ジェンゴグラス

徘徊と庭いじりに釣り

諸々

2024-05-19 18:15:05 | 日記

枝豆の種子を直播すると鳥に食われるので、ポットに蒔いて3葉になったら畝に移植です

収穫期を2回に分けよう 残りの半分は3週間後の播種だな

テグスと白色の針金を上部に張った これなら鳥も入れないだろう

畝間の底に施肥をして攪拌 10日後に葱を植える予定 土寄せもあるので畝は広く

受粉用に持ち帰ったアケビの蔓 割と活着が良いので全部に根が出るでしょう

葉を3割落とせば、より安全か

ハマナスは去年より花数が少ないような気がする 裏年ってあるのかな

それでも匂いはそれなりにある

 

我が家のライラック 去年は花が咲いたのに今年は皆無 これこそ裏年かな

少しぐらいは咲いても良いよな 何でだろう

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

旅 その288

2024-05-18 12:49:14 | 日記

今日は旅の最終日 旅と言っても8時間を掛けての帰宅です

兎に角、でっかい建物 後で分かったがエスコンフィールドだった

あと2時間で自宅か 

他の車両は分からないが、いつもより乗客は多い感じ

やっと、いわて沼宮内駅到着 自宅まで10分 帰宅したら入浴して横になろう

それにしても今回の旅は疲れた やはり歳だな 

列車はもう使わないから・・・・多分 多分だから確定ではない・・・

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

旅 その287

2024-05-17 22:46:12 | 日記

引退間近の昭和50年代製造のキハ40 

滝川駅から特急宗谷で稚内往復乗車です 何時もなら自由席なのだが、今年から自由席を

減らしたので満席になっているとか そうなれば指定席を取るしかない その指定席車両は

6割程の席が埋まった

稚内間近になって自由席の混み具合を確認に なんと自由席の方が空いているではないか

札幌発稚内行の特急宗谷

4時間弱乗車 10分遅れで稚内到着折り返しの時は旭川行の特急サロベツに

稚内に来たって証にカシャ 

自動改札機がないので乗車券は駅員に手渡し 前方で乗客と駅員と何やら会話をしていて

中々進まない 早くしてくれよ~ 折り返しの特急サロベツまで10分しかないのだから

駅舎内のセコマにも寄らず、駅舎から出てもう1枚撮ってトイレに 

気張って放○したもので、菊の御紋の方も湿っぽい ウソですっ

 

音威子府駅構内 旧天北線の線路跡はどの辺りかな 

キマロキ編成

 

特急だけど名寄までそれなりの速度 名寄を過ぎたら、線路の改修をしたのか特急本来の

速度に 同じ姿勢で長時間列車に揺られた 足は靴で絞めつけられて窮屈 歩くと少しは 

和らぐので、車内の通路を何度も往復しようかと思った つまり散歩ですが、はた迷惑だ

ろうから止めた おかげで足が剥くんで靴を履く時に難儀 かなり昔の事だけど、雀荘で

5荘をして靴を履く時と同じ感じ

 

旭川で特急ライラックに乗り換えて30分で滝川 ここも指定席 なんか・・・・・ねぇ

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

旅 その286

2024-05-16 17:27:45 | 日記

ふるさとの見える丘より美唄市街を展望

最初に来たのは10年程前で、後毎年のように来ている 展望台に昇ったのは今回で3回目 

それ以外は熊出没でゲートが閉ざされていた 展望台は劣化が進み鉄板階段から下が見えて 

階段事落ちるかと思ったさ

足腰の苦痛を我慢して、なんとかスペースカリヨン東明公園展望台に昇った

スペースカリヨンの意味は何んだろう

 

公園内は、この種の桜とツツジが見頃

 

旧三菱美唄鉄道東明駅

 

C型が6輪、D型が8輪、10輪なので、順番だならE型か でもEの文字はなかった 

外国製だから ? 

運転室には何度も入って居るから今回はパス

線路跡はサイクリングロードになっているが通行止めと熊出没の看板 

この辺り迄なら入っても良いよな 

ホームの先端からは笹藪なので間違いなく熊もいるべね

我路映画館跡

映写室だけが残った 客席はどんな配置だったのかな

あぁ、・・・・・ あちこちに、こんな光景が

旧三菱美唄鉄道我路駅跡

夏場に来ればホーム跡は草に覆われて見えないよ

旧我路郵便局

大きな局舎だから、当時の住人も多かっただろうな

10年前に来た時の画像です 入り口には美唄市我路生活館のプレート

我路に来たら、此処まで行かなければ

 

三笠市 クロフォード公園のキハ80 

経年劣化でもヘッドライトは割れないよな 投石かな ?

腐食、汚れは仕方ないと言えば仕方がないか

三笠市金谷地区 炭住群 全棟空き家でした

金谷炭住には浴室が無かったのか 

北炭幌内変電所 

変電所裏手には散策道 大勢なら行ったかもしれないが、一人なので怖くて

行けなかった

 

 

幌内炭鉱遺構 何の施設だったのかな

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

旅 その285

2024-05-15 17:24:42 | 日記

あさひかわ北彩都ガーデン 

読み方はホクサイミヤコ ガーデンとばかり思っていた 

園内に入って見たらキタサイト ガーデンだった 日本語って難しい

 

美瑛駅 

観光地なので駅前は人通りが途切れない 人通りが無くなるまでじっと我慢 

タイミングよくDECMOが入線 

折り返しで旭川行に

美瑛の丘 北西の丘ビラミット展望台 

快晴で樹々がもっと緑だったら良かったが 雨が降っていないから良しとするか

またしても空知川堤防の散歩です

排雪場の雪 何時になったら融けるのかな

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

旅 その284

2024-05-14 13:37:17 | 日記

砂川市 滝川公園内の啄木歌碑

読めません 後で歌詩集を見たら

空知川雪に埋もれて

鳥も見えず

岸辺の林に人ひとりゐき

 

公園の所在地は砂川市でも滝川公園 

境界変更で砂川市に編入か そうなれは管理も砂川市かな 

ここはまだ良いが、他は自然に囲まれて・・・・ 次回訪問時に1時間ぐらいなら

草刈り、倒木整理をしても良いよ 依頼されたらだけど

砂川市郷土資料室

 

札幌開発建設部滝川河川事務所砂川遊水地管理センター

やたらと長~い名称で、とても立派な内部です

屋上から遊水地をカシャ

滝川市開基百年記念塔

あの町で記念塔を建設したようだ そうであれば我が町でも 

20余年前に閉鎖されて、今では負の遺産 解体するにもねぇ

展望室まで昇りたかったな

 

茂尻炭鉱の遺構を探したが、見つけられません あるとすれば山中か 

山中だと山親爺が怖くて行けません

駅裏の高台には炭住らしき建造物はあったが空き家が多かった 

撮っているところを住人に見られたらバツが悪いのでパス

茂知炭鉱を湧別炭鉱が引き継いだのであれば、雄別炭砿茂尻営業所って感じか

来た序です 隣の平岸駅にも寄った 駅舎の形 道内で何か所か目にしたことがある 

JR北海道の駅舎規格のどれかなのかな 

切符売り場にはベニヤ板ではなくカーテンが下ろされていた

平岸駅 無人駅だよな ・・・・

ヨンマル そろそろ引退か 選手交代でデクモになるのかな

 

空知川堤防を散歩していたら、男子高校生か中学生が二人 土手に腰かけて頑張って

タバコを吸う練習をしていた ケボッ、ケボッ 何でも頑張るのは良いことだ

その内に慣れるさ 堤防の右手には中学校があるな 

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

旅 その283

2024-05-13 10:50:32 | 日記

いわて沼宮内駅から乗車したのは2人 降車したのは4人かな

10時の新幹線で新青森まで 乗り換え時間内に昼食 贅沢は敵 立ち食い蕎麦です 

新函館北斗で特急北斗に乗り換えて札幌へ 

どの辺りか分からないが、特急北斗の走行速度 

札幌到着 乗り継ぎまで1時間か

目的地に着いたのは18時 ただ座っているだけで、疲れた

以前だったら、汗も流さないで疲れたとはどんな症状の事さ と言ったと思う

半年ぶりの北の大地です 明日から楽しまなければ 

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

シドケ移植

2024-05-06 16:57:00 | 日記

友人と我が家の山林からシドケを掘って、それぞれの家周辺に移植です

ガンズリ交じりの道路法面 果たして根が張るかな 自生していた場所から

もっと腐葉土を持ち帰るべきだった 

兎に角、山林と自宅周辺にシドケを増やさなくては

これ位あれば、今夜は十分だな 

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

受粉樹探しの散歩

2024-05-05 16:27:04 | 日記

アケビの他家受粉用の木を探しながらの散歩 散歩は1か月ぶりかな

息が切れて足が重い やはり散歩は続けるに限る

受粉樹は青紫色でタラコ唇のような房が付くアケビを 俺らの年代は、

それをモズアグビ(餅アケビ)と呼んだなぁ そうなれば、あの場所か

このアケビは3、4年前の草刈り時に根元から切った それでも、これまで回復した 

来月になったら途中から切り、持ち帰って挿し木だな 

先日、宅内に挿し木をしたタラの芽、ハマナスは勢いがない 半数は枯れるかもしれない

ただ、アケビだけは元気です そのアケビを食うのかって 鑑賞用ダベナ

いつまでも、此処に挿したままにもいかない それとも受粉樹と交互にして棚を作る ?

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

アケビの移植

2024-05-03 17:36:54 | 日記

一昨年の秋に種を蒔き、移植を2度 アケビの蔓を這わせる木がないので、

今回は菜園端の野菜支柱 カーポート、ヒバ、モクレンの根本に移植した

蔓を支柱に這わせて、軒天下まで伸ばしてから反対側の支柱迄伸ばす

反対側の支柱からも手前に2段で伸ばす あくまでも予定です 

車を入れる時、支柱にぶつけて曲げたので足場パイプで補強しています

幹に巻きついてくれるかな 生木に釘をさすなと言うから、結束バンドで留めるか

それ以前に同じ軸から3本の房 その種子を蒔いたのだから・・・・

他家受粉させないとダメかな まぁ、先のことだな

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする