川崎市産業振興会館 ブログ

川崎市産業振興会館のホール、会議室、研修室の情報や貸出備品類の使い方など、会館に関わることをいち早く掲載致します。

レーザープラズママーカー

2011年06月27日 11時23分27秒 | 備品について
おはようございます。川崎市産業振興会館です

今日は備品の紹介です。

会館ではレーザープラズママーカーを貸し出ししています。
以前までは光点が赤色のポインターを貸し出ししていましたが、ホールで利用する際に見づらいと言う意見を何件か頂きました。

インターネットで検索してみると「赤より緑の光点の方が見やすい」と意見が幾つかあったので、今回新たに緑色の光点が出るプラズママーカーを貸出備品に追加しました。




写真だと分かりづらいかと思いますが、実際に赤と緑の光点を比較すると緑の方が遠くからでも見やすかったです。

今回追加したプラズママーカーは、プレゼンテーションに適していてPowerPointを利用する際にプラズママーカーでページを送ることが出来ます。




今回は緑光点のプラズママーカーを紹介しましたが、赤光点の方が見やすい方も多いと思います。
どちらも貸出をしています。総合受付にお申し出ください。

レーザープラズママーカーは1区分=\200で貸出をしています。

コメント

節電

2011年06月24日 10時33分34秒 | 施設について
おはようございます。川崎市産業振興会館です

先日、ブログでも記載した6月22日の節電チャレンジですが、会館でも出来る範囲での節電に取り組みました。

テナントや利用者様の協力もあって多くの箇所で節電を実行できました。

これから夏本番に向けて今回のチャレンジを生かし、会館での節電対策に取り組んでいこうと思います。

給湯器の電源“切”

給湯器の電源“切”


電気の節電

電気の節電


空調を使わずに扇風機で対応


パソコンの電源を抜いてバッテリーを使用


エレベーター1台停止


今後も川崎市産業振興会館では節電に取り組んでいきます。皆さまのご協力をお願いします。
コメント

断熱フォルムを貼りました

2011年06月22日 10時14分44秒 | 施設について
おはようございます。川崎市産業振興会館です

今日は節電チャレンジDAYです。夏本番前にどのくらい節電できるか知るために会館でも本日は節電に取り組んでいます。

先日、6階事務所内の窓に省エネ対策の一つとして断熱フィルムを貼りました。

株式会社総商断熱フィルムで熱を90%カットするそうです。

フィルムの色が薄いため、貼る前と貼った後の景色の見方に大きな差はありません。
フィルム施工前の窓

左:フィルム施工後/右:フィルム施工前

フィルム施工後の窓


12枚程ある窓を2名で2日で行っていただきました。
窓の掃除をしてから水を使って角までキレイに貼っていただきました。








コメント

6月22日は節電チャレンジ

2011年06月21日 15時22分23秒 | 施設について
こんにちは。川崎市産業振興会館です
川崎は青空が見えてきました。

今日は皆さまにご協力のお願いです。

明日の6月22日(水)は節電チャレンジDAYです。



会館でも15%カットを目標に明日は1日節電チャレンジDAYとさせていただきます。

節電内容は・・・

①空調は全館28度設定とさせていただきます。
②エレベータは4台ある内の1台を停止します。
③給湯器は9台中8台停止します。(給湯は6階でお願いします)
④照明・空調を使っていない場所は停止します。

皆さまご協力お願いします。
コメント

感謝状を頂きました

2011年06月16日 10時51分20秒 | お客様の声・アンケート
おはようございます。川崎市産業振興会館です

昨日、JR川崎駅の駅長さんが会館に来ました。

来館の理由は・・・

3月11日に発生した、東北地方太平洋沖地震。
東京・神奈川も影響を受けました。ビルだらけの都内では実際の震度より大きく揺れを感じた人は多いと思います。

電車が止まり、帰宅難民者で駅周辺や道路・・・全て人で溢れていました。
何時間も歩いて帰られた方やどこかで泊まって朝をむかえた方、多くの人が大変な思いや怖い思いをした日でした。

3月11日、川崎市産業振興会館は電車が止まって川崎駅周辺に帰れずに溢れた帰宅難民者の避難場所となりました。
都内から何時間もかけて歩いた人、子ども連れやお年寄りなど歩いて帰れない方等、約650名ほどが会館で朝をむかえました。

電車が止まり帰宅難民者がでて、会館が避難場所として対応したのでJRより感謝状をいただきました。

JRの方々も地震を体験したのは同じで対応にとても大変だった思います。

今回の地震は今思い出しても辛く怖いものでしたが、これを教訓にしっかりと地震等の震災に備えた取り組みを行っていこうと改めて感じました。





3月11日の模様










コメント