サンズ・トーク

自分を越えたい。時にそう思っている中高年の記。

五月旅(6)スキージャンプ台

2018-05-12 08:26:41 | 
長野といえば、平成10年、長野オリンピックがありました。
そしてジャンプ競技が、白馬のジャンプ台で行われたのだった。

我々が泊ったコテージから遠からぬ山際に、そのジャンプ台がありました。



私は、こういうの始めて見たのだが、ノーマルヒルとラージヒルなのだ。
オリンピックでは、男子団体が金メダルで、キャプテンの原田が「勝った勝った。やったやった。と雪にまろびながら号泣したのを思い出します。
この日は、よく晴れていて、雪の五竜岳が鮮やかだった。



息子のEくんの話では、オリンピックで道路が整備されて随分行きやすくなった。
昔は、白馬といえば、首都圏からは行きにくい奥地だったのだという。
ジャンプ台から麓をみると、コテージ風のもの、ペンションみたいなの、スクールや関連するお店なんかがあるみたい。



北海道では、ニセコなんかが外人のスキー需要が強いという。
この白馬なんかも、オーストラリアとかインバウンドのお客さんが増えるだろう。
東アジアのスキーリゾートとして、きっと将来ますます有望なんだろうね。
いいところを、見ることができましたよ。
『長野県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 五月旅(5)白馬のコテージ | トップ | 五月旅(7) 鬼無里から戸隠へ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事