メイキング・オブ・マイマイ新子

映画「マイマイ新子と千年の魔法」の監督・片渕須直が語る作品の裏側。

上映のべ103日目からの再開

2010年03月13日 07時03分28秒 | 日記
「春休みにあちこちで上映されているようになること」

 を、当面の目標と心の中に定めてこれまでやってきたつもりです。

 その春休みを前に控えて、今日3月13日土曜日から、渋谷シネマ・アンジェリカで上映が始まります。

 年末に高畑勲さんがラピュタ阿佐ヶ谷に『マイマイ新子と千年の魔法』を観に来られたとき、同行されたジブリ関係者の方から、ジブリ美術館が配給作品を上映しているアンジェリカを紹介していただき、今回の上映に漕ぎ着けることができました。

 実は、2月のラピュタ阿佐ヶ谷の最終回が終わったときも、いつまでもホールに残っておられた観客の方々の中でも、最後の最後まで残ってくださっていたのが、われわれの同業他社複数社の方々でした。

 いろいろな応援を得ることが出来て、いろいろな意味で、ぼくらは一人ではない、と感じています。



 11月14、15日の山口県4館先行上映2日。
 11月21日から2月26日までの14週間98日。
 3月6、7日のワーナー・マイカル・シネマズ防府アンコール上映2日。
 これまでのべ102日にわたって上映されてきた『マイマイ新子と千年の魔法』ですが、103日目からの再出発です。

 このあとも以下のように続きます。

  3/13-4/2渋谷シネマ・アンジェリカ
  3/20-26長崎セントラル劇場
  3/20-4/2佐賀THEATER CIEMA
  3/20-4/2宝塚シネ・ピピア
  3/27-4/2ミッドランドシネマ名古屋空港
  3/27-4/9北見シアターボイス
  4/10-4/16札幌シアターキノ
  5/1-5/14浜松シネマ・イーラ

 どうかよろしくお願い申し上げます。
この記事についてブログを書く
« 公開以来のべ100日経過 | トップ | 台湾の映画祭へ »
最新の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事