S.yamagami Blog

山上聖司建築設計室のブログです。広島市を活動の拠点として建築設計を手掛けております

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

現場報告~東広島PROJECT~

2016-01-21 17:32:44 | 無題

大寒の暦通り寒い日々が続く今日、”東広島PROJECT"の第11回目の月例定例会議を行いました。

クライアント始め関係者で構成されるこの会議も大詰めを迎えました。

この時期になると決定協議議事は殆どなく、現場状況の報告と完成に向けての日程調整が主テーマとなります。

ビル名もA.I.T(Art Interigence Trust)(アイティ)決まり、2月下旬完成に向け最後の追い込みとなりました。

今月末の足場解体でめでたくカーテンコールとなります!

1階の杉小巾板型枠によるコンクリリート打放し壁も見事に仕上がりました。

外部の雑コンクリートの打設も終わりました。

1階を除き外部の仕上げもほぼ完了しました。タイルの引張りテストも合格です!

高層階を除き低層階の内装もほぼ仕上がりました。

これから様々なチェックを現場にて行います。

完成に向け気忙しい日々を迎えます。同時に緊張の日々も迎えます!!

     

 

 

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

省エネ講習会

2016-01-14 23:13:13 | 無題

昨日は午後から広島県建築士会が主催する”住宅省エネルギー技術設計者講習”に出席し、しっかり勉強してきました。

昨年秋から定期的に開催されてる本講習会の最後の講習機会でした。

事務所スタッフはこれまでの講習会に既に参加してるので、私が最後ということになります。

みっちり5時間の長丁場!、睡魔との戦いと思いきや、複雑さと、難しさに目が覚め逆に集中した時間でした。

国の施策としての省エネ施策で、2020年(平成32年)には小規模住宅まで厳しい省エネ基準に適合させる義務が生じます。

我々にとっては必要不可欠な義務基準です。

これまでの省エネ基準の評価は 一定規模以上の建物のみに課せられる”外皮性能評価”でしたが、平成25年省エネ基準では設備的な

創エネルギーを総合的に評価する”1次エネルギー消費量”の基準が加わりより厳しく複雑になっています。

今現在は努力義務ですが、4年後には適合させる義務となります。

講習会最後には修了考査もあり、久しぶりの受験生気分でした。(笑)

何とか合格点は確保し修了証明書は頂けそうですが、その必要性を痛切に感じながら会場を後にしました。

まだまだ勉強です!!

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

湯田温泉

2016-01-12 16:25:57 | 無題

昨日、”湯田温泉の家”の打ち合わせのため山口市湯田温泉町へ行って来ました。

午後からの打ち合わせに備え先ずは腹ごしらえ!

以前より是非行ってみたかった”うどんの勝一”さんへ一直線!!

混雑する手前のラッキーな時間帯に入店し、肉うどんを注文しました。

注文を受けて麺を打つらしく、暫くおあずけの時間を我慢すること12,3分・・・。

コシのある太めの麺に肉の甘みが出たのか少し甘めの出汁。評判通り美味かった!!

その後のクライアントとの打ち合わせも順調に進み、次回日時の約束をし、あっという間に約2時間の打ち合わせが終わりました。 

その後、湯田温泉でのお決まり事として温泉へ!! 

日帰りで、湯田温泉が満喫できる”温泉の森へ。

ホテルかめ福が運営するこの施設は地元の方も多数利用される温泉施設で、入浴料1,000円を払うと何時間でも温泉を満喫できます。もちろんかけ流し温泉です。

寒い中露店風呂にも入り約1時間半ゆったり、のんびり温泉での癒しタイムを満喫しました。

これで明日からも頑張れる!!

   

  


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

美術館

2016-01-09 11:54:58 | 無題

新しい年が始まり早くも1週間になります。

年始のご挨拶もほぼ一段落し、我々の業務も本格的に稼働致しました!!

今年は年始挨拶にお伺いしたその足で地方の美術館に立ち寄ってみました。

山口県周南市の周南美術博物館と、岡山市のオリエント美術館です。

周南美術館は以前より興味深い美術館で、童謡詩人 まどみちお の宇宙に浸たってきました。

岡山市のオリエント美術館は築36,7年経過するオリエント美術の収蔵品を展示する美術館ですが、この美術館は

収蔵品よりも建物そのものが好きで、久しぶりに立ち寄りました。

私が若い頃少しお世話になった建築家 岡田新一氏の設計による建物で、内部のコンクリートビシャン叩き仕上げが壮大な空間を形成しています。

築35、6年経過した建築ですが、古臭いどころか、むしろ斬新ささえ感じます・・・この異空間にしばし佇んでいました。

豊かで穏やかな気持ちになれる素晴らしい年の始まりになりました!!

今月31日に閉館となる神奈川県近代美術館・鎌倉(カマキン)にもできれば行きたいと思っています。

坂倉準三氏の設計による同美術館はあと少しで65年間の幕を閉じます。

最後の雄姿を是非見ておきたいと思います。スケジュールの調整が可能か否か???(笑)

         


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする