メイキング・オブ・マイマイ新子

映画「マイマイ新子と千年の魔法」の監督・片渕須直が語る作品の裏側。

節分前夜記念 方相氏でちょっとだけ悩んだ

2010年02月02日 19時57分30秒 | mai-mai-making
 仕事の帰りにスーパーへ買い物に寄ると、恵方巻きなどが並んでいて、そういえば明日は節分。追儺の鬼やらいのシーズンです。
 千年前の世界で書かれた『源氏物語』の『紅葉賀巻』では、若紫が遊び相手の犬君とともに雛の人形を使って鬼やらいごっこをしている描写があります。正確にいえば、鬼やらいごっこで大騒ぎした挙句に、雛人形の家を壊してしまったのを、若紫が修理しているさまです。そんな感じで諾子がやってることは、たいてい当時の書物にあることだったりします。わりとリアルなのです。
 
 鬼やらい、追儺の会(ついなのえ)はかつては宮中の行事でした。ここで登場するのは、四つの金色の目をもち、矛と盾を手にした方相氏(ほうそうし)です。方相氏は部下の舎人(とねり)たちとともに、災いの元凶である鬼を宮中から追い出す役目でした。方相氏は正義の味方のスーパーヒーローであったはずなのですが、ところが、いつの頃からか「方相氏とは鬼の名である」と思われるようになり、追儺で追われる鬼のほうが四つの目を持つように変わってゆきます。

 どっちなんだろうか。と、考証協力の永沼幸仁さんにも相談してみました。

「うーん、清少納言のころなら方相氏はもう鬼の役目に変わってると思いますよ」
「やっぱりそうかあ。・・・・・・しかしそれじゃつまらんなあ」

 それではせっかくの諾子の人形劇のキャラクターが足らない感じになってしまいます。
 ここは思い切って目をつぶって、諾子の中には、古式ゆかしく舎人を率いて鬼を追い払う四つ目の正義の味方がいることにしてしまいました。新子の中には水の上を走る緑のコジローが住んでいるのと同じように。





 ところで。
 『ブラックラグーン』原作の表紙などカラー画の彩色を担当しておられる、イラストレーターの山中虎鉄さんから、自筆の諾子の絵をいただいてしまったのですが、それがこれです。
      
 劇場版『Fate / stay night - UNLIMITED BLADE WORKS』のキービジュアルを描いた方、といえばよろしいでしょうか。
 素晴らしい光の表現ですね。
 すばらしい。しかも絵葉書にできるサイズになってます。
この記事についてブログを書く
« イタリア・ボローニャで上映... | トップ | フランス行き日程 »
最新の画像もっと見る

mai-mai-making」カテゴリの最新記事