恭子先生の教室日誌

=考える子に 挑戦する子に=

有名中学入試問題

2023-02-08 16:09:41 | 日記
新聞に 問題がでていましたのでコピーして教室に持っていった恭子先生でした。


1番の問題は分数計算です。 公文のF教材までの力があればできる?かな
生徒たちは競ってやりたがりました。


要領よくやる練習をした生徒たちは できました。
進学塾ではもっと良い解答例をだしているかもしれませんが、
小4が自力で答えをだしたことが嬉しいです。公文の教材はすごいです。
135と54を通分できるのがすごいです。

2番の問題は、簡単な数字で例を示してあげました
Aの歯数は100 Bの歯数は50 Aが2回転するとBは何回転する 答え100×2÷50=4回転
BとCは一緒に回るから」Cも4回転 Cの歯数が30個だと4回転するから動いた歯数は合計で120個になる
Dが 3回転した時Dの歯数は 120÷3=40個
そこで小4の生徒ができたのです。説明がなければもちろんこんな式はできません
塾とは違ったやり方かもしれませんが、
公文の生徒は例題から学ぶ力があり自習で応用できる力が付いているのが嬉しいです。
生徒が喜ぶのでちょっとの間だけ載せますね
入試問題ですのでカゲロウ日記ですよ

★幼児さんのお母さまから質問がきていましたが 教室の保護者様ですか
ここではなく教室でお答えしますので どなたか教えてください
お子さんやお母さまによって 私のアドバイスがちがうのです。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

オブジェ狙いの生徒がラストスパートをかけ始めた教室

2023-02-04 10:08:49 | 日記
公文式学習は学年を越えることが出来る学習方法
ちいさい子が方程式ができるようになると 上から目線で算数を理解するようになる
何のために約分をするのか 何のために割り算が必要だったのか
なのために足し算が必要だったのか

でもそんなに急に 目標が方程式でなくてもいいのです。
とりあえず 3学年先を目指してみましょう
だれが考えたのか 3学年先になるとオブジェがもらえます

キラキラ輝いて生徒たちは うっとり 欲しいなあ
オブジェは毎年3月末の進度が3学年先になるともらえます。

これは2021年度の分です。まだ並べきれずに 残りは 2階にも並べました
最後のラストスパートとは、あと2ヶ月で追いつきたい生徒たちのがんばりです。

オブジェが欲しい生徒のみなさんへ(3月末進度)
       数学     英語      国語
幼未・・・2A200    F200     2A 200
幼少・・・A200     F200     AⅡ 200
幼中・・・B200     F200     BⅡ 200
幼長・・・C200     F200     CⅡ 200
小1・・・D200    G1 200   DⅡ 200
小2・・・E200    GⅡ 200   EⅡ 200
小3・・・F200    H Ⅰ 200   FⅡ 200
小4・・・G200    H Ⅱ 200   GⅡ 200
小5・・・H200    I Ⅰ 200   H Ⅱ 200
小6・・・I200     I Ⅱ   200   I Ⅱ  200


コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「何が食べたいの?」幼児さんの返事「ごはん」

2023-01-28 09:35:44 | 日記
日も暮れた教室 
30分 頑張った 幼児さん 「お腹空いたあ~~」
恭子先生「なにが食べたいの?」なにかお菓子でもいうのか思ったら
返事は 「ごはん」でした。
いい返事だねえ ご飯が美味しいご家庭 なんと素晴らしい

恭子先生も ご飯が好き

シジミ汁 めざし 納豆 梅干し の朝ご飯
配膳の位置は 本当は 汁は右側です。でも美味しい汁のときは 左におく恭子先生です
そして お代わりをします。

水曜日の夜ごはんは 鮭缶コロッケ

手作りです。昔お姑さんが 良く作ってくれた鮭缶コロッケ どこにも売っていない
ジャガイモをゆでて 潰してマッシュポテトを作り 玉ねぎのみじん切りと鮭缶をまぜて
衣をつけてあげるだけ でも一時間はかかってしまった 教室のない水曜日じゃなければできない

あとは料理じゃない イカの沖付け たたみいわし 熱燗の中に浮かべたのはふかひれ
夜中の12時まで炬燵でうたた寝です、好きなことをやって 好きに暮らす これが健康の秘訣


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ブログ アクセスランキング

2023-01-24 07:36:02 | 日記
ブログ編集画面というのがあって、今 その画面から新規投稿のこの記事を書いています

記事投稿(新規投稿)画像フォルダ(画像の取り込み) アクセス解析 コメント管理 フォロー管理
テンプレート管理などがあります

恭子先生が関心があるのはアクセス管理です アクセ スランキングは 199/ 3,143,985 
Goo blog314万中 アクセス数の順位が199番目という意味です。
昨日は 閲覧数3419 訪問者数 1114(1人の方が 3回閲覧したという数字)
これだけの量ですから 時間のある時に。少しずつ見なければ無理というしるしですね。

記事を書く時間がない時でも 訪問くださる方は毎日1000人以上には なっています、
疲れるから友達はいらない、疲れるから自分と考えの違う人とは話をしないようにしている
こんなどうしようもない気持ちなのに アクセスランキングが今楽しみになっています。
やっぱり 人は ひとりでは寂しいのですね、

いつも ありがとうございます。
誤解があるといけませんので 最後に追記します。
もっと疲れることを頑張っています。
自分に襲った理不尽な運命と闘っている人の応援です。
運命はあきらめるものではない 闘うものです。




コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

叱り方・褒め方

2023-01-22 12:00:37 | 日記
子育ての中で難しいと思われているのは こどもの𠮟り方・褒め方のようです。
多くの育児書も 評論家たちも 教えています。
例えば M氏(小説 評論 翻訳と幅広い文筆活動で活躍されています)はこう言っています
「結婚式での出来の悪いスピーチは 褒め方が足りない ニガリを1個いれたら 3個ぐらい褒めればいいだろうと
思ったらいけない。ニガリ一個に対して20個くらい褒めるのがちょうどいい」・・・

テレビの育児相談では「性格の繊細な内気な子は怒って育ててはいけない
萎縮して ますます内気な子になる」・・・・

皆さんのご家庭ではどうですか?
家では言うことを聞かなくて困っています。
家では だらだらやるので 1枚に30分もかかってしまいます。
注意すると むくれてやらなくなります。

こどもを出来るようにさせるよりも難しいのが、学習態度を身につけさせることではないでしょうか?
ひとつ叱ったら 20褒める などの回数の問題ではありません。
叱られたことが何だったのか忘れてしまいます。
子どもの性格によって叱るか叱らないかを左右するのではありません。
内気な子は。叱られる機会を逸して成長がゆるやかになり 損をしてしまいます。

41年間 子どもたちとお付き合いしてきた恭子先生には、叱り方褒め方について答えがあります。
叱った後で 言う通りにしたことを褒めるというストーリーをつくり、最後の誉め言葉まで用意し、
自信と満足の子どもの笑顔で終わらせるのです。
ですから 必ず出来るようになることについて叱るのでなければ、この物語は成功しないのです。

教室で 恭子先生に叱られた子は、最後に必ず褒められて帰っていることを確認してください。
(お子さんが教室で恭子先生に叱られたら ストーリーが始まったと思い ご協力ください)
腹が立つから叱っているのではない証拠が、恭子先生は すぐに笑顔で褒めていることです。
𠮟る必要がないことが一番です 勉強が好きになることです
高進度の生徒は 自分に誇りを持っていますので、叱ることがありません。
コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする