絵じゃないかおじさん

言いたい放題、自由きまま、気楽など・・・
ピカ輪世代です。
(傘;傘;)←かさかさ、しわしわ、よれよれまーくです。

仮想はてな物語 お小説・ストーリィ 5/7 (005-1)

2016-10-12 08:14:19 | 仮想はてな物語 


      
copyright (c)ち ふ
絵じゃないかおじさんぐるーぷ



イモンガーの家は、羅城門の西の方にある湿地帯の傍の安普請のバラック小屋だった。同僚と喧嘩でもしたのか、住み込み生活から足を洗っていた。40も越えると、さすがに厚顔な奴といえども、部屋住みは気が引けるのだろうか?


それにしても不潔極まりない。こんな奴に、「食べ物商売」やらして大丈夫かいなあ? 少々心配になってきた。


その夜は、センティからのリース顔を飛ばし、イモンガーに暗示を掛けるだけにした。もちろん、この術はサヤカに頼む。私たち二人は、隙間から覗いていた。


{五位の者よ、目覚めよ。わらわは、六波羅の観音じゃ}
 イモンガーは、せんべい布団を跳ねあげて飛び起きた。眠る時まで熟睡できないらしい。可哀相にもう何もかも小心に出来ている。この私そっくり。首観音を見て、頭を板の床につけ、両手を合わせて、観音経を唱え始めた。


つづく
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あ@西国7/7(33-16... | トップ | あ@つぶつぶ(日々)852... »

コメントを投稿

仮想はてな物語 」カテゴリの最新記事