メイキング・オブ・マイマイ新子

映画「マイマイ新子と千年の魔法」の監督・片渕須直が語る作品の裏側。

なおも、上映続行中

2010年01月10日 07時20分11秒 | 日記
 1月9日から新たに8つの劇場で、『マイマイ新子と千年の魔法』の上映が始まりました。

静岡 MOVIX清水      ※1月22日まで、お早めに!
青森 フォーラム八戸     ※1月22日まで、お早めに!
岩手 フォーラム盛岡     ※1月22日まで、お早めに!
宮城 MOVIX利府      ※1月22日まで、お早めに!  
福島 フォーラム福島     ※1月22日まで、お早めに! 
岡山 MOVIX倉敷      ※1月22日まで、お早めに! 
鳥取 MOVIX日吉津     ※1月22日まで、お早めに! 
愛媛 シネマサンシャイン大街道 ※1月22日まで、お早めに! 

 このほか、上映中の山形と、山口県下の劇場6つあります。

山形 フォーラム山形    ※1月15日まで、お早めに! 

MOVIX周南         ※1月11日まで、超お早めに!
ワーナー・マイカル・シネマズ防府
山口 岩国ニューセントラル
下関スカラ座 シアター・ゼロ
萩ツインシネマ
山口スカラ座       ※1月15日まで、お早めに! 

 さらに、東京のラピュタ・阿佐ヶ谷でもアンコール上映が始まりました。


 ラピュタ阿佐ヶ谷では、昨年末8日間のレイトショー上映していただいたのですが、補助席まで含めて60席程度の座席数に対し、毎日その倍ほどものお客様をお断りしなければならない状況になっていました。
 それを受けて、もう少しゆったりお越し願えるようにという劇場側からの配慮をいただいて、今回は3週間の期間をとっていただいています。

 マッドハウスから程近いラピュタ阿佐ヶ谷のロビーには、展示コーナーを設けさせていただきました。作品のイメージボード(複写)と、自由に手にとってパラパラ・アニメしていただけるよう束ねられた原画2カット(実物)が置いてあります。
 サントラや主題収録CD、それから防府からわざわざ送っていただいたほうふ日報の元日特別号(『マイマイ新子と千年の魔法』特集)も販売されています。




 ちなみに、お手にとって実物をご覧いただける原画は、WEBアニメスタイルで紹介されているこの2カットです。
http://www.style.fm/as/02_topics/artwork/artwork_maimai_m03.shtml
http://www.style.fm/as/02_topics/artwork/artwork_maimai_m04.shtml



 そのほか、ロビーのテーブルには、観客用の感想ノートを2冊置いてあります。
 ノートの表紙には、マイマイ新子と画像を貼りました。
 この映画について、自由にお書き込みください。





 昨夜のノートへの書き込みを眺めておられたラピュタ阿佐ヶ谷の石井紫支配人が、急に涙ぐまれたのが実に印象的でした。

「このお客様、去年の暮に、満席だったので私がお断りしなければならなかった方です。
よかった。今日はご覧いただけたんだ・・・・・・」
この記事についてブログを書く
« 新年早々スタジオの引越し | トップ | レイトショー »
最新の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事