髭を剃るとT字カミソリに詰まる 「髭人ブログ」

「口の周りに毛が生える」という呪いを受けたオッサンがファミコンレビューやら小説やら好きな事をほざくしょ―――もないブログ

「ダブルドラゴン」 レビュー (ファミコン)

2018-08-10 21:00:54 | ファミコンレビュー
同名アーケード版の移植作品(1987年6月) ベルトスクロールアクションゲーム 開発も発売もテクノスジャパン 1988年4月6日発売 「ゲームセンターCX ~有野の挑戦~」プレイソフト#201 あらすじ アーケード版を表記する。 ファミコン版を知る人がいたら教えてくだしぇ~。 199X年、ニューヨークは暴力の街へと化していた。 政治、法律の介入も出来ず強い者だけが生き延びられる世界となってい . . . 本文を読む
コメント

「ホワイトライオン伝説 ~ピラミッドの彼方に~」 レビュー (ファミコン)

2018-08-03 21:00:32 | ファミコンレビュー
RPG 「ピラミッドの彼方に ホワイト・ライオン伝説」という映画があり(1988年公開) 映画の設定などを本作をベースとしている。 ケムコから発売 1989年7月14日発売 あらすじ ファミコンの割にオープニングが1枚絵でちゃんと出て来るので 台詞を漢字変換で送ろう。 「」内台詞 『』内劇中のナレーション 『・・・両親は マリアに  ホワイトライオン伝説に ついて  話した・・・・・・』 . . . 本文を読む
コメント

「ファリア」 レビュー (ファミコン)

2018-07-27 21:00:31 | ファミコンレビュー
トップビューアクションRPG 開発はゲームアーツ 発売はハイスコアメディアワークス 1989年7月21日発売 お話としては… 聖書の時代に天空の神と魔導士レビュアとの壮絶な戦いが256日も続いた。 魔導士の力は強く神すら倒そうとしていた。 神はドラゴンを造り、自らの命を封じ込めて戦い 魔導士レビュアは倒され、その魂は剣に封じ込まれた。 月日が流れこれが神話となり数千年の月日が流れた。 ある日、 . . . 本文を読む
コメント

「闘いの挽歌」 レビュー (ファミコン)

2018-07-20 21:00:11 | ファミコンレビュー
同名アーケード版からの移植作品(1986年4月稼働) サイドビュー横スクロールアクションゲーム 開発はカプコン第2企画室 発売はカプコン 1986年12月24日発売 「ゲームセンターCX ~有野の挑戦~」プレイソフト#206 お話としては 核戦争後の世紀末 「剣王」が率いる悪の軍団によって支配されている世界。 人々はこの悪の軍団に日々おびえながら過ごしていた。 全ての武術を習得している『リュウ』 . . . 本文を読む
コメント

「SDバトル大相撲 ~平成ヒーロー場所~」 レビュー (ファミコン)

2018-07-13 21:00:16 | ファミコンレビュー
「ガンダム」「ウルトラマン」 「仮面ライダー」「スーパー戦隊シリーズ」のキャラ達が登場 相撲ゲーム バンプレストから発売 1990年4月20日発売 特徴 バンプレストのコンパチヒーローシリーズの最初の作品 主に2つのモードがある。 「個人戦」:1人用、選択した力士で横綱を目指す。 「団体戦」:1~2人用、選択した相撲部屋で対戦を行う。 個人戦ではレベルがあり、勝敗の数、優勝回数など パス . . . 本文を読む
コメント

「スケバン刑事III」 レビュー (ファミコン)

2018-07-06 21:00:37 | ファミコンレビュー
同名実写ドラマのファミコン版(但し元々は漫画原作) アクションRPG(トップビュー&サイドビュー) 開発はショウエイシステム 発売は東映動画 1988年発売1月22日発売 本作の元となった 『スケバン刑事III 少女忍法帖伝奇』というドラマは本作発売の3ヶ月前に終了している。 (1986年10月30日~1987年10月29日まで) だが、本作発売の後に 1987年2月11日に映画 「スケバン . . . 本文を読む
コメント

「もっともあぶない刑事」 レビュー (ファミコン)

2018-06-29 21:00:33 | ファミコンレビュー
当時、日本テレビ系列で放送していた同名刑事ドラマのファミコン版 サイドビューアクションゲーム+α マイクロニクスが開発 東映動画から発売 1990年2月6日発売 あらすじ 特にこれと言ってデモ画面もないので スタート直後の二人の会話を抜き出してみる。 タカ「昨日の女はどうした。」 ユウジ「午前0時のチャイムと同時に別れたさ。 タカ「良い女だったじゃねえか。」 ユウジ「生活を変えろって言うんだ。 . . . 本文を読む
コメント

「忍者じゃじゃ丸 ~銀河大作戦~」 レビュー (ファミコン)

2018-06-22 21:00:38 | ファミコンレビュー
じゃじゃ丸くんシリーズ(ファミコンでは最後の作品) サイドビューアクション ジャレコから発売 1991年3月29日発売 特徴 Bボタンでダッシュするのだが 溜めダッシュという形になる。 Bボタンを離すとダッシュする。 長いこと押していると回転し始めて体当たり判定ある。 それ以上押しっぱなしするとキャラがバテて少しの時間硬直する。 ジャンプ中にハンマーを繰り出すので その状態のみ、敵を踏む . . . 本文を読む
コメント

「アメリカ横断ウルトラクイズ ~史上最大の戦い~」 レビュー (ファミコン)

2018-06-15 21:00:03 | ファミコンレビュー
当時放送していた同名クイズ番組のゲーム版 クイズゲーム 開発はピクセル 発売はトミー 1991年11月29日発売 あらすじ プレイヤーの元に「アメリカ横断ウルトラクイズ」の参加はがきが届く。 プレイヤーは「アメリカ横断ウルトラクイズ」で優勝する事が出来るのか・ 特徴 主に2つのモードがある。 「1人プレイ」:テレビ番組のクイズを模したミニゲームが多数登場する。       プレイヤー . . . 本文を読む
コメント (3)

「高橋名人の冒険島」 レビュー (ファミコン)

2018-06-08 21:00:45 | ファミコンレビュー
アーケード版『ワンダーボーイ』のファミコン移植版 サイドビューアクションゲーム 開発はエスケイプ 発売はハドソン 1986年9月12日発売 「ゲームセンターCX ~有野の挑戦~」プレイソフト#23 あらすじ 『高橋名人』の恋人である『ティナ』が『キュラ大王』によってさらわれてしまった。 『高橋名人』は『ティナ』を救い出す事が出来るか? 特徴 ステージは8、その中で4つのエリアに分かれている . . . 本文を読む
コメント (6)

「闘将!!拉麺男 ~炸裂超人一〇二芸~(たたかえ!!らーめんまん)」 レビュー (ファミコン)

2018-06-01 21:00:06 | ファミコンレビュー
※「闘将!!拉麺男」という表記だが読み方は独自である。  ×:とうしょう!!らーめんおとこ  〇:たたかえ!!らーめんまん 「ゆでたまご」氏原作のマンガのファミコン版 アクション+アドベンチャーゲーム 開発はヒューマン 発売はバンダイ、新正工業 1988年8月10日発売 あらすじ 地禁門に封じられていた3人の悪人が外の世界に出たという。 その3人の目的は少林寺総本山への復讐だという。 彼ら . . . 本文を読む
コメント

「小公子セディ」 レビュー (ファミコン)

2018-05-25 21:00:08 | ファミコンレビュー
同名アニメ(世界名作劇場)のファミコン版 RPG的なアドベンチャーゲーム (自称ファミコンドラマ) 開発はグラフィックサーチ 発売はフジテレビ、フジミック 1988年12月24日発売 あらすじ 電源を付けるとOPが始まるのでそれに準拠する(アニメ版は知らん) まず、主人公は『セディ』 見た目と名前が女子っぽいが男である。 本名は『セドリック・エロル』。愛称が『セディ』。 父親の『ジェイム . . . 本文を読む
コメント

「キャッスルエクセレント」 レビュー (ファミコン)

2018-05-18 21:00:47 | ファミコンレビュー
PC版の「ザ・キャッスル」の続編 サイドビューアクションパズルゲーム 1986年11月28日発売 発売はアスキー あらすじ 類まれなる美貌と美しい歌声で人々から愛されていたフローリン王国の『マルガリータ姫』は 彼女の噂を聞いた魔王『メフィスト』が彼女を誘拐し歌人形にすべく 『グロッケン城』に監禁してしまった。 それを聞きつけた隣国の王子『ラファエル』は姫を助けるべく グロッケン城に乗り込んだ . . . 本文を読む
コメント

「おにゃんこTOWN」 レビュー (ファミコン)

2018-05-11 21:00:04 | ファミコンレビュー
トップビューアクションゲーム 開発はマイクロニクス 発売はポニー(現ポニーキャニオン) 1985年11月21日発売 あらすじ 母猫(ミルキー)が行方不明になった子猫(マイケル)を探しに行く。 特徴 家から出発して 歩き回っている子猫を探して我が家に連れ戻す。 操作方法 十字キー:移動 Aボタン:ジャンプ(子猫がいないとき) Bボタン:前方の直線状のマンホールを開ける ジャンプする . . . 本文を読む
コメント

「麻雀」 レビュー (ファミコン)

2018-05-04 21:00:47 | ファミコンレビュー
麻雀ゲーム 開発は任天堂、エス.アール.ディー 発売は任天堂 1983年8月27日発売 ストーリーはないので あらすじはなし 特徴 「初級」「中級」「上級」 と3つのモードを選択できる。 難易度の違いという訳ではなく仕様も異なる。 初級・・・チョンボ(麻雀におけるルール違反)防止機能あり  配牌が甘め。 中級・・・チョンボあり  配牌が初球に比べ厳しくなる。 上級・・・コンピュータが . . . 本文を読む
コメント

つまらなければ押すんじゃない。

ブログランキングならblogram     ブログ王     くる天 人気ブログランキング     PVランキング   ブログランキング   ホームページランキングRank Now!   ブログランキング【ブログの惑星】   pochitto_tag   ブログランキング   ホビー人気ブログランキング