Sparkring Life

旧京都Sparkring Life
通って住んだ足掛け10年の京都生活を終え、神奈川に住まい中。
書く人:maiky

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【2018年7月】京都帰省③

2018年09月30日 | 【京都】Diary

さて、てらまっちゃんを後にして嵐電ごとごと。

降りたのは「鹿王院」です。

 

テーマは「濃い夏の緑、人いない」です。

南北朝時代建立とされる総門がお出迎え。

そう、鹿王院はこのテーマでありながら、とても歴史深いお寺さんなんです。

 

 

門をくぐると、青紅葉の一本道。

ここです、ここに来たかった。

前回はしとしと雨の降る8年前、5月のことでした。

(年月の経過に改めて驚く・・・)

 

ここに来るとね、足が前に進まなくなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうにかこうにか歩いてきて(そうにゃんで遊んで)振り返ります。

この道は秋になると錦色です

さあ、お堂にお邪魔します。

 

 

話題にもなっていましたが、暑さで苔が焦げてます。

シャンシャンと盛大な蝉時雨。

借景は、嵐山。

私も汗びっしょりです!

 

 

誰もいないので(笑)

 

 

「そうにゃんの夏休み」です。

私の背後には、足利義満筆「鹿王院」の扁額が。

流れた時間に思いを馳せます。

 

 

お寺の回廊って好きです。

背筋が伸びる。

この廊下を歩いて、開山堂にお邪魔。

誰もいない空間、私と仏像だけになるとちょっと緊張します。

さらに奥に行くと舎利殿があるのですが、ビビッて行きませんでした(笑)

前回行ってまだ覚えてるのでヨシとした。

(ということにする)

 

 

さて、お堂を後にして、再びこの緑の道を行きます。

 

 

光と影、好きだなぁ。

 

真夏の下嵯峨の古刹をひとりじめした満悦感に浸っていたら、

最後に門を出るときにお寺のおっちゃん(住職さんではない)に会いました。

ちょっと立ち話。

鹿王院の素晴らしいところ、それは「そのまんま」ってことみたい。

確かに、目の前にそのまんま存在してる。

「歴史をそのまま手を加えずに伝えてる禅寺なんです」て言ってた。

そしてこんな言葉も。

「まぁ、よくこんな静かなところに来たね。夏は殆ど人が来ないのに」

 そう言って笑ってくれたおっちゃん。

こういう京都が好きなんです。

 

さて、再び嵐電乗って、てらまっちゃんにコーヒー買いに戻りました。

「ただいま~」

「おかえり~」

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 【2018年7月】京都帰省② | トップ |   

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
7月も5月もきれい青紅葉 (tomo)
2018-10-02 00:28:30
穴場だそうですが、秋の人出はどうなんでしょうか?
ちょっと行ってみたいです~

この美しい庭やお堂や参道が
何百年も変わらずここにある…というか
何百年も前に、ここにあったということがすごい

そうにゃんはどこにでもフィットして
愛らしいね
10月も忙しそうなmaikyさん。無理しないでねー
Unknown (Ichino)
2018-10-04 00:22:15
鹿王院、私も青もみじが美しい5月の末に、一度訪ねたことがあります。
ほんと、訪れる人が居なくて、貸し切り状態でした
青もみじが美しい所は、秋も格別ですよね
錦秋の候を想像しながら、青もみじを楽しんでいました。
秋は素晴らしいでしょうが、人、人、人・・・でしょうね!
でも、訪ねてみたい気もします。
青もみじを貸し切りで楽しむ、ある意味贅沢ですね
あけましておめでとうございます (tomo)
2019-01-09 09:02:50
今年もよろしくお願いいたします

お元気でしたか?
10月の挑戦はうまくいったのかなぁ?
更新がないのは少し寂しいけれど
きっと前を向いて進んでおられるのでしょうね

楽しいことや面白いことに出会える
いい一年になりますように…

コメントを投稿

【京都】Diary」カテゴリの最新記事