ワンアップなMacintoshマネージャーの私的センテンスVer9.2.2.

東京都昭島市の輸入車専門店「カーステージワンアップ」のマネージャー『ちょりた』が久しぶりにブログをご担当いたします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

納車★納車★ご納車★

2011年09月30日 20時19分14秒 | ワンアップインフォメーション

通常出張ご納車担当は当店スタッフ『みずっき~』

しかし洗車、車輌管理・回送、パーツ脱着、クリスタルキーパーガラスコーティングなど

作業の合間を縫ってご納車も行っているので

すでに時間がパンパン

わたくしも各お客様対応やら車輌メンテナンスやら在庫車輌写真撮影~Webアップ、

お客様の自動車保険事故処理、その他進行中のプロダクト(ふふふ内緒)を抱え込んでいるので

動きにくいことコノウエナイですが、

 

先ず第一はお客様ご納車希望日時を最優先

自分もご納車参戦とばかりに、近場ですが行ってまいりました

 

行き先は少し前の記事でも紹介した

長野と群馬のお客様の元へ伺います。

 

長野自動車道、みどり湖P.A.で一休み

パーキングからはみどり湖は見えません、たぶん。

ご成約車輌『デイムラー ダブルシックスセンティナリー』

ダイヤモンドキーパーガラスコーティングを施工したボディが輝いております

塩尻北I.C.から一般道を30分くらい走ると

管轄の松本自動車検査登録事務所(通称松本陸運局)に着きます。

全国相当数ある陸運局に行きましたが、こちらの職員さんは皆とりわけ親切

『ベストスタッフス・オブ陸運局』の称号を差し上げたい位でした

 

ご納車が終わり、中央道帰社中立ち寄った

気だるい午後のひと時を演出する諏訪湖S.A.(上り側)

なんと、みずうみが一望できる美しいサービスエリア

ブエナビスタ・オブS.A.です。

サービスエリアから一望できるキレイな景色

さらに空気も良いので、心が洗われるような気がします

当店からの走行距離はトータルで410km。和歌山まで往復すれば約1,300kmなので

たいしたことはありません。楽しんで終了です

 

 

さて、次は高崎へ向かいます。

現地でお客様でありますF様と登録書類のお打ち合わせをしてから

管轄の群馬運輸支局へ向かいました。

こちらも前記事でご紹介しました『f.Dijon』さんのパン

F様がわたくしを気遣ってランチにお持ちくださいましたありがとうございました

 

一路陸運局へ。

高崎市街から前橋にある陸運局までの一般道は

日中渋滞も結構あるので気を遣います。

 

小一時間、やっと到着です。

なんと群馬県全域の車輌登録は前橋市内のココ一箇所で行っています

水上だろうが草津だろうがわざわざココへ来なければならないようですホントカヨ~大変だなぁ

 

でも群馬県全域管轄のわりにはゆるりとした登録事務所。

郊外は穏やかでイイですね。殺伐としていませんもの。

多摩の陸運事務所なんか不慣れなヒトがいると

後ろから怒声を浴びせる輩(恐らくアホな車屋)がいます

こうゆうヤツは車輌登録を代行する前に道徳の勉強をし直したほうが良いとつくづく思います。

 

高崎ご納車も無事終了総走行距離は約300kmでした。

マニュアル6速ローダーでも少走行なので助かります。

このたびは各ご納車のお客様、ありがとうございました

ご不明な点やご要望などございましたらお気軽にわたくしまでご連絡くださいませ

 

 

P.S.ご納車時、高崎市のF様からまたもやパンのお土産をたくさんいただいちゃいました

本当に美味しいパン&ブレッドです。一度石窯パンの店『f.Dijon』にはぜひ訪れたほうが良いですよ

 

石窯パンの店『f.Dijon』
群馬県前橋市小相木町660-2 TEL:027-289-8851
営業時間:7:00~18:30
定休日:無休※年末年始をのぞく

場所はこちら 

 

また追加ご要望作業でお邪魔しますので

その節はどうぞ宜しくお願いいたします

 

 

 

 

 

コメント

9月はこれだぁ(上旬限定)!マン『MANN's WORLD』★

2011年09月26日 22時09分53秒 | ワンアップなR&Bドライブミュージック

当店HPで毎月性懲りもなく
新作R&Bアルバムをご紹介しているコーナー
『カーステージワンアップ独断と偏見DrivinセレクトCD』

 

すでに月初でご紹介しています2枚はこちら

ジャケ写より普段のピクチャのほうがかわゆい『ケリー・ローランド~HERE I AM~』

この子この先どうなるんでしょうか的新人BOY『マン~MANN's WORLD~』

 

 

は~

書いたのは8月末なのに、ブログ紹介はなぜか今

でも毎月のことなのでアップしなければならな~い

 

まぁ、この前撮影した

1971年式フォルクスワーゲンビートル1302SコンバーチブルのPC壁紙を作ってみましたので

勘弁してください

 

既にレガシーなXGA:1024×768サイズ

 

この16:9FHDは最新:1920×1080サイズ

なんとなくカレンダーも入れてみたけどいるかな

いらなきゃ言って消して上げなおすから

 

 

というわけでなんの脈絡も無いけど

今月はこれが突拍子も無くて良かったかな

 

J.R.ローテム子飼いの新人、

マン『MANN'S WORLD』です

HIPHOPのニューカマーとしてはイマイチのルックス

でもそれが憎めない3枚目を自負するマン君です。

 

いつものように当店トップページから拝借(Written by ちょりた)
--------------------------------------------

久しぶりにイケてる新人が登場しました~!まだ終わらない夏にぴったりなアイランドサウンド使いでありますMannのデビューアルバム『MANN’S WORLD』です。本名は『Dijon Thames Shariff』、ロサンゼルス出身でちょっとウェッサイ(ウエストサイドギャング系の略)寄りの彼はまだ1991年生まれの若干20歳、J.R.Rotemのレーベル『Beluga Heights Records』所属だけあってトロピカル&デビュー作らしく厳選マスト、天才的ヴォイスやライムが少し弱い感じがしますがその分キャッチーでDJリミックス的曲調の数々をインクルードしており全てノリ良くまとめてあるのはJ.R.Rotemならではとこちらも納得です。それもそのはずかつての大ヒットサウンドをてんこもりでサンプリング、すでに伝説となりつつあるLeon Haywoodの『I Wanna Do Something Freaky To You』をドラマチックに使用した『GOLD HERRINGBONE』、’90sアーバンR&B『Return of the Mack』をよりアイランド系にチューンしたラップナンバー『The Mack Feat. Snoop Dogg&Iyaz』(以前Iyazは同曲をNipsey Hussleとフィーチャしてますがその再リミックス的な感じ)、なぜここで!?Nu Shooz『I Can’t Wait』を50 Centと競演したMannのNo.1ヒット曲『Buzzin Remix』、Rihannaかと勘違いするほどLydia Caesarの強いヴォイスが冴え渡るムードたっぷりの『Wanna Go Back』、おっとこれは~ビバリーヒルズコップの主題歌を使用しT-Painとのアゲアゲナンバー『Get It Girl』、オーラスのボーナストラックはJ.R.Rotem一族の売れっ子R&BシンガーJason Deruloをフィーチャーしたオートチューンコーラスが美しい『Text』など’80~’90年代US的歌謡曲をオマージュにMann風(J.R.Rotem風でもある)にアレンジした計10曲はいい意味でデビュー及第点の仕上がりだと思いますな。9月中ならまだガンガンパワープレイしても差し支えのないニューアイランドサウンド、国内正規盤は遅れて同月リリースとなっているようですよ~。それではいつもの如くおねいちゃんが多数出演する『The Mack Feat.Snoop Dogg,Iyaz』のP.V.をご覧くださいまし★

収録曲:

1. Intro
2. Gold Herringbone
3. The Mack (ft. Snoop Dogg & Iyaz)
4. Buzzin (ft. 50 Cent)
5. Wanna Go Back
6. Get It Girl (ft. T-Pain)
7. Reminisce
8. Dance The Night Away
9. Shaded Up Chillin'
10. Bonus Track: Text (ft. Jason Derulo)

 

昨今、ちょっとブームになっている

夏を想わせるアイランド系使いでもあるマン。ジリジリアツいサマーにぴったりなCDなんですな。

 

スヌープ・ドッグをフィーチャーしたが

完全に呑まれているP.V.(笑)

夏っぽい。例に漏れずおねいちゃんもいっぱい

しかぁしすでに日本は寒くなっちゃった

この先ちょっと痛いかなこのテイストは

 

次は間髪入れずX'masヴァージョンでも出さないと

みんなに忘れられちゃうよ、マン

 

 

ほか、ケリー・ローランド『HERE I AM』の紹介も当店HPにアップしておりますので~

ご覧下さいましな

 

 

 

 

コメント

台風15号去る★

2011年09月21日 20時14分27秒 | ワンアップなメンテナンス

いやはや直撃しましたね台風15号

まれに見る暴風&雨でショールーム前も水浸し

 

うわ室内にも浸水してきた

シャッターを閉めて応戦

当店在庫のジャガーソブリンも店頭で暴風に耐えております。

 

でもこんな日でもX300型ジャガーXJ6の電動格納式ドアミラーの整備で

お客様がお越しくださいました

東京都のT様、ご来店ありがとうございました

 

そんな当店ショールーム内では各作業が着々と進行中

わたくしはニューカマーX308型『1998年式ジャガーXJ8 3.2』の撮影

18インチOZオペラAWが似合うX308走行距離も5.7万kmとまだまだこれから

それよりも、ジャガー東京スタッフさんも羨むボディーカラー『アマランス』

品のあるダークパープルのパール色は超稀少 実におしゃれです

 

もうすぐ当店ホームページ及びGoonetにアップしますのでご覧になってください

 

 

 

ほか、当店スタッフ『みずっき~』は

埼玉県N様からご依頼承りましたX40型ジャガーの

パワーウインドウ修理&ウインドウガラス交換を施工中

パワーウインドウレギュレーター不良によるウインドウガラス脱落、

それによりガラスに傷が付いてしまいました。

ウインドウを外すため、サッシレールを外します。

X40はさすがのオーバークオリティ、しっかりとした造りこみです。

レギュレーターはレールも含め6箇所で留まっています。

外したウインドウレギュレーター。

一見問題なさそうですがモーターとギアーが逝ってしまってます。

レギュレーターとサッシレールを外すとウインドウを取り出すことができます。

今回は価格もお手ごろな中古パーツをご希望とのことで

問題の無い良品を調達しASSYで交換

 

当店はジャガーX40・X300・X308を主に取り扱う専門店です

その他AT、エアコン、イグニッションコイル、時計液晶、オーディオetc~の不良等

大きなことから小さなことまで

作業内容やパーツをご相談の上、整備承りますので

お気軽にお問い合わせくださいませ 

 

 

コメント

デイムラーセンティナリーご成約ありがとうございます★

2011年09月13日 21時49分52秒 | ワンアップインフォメーション

1993年式デイムラーダブルシックス(シリーズⅢDD6)から、

X300系ロングボディのジャガー/デイムラーへのお乗換えをご検討されていた

長野県のS様がご来店くださり、

入庫したばかりの1996年式デイムラーセンティナリー(LWB)を

ご成約いただきました

後ろに控えていらっしゃる魅力的な女性は奥様です実はS様のマネージャー役です。

 

センティナリーという称号は『記念すべきワンハンドレッド』とか

『ミレニアムな事象』などという、特別なグレードを意味するもの

その名のとおり世界限定100台という稀少性がゆえ

最終型V12エンジンやコノリーレザー、専用ウッドトリムなど、特別装備が奢られている

デイムラーの中でも他の追随を許さない至高なモデルとなっております

 

そんなセンティナリー、

一つ上行くセレブな雰囲気を醸し出すS様に用途を伺いますと、

なんと『主に新郎新婦の送迎で使用したい』とのこと

 

そう、S様はホテル『ラ・ネージュ』のオーナー様でした

こちらがラネージュのエントランス。すばらしい

白馬で美しいホテルの代名詞と謳われる、

ラ・ネージュ 東館』で行われるセレブレーションで使用するため

当店のセンティナリーをお求めくださいました

 

結婚式での新郎新婦の移動やVIP客の送迎に

特別なデイムラーをお使いになるのはそれこそ『センティナリー』

これからぜひご活用くださいませ

ジャガー/デイムラーの如くブリティシュデザインで纏められたリゾートホテル『ラ・ネージュ東館』は

美しい英国の香りを彷彿とさせてくれます。

さらに日本でも屈指の観光スポットである白馬に位置もしており、

その軽井沢を超えたハイソサエティーでインターナショナルな雰囲気は

必ずや人生の中で想い出に残るひとときを演出してくれることでしょう

 

 

長野県白馬にある美しいリゾートホテル『ラ・ネージュ東館』はこちら

わたくしもオフにぜひ訪れたい

いやいやその前に、

センティナリーのご納車、宜しくお願いいたします

 

 

コメント

前橋のスペイン製石窯パン『f.Dijon』のオーナー様ご来店★

2011年09月12日 22時35分46秒 | ワンアップインフォメーション

あ~先週は忙しくブログが一日も更新できてない

ひさびさの無更新ロングランお恥ずかしい

 

そんなこんな、ご成約や整備入庫も多かった先週、

群馬県前橋市で『f.Dijion』という石窯を使用したパン工房を営むオーナー、

F様がご来店くださいました

おみやげもたくさんお持ちくださいました

スタッフ皆で美味しくいただきましたありがとうございます

ちなみに店名の一部であります『Dijon』とは

フランス中部にあるコート=ドール県庁所在地の地名を冠したとのこと、

ここでパンやパティスリーの修行を詰んでこられたそうです。

その後、日本で『f.Dijon』を開業。

さすがのフランス仕込とスペインで造らせた石窯で焼くパンは

目を閉じていただくと、いつぞや行ったヨーロッパの街並みを思い出させます。

本場のイメージを損なわない、ずっしり且つ味わい深い作品の数々は

日本ではなかなか味わうことのできない逸品です

 

前橋にあるF様のお店です おしゃれ~

右側に見えるのは、そうスペインから取り寄せた石窯(大きいなぁ

お近くの方、また駐車場もキャパ30台ですので

遠くの方も行楽がてらおじゃましてみたらいかがでしょうか

 

石窯パンの店『f.Dijon』
群馬県前橋市小相木町660-2 TEL:027-289-8851
営業時間:7:00~18:30
定休日:無休※年末年始をのぞく

場所はこちら 

 

もちろんF様は当店でお気に入りの在庫車輌をご成約

ただ今鋭意整備~仕上げ中ですのでもう少々お待ちくださいませ

 

 

 

コメント

東京都のKAI様がご来店くださいました★

2011年09月03日 16時52分43秒 | ワンアップインフォメーション

当店でフィアットニューパンダをお求めくださいました

KAI様(ブログハンドルネームです)が

車輌の調子を診て欲しいと、

お忙しい中ご来店くださいました。ありがとうございます

 

LLC~エンジンオイル~ハイテンションコード~バッテリー電圧容量、

タイヤ~下回りなど一通りチェックさせていただきましたが

気になる問題点も無く、非常に丁寧にお乗りになられていることが

垣間見える車輌状態

ニューパンダくんもKAI様のもとで生活できて嬉しそうでした

 

差し入れもお持ちくださいました

東京ばな奈とシュガーバターの木をいだだいちゃいました

『東京ばな奈』は東京みやげの代表格かと思いきや

実はあの『銀のぶどう』を展開する阿佐ヶ谷の『グレープストーン』が造っているとのこと。

なので杉並区では阿佐ヶ谷土産としてお遣い物にするそうです。知らなかった

お心遣いありがとうございますスタッフ皆で美味しくいただきました

 

 

KAI様は愛犬『Kaboo』ちゃんを題材にしたブログを開設しています。

愛犬のことから昨今の世情まで興味深く考察されており

楽しめるブログですぜひ一度訪問してみてください

 

KAI様ブログより、愛犬『Kaboo』ちゃんをご紹介

空間デザイナー・ディレクターであるKAI様、

ご職業柄、愛犬への着眼点がすごい。

Kabooちゃんの走り方がアンダーステアゆえ

それが約7:3の重量配分から来るフロントヘヴィから来るものだと推考されています。

 

 

でも本当にお仕事が忙しそう 国内だけではなくアメリカやイタリア、ドイツの

クライアントとも折衝しプロジェクトを進行されているとのこと、

海外渡航も多くこなしているご様子なので

くれぐれもお身体壊さないようご自愛くださいませ

 

 

 

コメント

アルファロメオ166、今度はオルタネーターが飛ぶ★

2011年09月02日 18時12分19秒 | ちょりたのちょいワザ

わたくしのおかしな愛車、アルファロメオ166 2.5V6、

年に1回は必ず大きなトラブルがやって来ます

いいデザインなんだけど良く壊れる

今年も外し無しでトラブル到来、それも2度目。来なくてもいいのに~

走行中いきなりエンスト~不動に陥る

お気楽予想でバッテリーがイカレたのかと思ったら

 

なんとオルタネーター(発電機)が逝ってしまいました

発電しません。こんにゃろ~また壊れやがって

バッテリーテスターではオルタネーターがオカシイという表示が出ています

さて、このままではいけないのでオルタの交換をします。

動かすのは困難なので自宅の車庫でバラします。

右フロントタイヤを外すとオルタの頭が見えます。

 

タイヤハウス内側、インシュレーターを外すとこんな感じ。

こんなに丸見えでいいのかねっていうくらいのベルト周りの動画ですぜ

バッテリーをフル充電すると10分位エンジンは回ります、がそのうち止まっちゃう。

まぁ、発電しないからアタリマエか

それからオルタがダメになったとき特有の、

なんといいますか電気製品が燃えたようなニオイがあたり一面に充満してきます。クサイ

 

 

ハイ次~Vベルトを外す。オートアジャストのテンショナーに掛けるナットが16mm、

家にはメガネレンチ16mmが無いでやんの

ので、モンキーを咬ませてテンションを下げ、固定穴に六角棒を入れて固定します。

べろべろには緩みません。若干弛む程度ですが、十分これでベルトは外れます。

 

166のメンテナンスソフト

タイロッドエンドを外せと書いてある。

では外します。

タイロッドエンドはアームナックルにかなり固く刺さっており、なおかつナットで締め付けてあるので

タイロッドエンドプーラーを使わないと外れません。

エンドにプーラーを咬ませ、こじ開けナットを様子を見ながら慎重に回します。

テンションがかかって来たら、矢印の箇所をハンマーで叩くと

いきなりガコンとタイロッドエンドが外れます。

でも、実は外す必要がありませんでした。書いてあったじゃ~ん

 

さて本体に手を掛けます。

オルタは2本のボルトで留まっているだけ。

しかし下側ボルト頭がプーリーの一つと干渉しているので

6mmヘキサソケットを使いこれを外します。ロックタイト処理がされているのでやたら固いです。

それから裏側に端子が2本あるのでこれも外さないといけません。

これはミニラチェットがないとダメ。大きいと入りません

ちょうどオルタの裏側にはエンジンオイルフィルターがあり、これが作業上かなり邪魔。

外してスペースを作り、手探りでナットで留まった端子を回して取ります。

さぁ、外れました

だが~周りが狭くてここから出せない。

スタビライザーリンクのステーも邪魔。なので、これを外します。

ようやくクリアランスができ、オルタを取り出せました

純正だとボッシュ製、品番:0 123 510 095。120アンペアものがインストール。

なんと新品価格17万円うひょ~高い

 

オルタネーターの無いエンジン下部。今回は意外に整備性が良く助かった

外した箇所は元に戻し仮留めしておきます。

 

ついでだからオイルフィルターとVベルトを同時交換しちゃいましょう。

さて、アルファロメオ所沢、サービスの行方(なめかた)さんに一式発注しなきゃなぁ~

 

 

 

コメント

8月はこれだったぁ!西崎信太郎セレクトV.A.『URBAN NEXT-INDIE R&B 2』★

2011年09月01日 14時23分25秒 | ワンアップなR&Bドライブミュージック

当店HPで毎月性懲りもなく
新作R&Bアルバムをご紹介しているコーナー
『カーステージワンアップ独断と偏見DrivinセレクトCD』

 

あ~このごろ停滞中の本ブログ

気が付けば1週間に1~2回しか更新していない

さらに気が付けば

8月のセレクトCDを紹介していなかった

 

すでに9月分として当店HPにご紹介していますのはこちら

笑顔がかわゆい『ケリー・ローランド~HERE I AM~』

威勢張ってるケドどこか憎めない『マン~MANN'S WORLD~』

当店CDブースには日頃うちのボス(社長)が自分セレクトで買ったR&Bアルバムが

500枚くらいにふくらんでおります

毎日ボスはその日の気分でこの中の一枚をチョイス、ショールームで流しています。

そうすると彼は機嫌が良くなり、たまに踊ったりもしています。

ので好きに聴かせておきます(笑)

 

ふふふ

 

でですね、すでにHPから落としちゃったのでもう見れませんが

実は8月はボスの指示で次のコンピ3枚を紹介してました。

R&Bを語らせたらヲタク並みの掘り下げ度『西崎信太郎セレクトV.A.~URBAN NEXT-INDIE R&B 2~』

大手コンピを侮るなかれ『ビクターオフィシャルコンピ~THE PARTY~』

ボスは好きだけど…『DJ KAORI~DJ KAORI'S PARTY MIX 2~』

 

 

毎度のことながらキャプション書くのはわたくしCD3枚で原稿用紙約7枚分の文字量なのでかなり大変

でもその中でも印象に残った一枚はこちら、

西崎信太郎セレクトV.A.『URBAN NEXT-INDIE R&B 2』でした~

スチル現場で行き詰った挙句、急遽モデルさんに背中ヌードをしてもらったとかいうジャケ写

右わき腹のちょっとしたボコボコがセルライトなのかが気になる。

それよりも背中のロゴは描いたのか影なのかデジタルで貼り付けたのかが気になる。

 

いつものように当店トップページから拝借
--------------------------------------------
昨年6月にご紹介した『URBAN NEXT-INDIE R&B』に次ぐ待望の第2弾、今は無きHMV渋谷の元店舗スタッフ兼R&Bバイヤーの西崎信太郎氏セレクトV.A.『URBAN NEXT-INDIE R&B 2』のご紹介です。現場で数々エンドの声を多く聞いてきた経験と、プロデューサーとしてひとつ上行く西崎氏が愛してやまないR&B、その彼がインディーズを探しまくってリスペクトしたアーティストの楽曲をレーベル『BBQ』のスタッフがコンタクト~ライセンスにこぎつけ本作に収録。『クオリティーの高いリーク音源を集めたR&Bコンピを作ろう』というコンセプトだけあって普通のV.A.とは一線を画す、マニアックですが敷居が低いという絶妙な選曲となっております。J-WAVE的イントロを経るとそこはキラキラ感溢れる美メロが満載、中南米ケイマン諸島出身のボーカルユニットThE iZ(西崎氏がきっかけでUSインディーズから日本デビュー)がアイランドテイストにチューンしたBlackstreetのカヴァー曲『Joy』、Barry White『Love’s Theme』のサンプリングで爽やかに始まったと思いきや瞬く間にフロアラップなモードに切り替わるChris Echol『Show The World』、80’sサウンドを髣髴とさせるベースラインが特徴的なRANTZ『One Girl Feat.Blair Taylor & G-Eazy』、CDとして日本には入っていないニュージーランドのアーティスト、Pieter Tのコーラスヴォイスとダウンビートが心地良い『Something Else』、これは売れ線Latifのスター・ゲイトプロデュースでありますセツない『Don’t Wanna Be』、こちらもメジャーなTaj Jacksonのメロディアスナンバー『Here I Stand』、クリアなヴォイスが胸キュンなUK R&Bの新人Ramzi『Pretending』、日本人が好きそうなメロディーラインを紡ぐ日本人のツボを押さえた日本在住のシンガー、Matt Cab『It’s Alright』など珠玉の計19曲の構成はさすが西崎氏ならでは。本当はR&Bビギナーに聴いて欲しく、これらの『楽しさ』『面白さ』『新鮮さ』をシェアできれば最高とのこと恐れ入ります、使命感あるプロダクションは商業主義を軽く超えちゃってます。

収録曲:

Tr1. Intro
Tr2. Joy / ThE iZ
Tr3. Right or Wrong / LEE CARR
Tr4. Show The World / CHRIS ECHOLS
Tr5. One Girl feat. Blair Taylor & G-Eazy / RANTZ
Tr6. Would You Love Me (2011 Remix) / UNESS
Tr7. It Don't Seem Right / TREY SMOOV
Tr8. Something Else / PIETER T
Tr9. Without U / EHSAN
Tr10. Don't Wanna Be / LATIF
Tr11. Club Love / TROY JAMZ
Tr12. Here I Stand / TAJ JACKSON
Tr13. Knight in Shining Armor / JUSTIN GARNER
Tr14. Nigerian American Idol feat. SauceKid / MEAKU
Tr15. Hood To The Mansion / MESHUN
Tr16. Puppy Love feat. Marcus Voyce / JAHRON B
Tr17. Pretending / RAMZI
Tr18. It's Alright / MATT CAB
Tr19. Song For The Broken Hearted / LEE CARR

いやぁ、渋いところを突くオリジナル&リミックスの数々は西崎氏ならでは。

商品として、安心して買える『西崎レーベル』は確立しています

昔はCDもお店でさんざ選んで買ってたもんなぁ。

今じゃインターネッツでぽちっと落ちてきて終わり。楽だけど味気ない。

西崎氏も言っているように

『CDショップに行って買うのも楽しみの一つ』であることを思い出しました

 

Tr4、『Show The World』でサンプリングされているBarry White『Love’s Theme』

なつかしい~わたくし小学1年のころ。

やっぱりこの曲といえばキャセイパシフィックだよな

ナレーション『きゃせぃぱせぃふぇぃっく』で頭クラクラ

当時は海外旅行なんて高嶺の花。

でも高度成長期に打ったこのCMは、多くの日本人がオリエンタルでエキゾチックで爽快な渡航気分を

心理学的に昇華させてくれたに違いありません

いわゆる、このようなミクロレベルでの射幸心、向上心の数々が

今の日本を形創ったといっても過言ではないでしょう。

故田中角栄首相。分かってはいるけど

彼のように強引に纏め進める指導者が、早急に必要でしょうね。

 

 

 

コメント