ばいくのりのクライマー

仕事のあいまにクライミングなんて生活は嫌だ!
クライミングのあいまに仕事でしょう。

GW青葉合宿雑記1   ちょっと反省。

2007年04月29日 | 青葉


■最終日の帰り際に撮った集合写真。(撮影:CODA)

今回の青葉でのクライミングを振り返ってみると。
自分の登りたいルートを登りまくってただけでした。
まあ、クライミングに行ったののだからそれでいいのだけど・・・・。

むらとんは、自分の課題を登りながらケロちゃんの面倒をキチンとみてたし。
GAIDAさんとはっしーは、ふーじんの面倒みてた。
CODAさんは、あんなに登りながらビデオ撮ったりkellyの面倒をみてたよな。

そう思うと俺は?????

人のビレーは結構したけど、本来同じ山岳会のふーじんの面倒をもっとみてあげた方がよかったのかな?
kellyも同じジムの俺がもっと声を掛けてあげた方がよかった気がする。

でも、ムラ&けろやGAIDA&ふーはツガイだからいいのか。
俺は、英語苦手だからkellyの世話は、CODAさんでOK。

なんだ、結局登りまくりでOKではないですか!

あえて言えば、絶不調で落ち込んでいるGAIDAさんには、やさしく声を掛けてあげたかな?
(↑追い込んでいたとも言うけど。こんなチャンス滅多にないから活かさない手はないよな。)

Comments (2)

いわき GW青葉合宿 4/28~30 三日間登りまくりじゃ!

2007年04月28日 | 青葉


■CODAさんが撮ってくれた写真。

今年のGW、『青葉合宿』でスタートです。

■参加者名簿
ZCC:CODA、はっしー、GAIDA(28,29)、もっちん、むら&けろ、うっちー(29,30)
B2:kelly、総長(29,30)、斉藤(30)
8.5φ:わに

■宿泊
湯の岳山荘 1泊1360円(今回は、和室8畳を3部屋取りました。)
広いキッチンは、食器やオーブン、レンジ完備で使い放題。
風呂のシャワーの出が悪いのがたまに傷。
和室8畳は、綺麗で眺めがよい。(TVも見れますよ。)
コテージだともっと安い。
さらに、岩場から20分の近さ。

■合宿1日目(4/28)



■「パコの指11C」を登る総長。(4/29撮影)

ブルセラに、朝5:30に自宅でピックアップしてもらい岩場へ。
8時過ぎには、岩場に到着。
ブルセラは、岩場までの距離に関係なく必ず8時前後には岩場に着くから不思議だ?

今日の青葉も貸切状態。
岩場には、まりちゃん夫妻が来ていてビックリ。
他には、Jの顔見知りの2人がいただけ。

前回きた時に10台の課題は大体登ってしまったので、アップでいきなり「パコの指 11C」を登ることにしてみました。
また、アップしないでいきなり登る悪い癖が出てしまいました。
取り合えず、ヌンチャクを掛けながら核心のムーブを探ったら、何かひらめきました。('-'*)
少し休憩して再度チャレンジすればRP出来そうの感じです。
ロープを外していると、
CODAさんが、
「もっさん、俺が隣のルート登って上からVTRとるから直ぐにもう一度登って!」だって。
「え~~~。ま、まじですか!」と言っている間にCODAさん隣のルート登ってしまって上で待機してるし・・・。o(T□T)o
直ぐにロープを結んで、RPトライ開始。

そしたら、
お~~~。登れてしまったではありませんか。(゜▽゜*)
我ながら、ビックリです。
早速、成果出してしまいました。



■「ストリートダンサー11C」を登る総長。(4/30撮影)

その後、広場エリアに行くと「ストリートダンサー11C」で盛り上がっていたので、
早速「ストリートダンサー11C」に参戦。
FLトライは、核心の小さいポケットに指がなかなか入らず失敗。
このポケット少し斜めに入れると、指が太い人でも2本は入ります。
他の人の登りをガバ見して、再度チャレンジしたら2撃でRP。
あら~~~。
俺もしかして、絶好調ではないですか!

でも、その後は、数で勝負する事に方針変更して、kellyやGAIDAさんと簡単なルートを登っていました。
夜は、昼撮ったVTRを見ながらの宴会。
OSだけでなく、失敗したVTRもあり大笑いの中夜は深けていきました。

■合宿2日目(4/29)

朝一番で、総長とうっちーが合流してきて、岩場はさらににぎやかに。
今日も岩場は、我々だけの貸切状態です。

今日の目標は、「カエルの喉チンコ 11C」と「スーパー爺っち12A」です。
軽くアップして、「カエルの喉チンコ 11C」にヌンチャクを掛けにいくと、ホールドは確かにガバなんだけど、意外にホールドの向きが悪かったり、足がいまいち無かったりで、結構疲れる。
さらに、終了点のマントルの所が悪い。
2撃で登りたかったが、途中力を消費しまくり失敗。
でも、マントル部はリーチを活かした良いムーブが出来たので、直ぐに3便目を出し無事RP。



■「スーパー爺っち12A」を登るムラトン。

その後、CODAさんとむらとんと「スーパー爺っち12A」を登る事に。
これは、なかなか手ごわいルートです。
下から見るより傾斜がきつくて、3クリップの右のホールドが激悪です。
さらに、上部のホールドは内部から染み出しが酷いです。
まあ、明日にはホールドの状態も良くなるだろうから、今日はムーブを固めて置こうと言う事に。
でも、このルート背筋と指にキツイです。
CODAさんとムラトンは大体ムーブ固めたようですが、俺は全然ダメダメでした。

夜は、またVTRを見ながら宴会。
あぁ~楽しいと本当に時間が経つのが早いな。

■合宿3日目(4/30)



■「トライアングル直上12A」を登るCODAさん。

よいよ、合宿も三日目に突入です。
砂岩の三日目は、辛いです。
何がて?
指の皮がなくなってきてひりひりして辛いのです。
身体も辛いですけど。
CODAさんは、初日からのモチベーション維持して今日も朝から全開ですけど。(;゜∇゜)
この人チョットおかしいです。
Kellyも「CODASAN NO MOTIBE-SYON HA SUGOI DESUNE!」と驚いていたし。

さて、今日は何としても「スーパー爺っち12A」を登りたいところです。
CODAさんは本日1便目から、PR狙いです。
さすが、1便で終了点までサクサク登って行ってしましたが・・・・。
マントル返せず撃沈。
でも、次であっさりRP。
とむらとんとも続いてRP。
お二人とも流石です。
結局俺だけ居残り状態。(;>_<;)
でも、はっしーが参戦してきてくれたのでチョット安心。(←何が安心だがわからんけど?)
かなりムーブは固まったけど、もう指は痛いし保持力が落ちていて核心の一手が止まらない状態。
あと一手だけど今日は諦めました。



■岩陰に出張コンパニオンを呼んでマッサージをされている、エロ大魔王。



■三日目なので、岩陰でまったり。

夕方からは、総長、斉藤さん、もっちん、うっちーの4人で「垂壁の逆襲11C」大会。
もう帰る時間なので、4人早まわしです。
落ちたら即降り、次の人はシューズを履いてロープを結んで待機。
一人が登り始めて、3分くらいで落ちてくるのでまるで回転寿司のようにぐ~るぐ~る。
左隣では、むらとんとCODAさんが「プロジェクト」を2人回転寿司で登っているし。
最後の最後までこんなに登らなくてもいいのでは・・・・。

「垂壁の逆襲11C」は、うっちーが1抜け。もっちんが2抜け。斉藤さんが3抜け。総長は残念ならが時間切れ。
「プロジェクト」は、CODAさんが1抜けで、むらとんは時間切れ。

最後に大いに盛り上がり合宿終了。

帰りは、GWなのに空いてる高速を快適の飛ばして帰り22時前には帰宅。
CODAさん行き帰り運転ありがとございました。
合宿のメンバーの皆さんお疲れさまでした。ヘ('◇'、)/~

他の人の詳細は、各々の人のブログ読んでね。


Comments (5)

B-PUMP2日記 4/25 ナカムラ塾女子校に乱入!

2007年04月25日 | クライミングジム
今日も総長がジムにいた。
貴方、毎日いますね?

1Fでナカムラさんが、ナカムラ塾女子校をやっていたので乱入した。
女子校課題やりたいのに、『もっさんはこの課題やってね。』と違う場所の難しい課題ばかりやらせられてしまう。
でも、頑張って課題終わらせて
『女の子と同じ課題を登ろうとすると・・・。』
『はい、もっさん次はこの課題ね。』と、どんどん難しい課題に・・・。
いやじゃ~~。おんなの子と楽しくのぼらせろ~~~。
でも、何か練習にはなったな。



Comment

B-PUMP2日記 4/24 あとで。

2007年04月24日 | クライミングジム
Comment

こーち!誰も食い倒れていないんですけど?

2007年04月22日 | Weblog


■初めて大阪城を見たぞ。

今日は、雨なので外岩は中止して、パンプの大阪店でジムトレーニングする事にした。
岩場に行くのと同じ位早起きして、新幹線に乗り9時過ぎには新大阪に到着。
まだ、ジムは開いていない時間なので、仕方なく新しくなった大阪支店の開催のイベントの視察兼ノウハウのレクチャーをする事にした。
結局、16時過ぎまでびっちり働いてしまい、パンプ大阪店には行けず。
帰りに、行った事のない大阪城を見て18:10の新幹線で帰ってきてしまった。
                    

帰りに少しだけ、梅田とか行ったけど『誰も食い倒れて』いないし、『漫才』をしてる人もいなかったぞ?
これじゃ、大阪て東京と余りかわらなくない?
つまんないぞ。
こーちどうなってるの?
ZCCの某関西系の人みたいに、皆『そうやん、そうやん』と言いながら道を歩いているのかと思っていたのに・・・・・。
Comment (1)