晴山雨読ときどき映画

“人生は森の中の一日”
山へ登ったり、本を読んだり映画を観るのは知らない世界を旅しているのと同じよ。
       

近くの里山でランチ

2018年04月30日 | 
28日はとんだ災難に見舞われた。諫早で所要を済ませついでに富川渓谷方面から大花山へ向かう登山口を確かめるために車を走らせた。万年の森付近の悪道で前輪の左タイヤがパンクしてしまった! 即ロードサービスへ連絡をし待つこと1時間半、レッカー車が到着。運転手さんが「携帯が通じて良かったですね。ここは分りにくくなかなか誰も行こうとしないんですよ。おまけに出るんですよ!」。「出るとはあれですか?」「そう、後ろ . . . 本文を読む
コメント

オリジナル鯉のぼり

2018年04月26日 | 日常
アチさんが自ら設計して作ったオリジナル鯉のぼり。5年の年月を経てやっと我が家の庭に登場しました。 動画をブログでアップできないのが残念です! . . . 本文を読む
コメント

近年にない見事な多良のシャクナゲ尾根

2018年04月22日 | 
例年、石楠花やミツバツツジはゴールデンウイークぐらいが見どころだけど、今年は待ちきれずに花々が咲き出す予感がし、偵察を兼ねてシャクナゲ尾根へ向かう。埋まった駐車場に間違いなく咲いていると確信した。たぶん、ネットや口コミで知った登山客が押し寄せているのだろう。無理をしないウナギテ沢~中山越~舞岳~黒木と軟弱コースで巡ることに~。 登山口までの林道歩きは新緑が眩しいほど 沢は少雨ですいすい渡れ . . . 本文を読む
コメント

春の里山漫ろ歩き

2018年04月16日 | 
歩き始めてアチさんがリュックからごそごそと何やら取り出した。燃えないごみの大きなビニール袋だった。いつも、登り口が長崎街道でもあるのに空き缶やプラスティック容器が散乱していてみっともないと気になっていたらしい。昨晩拾おうと決めたらしい。「袋いっぱいになったごみを持って歩くつもり?」と訊くと、上の集落にごみステーションがあると応える。そう云えばあったような記憶が無きにしも非ず・・・。何も言わずに実行 . . . 本文を読む
コメント

去年の今頃

2018年04月13日 | 短歌 俳句
  空豆の花 久しぶりに故郷の母へ電話すると話し相手がいないので寂しい。最近は裏に住んでいる妹や姪も忙しそうで、全然顔を見せてくれないと元気がない。私も油断していて定期便のようにかけていた電話も...... >続きを読む   昨年の記事がgooから送られて来て思い出しました。すっかり忘れてしまってた・・・。記事を書いた後で母に薩摩狂句を促す葉書を . . . 本文を読む
コメント