S.yamagami Blog

山上聖司建築設計室のブログです。広島市を活動の拠点として建築設計を手掛けております

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

1stプレゼン

2017-04-30 19:22:39 | 無題

山口県防府市内に計画する住宅のプレゼンを今日させて頂きました。

山口県防府市内に在住のご家族は小学1年生を筆頭に4人のお子様がいらっしゃる賑やかで明るい6人の家庭です。

私共の設計で3年前に完成した”防府の家”を気に入って下さり、今回の出会いとなりました。

緩やかに湾曲する道路に広い間口で接する敷地は道路より約2メートル高い位置にあり、敷地裏には小高い竹林が控えます。

道路向こうにはゆったりとした低層の住宅と田園が広がり、のんびりゆっくり時が流れる錯覚を覚えます。

プレゼンではA案、A'案、B案と3案提示させ頂きました。どの案も大開口を有するリビングダイニングには明るい陽光と爽やかな風が通り抜ける計画としております。

住宅部分面積が約45坪の木造平屋建ての計画案です。お陰様で次のステップへと移行する事になりました。

頑張ります!!

    

 

 

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

設計契約を締結しました

2017-04-29 18:39:51 | 無題

昨年5月、1本の電話から始まったPROJECTが本日無事設計契約締結いたしました。

島根県浜田市郊外で、北東に浜田市街、北西に日本海を眼下に望む270°パノラマの高台に計画する住宅のPROJECTです。
現在は雑草の生い茂る高台をこれから開発工事として敷地造成を行います。
出張等多忙極めるご主人の趣味の一つである大型バイクを生活空間内に取り込むインナーガレージ、
スポーツジムでのインストラクター等活動的な奥様の細部にわたる拘り、セカンドリビングとしても使用するシアタールーム等々、RC造2階建ての規模で、
眺望を活かした魅力的な”気持ちいい”空間造りと機能的な動線計画、収納計画、省エネに配慮した次世代にも通用する環境計画がテーマです。

1stプレゼンが昨年7月でした。以降幾度となく打ち合わせを重ね、様々な角度から検討を加え、理想に近い形での基本計画がまとまりました。

今後基本設計~実施設計を経て10月末の工事着工、来年5月末工事完成の目指します!!

       

 

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

Xデー?!

2017-04-25 13:55:56 | 無題

世界では今日がXデー?!です。

そんな日に”呉西中央・PROJECT”の地盤調査を始めました。

今月初めから既存建物の解体工事が先行して行われていますが、一部整地された箇所を利用しての地盤調査です。

今日は、調査箇所の設定と液状化検討を含み調査深度の確認等を行い、ボーリング機械の設営を行いました。

敷地は呉市内中心部にあり、敷地裏手には今は使われてない小学校の建物があります。

緑多い周辺環境に見事に融合し落ち着いた佇まいを醸し出しています。

これから1年半この環境で仕事できる幸せを感じます。

     

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

現場レポート~N・PROJECT~和室銘木~

2017-04-19 21:04:21 | 無題

N・PROJECTの現場も活気を帯びた日々が続き、仕上等仕様決定の為の打ち合わせも佳境に入ってきました。

週に1回~2回のペースで現場打ち合わせを行っています。

クライアント始め、現場からは現場監督及び工事関係者、設計からは私共とインテリアコーディネーター、ライティングコーディネーター、

製作ロートアイアンの鍛鉄デザイナー、造園家等々による最終的な打ち合わせです。

今日は、和室に使用する銘木の確認を市内の銘木店にて行いました。

店主の丁寧で分かり易い説明を聞きながら、北山杉の天然絞床柱、漆塗りの床框、琵琶床に使用する地松、吉野杉の無垢天井板(羽重張)、同杉竿縁、廻縁

茶室水屋に使う北山杉磨丸太、通棚に使用する杉柾に竹、すのこに使用する白竹、その他等々・・・

久しぶりに本物の銘木を目の当たりにして私自身も感動しました。

本物の材料と手法により本格的な和室の趣を継承しながらも、現代感覚をも取り込んだ素敵な和室に仕上がる事と確信しています。

今後まだまだ細部に渡る打ち合わせは続きますが、7月末の完成まで感動する仕事を最後まで追求したいと思います。

     


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする