いえねこ修行

野良猫や人が苦手な猫たちは果たして『人間との生活』に慣れるのか?
人馴れ修行の様子を綴る猫お預かりボランティア日記。

ボス

2016年02月04日 | 預かり猫

にんにくがフリーになり、

すっかり落ち着いたので

 

ケージに戻すことはなさそうだなぁ

 

 

ってことで

 

空いたケージに

新入りさん来ました~。

 

 

ボス♂です。

 

 

 

 

ボラ仲間の方が保護した子です。

 

 

市内の某市場付近で

野良猫が多くなり

一先ずこれ以上の増加を食い止めるべく

捕獲し不妊手術を慣行。

 

 

で、

 

TNRする予定が

 

「あれ?この子大人しい~」

 

という事で 

そのまま保護して里親探しすることに。

 

 

 

TNRの去勢済みの印〈さくらカット〉も

ばっちり入れてます。

 

 

ところがどっこい

 

最初は緊張していたため

大人しかっただけで、

 

環境に慣れたころから素が出てきて

ウーシャー&パンチ!!

を繰り出すようになったそうな。

 

 

11月に保護されてから数ヶ月経った今も

まだ心を許さないようなので

 

我が家で集中訓練することとなりました( ´∀`)

 

 

 

 

 

 

黒白かと思いきや

さりげなく『スモーク』のハチワレ。

(表面黒いけどほじくると白い毛。っていうい毛色)

 

 

とりあえず

 

緊張してるうちは

攻撃力はないみたい。

 

静かに触らせてくれます。

 

ひたすら固まってるだけ。

ガッチガチです。

 

 

うちに慣れてきたら

パンチきますかね~。

 

楽しみに…

心しておきます。

 

 

 

にしても

 

ボス、デカい。

 

 

クル兄貴は5.5キロくらい。

 

クルより一回りでかい感じです。

 

6キロはあるだろうとのこと。

(キャリーに入ってる最中に計っとけばよかった)

 

 

こんなデカイのが甘えてきたら

笑えるだろうな~

 

と妄想しながら

 

人馴れ訓練スタートです。

 

 

 

 

《おまけ》

 

ボスは

去年譲渡会に何度か出てました。

 

 

緊張中だから大人しく触られてます。

 

プロフィール文に

「お触り禁止」と書いてあったんですが

面白がってみんな触ってましたね。

 

※譲渡会においては

むやみに突っつくと猫が興奮したり、

過呼吸になったり、

噛んじゃったりすることがあります。

例えお客様が大丈夫でも

猫側が心にダメージを受ける場合があります。 

触りたいときは周りのスタッフに聞いてからにしましょう。

 

次出るときは

ナデナデ好きになってるはず。

 

頑張ろうね~。

コメント (2)