からくの一人遊び

音楽、小説、映画、何でも紹介、あと雑文です。

PoPoyans「おとしもの」

2020-01-05 | 音楽
PoPoyans「おとしもの」



America Sister Golden Hair Live, 1975 HD video YouTube



明星/Akeboshi - ''点と線'' 〜映画「鈴木家の嘘」主題歌〜



松崎ナオが音楽を担当した映画「ブルーアワーにぶっ飛ばす」の主題歌:松崎ナオ/鹿の一族『清く、ただしく』(Official Music Video)



PoPoyans「おとしもの」はフォークソングというふれこみだけれど、フォークというよりは・・・・、大貫妙子的な?

まあ、そうですな、「ベッツイ&クリス(Betsy & Chris)ー作曲加藤和彦」に近いのかな?それを元にしたモダニズム的な音楽なのかも。

こういうのは好きだね、ホント。


あと・・・う~ん・・・・思いつかない!

ごめんなさいね。🙇

今日はこれでおやすみなさい。
コメント

ズー・ニー・ヴーZoo Nee Voo/ひとりの悲しみHitori No Kanashimi (1970年)

2020-01-05 | 音楽
ズー・ニー・ヴーZoo Nee Voo/ひとりの悲しみHitori No Kanashimi (1970年)すみませんが、youtubeへ直接飛ばなければならないようです。よろしくお願いいたします。



Marjorie Noel » 🚂 « Dans le même wagon (1965)



Tp129 スペクトラム - I'VE GOT THE MUSIC IN ME



Soggy Cheerios 「あたらしいともだち」Music Video


面白い曲だよね。

ビートルズとカーペンターズとカレッジフォーク、それからカーペンターばりの素晴らしいハーモニーがあるのにカントリーソングみたいに何故か土臭い風味がある。

短い曲なのにいろんな要素が一杯詰まっている「玩具の缶詰」



過去の記事を見ていたら、3年ほど前の面白い文章を見つけた。

故にまた載せてみる。





草食男子

「大丈夫かしら」

とカミさんが私の部屋に入ってきて誰ともなしにため息をつきながら言った。

突然言い出したので自分のことを言われたと思った私は少々怒気を孕んだ口調で「何が」と言った。

「何怒っているの?」

たった今、私の存在に気づいたかのようにカミさんは私のほうを見た。

「いや、俺のこと大丈夫かって今言ったろ」

カミさんは心外だという顔をして「違うわよ」と言う。

「じゃあ、何が大丈夫かしら、なんだ」

「今度の夏休み、家に帰ってくるでしょ」

「ああ、我が長男殿のことか」

「そう、その長男殿」

「で、何を心配しているんだ?」

「帰ってくる前に東京の友達のアパートに泊まってくるんですって・・・」

ああ、家に帰ってくる前に高校時代あたりの友人と遊んでくるっていうことか・・・・、私は思い、それのどこが悪いのか奇異に感じた。

「いいじゃないか、それくらい。相手が迷惑でなければいいだろう」

私がそう言うと彼女はフーと一息つき、「それがね・・・」と言った。

「それが?」

「・・・・女の子のところなのよ」

女の子と聞いて私は少しばかり驚いた。驚いたがそれは長男に恋人らしき女の子がいたことに驚いたのであり、決していやらしい想像をした訳ではない。もう21なのだしそれ位当たり前だろうと思った。

「いいんじゃないか、彼ももう21だし責任の取り方も分かっているだろうしさ」

私がそう脳天気に答えると、カミさんは「違うのよ」と首を振った。

「違う?」

「その女の子とは友達なんですって。そんな関係じゃないって言うのよ」

「だって、女の子のところに泊まるってことは、あれだろ、いわゆるあれな関係だろ?」

「それがあれな関係じゃないのよねえ・・・聞く限りじゃ」

私は何が何やら分からなくなっていた。

私は女と男は友人関係にはなれないと思っている。どうしても男と女の間には性的なものが付きまとう。友人関係になるなんて絶対無理だ。

「最近は、みんなそうらしいのよねえ、草食系男子っていうのかしら、みんな平気で女の子のところに泊まったりその逆もあったり・・・、だからって何も変な関係になったりしないんですって」

カミさんが説明するのを聞いて、私はますます不安になってきた。

まさか・・・。

「・・・・・まさか、女の子に興味がないんじゃ・・・」

「そう、それなのよね、私が心配しているのは・・。そのうちカミングアウトしたりして」

カミさんのその言葉で私はカウンターパンチを喰らい、そこで会話は途切れた。

カウンターパンチを受けた私は動揺していた。


カミさんは話すだけ話したらすっきりしたのか「ま、その時はその時よねえ」と言って部屋を出て行ってしまった。



それから私はよろよろとPCに向かい、”草食系男子”とキーボードに打ち込み、検索をかけた。

ウィキによると、草食系男子とは、「新世代の優しい男性のことで、異性をがつがつと求める肉食系ではない。異性と肩を並べて優しく草を食べることを願う草食系の男性のこと」らしい。

何だか分かったような分からないような説明だ。ただ、世の中の若い男どもはそういう傾向にあるようだ。長男だけがそうという訳ではないことは分かった。安心した。うん、うん、大丈夫だ。彼は決して女の子に興味がないわけではない。


落ち着いた私はタバコを胸ポケットから取り出し、一本取り出すと口にくわえ火をつけた。

煙を大きく吸い込み、鼻から出した。

なんだか苦い味がした。

そして、これからの人類の未来は大丈夫なのかといつになくしんみり思った。



☆息子はその後、そのときの女の子のことを「彼女さん」と呼ぶようになった。

たまたま書留で送るものがあり、確実にアパートにいる時間をラインで尋ねたら「大丈夫、彼女さんが一週間うちにいるから」だってさ。

「彼女さん」って言い方は気に入らないけれど、まあいいか。

今年から社会人になるけれど、半年は東京で研修だからいいとしても、その後は何処へ配属されるかわからない。

どうするんだろうねぇ。(-。-)y-゜゜゜
コメント (2)