魂のロードマップはあなたの中にあります

あなたの本質が輝き出し、毎日が喜びに満ちた人生へシフトチェンジしましょう♡

ハンバーガー色々・・・

2021年11月08日 | スイーツ&グルメ&料理
私のお気に入りのYouTubeで、度々ハンバーガーが登場。
見ているうちに食べたくなり(単純)、外出した先で色々なお店のものを試している。


新宿、恵比寿など、何店舗か行ってみたけど。
今のところ、美味しくてリピートしたいと思ったのが、新宿ルミネにあるTHESMILE


ルミネじたいにそもそも行くことがないけど。
この日は友人達と何人かで集まって出かける用事があり、待ち合わせ場所が新宿東口。

既にこちらのハンバーガー屋さんの情報は、頭にはいっていたので、
お!と思って、早めに行ってお目当てのハンバーガーを食べることに。

結果は、満足♡
アイスコーヒーがデカすぎてちょっとひるんでしまったけど。




同じ新宿ルミネに、もう一店舗ハンバーガー屋さんが入っていて、
こちらも別の機会に食べてみたけど…うーん(^_^;)


また、恵比寿の駅前の某店も入ってみたけど、ちょっと残念。


地元のハンバーガー屋さんにもチャレンジ。
ここは、ボリュームが凄すぎてお腹がパンパン。

でも、何気にポテトが美味しくて、
なんならバーガーよりポテトが気にいってしまったぐらい。





もうしばらく、ハンバーガー熱は続きそう♡
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

観察者と慈悲

2021年11月02日 | 目覚め
例えば、ある「言葉」を耳にした時。
自分の心と身体が、反射的にギュッとこわばることがある。

文字通り、かたくなる。 

それは、動物的(本能的)な反応(防御)に近いように思える。

その瞬間は、感情らしきものも見当たらない。


その動物的な反応の後。
幻の答えをでっちあげる為に、思考がウロウロし始める。

…でも。

どんなに目を凝らして見ても。
澄みきった「そこ」には何もない。


「何もない」ということに慣れていない頭は、何かを導き出そうと更に右往左往する。

記憶の引き出しを開けてみれば、そこには過去の産物が山ほどある。


悲しい、寂しい、悔しい、怖い、腹立たしい。


その中から、パターンとして「馴染み」があるものを選ぼうとする。

でも、その選ぼうとする対象さえ本当は「ない」。

ないけど繰り返し選び、反芻することで自動的な反応として定着する。
(だからこそ…危険から心身が守られたことも実際にある)


「誰か」や。
あるいは「何か」が出来事に意味を持たせるのではなく。

自分の仕業。

それを、静かに観察する機会があった。


慣れ親しんだ、今までのパターンに何度もいきそうになるけど。
目の前にあるのは透明さだけ。

その澄みきった場所に佇んでいると、不思議と慈悲の心が湧いてきた。

何もないのに、わざわざ自分にとって心地よくないものを出現させなくてもいい。


それに…。
何より、私が生みだしたいのはそれじゃない。


「葛藤」は、「愛」を自ら遠ざけているサインであることを、
あらためて体験を通して知った。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

日本橋界隈

2021年11月02日 | スイーツ&グルメ&料理
日本橋界隈は、これまであまり馴染みがなくて、
利用する機会もほとんどなかったけど。  
最近、少しずつお気に入りのお店も増えてきました。

9月に初めて伺った「IPPUKU&MATCHA」。
前回は贅沢に、奥の秘密の小部屋のような空間で抹茶&パフェ。

先日は、表の解放感あふれるテラス席で、
友人とお喋りしながらお茶をいただきました。

少し汗ばむ陽気だったので、抹茶ラテにトッピングで抹茶アイス。
抹茶の渋みと甘みが、やはり他では味わえない♡

実は、甘い飲み物が大の苦手。
なので、こちらのラテ&アイスのなんともいえない苦味が嬉しい。



この日着て行ったニットのワンピースが、濃い緑。
テラス席も緑のソファで友人が「…光合成できそうだね」。


ランチは、ビストロという言葉の響きに惹かれて、
コレド室町にある「ビストロ石川亭」。

開店と同時に入店したのですが、
近隣のサラリーマンであっという間に満席。

安くて美味しくてボリュームもあれば、
人気があって当然だなぁと実感するお料理の数々でした!








あと、写真はありませんが。
目の前で職人さんが作ってくれる和菓子をカウンター席でいただける「鶴屋吉信」もお気に入り。

マンダリンオリエンタル東京もゆったりと過ごせるので、素敵な場所♡

街全体が落ち着いている雰囲気で、寛げます(*^_^*)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

この世界に生まれてきてくれてありがとう

2021年10月29日 | 目覚め
「この世界に生まれてきてくれてありがとう」

そんな言葉が、先日…ふわっと湧いてきて自分でも驚いた。

お誕生日でも何でもない普通の日。

でも心の奥底から
「この世界に誕生してくれてありがとう」という想いが湧いてきた。


親に「産んでくれてありがとう」なんて話はよく聞くけれども。

自分が自分に対して
「この世界に生まれてきてくれてありがとう」なんて、思ったこともなかった。


・・・でも。

そもそも「普通の日」なんてものはなくて、「毎日が誕生日」なのかもしれない。


そう思った時に、昔…似たような言葉を目にして、

「なんてお気楽な」
「子供じゃあるまいし」
「そんな能天気なこと思えるわけないじゃない」

呆れながらも、そこに「羨望」が入り混じっていたのに
気づかないフリをしていたことを思い出した。


自分の中に潜む無価値感に悩んでいる人は多いし、そもそも気づいていない人もいる。

無価値な自分を価値あるものにしようと、あの手この手で証明しようと奮闘する。


どうしたら、自分で自分の価値を認められるだろう。


どうしたら、他人に自分の価値を認めてもらえるだろう。


どうやったら、自分で自分をかけがえのない存在だって思えるんだろう。


・・・なぜ、私は。

自分を愛せないんだろう。



肉体を持ってこの世に生まれることが「分離」の始まり。

そこから自分の存在の意味を探し始め、自分の価値を証明することに多くの時間を費やす。

その過程を無駄だとは全く思っていないし、
散々やり尽くして「不完全な私」を受け入れて、
その「不完全さ」を愛することが出来るようになると思っている。


「不完全」という言葉の解釈も色々あると思うけど。
私の中では「不完全」=「肉体を着ている私」。


不完全な人間が「愛」を知りたい、見つけたい、
そう思いながら生きていることがたまらなく愛しい。


「この世界に生まれてきてくれてありがとう」



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

友人と和食のランチへ♡

2021年10月27日 | スイーツ&グルメ&料理
本日は、友人と一緒に和食のお店へ。

場所は、下北沢にある「さいとう明日香」さん。
駅から徒歩1分というアクセスの良さが嬉しい。

お昼のコースをカウンター席でいただきましたが、
美味しすぎて、またもや無言・・・。



以下がいただいたお食事の内容です。

【先付】
柿 木耳 近江こんにゃく いんげん 白和え






【お椀】
萩真丈(銀杏 小豆 海老)






【お造り】
まぐろとはた




【焼物】
秋鮭照り焼き




【煮物】
名物百合根饅頭




【食事】
きんきがどん!と入ったご飯





大将が、丁寧にほぐしてくださいました!



おこげもいい感じ♡




【デザート】
和栗のムース




どれもこれも丁寧に作られていて、まるで「お茶事」によばれたような感覚。
本当に美味しくいただきました。

だからといって堅苦しいは全くなくて、
気取らず和みのある雰囲気が、とてもリラックスさせてくれる素敵なお店。

ごちそうさまでした(*^_^*)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする