ノースさんの競馬日記

競馬の重賞レースの予想が中心のブログです。(2010.2.13設置)

Copyright (C) by ノースさんの競馬日記 All right reserved.

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

予想・東京優駿

2013年05月25日 10時27分46秒 | 競馬
<東京優駿>
◎08ロゴタイプ
○01キズナ
▲09エピファネイア
馬連 1-8-9 BOX馬券
コメント:
波乱続きのG1戦線ですが、有力馬が上位に来たのが
皐月賞です。
特にロゴタイプのレース振りは抜群で安定感があります。
朝日杯当時は距離が伸びてどうかなという心配もありましたが
マイルから2000mの皐月賞まで全く問題のないレースでした。
ローエングリーン産駒ということで1800m前後のイメージがありますが
シングスピールの血が入ってますから問題はないでしょう。
枠順も良く本命はこの馬です。
対抗に重賞を連勝してきたキズナです。
追い込みにかけるこの馬にとって最内枠は諸刃の剣です。
直線でうまく前が開けば絶好の展開ですが、馬群をさばくのに手間取るようなら
脚を余すこともありそうですね。
3番手にエピファネイアです。
血統的にこの馬が一番距離適性がありそうなのですが
ハイペースの皐月賞でも抑えるのに苦労してましたからこの距離でどうなんでしょうか。
うまく折り合えば前記2頭を差し切る力は充分ありますね。
コメント   トラックバック (14)

予想・優駿牝馬

2013年05月18日 20時38分47秒 | 競馬
<優駿牝馬>
◎01レッドオーヴァル
○05デニムアンドルビー
▲04アユサン
△13エバーブロッサム
馬連 1-4-5-13 BOX馬券
コメント:
通常は桜花賞からの直行組が強いオークスですが
桜花賞が意外な結果だったので今年は波乱含み。
ほとんどの馬が2000mまでしか走ったことがないので
長距離特性やこのレースのみ激走するパターン等
いろいろと考えたのですが難解です。
結局、ディープ産駒のBOXにしました。
本命はレッドオーヴァルです。
一気の距離延長になりますが押さえの利くタイプだし
なんといっても東京の長い直線で末脚は魅力です。
対抗にデニムアンドルビーです。
フローラSが強い競馬でトゥザヴィクトリーの近親という血統的背景も魅力充分。
3番手に桜花賞馬のアユサンです。
距離は大丈夫なんでしょうが前走でかなり馬体を絞ってましたからね。
4番手にエバーブロッサムです。
長く良い脚を使えるタイプで勝ちきれなくても連下なら。
コメント   トラックバック (11)

予想・ヴィクトリアマイル

2013年05月11日 19時59分44秒 | 競馬
<ヴィクトリアマイル>
◎06ドナウブルー
○02オールザットジャズ
▲17サウンドオブハート
△13レインボーダリア
馬連 2-6-13-17 BOX馬券
コメント:
ジェンティルドンナがいれば絶対的な存在ですが
妹がいないのならここは姉の出番です。
成績は少し不安定ですが昨年のこのレースが2着、
秋のマイルCSが3着とマイルG1では強いです。
鞍上もウィリアムズ騎手と万全の体勢です。
対抗にオールザットジャズです。
昨年と同じで福島牝馬Sを勝っての参戦です。
昨年との違いはうまく内枠に入ったこと。
3番手にサウンドオブハートです。
この馬のすごいところは全レース4着以内の成績で
非常に安定感があるところです。
切れる馬なので馬場状態が回復するかが問題。
4番手にレインボーダリアです。
こっちは逆に重馬場で浮上ですね。
コメント   トラックバック (12)

予想・NHKマイルカップ

2013年05月04日 20時10分18秒 | 競馬
<NHKマイルカップ>
◎10ガイヤースヴェルト
○15エーシントップ
▲06レッドアリオン
△14ローガンサファイヤ
馬連 6-10-14-15 BOX馬券
コメント:
1番人気のエーシントップ、6戦5勝で重賞3勝と抜群の成績です。
しかし3倍台のオッズと意外に人気がないです。
それは圧倒的な強さを感じないからでしょうか?
1番人気馬があまり勝てないレースというのもあり今回は対抗止まりです。
本命は毎日杯2着のガイヤースヴェルトです。
前走はキズナに完敗ですが、他馬との差も感じさせるレース内容でした。
キャリア3戦とまだまだ上積みもありそうで、このレースで良い成績を残している
毎日杯からの参戦というのも良いですね。
3番手にニュージーランドT2着のレッドアリオンです。
勝ち馬のエーシントップとはクビ差、圧勝した中京でのレース内容なら
左回りに変わる東京なら逆転も可。
4番手に唯一の牝馬のローガンサファイヤです。
オープン特別勝ちからの参戦で上位に来る馬は少ないですが
前走の後方一気の末脚は魅力十分です。
コメント   トラックバック (8)