広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

■月夜が照らす浦安の計画停電

2011年03月18日 | 新浦安 地震
今日は夜7時からの計画停電。地震からちょうど1週間です。
夜は初めてです。浦安市に引っ越してきてから10年以上ですが、初めての経験です。


私の趣味の一つ。キャンドルコレクション。
今回は趣味と実益を兼ねてます。。。

イケアのキャンドルランタンは妹からのクリスマスプレゼントでした。




向学のため外へ出てみます。懐中電灯を片手に、長靴を履いて歩いて見ました。


我が家の前は防災本部です。自家発電で、電気がついています。
途中、防災委員の方々が、水道の復旧について説明をしてくださいました。




住宅の前の交差点では、停電中でも水道の修理です。お疲れ様でございます。
ありがとうございます。




信号の消えた交差点。譲り合ってわたります。





外へ出て思ったのですが、さぞかし真っ暗だろうと思った街も、今夜は月明かりで
思ったほど暗くないのです。






JR京葉線の新浦安駅は、別系統の電気があるのかな。
券売機も、ビュープラザも、お蕎麦屋さんも電気がついていました。








ブライトンホテルへの陸橋からの眺めです。








駅前では、交番の電気がついていました。
駅から降りた通勤帰りの人たちの中には、手持ちの懐中電灯で道を照らす人もいました。





日曜日の20日が大潮の満月のようです。
満月近い月は、思いのほか明るく街を照らします。
電気のなかった時代に、しばし思いをはせます。
しかし一方、電気のある現代にこの月夜を切なく苦しい思いで眺めている人々がいらっしゃるのです。





交差点は譲り合いです。車もゆっくり、先に人を通します。




昼間の間に太陽電池で蓄電する街灯は、夜でもこの通り。
これからはこうでなくてはいけないのかもしれませんね。




ホテルエミオンを照らす月夜です。
客室にもほのかな明かりがあるようです。




シンボルロード沿いを歩いて見ました。
写真よりも、実際は明るいのです。懐中電灯を必要としないくらい。
自分の影が見えます。写真には写りませんでしたが。。。




イトーヨーカドー前です。







入船中央の中庭の林からも、月はくっきりと見えました。
思いのほか、月夜が明るいことを体感して、少し驚いています。
月の光が古来から和歌にも詠まれていますが、なるほどこういうことなのか、と
街が暗くなって初めて、月明かりのパワーを、そしてその月を照らす太陽という
とてつもない光源体の威力を思い知ることです。




自宅に帰って思いました。
何だ、結局一番暗いのは家じゃないかと。。。
電気のない家は、月のある外よりも、全然暗いのです。


停電解消まで、iPadのユーストリームでテレビを見ます。
今夜の月明かりは、忘れられそうにありません。

ジャンル:
東日本大震災
コメント   この記事についてブログを書く
« ■停電の時に役立つアプリ ラ... | トップ | ■地震から1週間 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

新浦安 地震」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事