読書と映画とガーデニング

読書&映画&ガーデニング&落語&野球などなど、毎日アクティブに楽しく暮らしたいですね!

映画・関ヶ原

2017年09月04日 | 映画(国内)

 

2017年

 

原作・司馬遼太郎「関ヶ原」

 

石田光成(岡田准一)が幼い頃、豊臣秀吉(滝藤賢一)に取り立てられるきっかけとなった茶の一件から、天下分け目の戦い=関ヶ原の合戦までを、義を貫く男・石田光成を中心に、対極に天下取りを目論む男・徳川家康(役所広治)置き、他の武将や伊賀者らと共に人間臭く描きます

 

合戦のシーンの凄まじい迫力
役者さんたちの熱演
圧倒されました
ただ、熱演のあまりか台詞が早口で聞き取れない箇所が多々あったのは残念
今のリピートして!と思ったシーンが多かったです 

細かいシーンにも十分な拘りがありました
臨終間際の秀吉の顔
太った家康の太鼓腹
などなど

見事でした

 

中弛みもなく最初から最後までギュッと凝縮された大河ドラマを観たという印象
これは何度観ても面白いに違いない!
平岳大さん、伊藤歩さんも良かった♪

 

もらい泣きはありませんでした(^_^;)

 

 

 


コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 伊坂幸太郎「AX アックス」 | トップ | アンソロジー「ナゴヤドーム... »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
読書と・・・ (もののはじめのiina)
2017-09-16 11:48:00
原則では、処刑前の石田光成が歯を大切にして、後日に備えると答えるのを、敵方についた者たちを見たかったと少しいじってました。


山本周五郎を読んでいるのですね。
涙なしに読めない悲恋小説の二作「柳橋物語」と「むかしも今も」を採り上げています。
http://blog.goo.ne.jp/iinna/e/3b63b2f9c13987495e3a8b5d53902795

また、名作「よじょう」は、コロッケが「ほら吹きと武蔵」で演じましたょ。
http://blog.goo.ne.jp/iinna/e/23c47c29698a6dd01fa2e2a92fce76f2 

コメントを投稿

映画(国内)」カテゴリの最新記事