あずきの鼻ツン日記

黒豆柴あずきとマルチワくるみのおでかけ記録。目指せ!100ワン"鼻ツン"

ドンキの4Kアクションカメラ TAC-20S4Kがやってきた♪

2018年07月05日 | 写真・機材

なんと何と!娘が誕生日プレゼントに、ドンキの4Kアクションカメラを買ってくれました

彼女の会社の近くにドンキがあって、昼休みに見に行ってくれたんですってな~んて、親孝行!

 

折りに触れ書いてますが、こういったカメラは『割り切り』が大事です。

値段は¥6,980(税別)。

ありえへんやろ!?ってくらい安いです。当然、ソニーやパナソニック、あるいはアクションカメラの老舗のGoProと間違っても比較してはなりません。

でも、お外でハードな条件下、高級カメラを使うのはためらわれますが、これくらいの値段だったら、惜しげなく使えます。

このカメラは、そんな人をターゲットにしてると思います。

 

深度30mまでOKなケースが付属する模様。(ほんまに潜っていけるのかちょっと不安・・・・)

 

付属品は自撮り棒を含め16点。アクションカメラ初心者には十分だと思います。

 

本体、ちっちゃ 55gしかないそうです。

 

AGのマークの入った丸いボタンが電源/メニュー切り替えボタン。

 

生意気にも(笑)マイクロUSBとHDMI端子がついています。それと、マイクロSD挿入口。

 

カーソル(上下)。

 

バッテリー口。爪がちゃっちくて壊しそうです。でも、USBで充電できるので、あまり開け閉めする必要はなさそう。

 

画面は2インチとのことですが、やや暗い目ですが視認性もいいです。ひと昔前のデジカメよりも良好。

静止画もテンポよく撮れます。「ピヨンピヨン」というシャッター音?が可愛くて。明るい戸外でどう撮れるか早く見てみたいです。

 

おおっ4K 30FPS。タイムラプスもあるんですか??スロー撮影もできるの??

今日はあいにく雨模様なので、またおいおい試してみたいと思います。

 

雨模様の室内ですが、まっ、思ったよりもスナップに耐えうる画質。

 

 

↓ 注:音楽が流れます。

 

すみません、画質4Kでアップしてません。(あんま本題では意味ないですが

4Kで編集しようとするととっても容量が大きいんです。みなさん、どうしてるの??

 

 

4Kデバイスで当カメラの4K動画を再生すると、(7000円だと思うと)それなりにきれいだと思う

(当然、ソニーなんかとは画質は違いますが)

 

高級なカメラに抵抗を感じる方には、そこそこ楽しめそうな予感が・・・・(だって、「アクション」ではまだ使ってないからわかんない)

私は、あーちゃんのリードか何かに括り付けて、犬目線の動画が見てみたいです

 

去年もドンキから5000円そこそこのフルHDアクションカメラが出たそうですが、メニューとかそれよりさらに進化していますね。

ただ、メニュー選択にはコツがいります。まっ、ボタンが少ないのですぐ慣れますが。

いちいち、メニューからモードを選んでいくのはちょっと面倒かな?パソコンに取り込みもwifiがないので、それがまどろっこしく思う方には適していません。

 

でも、何度も言います!

¥6,980(税別)!

RX100M6はよう買わんけど(RX100M5Aも出るんですね!?)、その値段でこのアクションカメラが1ダース以上買えると思うと‥‥(笑)

お遊びにはちょうどいいんではないでしょうか?

 

 

 

 

 


RX100M6を見てきました!

2018年06月16日 | 写真・機材

大阪の実家に用事があったので、帰りにソニーストア大阪へ寄ってきました。

展示機は、M4、M5、M6が3台並べて置いてありました。

その向こうにも、M1M2M3が並べて置いてあります。

6台併売とは、多分前代未聞ではないでしょうか?

裏を返せば10年近くたっても、M1の完成度は素晴らしく、色褪せない存在だということです。日進月歩のデジタル界において、これは特筆すべきことだと敬意を表します。

 

混んでいるときは10分云々って書いてありましたが、だれも見ていなかったので、しげしげ見ました。

まぁ、比較サイトではありませんので詳しいスペックはそちらの方にお任せするとして・・・・

 

 

大きさはM4やM5とほぼ一緒。

レンズさえ繰り出さなければ、どれがどの機種かはさっぱりわかりません。

RX100は良くも悪くもスタイルはまったく変わりません。

以下、私が見たチェック点です。(あくまで展示機械、私の主観あり)

<起動時間>

起動時間もM4,M5,M6と、体感的にほぼ一緒です。コンマ何秒か早いとかスペックにありますが、敏感な人以外気づかない程度(だと思います)。

 

<AF>

AFも早く、サクサク撮れそうです。SDカードが入っていなかったので、実際は試せませんでしたが、これは私がM4を使っているのでなんとなく分かります。

M5よりスペックが上がっているそうですが、どうやろ・・・動きの少ない店内ではわからず。

人が歩いている程度だと、M5でも十分。否、M4でも十分。

 

<望遠>

望遠のスピードも2段階選べるようで、高速にすると、ストレスなく200mmまで伸びます。

カメラの後ろに、バッグとかアクセサリが売ってたんですが、M5だと広角的にしか写せませんが、M6だとさすがに大きく写せます。

ここは望遠のありがたみ。この望遠のレンズがほぼ従来のRX100シリーズと同じ躯体に入っていると思うと、ソニーさん凄いです。

 

<撮影距離>

体感的に広角端はM4よりも寄れないです。シャッター半押しして緑にならないってことはフォーカスが合ってないことですよね? 

シャッターはその状態でも切れるんですけど、実際はどうなんでしょ。広角側8cm~、望遠側100cm~が撮影距離。

望遠側はもちろんお話にならないくらい近寄れません(笑)

けど、どなたかが書いていらっしゃったんですが、「大きく写せる距離」っていうのがあって、その基準で行くとM6はかなり優秀とか。

ということは、これも『慣れ』の問題で、撮っている内に、アップできる(大きく写せる)感覚が養われてくるのかもしれません。

最近、パナソニックのライカ12-60mm F2.8-4.0を頻繁に使い、近くから遠くまでストレスなく近寄れて撮れるのにすっかり慣れてしまっていて・・・

あっ、コンデジにそこまで期待してはダメですよね。

 

<タッチスフォーカス>

初めてのタッチモニタ。

確かにこれは便利です。指でポイントしたところに四角マークがついて、半押しするとそこが緑になったので、確かにフォーカスがいってます。

タッチシャッターはSDが入ってなかったので試せませんでした(たぶんこのせい?)。メニューで切り替えたんですが、シャッターは切れなかった。

カード入れると切れるんでしょう、きっと。(ていうかプレビューがオフになっていたのでひょっとすると気づかぬうちにシャッターが切れてたかも)

でも要注意!!

撮るとき、見るときはタッチが効きますが、メニューを選択する際はタッチが効きません。(←多分です、間違ってたらごめんなさい)


 

<モニター角度>

真下にも水平に向くようになりました。

ということは、かなり頭の上でカメラを構えても、画面が見れるという事。

モニターの画素数が少し減っている(たぶんRGBWのW部分が無くなった分)そうですが、店内で見比べる分にはそれほど違いは分かりませんでした。

晴天の戸外に出るとどうなるか・・・?

きっとそんな時はファインダーを使えってことですよね。

 

<ファインダー>

従来のように、「引き出し」「引っ込め」の作業が要りません。

ダイレクトにポップアップ・押し込みで開始、終了ができます。

これは便利になったな~と思いました。

 

その他、AF速度のみならず、動画のHDR対応やバッファメモリーの向上、地味なテレ・ワイドレバーの変更(笑)等魅力がてんこ盛り。

よくもまぁ、この小さなからだに収めたなぁ。。。

 

でも!でもです!!

私にとって致命的にガマンできないことがありました。

それは・・・

終了時のレンズの収納が遅すぎ!!

これ、致命的。

ひょっとすると展示機なので調子が悪いせいだったか?他機を触ってないのでわかりません。

終了ボタンを押して・・・・

あれ?あれ?止まってる?って焦るころにようやくウィーンって収納終了。

娘が「望遠側にしてるから遅いんちゃうの?」って言うから、ワイド側にして終了・・・・。一緒でした

*****************************************

2018.7.2追記

レンズ収納についてあまり噂を聞かないのでいろいろ調べてみると、どうもbluetooth接続をONにしていると遅くなるようです。

終了時レンズ収納が遅い方は、いちどブルートゥースの設定をoffにしてみてくださいね。

*****************************************

 

 

 

素晴らしくよくできたカメラですし、人によって感じ方、使い方が違うのでRX100M6を買おうとなさっている方は大勢いらっしゃると思うんですが、カタログだけで買わずに、ぜひ実機を触ってから購入してください。

だって、めっちゃ高いんですもん。

私にもしお金の余裕があるんだったら、M6は『買い替え』ではなく『買い増し』するカメラだと思います。

M3、M4、M5には明るいレンズがあります。それは大きな武器です。

実際触ってみて思ったことは、やはり、M6は従来とは違うラインのカメラだなぁと。

 

ということで、パナのようにタッチパネルがこなれていないこと、終了時レンズの収納が遅すぎることで、購入はナシという結論に。それに、以前の記事で触れた、NDフィルターがなくなったこと、PlayMemories Camera Appsも非対応(これに関しては目をつぶれるが)も私にとってはマイナスポイントです。


要するに、6台併売ということは、RX100◯◯が一番いい!と決めつける必要はなく、自分にあった用途・予算で選べばいいということなんでしょう。


電池の持ちを重視し、しかも4Kクリップが撮れる点とかで、私はRX100M4がこよなく気に入っています。4Kクリップは、4K対応のデバイスで見るとビビルほどキレイですよ~。

 

あっ、忘れてたんですが、私にはf2.8通し光学10倍、オリンパスSTYLUS1sがありますしね(笑)   センサーが小さく大柄ですがホールドしやすく、十分に高画質だと思います。

 

 

以下RX100M4で少し写真を撮りました。(ハービスエントとかで)

DSC-RX100M4  F1.8  1/30秒 ISO400 24mm

 

 

ソニー公式サイトはこちらから。

◎https://www.sony.jp/cyber-shot/products/DSC-RX100M6/

 

 

 

 


馬見丘陵公園のハナショウブ(奈良県北葛城郡河合町佐味田)

2018年06月12日 | 写真・機材

投稿が前後しましたが、先週の土曜日。

馬見丘陵公園では花菖蒲まつりが。

朝の8時半に行ったのに、駐車場(中央)は埋まりかけていました。駐車場待ちの方もいらしたので。チョコチョコって撮ってきました。

天気が不安定で、あんまいい写真が撮れていません。

GX7MK2 + LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm / F2.8-4.0とRX1を持って行きましたが、はなしょうぶはちょっと離れたところに咲いているので、RX1は35mm固定であんま向かないかな・・・

みなさん、ものすごい望遠ズーム持ってきていらっしゃいました。

 

今年は一斉に咲きそろっているように思います。

 

明け方まで降っていた雨はやみました。

 

うじゃうじゃ咲いています(笑)

 

GX7MK2 + LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm / F2.8-4.0 F5.6  1/400秒 -0.7 ISO200  60mm

 

GX7MK2 + LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm / F2.8-4.0 F5.6  1/400秒 -0.3 ISO200  60mm

 

野点をしていらっしゃってとてもいい雰囲気。

やっぱハナショウブには和服が似合います。

 

ミツバチががんばって蜜を集めています。

 

大きくトリミングしてみると、結構ハチは花粉にまみれています。

 

 

RX1も少し・・・・

DSC-RX1 F11  1/80秒  ISO100  35mm                     ちょっと絞りすぎ??

 

 


トラベル三脚・CHIHEISENN MT-215Cがやってきた♪

2018年06月07日 | 写真・機材

とうとう昨日、SONYのRX100シリーズの最新版、RX100M6が発表されましたよね。

発売も思いのほか早く、6月22日だそうです。

M6なので6月6日に発表したのか??なんて深読みもしちゃいますが(笑)

最初、コレいい!って買い換えたくなりましたが、それからずっとM4,M5,M6の仕様を穴をあくほど比べましたが、

RX100シリーズは、『後継機』って位置づけしちゃダメですよね。

M5とM6じゃコンセプトが全く違う。まったくの別機種、バリエーションだと考えないと。

タッチスクリーンと望遠200mm(35mm換算)は魅力的ですが、レンズのF値が若干暗くなっている。

NDフィルタも搭載されず、PlayMemories Camera Appsも使えない・・・となると一気にテンション下がりました。

ですので、タッチスクリーンや絶対!望遠って考える人には最適。

逆に私みたいに、室内でワンコ相手に撮ったり、花とか手近なものを撮る機会の多いものにとってはよく考えた方がよさそう。(M6は最短撮影距離も3cm長くなっている)

ただ、実際の機械を触って見てみないとなんとも・・・。まもなく大阪の実家に行く用事があるので、ソニーショップで見てきます。


さて、話がそれましたが、会社用の三脚の話。

建築用のLEICA DG VARIO-ELMARIT 8-18mm / F2.8-4.0は手振れ補正機能がついてないので、三脚ぐらい必要かな・・・・?と思って、

軽量で縮長が短い三脚を買いました。

本当はカッコイイ、ベルボンのウルトレックというふたつ折りの三脚が欲しかったんですが、お高い。

そこまでガチで使うことはないと思ったんで、たまにアマゾンのタイムセールで安くなる、CHIHEISENNというメーカーのトラベル三脚にしました。

タイムセールで3200円くらいでした。(安!)

いわゆる中華製のベルボンウルトレックの〇〇モンです。

機構はよく似ています。

足が180度反転して、エレベーター部分が伸びるので、その分、伸ばせば高くなるし、縮ませれば短くなるというしろもの。

『縮長28cm 最大135cm 軽量 約750g』と商品ページに書いてありました。

品番のMT-215Cというのは、実はアマゾンには載ってなく、HPで検索して出てきました。


うわっ、ピンボケだ。すみません、スマホで撮ってます。


足は銀色のロックがついていて、180度開脚と、通常使い、それとその中間にセットできる、3段階くらいにセットできると思います。

個体差があるのか、口コミにできないと書いている人もいますが、私のは結構カチッとロックがかかる手応えがあってセットできます。


これ何?荷物ぶらさげるのかなぁ。カラビナがついています。


自由雲台クイックシュー。


口コミにもあるんですが、これがちょっと頼んなく感じる。

ものは使えますよ。慣れの問題か?もしデジカメなら全然OKだと思いますが、クッション材の面積が狭くてミラーレスだと、底面が傷つきそうで怖い。

これは、もうちょっとしたら直付けの自由雲台(ベルボンのQHD-33あたり)に替えたいです。

 

脚はぐりっと回すと伸ばせて、伸ばし切ったところで反対側にぐりっと回せば固定されます。

3kgの重量に耐えうるって書いてありますが、脚は細めなので、軽いミラーレスの方がいいかも。

私のようなパナソニックで1kg以内の機材だと全然余裕です。

口コミを見るといろんな人がいて、頼んないふうに書いてあるのも見受けられますが、3000円でウルトレック気分を味わえるとすると、私は十分だとは思いますがね。

ちなみにスマホホルダーと収納袋もついている親切さ(笑)

 

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B0754659CC/ref=oh_aui_detailpage_o03_s00?ie=UTF8&psc=1

 

あっ、ちょっと待って。

アマゾンのページに『再入荷予定はたっておりません』ってなってる!?

えっ?入荷ないの?

せっかく記事にしたのに・・・・・

まぁ、また入荷することを期待しつつ・・・・・

 

 


阪神百貨店新棟とJR大阪駅・パナライカ8-18mm / F2.8-4.0編

2018年06月03日 | 写真・機材

 

久しぶりの投稿です。

私的にちょっと多忙にしてますので、用事で大阪へ行ったついでにパチリ。

で、プライバシーぼかし以外完全JPEG撮って出しですがそれでもよければどうぞ。

解像度がめっちゃ良くて、豆粒くらいの人間の顔も結構はっきりわかるので、ぼかしが大変でした

多分、RAW現像でゆがみを取るともっといい写真になりそうな予感はしますが。

カメラは、GX7MK2 + LEICA DG VARIO-ELMARIT 8-18mm / F2.8-4.0です。

阪神百貨店の立て替え第一期棟はホントオープン直後。満員だったらスルーしようって思ってたんですが、スナックパーク以外はそうでもなく、ちょっと中覗いてきました。

 

ラフモノクローム。

 

ラフモノクロームその2.

 

時空(とき)の広場へ。

 

美しい大屋根。光と無機物のからまりが見事です。

 

上までエスカレーターで登ると日本庭園が現れます。実はここに来たのは初めて。実家が大阪駅に比較的近いくせに用なく来ることがあまりないので。

 

↑ LEICA DG VARIO-ELMARIT 8-18mm / F2.8-4.0 F5 1/320秒 ISO200  8mm -0.3

 

超広角ですので周辺が歪曲しますが、それは写し方によって抑えたり、逆に面白い(迫力のある)デフォルメにしたりすることができます。

その写し方っていうか、水平や垂直方向の傾きによって違ってくるので、だんだんとそれがわかってきました。水準器を表示させるといいと思います。

 

今回オープンしたのが向かって左側。まもなく向かって右側も解体新築して2棟体制になるそうです。(2022年完成予定)

 

↓ LEICA DG VARIO-ELMARIT 8-18mm / F2.8-4.0 F2.8 1/2500秒 ISO200 8mm

逆光だったせいか?解放で撮ってた。

 

阪神百貨店の内部は、ガラス貼りの壁際が明るくて、リビング階へ行ってみたんですが、オープンキッチンでは実際の料理をしてそれを試食?している若い女性の姿も。

商品の陳列の方法は今風。新しい商業施設に見られるような風景。30代くらいの比較的若い層にもアピールしてるみたい。

私ら子供のころは、阪神百貨店といえば、オバちゃま層がターゲットやったように思います。

しかし、百貨店だらけやなぁ・・・・

お菓子も山ほど美味しそうなブランド入ってました。