メイキング・オブ・マイマイ新子

映画「マイマイ新子と千年の魔法」の監督・片渕須直が語る作品の裏側。

小学校を訪れ、資料をひっくり返す

2009年09月07日 16時48分42秒 | mai-mai-making
●新子の同級生の制服は、ひとりひとり違う色に塗られている。

 1回目、2回目のロケハンでは高樹のぶ子さんも通っておられた防府市立松崎小学校も取材させてもらえました。
「資料はこの辺にあります」
 と、先生が部屋を開けて下さると、そこに飛び込むなり黙々と写真を撮り続ける我々。どう思われたことでしょう。

 新子の時代と同じ木造校舎のカラー写真があります。貴重です。昭和53年、建て替える前に子どもたちがお別れしているところのようです。
             
 残念なことに、この直後に解体作業着手です。
             
 上の写真で気づくかと思うのですが、このあたりの小学校は公立でも制服(標準服)です。
いつ頃からなのでしょうか。映画の舞台となる昭和30年にはどうだったのでしょうか。
 学校の資料の中から卒業写真のアルバムを見つけました。
             
 開校以来、歴代の卒業写真が並んでいます。これを見れば一目瞭然。標準服は昭和6年に導入されて以来、基本的なデザインはほとんど変っていません。安心して同じものを新子たちに着せることができます。
 キャラクター・デザインの参考にするため、学校公認で児童の写真を撮らせてもらいました。
             
 もちろん、顔はフレーム外です。個人情報保護の観点から配慮が必要なのです。そういう意味で子どもたちの写真を至近距離の真正面から撮らせてもらえるだなんて最近ではまずありえないことで、カメラを構える制作・丸山真太郎はドキドキして手が震えてしまったらしいです。

 けれど、ピカピカしたおそろいの制服の子どもたちを描いても昭和30年のイメージじゃないなあ。
 ということで考えました。
 たいへんめんどくさいのですが、制服の色をひとりひとり変えてみました。洗濯して色褪せてたり、繊維が埃を吸ってる感じです。そうやって微妙におそろいではない感じにしてあります。
             
 当然、転校生の貴伊子の制服はまっさらな色になるはず。さらに、松崎小の昭和30年代の写真を見ると、児童は教室内では裸足だったようですし、東京から来た転校生の貴伊子だけ上履きを履いていて、貴伊子はさぞ居心地悪かったことでしょう。

 ちなみに、写真をたくさん見たおかげで最近では高樹のぶ子さんの子どもの頃のお顔が判別できるようになってしまっているのですが(子ども時代の高樹さんは、光子の声を演じた松元環季ちゃんにちょっと似ています)、学校の集合写真で見るとどうも高樹さんだけセーラー服ではない服を着ておられるような。お母様の洋裁でしょうか。そんなことも小学校の所蔵資料からわかってしまうわけです。
この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« サントラ盤・原版完成 | トップ | 白い雲と、白い岩が覗く山と... »
最新の画像もっと見る

mai-mai-making」カテゴリの最新記事