たしたりひいたり

+-2 gallery (プラマイツギャラリー)
の店主が綴る日々の出来事、コラム

chiclin et mitsou 展示会 06SS

2006年02月23日 | たしたりひいたり
明日24日から27日まで、今回で3度目となりました、
「chiclin et mitsou チクリンの日常着とみつさんのこまもの展」を
開催します。
明日から、順次「桜梅桃李」でご紹介いたしますが、定番の麻のコートや
シャツ、ニットに加え、ストライプのエプロンスカート、後ろだけボリュームの
あるスカートのきれいなブルーも新鮮で、手持ちのものとの組み合わせにも
悩むことなく、それでいて何かしら新しさも生まれる日常着に仕上がっています。

また、みつさんの小さな巾着袋もすごくカワイイなあ、と。
以前、ウチのオリジナルハンカチの案などお話したら、サンプルを作って
送ってくださいました。リネンのナチュラルな色目に薄いブルーで+-2の
刺繍・・・気に入りました。これで、いつもポケットにプラマイツ・・・


お近くの方は是非ご覧下さい。遠方の方もどうぞお気軽にお問合せ下さい。
通販ももちろん受付けております!


コメント (2)

ASSEMBLEのスニーカー

2006年02月21日 | たしたりひいたり
本日「桜梅桃李」にASSEMBLEのレザースニーカーをUPしました。

個人的に好みのものが店の中にあるというのは楽しい、まあ嫌いなものなど
オーダーしないので当たり前の状況ですが・・・

今、オリジナルスウェットを作るべくTWOMOONのスタッフの皆さんに
ご協力いただいているわけでして、2回目のサンプルが上がり次第
お知らせしようと思っています。

で、このスウェットにきっと合う!と感じたこのASSEMBLEのスニーカー

新しくもあり、いい意味での古臭さも持ち合わせたこのスニーカーの
雰囲気に、ベーシックでありながら、どこかユニークさを与えたかった
スウェットに合うかな、そう思って

コメント

展示会は疲れても楽しい

2006年02月17日 | たしたりひいたり
展示会に出掛けていくのはやはり楽しいもので、好みのものに出会った時は
疲れも吹き飛ぶ。オールデンのこの秋冬ではやはりミリタリーラストのものに
人気が集まっているようで、スウェード、カーフ、コードバンと出ている。
個人的には全部欲しッ、全部やりたいと思うけど・・・そうもいかないニャッ

合同展示会roomsでは、先回から気になったところから案内状も頂いていたので
見に行く。やっぱりいいところ突いてる感じでいいな~と思うが、バッティングの
問題があるしな~

今回Fullerも出展されたので見に行けば、またまた良かった。
特にハンティングジャケット風のデザインのものとツイードのコート、
これはメンズレディスとも必ず押さえたいなと。

また今回も慌しく回ってしまったけど、疲れた後の酒は美味いしね~

いつになく宿泊が横浜で、次の日は午前中にアポイントが取れなく
なってしまったので、日本新聞博物館でちょうどその日から開催の写真展
「日本の子ども60年」を観に。

これはホント行ってよかったなと。1945年から2005年までの
子ども達の姿をカメラに収めたもので、思わず笑えるものもあれば
胸を突かれるものも。40年代や50年代の子ども達の姿や表情が
なんともいえずとても良くて、じっくり鑑賞した。その中で一番心に
残ったのは恐らく右腕のない男の子の素晴らしい笑顔とその服!
笑顔にも惹き付けられたけど、そのシャツと上着のデザイン、シワの感じ
シルエットに目が奪われた。すごくオシャレだ・・・
こんな風に写真を見てるとは誰も思わないだろうが、しばらくじっと
見つめてしまった。ちょっと忘れられないと思う。

博物館を後にしてそろそろ展示会へ、あんな服ないかな・・・・と。

コメント

展示会巡り

2006年02月14日 | たしたりひいたり
明日、明後日と展示会巡りです。当初日帰りの予定のはずが一日で
回りきれないと判断し、お泊りに・・・

夜はもちろん「飲み」です。

既存のお取引のあるところと、今回もroomsへ。
roomsには一度商品を拝見したいメーカーさんが出展されると聞いたのと、
それとやっぱり新しいモノに出会える楽しみがあるから。

色々見て回るうち、眼も疲れ、足も疲れるのですが(歳かね?)
刺激も多く受け、また来場されているバイヤーの着こなしも何気にチェック。

みんな頑張ってる! いつもそう思って帰途に着く・・・

また、後日お知らせいたします。


コメント

TWOMOON  限定スウェット

2006年02月13日 | たしたりひいたり
TWOMOONの限定スウェットです。90枚のみ・・・
昔から限定ということばに弱い、と言う男は多い。 フフ 確かに
で、シリアルナンバー入り あ、オレ何番だ、お、いい番号、ラッキー
カワイイもんである。
て、思うのはワタクシだけかも知れませんが・・・

オートミールのボディに針抜きがいい感じ、そこにハンドル刺繍
「The Red Paint」 ネイティブアメリカンの詩の一節とサンライズ
マークが背中に。手間のかかる仕事で、職人さんが一日に4~5枚しか
仕上げられないという。

後ろに写るのはSさんが最近手に入れた67年式の赤いカ○○ラ
グッドコンディションで当時のナンバープレートに涙します。
スウェットにドンピシャ

Sさんに即お買い上げいただきました。

TWOMOON no.25322S   (38/40) (40/42) (42/44) (44/46)size

¥16590

残り少なし

コメント

SI-HO-SUP というブランド

2006年02月12日 | たしたりひいたり
SI-HO-SUPの入荷が始まりました。

今回のSSコレクションはワタクシは行っておらず、サンプルを
見ていなかった。商品が届き初めて目にして、やっぱりウームと唸った。
(入荷商品は「桜梅桃李」をご覧下さい)

凝ったモノ作りは相変わらずで、数型のどれを見ても「凝ってる・・・」
ベーシックなボーダーTもこんな風にアレンジ

ガーゼガウンカーディガンの着心地の良さそうな生地使いや細部の
手の込んだ作り込み、リバーシブルのプリントTやミリタリーキャスケット、
どれを見ても多くのファンがおみえになるのがホント頷けます。

コメント

nisicaというブランド

2006年02月09日 | たしたりひいたり
nisicaのウェアが入荷しました。
かれこれ2年程前になると思う。古道具店に置かれてあった
一枚のポストカードが目に止まった。きれいなブルーのシャツの
写真とnisicaの文字と所在地と簡単な地図。一見ギャラリーかな、と
思ったのだが、心に引っかかるものがあり、そのカードをいただいてきた。

いつかここに行こうと思いつつ、一年半程過ぎてしまい・・・(後悔)
昨年ようやく思い出したかのように時間を見つけて訪問。

ひと目で気に入ったショップに漂う雰囲気とオリジナルウェア

先日、初入荷です。

ビニール袋に丸めて入れられ納品、シワシワのアイテム。

コレを見たとき、やっぱりココ「nisica」好きだなあ、と。

コメント

能勢マユミさんのBag入荷しました

2006年02月07日 | たしたりひいたり
本日、能勢マユミさんのバッグが入荷しました。(桜梅桃李をどうぞ)
と言ってよいのか、能勢さん自ら当店へ納品分をお持ちいただきました。
遠い所お疲れ様でした。お買い物までしていただきありがとうございました。

いや、やっぱり「これは女心鷲摑みバッグである」という自身の言葉を
再確認、という気分。

ひとつ作るのに細やかな神経を使うことだと思うし、根気がいるのも
もちろんのこと。

でも、イメージ画もなく、作りながら生み出していくおおらかさもあり
女性の持つ繊細さに大胆さみたいなものがうまく溶け込んでいる、
そんな魅力を感じ、しみじみ眺めてしまう。

一つのバッグに麻や綿、絹、また付属に木や革などを使い、その自然素材の
それぞれの感触や風合いの違いを楽しめる、ニット作家ならではの魅力に
満ちたバッグです。


コメント

Que?の服

2006年02月06日 | たしたりひいたり
Que?の服2型だけ「桜梅桃李」にUPしました。
やはり、ここの作り手はとても「自分を持っている人」だと思う。

今の時代の傾向や流行り・・・モノを作り、売る仕事なら絶対に外せない
部分ではあるけれど、その中で自分自身を持ち確固たるイメージを崩さず
モノを作ってるんだなあ、と思う。

周りがどうあれ、流行がどうあっても揺れる事がない・・・
そういう人達の生み出す服や靴や雑貨を大切に扱うこと
そういうのが理想だなあ、としみじみ思う雪降る本日。
コメント

オールデン 6レースアップブーツ 入荷しました

2006年02月04日 | たしたりひいたり
お待たせしました、オールデン6レースアップブーツ入荷しました。

改めて見て、「やっぱりいいなあ」と思う。
靴好きな人にはたまらない良さがあるな・・・

ミリタリーラストにスウェードのベージュ、ラフな中にも品の良さを
感じさせる。

ソールはタンカーブーツと同じで、そのクッション性、履きやすさで
長時間履いても疲れない、お気に入りになること間違いない。

久しぶりに全身黒やグレイのカッコに合わせるのもいいかと。

コメント