 14:56:03 | 日記
夢子さんにマヤランを案内して
待ちわせ場所で待っていると空に鳥が飛んでいるように見える雲を撮る 
肉眼ではとても綺麗に見えたがむづかしい



夢子さんと合流しマヤランの咲いている場所へまだ綺麗に咲いていたのを
見てもらえてよかった。





センターの事務所に入り係の人に今咲いている花はと聞くと
カワラサイコが咲いてます。場所も聞かずに一回り
池のそばのカワラナデシコの場所に咲いていた。
黄色の可愛い花 





池には赤とんぼが止まっていて胴体の赤がきれい 

 






植物公園物に入る前に お昼を ざるそばを注文 のんびりと昔話に花が咲いた。・・・

野草園からバラ園まだまだ綺麗に咲いていて噴水の水しぶきが涼しく見えた。
温室に入り スイレンが咲き揃っている





外に出るとダリヤが咲き始めている   









 
コメント (2)

よりみち散歩 ⑲

2018-06-27 17:17:38 | 日記
神泉駅 - 目黒駅  10名 14000歩

神泉駅を下車 山手通りを歩く マレーシアの大使館を右に見て
素敵なプディックを横目で見ながら代官山の蔦屋でおトイレタイム








何年前かしら 刺繍展に来ていて シャレたお店があり ここでジャカランダを
みて 紫の花が奇麗に咲き 初めて見たのだ。 
紳士服のお店の前に 空き缶 オートバイの腰掛 廃材を使った亀とワニがある
のを思い出した。



 

朝倉家には寄らず 目切り坂(石臼の目を切る仕事をする人がすんでいた。)
を下り祐天寺へ 



目黒区庁舎の休憩所でお昼 山形のお土産を頂いたり サクランボ 今日も頂き 幸せ

目黒川に沿って中目黒公園 目黒清掃工場の隣の緩衝緑地 日影でミーティング20分

目黒区民センター公園でお花を見て











目黒駅に その途中でフルーツやさんを見つけ Hさんも入ったことがあると・・・
入りましょうということになりフルーツポンチなど好きなものを
それぞれ注文 美味しかった~~~



コメント (2)

マヤラン

2018-06-26 11:06:57 | 日記
植物センターにマヤランを見に ここだけなので1時間半で
帰ってきた。 宅急便が届くので・・・

最初に出会ったのは植物公園の東口 トイレの前 

なかなか一番いいときに出会えなく 
Nさんの写真から今だと出かけた 日当たりのいいところは終わっていたが
日影はまだ 咲いていた。枯れた茎があるので増えているのが嬉しい







センターを一回り レンゲショウマの蕾はまだ固いが十日もすれが咲くかも



ヤブカンゾウの八重と一重 オレンジの色が太陽に負けまいと咲いている。





コメント (2)

明治神宮  タシロラン

2018-06-25 16:26:13 | 日記
新宿駅 - 明治神宮 - 代々木公園 - 初台駅 17000歩

神宮に行くまでの電車の崖に苗代イチゴが真っ赤に実って
失礼といいながら頂き ちょっと酸っぱいがおいしかった。




もう何十年前になるかしら 明治神宮 
大きな鳥居をくぐり 日陰に入ると タシロランが出ていて
2M咲には去年はずらーとあったんだけどと言うが
我々は見れてだけでも満足 いやいや 参道を外れた道に
出ていて 目が慣れるとここにもここにもと田代さんに会えて
撮りまくる そのうち ちょっと咲いている花の中のピンクを
探し始める。(田代善太郎さんが発見し牧野福太郎さんが命名)















客殿には 外人さんでいっぱい 修学旅行の小学生もいた。





レストランの外のテ-ブルを借りてお昼
神宮の隣 代々木公園に 噴水の周りでは裸になって焼いている人
ママ友達が遊びに来て楽しそう





代々木公園西口を出て 住宅街に入り 玄関先のお花を拝借
 










ブルーべりが色つきはじめ  ブラックべりーがたわわに実り赤くきれい


初台駅まで 高速の下を歩き 都内散策で遠足に来たよう




コメント (2)

よりみち散歩 ⑱

2018-06-22 18:21:10 | 日記
所沢 ゆり園  12名 16000歩

国分寺から西武線 国分寺駅でゆり散策切符を買う乗車券と入場券セット
セットだと300円安くなり1240円 ビールが飲めると喜ぶ人もいたよ(笑)
西武遊園地でレオライナーに乗り換えて球場終点で下車






狭山丘陵の地形そのままのゆり園(元ユネスコ村)三万㎡の自然林の中に45万株が植えられている
入口では入場券を買う人が並んでいて 駅でセット券を買って正解

丘を半周する 満開で赤 白 橙 黄色と綺麗に咲き今が見ごろ















椅子が空いたのでお昼に 美味しい甘いサクランボを頂き南を向いて笑わなければ・・・
ミイーティングをし狭山不動寺を通り 狭山湖へ
チャリ友と自転車で来たのを思いでした。 
土手のような橋 左に狭山湖を見ながら歩き 東屋で休憩し元の道を戻る 







ねじり花が雑草の中に綺麗に咲く



キササゲ コマツナギ を覚え レイライナーの中ではジャカランダの話から
世界三大花木も教えてもらった。

① カエンソウ  火炎木 
② ホオオウカ  鳳凰木
③ ジャカランダ 紫雲木
コメント (2)

野の花めぐり

2018-06-21 15:57:02 | 日記
つつじヶ丘 10時  28名  11000歩



つつじ南口から実篤庭園を通り紅葉台へ
住宅街に入り お庭や 雑草を見つけ 名前を聞きメモする。
お庭も綺麗にガーデニングされていて 珍しい花を見ると
シャッターを押すだけです。









公園には可愛い遊具があるし 





4中のあたりでお昼でいったん解散 
ウマノスズクサを見に行くというので連れてってもらう 
神代団地から野川に出て 野川の縁の木に絡まっていた

この花は家から高齢者施設の土手に
咲いていて 葉が山芋に似ていて何という花か知りたかったのだ。





0人ぐらいいたかしら ここで解散
よりみち4人で国領の駅まで歩いた。

コメント

貫井神社で

2018-06-20 08:16:09 | 日記
貫井神社で頂いた写真を乗せます。



ちょっとお話しただけで頂いた写真 追いかけてこられて
手渡ししてくださり 嬉しかったです。
バカチョンだからよくは撮れていないというが ツバメの可愛い
シャッターチャンスはとてもいい 自然が好きな方だと・・・
とてもやさしそうな方に見えました。



カワセミの話から 話題が広がったんです。

コメント (2)

下見

2018-06-19 17:00:54 | 日記
7月5日の定例会 お鷹の道 Kさんと下見  15000歩

小金井から滄浪庭園に 到着すると休園 入場料と時間を決め次の
三楽の森へ こちらも休園 火曜日がお休みなんて珍しいねと
文句を言いながら門から 見るが中ががどのようになっているか分らない。
ラクロスを公園でやっていた少年3人に聞くとフェンス沿いに少し見えますというので
フェンスに沿って中を覗くが林で分からずここも30分の散策時間を設けることにして
貫井神社へ地図だと遠く見えたが5分も歩くと着いた。
二人の方がいて 池を見て亀が甲羅干しをあっちの岩にもと教えたくれた。



「私はここの木でカワセミがいてこんな近くで見たのは初めてだし
飛ぶところを中々撮れないでいます。」と話すと「ここは人がが少なく
静かでいいところだよ毎日くるし亀とカワセミが並んでいるところを
撮ったよ」など少しおしゃべり  本殿をひと回りし 時間を決め次の
殿ヶ谷公園に向かうとさっきの人が追いかけてきてくれて写真を持ってきてくれた。
七枚も頂いてしまった。 kさんにこうやって歩いていると
いろいろな人に出会え 面白いわよと・・・・



次の殿ヶ谷公園はお休みではないわよね~~とここは都だから大丈夫
前の二つは小金井市だったからかもと・・・・

東屋でちょっと早いお昼を 二人で静かな庭園を見ながら
50分の時間を取り お鷹の道を目指す 川の中にはカラーが
咲き 色とりどり紫陽花が咲いている 真姿の池の川では保育園の子供たちが
川遊をしている。国分寺お寺には ウオークの人たちが来ていてた。



ジャケツイバラの種が・・・


坂を上がって国分寺駅に行くとくたびれるので途中の停留場から乗ることにし 府中まで

時間の配分ができなかったが当日にしっかりと伝達するしかないね!!!
kさん  お疲れさまでした。
コメント

よりみち散歩  ⑰

2018-06-14 16:45:38 | 日記
原町田   17名  17000歩



原町田西口を出て商店街を抜け 住宅に入り七福神巡りのようですが,
大黒天 毘沙門天 福禄寿 寿老人 布袋尊 恵比寿神 
弁財天はちょっと遠いいのでパス  どのお寺も立派で綺麗












お昼は国際版画美術館を通り過ぎて池 人口水車の前で・・・
お昼を終え 美術館の前でミーティング 20日の臨時を入れてくださり
所沢の湯連に・・・ 27日の予定を説明し 一端ここで解散 
常設展を見る人 浮世絵モダーンを見る人と別れたが
股関節が痛くて失礼してT さんと永山経由で帰ってきた。





コメント (2)

撮影会

2018-06-13 19:13:16 | 日記
水元公園  10名  14000歩

菖蒲を撮りに  バスを降りて 10分歩く 菖蒲まつりの時はシャトルバスを
出してほしいわんね~~ 平日なので高齢者が多い 
菖蒲だけと思ったら 広い池  メタセコイヤの森 と公園が広い 
池では住民の人たちが魚釣りに来てるし 自転車でサイクリングと賑やか





釣り人から餌をもらうのかしら逃げずに友達のよう













池にビーバがいて 2枚撮ったが 橋の下に逃げてしまった。

1時間自由に撮り 集合して お昼レストランも満員でだめで
出店で おでんとビール 広島焼き と好きなものを食べる

メタセコイヤの森に歩き 歩きながら 柴又帝釈天が近いというので
お団子を食べに行きましょうとなった。 お参りして 寅さんの
お店に 男性はお団子とアイスコーヒーのセット 女性はお団子だけ

何年前にいったのかな~~ 駅前も綺麗 帝釈天の通りも綺麗になっている。
遠いいのでなかなか行けないが 金町に来たついでと足を伸ばし
おかげさまで本殿の中に入り拝んできた。帰りは東日本橋 馬喰横山に出て
シルバーパスを利用してきた。

 
コメント (2)

オオハンゲ

2018-06-12 10:55:42 | 日記
緑の葉っぱからのぞいてました。 オオハンゲの花がもう種になってます。
マムシソウを小型にした感じで ちょっと気持ち悪いのですが大事に育ててます。





 
カラスビシャクが出てこないので冬の寒さに負けてしまったのかもしれません。





ハートの形をしたサボテンが面白い形で‥さいてます。



コメント (2)

アガパンサス

2018-06-11 08:44:49 | 日記




アガパンサスが咲き始め雨で 濡れて綺麗
カメラを覗くと 信号の赤と青が奇麗に丸く入り
これはいいと・・・シャッターを押し見ると白が入って
ボケてしまう 黒の車を待ってるが 白い車ばかりとうり
バックに黒の車を待つが 体が濡れて寒くなりやめた。
ちょっと記録にとブログに







コメント (2)

講習会

2018-06-10 17:43:19 | 日記


Mさんが申し込んでくださった 写真の講習会に・・・
植物公園で1時から 中田達夫先生  2回目

行くときは雨も降らず このまま曇りでいてくれるといいな~と
講習を聞いていると降り出した。 
紫陽花の花を撮りに 外に出る 紫陽花は雨の花だが 
傘 カメラと 濡れるといけないのでなかなかゆっくりと撮っていられない 









 

前ボケ 後ろボケ 丸ボケと 三っを入れるのは難しい
同じ場所で撮らず 右に 左に 膝を曲げ 最後は膝をつく
怪しいかっこで 被写体を決めたら 何処からが一番美しく撮るか
場所かを探す. 先生はすぐに 紫陽花の美人さんを見つけボケが入り
きれいに撮れているが 20名の参加者で先生の話が聞こえないし
置いてきぼりになってなかなか先生の言う通りには取れない。
何もかも濡れてしまうし
 
講習会のお話を頭に入れてどこかに撮りに行くようだ。




 

 
コメント (2)

三度目

2018-06-07 16:23:18 | 日記
北山公園にバス友を案内 北山公園には三度目



明日の予定だったが行けない人がいて今日に でも今日で正解かな?
凄い天気になって 汗をかいてきた。 ゆっくりと巡り東屋の下で
菖蒲を見ながら30分 おしゃべり 四人寄ると何とやらで
しゃべることが 終わらない。やっと半分なので残りの半分を巡り
カエルのすさましい声を聴きながら 何処にいるのかわからないカエルを
探すと おじいさんが座って菖蒲の根を撮っている カメラの先を見ると
5㎝のカエルがほっぺを膨らまし鳴いている こちらがワイワイしているのに
逃げることなく鳴いて 彼女でも見つけてるのかしらと????



お腹もすいたので 東村山うどんを食べに・・・
肉汁うどんにしょうがの天ぷら おいしかったです。

昨日の雨で濡れた菖蒲 またきれいでした。












出口でお花を売っていたので買う



コメント (2)