沖縄良いとこ一度はめんそ~れ!!

沖縄の美味しい、楽しい、嬉しいを。。。たまには番外編も。
ichise.sunset@gmail.com

ポークたまごおにぎり本店 北谷店

2018-12-13 19:19:19 | ランチ(中部)
おにぎりの具でポークたまごは沖縄では
定番中の定番。身近にあり過ぎて思いも
つきませんでしたが・・。

ポークタマゴおにぎりの専門店が出現
しました!


那覇空港、牧志公設市場近く、そして
ここデポアイランドにも。

店名は”ポークたまごおにぎり本店”で、
その後に支店名が来ます。
だからここはおにぎり本店の北谷店、
おにぎり本店の本店は牧志です。

ちなみに沖縄あるあるの一つ。
店名に〇〇店って入ってるけど、お店は
そこしかない、っていうのがよくあり
ます。


そんな話は置いといて、肝心のおにぎり
のメニューはこんな感じ。


おにぎりセット 1,480円

トンカツやエビフライは揚げたてなので、
衣のサクサク感とおにぎりのしっとり感
ベストマッチング

定番のポークたまごも梅しそや明太子
入りがあり、これまたイケる~♪

タコライス、ポークたまごおにぎりと
くれば次は何だ?ラフティーバーガー
なんか良さそうだけど、どうせ挟む
のなら三枚肉の方が簡単そう。

それとも健康的に人参シリシリ~サンド
ってのはどうかな?肉まんの中に
中身汁の具を入れた中身マンなんてのも
面白そうだけど見栄えが・・。

ヒラヤーチーをクレープみたいに
クルクルッと巻いて食べやすくしたら
若い人にウケる?

色々組み合わせを考えてみます。

果実酒その後の後

2018-12-12 19:19:19 | 番頭の独り言

バインが1つ97円!(税込104円)

あり得ん安さ

こんな重い物をフィリピンから運んで
100円なんて、送料と仕入れ値はいくら
なの?

そんなことより思わず安く買えたので
早速漬けることにしました。


同じくフィリピン産のバナナに、
ニュージーランドのキウイ、ご近所さん
から頂いたシークヮーサー、そして庭の
スペアミント

後ろは3ヶ月前に漬けた面々。1年は
寝かすつもりでいましたが、このペース
で飲んでいくと今年中には無くなりそう。

私が果実酒飲んで酔っ払ってる間、
カミさんはまた新しい遊びを見つけた
ようです。


石膏でできた玉です。

ペットボトルに石膏と水を入れよく混ぜ、
膨らませた風船に入れゆっくり回転させ
ます。少しすると固まりはじめるので、
そのまま放置。

翌日風船を割れば出来上がり。


こんな感じで始まった飾りつけは


日々進化を続けています。
(石膏に色もつきました)

恐竜やワニのぬいぐるみを入れたり、
色を塗ってロウソク立て?

大きさや形を変えればさらに発想が
広がり色々楽しめそう。

池上本門寺

2018-12-11 19:19:19 | 番外編

日蓮宗の大本山。門をくぐると奥には
100段近い階段が待ち受けていますが、
こんなのへっちゃら。

元々階段が好きなので、空港や駅でも
エスカレーターをあまり使いません。
(待つ&人ごみが苦手なのが階段を
使う最大の理由ですが・・)


日蓮聖人が入滅された霊跡なので、
立派な説法像もあります。


とした空気感。


お地蔵さまがお掃除中。


1607年に建立されたこの塔は、関東に4基
残る幕末以前の五重塔の中で一番古く、
国指定重要文化財になっています。


紅葉もまだ見られ


絨毯を敷き詰めたようなイチョウと
もみじの落ち葉も素敵♪


龍の手水舎で身も心もしっかり清めた
ので、きっと良い事があるはず♪

ナインアワーズ蒲田

2018-12-10 19:19:19 | 番外編
今回利用したのはカプセルホテル
とは言っても昔の雰囲気は微塵もなく、
明るく清潔感に溢れていました。
(羽田空港から京急線で11分、京急蒲田駅
より徒歩6分)


1階はフロントワークスペース
まるでお洒落なカフェみたい。


利用するフロアは当然ですが、
エレベーターから男女別々

説明書きが壁に直接書いてあるのが
楽しい。


ロッカールームで着替え(&シャワー)を
済ませ、


カプセルへ。


カプセル内は至ってシンプル。テレビや
ラジオはなく、あるのはコンセントと
照明設備のみ。飲食も禁止なので、寝る
しかありません。

ビジネスの利用が多いようで夜はとても
静か。そして戦うビジネスマンは朝5時
には始動開始。

私が8時頃のそのそとカプセルを出たら、
殆どの人がチェックアウト済みでした。

寝るだけなので設備も十分。駅も近く
ホテル周辺には飲食店やコンビニもあり
何不自由ありません。

次回出張に来た時も多分泊まります。

浜離宮恩賜庭園

2018-12-09 19:19:19 | 番外編

徳川将軍家の別邸として利用されていた
庭園(入園料300円)。


園内に入るとここが都心であることを
一瞬で忘れます。


池の形や橋を架ける場所、木々の配置等
完璧なまでの美しさ!どこから最初に
手を付ければこうなるんだろうか?

うちの狭~い庭でもまとまりがつかず
ハチャメチャなのに。。
(比べるのが間違いでした)


全長約118mのこの橋は総ひのき作り

そしてこの橋を渡った先、右に見える
建物が中島の御茶屋。無料の休憩所が
あり、抹茶などを頂くこともできます。
(抹茶等は有料)


公園の隣りは東京湾。園内にある水門
開閉して海水を取り入れた池があり、
潮の満ち引きによって趣が変わります。

海辺の庭園ではよくみられた様式だそう
ですが、現在都内に残るのはここだけ。

訪れる季節や時間を変えれば、今日とは
違う風情が楽しめそうです。