髭を剃るとT字カミソリに詰まる 「髭人ブログ」

「口の周りに毛が生える」という呪いを受けたオッサンがファミコンレビューやら小説やら好きな事をほざくしょ―――もないブログ

2021年「髭人ブログ」総決算!!

2021-12-31 21:00:00 | Weblog(髭人のしょーもない日記)
大晦日の恒例ってことでタイトルは「総決算」と称しましたが今年の新規記事数は驚きの「9」!!
決算するほどの数はねぇ…
今更ボヤいても記事は増えはしない。
今年も去年の後半同様、サボッていたからな。
とはいっても記事を書く意欲がないという実質スランプ状態だからな。
無理してやっても仕方あるまい。
今はあるだけで軽く振り返ろう。

大体は「痩せ講座」か。
全4回だから、今年の大体半分である。
確かに痩せたから少しでも他の人に参考にさせられればというところである。

後は「戦場の絆」関係。
夏に稼働した「2」のプレイした感想と「板倉小隊」の番組の感想。
プレイした感想の方はアクセス解析を見る限り結構、検索して読まれているようである。

そんな所か…
記事数も少ないから語ることも少ない。
来年としては…
そうだね。
最近、というか去年の9月ぐらいから始めた「ドラクエウォーク」
ひたすら歩いたり走ったりするからなぁ~。
そのせいか家でゲームをプレイ時間も減る。記事を書く時間も減る。
そこまで時間を削ってプレイしているのだから
「初心者講座」とでも称して始めたての方にゆるく教えてみるのがいいのかもしれない。
ガチ勢に挑むような内容でやろうとすると上には上がいる。
下手な事を書くと

「それ違う」

と、指摘されたり、最悪

「嘘いうな」

と、怒られそうだからな(苦笑)
それにネットでつながっているゲームである以上仕様変更がたびたびある。
その都度、記事を確認して変更する負担も大きい。
だから「ドラクエウォーク」の楽しさを伝えられればいいかなってところでありますわ。
ある程度、プレイしている人たちがいるから閲覧者数も増えるだろうしな。
ウッシッシ…(これが本年だったり)

ウッシッシって!
って、今年の干支の丑年もそろそろ終わり(唐突な話の展開)
来年は寅年ってことで…
アカン!!
この流れだと、しょーもないダジャレ言わないとダメな奴やん。
それはそれでええか…

良しッッ!!覚悟を決めろ!!

「髭人ブログ」としては来年「ドラクエウォーク」記事を載せタイガー



……。

………。

何もいうな…
うん。そういう目をしていればいい。
分かり切った反応だ。大丈夫大丈夫(ひたすら自分に言い聞かせる)

ってな訳で2021年も終わります。
年の瀬にこんなゴミ記事を読んでいただき皆さんの貴重なお時間を奪ってしまい本当に申し訳ない!!
そしてそれ以上に髭人は感謝の意を表します!!



ではでは皆さま、良いお年を!!







2020年「髭人ブログ」総決算!!

2020-12-31 21:00:00 | Weblog(髭人のしょーもない日記)
2020年大晦日、残すところ3時間ですが皆様はいかがお過ごしでしょうか?
ちなみに、この投稿は予約投稿なので髭人としては後7時間ぐらいあるのですが(今、12月31日、17:10)
今年を振り返ってみると…
新型コロナウイルスの流行により遠くに行く機会が減りましたねぇ…
ただ、レトロゲーメインに取り扱うこのブログとしては無縁の話。
寧ろ、ステイホームして積みゲー消化が出来る時間が増えたところですけども…

「髭人ブログ」として2020年を振り返ると
まず、ファミコン以外のレビューが始まったって所ですかね。
『スーパーファミコン』や今の所1つだけだが『ゲームボーイ』とかね。
ファミコンソフト自体は1000以上あるからレビューできるソフトはたくさんあるんだけど
気分転換の意味合いも込めてね。
そうしたらスーパーファミコンが多めになってきたが…

ファミコン以外のソフトのレビューのことよりも一大事と言えば更新が滞る期間が増えたな。
ブログ開始して初なのかな?
何故なのか…

それを説明すると少し長くなるが
まず今年の9月ぐらいに9年ぐらい使い続けていたガラケーが突如として画面が付かなくなるという事態に陥る。
ガラケーの機能自体は生きていて受信は可能。しかし画面が付かないのでどうしようもない。
それで晴れてスマホデビュー!!
そこへ友人が「ドラクエウォーク」をやっているという話を聞き試しにプレイしたらこれがハマった。
内容自体はめちゃくちゃ優れているという訳ではないが(苦笑)
最近、髭人はウォーキング…というよりはランニングをやっていてそれがゲームにマッチしていたって感じだわな。
その結果、無駄に遠くに行ったり、普段行った事がない場所に訪れたり
意識して時間を作って走る時間が増えたのだ。

その結果…
ゲームをプレイする時間やら、レビューを書く時間が「ドラクエウォーク」によりバリバリ削られ
家に帰った時は

「はぁ~。疲れた…
 飯食って風呂入って寝よ」

という事になって…
ブログ更新が滞る状態になっているのである。

そこまで「ドラクエウォーク」にハマっているのなら
ブログでゲーム内の近況を報告するのも手ではあるな。

ブログとしては多大な影響が出ているが
髭人自身としては「ドラクエウォーク」をプレイする前と比較して
4kgぐらい痩せているので健康的にもなっているといえる。
いつまでこんな状況が続くのかね~。

ちなみにファミコンやスーパーファミコンのレビューは10個以上、90%ぐらいの状態があるんだけど…
仕上げて更新する気力が起こらないんだよなぁ~。
何かダメダメな方向に突入しております(苦笑)

来年はどうなるかねぇ~。
「ドラクエウォーク」に飽きてレトロゲーに回帰するのか…
それとも更に「ドラクエウォーク」にのめりこんでいくのか…
どうなるかは定かではない。

そんなところで今年最後の記事を締めたいと思います。
皆さん、よいお年を!!

さ~て夕方の散歩に行ってまいりますか~!!


「スーパーゲームボーイ」買いました!

2020-09-01 21:00:55 | Weblog(髭人のしょーもない日記)
大型連休恒例となったレトロゲーム買い出しで
(今年のゴールデンウィークは「緊急事態宣言時」だったから断念したけど)

最近、スーパーファミコンをプレイするようになって
それから、「ハードオフ」などのレトロゲーム取扱店を行ったときに
あるものを見てハッとしたんだよね。
ゲームボーイソフトを見て

「今、スーパーファミコンのソフトをプレイするようになったけど…
 あれを買ったら…
 スーファミでもゲームボーイをプレイできるようになるんじゃないのか?」

激しい電流が流れる思いだったよ(笑)
そして買ったよ「スーパーゲームボーイ」!
価格はなんと「200円」やっす!!

こんな夢を生み出す周辺機器がそんな安値でいいんかい!
と思えるほど…

ってな訳で髭人は「スーパーゲームボーイ」を購入したことにより
ゲームボーイソフトのレビューも可能になったわけだが…
まぁ…今、スーパーファミコンのアクションゲーに勤しんでいるので
すぐにゲームボーイに移行するってことはしない。
せいぜい、髭人が気になるソフトをレビューするってぐらいなもので…

そこら辺は乞うご期待って所で




髭人ブログ ゴールデンウィーク特別企画

2020-04-26 21:00:32 | Weblog(髭人のしょーもない日記)
ゴールデンウィークが迫ってきております。
2020年日本では新型コロナウイルスが流行しており外出自粛が求められております。
家にいようって事で「髭人ブログ」では決めました。
ゴールデンウィーク特別企画と題しまして…

髭人ブログのスーパーファミコンソフトのレビューを本格導入していきます!!

是非とも期待してくださいね~!!






























と…いうのは建前でして
本音としてはファミコンのレビューがしんどくなってきていて…
気分転換を兼ねてって所です。

未レビューで所持しているソフト数は50以上あるんで
レビューしようと思えば即座にゲームをプレイすれば可能なんですけどね。
ファミコンのレビューが500を超えてあれこれプレイするのを及び腰にさせる要因が出て来るんですわ。

まずプレイ時間が必然的に多くなる『RPG』『シミュレーション』というジャンル。
触れた事もなく情報も乏しいマイナーメーカーからの『マイナーゲーム』

どうにもプレイを躊躇してしまって…
それならばスーパーファミコンの1~2時間程度でクリアできるようなアクションゲームを
メインにプレイしてレビューするのが気楽でいいんじゃないかとね。

あ…スーパーファミコン時代ぐらいからアーケードの格闘ブームになっていたから
ストツーを代表される格闘ゲームが沢山あったな。
格ゲーはクリアするまでのプレイ時間は短めだけど、レビューはしないわ。
髭人自身、センスがない。とにかく下手なのだ。
例えばストツーで難易度デフォの『ベガ』にすら何度もコンテニューして
運で勝つぐらいだから面白味伝えられへんわ。
格闘ゲームのセンスとしては有野課長に毛が生えたぐらいかな(笑)

後、同じアクションも
「スーパーマリオワールド」「スーパードンキーコング」のようなステージを隅々、探索しないと
達成率上がらないようなのもプレイ時間が増えるから控えるわ。
案外制約多いな(苦笑)

これからずっとスーパーファミコンのアクションばかりレビューしていくって訳ではないけども
やる気が戻るまではスーパーファミコンをレビューしているのも悪くなかろうかと…

ちなみに髭人はスーパーファミコンのRPGはメイン所の殆どプレイしておりません。
「ドラゴンクエスト5」&「6」
「大貝獣物語」と「2」
ぐらいかな?クリアしたのは…

メジャー所の
「FF4」~「6」
「MOTHER2」
「クロノトリガー」
「スーパーマリオRPG」

などのメジャーRPGは全く手を付けていないんですわ~。
何か当時はスルーしちゃったんだよな。
だからと言って今、プレイするのは重いわ。
ファミコンRPGですら意欲薄いのにスーパーファミコンのRPGってのは…

さて…
どれだけスーパーファミコンアクションのレビューが続くのでしょうか…
それは髭人にもわかりませ~ん。


2020年年始の収穫

2020-01-06 21:00:00 | Weblog(髭人のしょーもない日記)
年始は「ハードオフ」が1月4日まで20%オフという所が多かったので(全部ではない)
まとめて購入するべくあちこち出向いて漁りに行きました。
1月3日と1月4日合わせていきました。

まず、全体的な写真。



↑:600円以上の高価格帯



↑:500円以下の低価格帯

画像、1枚に収めたかったんだけど
量が多くて…(苦笑)

もう少し
価格帯毎に分けた大き目の画像にする。
まずは低価格からね。



↑:250円~300円帯
 (1番下の「スーパーパチスロマージャン」のみ250円)



↑:500円帯
 (1番下の2本のみ480円)



↑:800円帯
 (右のDVDのみ655円)



↑:1000円~1200円帯
 (上部2本が1200円)



↑:2000円台帯



↑:3000円以上帯
 「ガンナック」3500円
 「バッキーオヘア」6000円
 「悪魔城ドラキュラ」25000円
 (ドラキュラだけ桁が違う――――!!)

ちなみに

合計金額およそ「77217円」!!

たっかッッ!!
あああああああ!!
暫くはドケチな極貧生活だぜ!!(涙)

(『およそ』なのは一部レシートをもらい忘れたため…)

「ハードオフ」では1月1日~4日まで多くのテンポで20%オフを実施していた(やってない店もあった)。
その「ハードオフ」での購入ソフトの合計金額は
20%オフにて「63800円(税込み)」

通常時の合計金額を計算したら「80630円(税込)」

よって
「16830円」の得したよ!!

やったぜ!!
って自身に言い聞かせなければ
77000円という出費を考えるとやってられんぜ…(嘆息)



個人的には「ドラゴンボールZ」のDVDが大収穫だね。



『バーダック』が出て来る「たったひとりの最終決戦 フリーザに挑んだZ戦士 孫悟空の父」と
未来『トランクス』が出て来る「残された超戦士 悟飯とトランクス」の2作品が収録された奴。
欲しかったんだよ。特に『バーダック』が好きだから。
多分、この出来事があったから発見に至ったんだろう。

「悪魔城ドラキュラ(ROM版)」をガラスケース内に見つけて悩む。

髭人『価格は25000円…
 一応、ハードオフは今20%オフだから税抜き20000円。
 税込みだと22000円か…
 今まで散々買って20%オフとはいえこの価格ねぇ…』

しかし、

髭人『今しかねぇ!』

と、意を決し店員を呼び出して開けてもらってレジに行く。
それで他のゲームソフトと一緒に購入する事になる。
レジには店員が2人いて1人は値段を読み上げる役。もう1人はレジに手で打ち込む役。

店員A「300円が2点」
カタカタ…
店員B「はい」
店員A「500円が1点」
カタカタ…
店員B「はい」

という要領である。
それで…安いのから読み上げていくが・・

店員A「(略)800円が1点」
カタカタ… 
店員B「はい」
店員A「2000円が1点」
カタカタ…
店員B「はい」

髭人『来た…』

店員A「2500円が1点」
カタ…
髭人「2500円でいいの?」
店員A「え?」
髭人「25000円だけど」
店員A「あ!すみません。25000円が1点」

という事で打ち込み直させてちゃんとした正規料金で買いました。
店員Bは打ち込むのに専念していたので気にしている様子はない。
黙っておけば最後まで気づかれず2500円でしかも20%オフで買えた可能性はある。
まぁ~良心が揺らいだもんでね~。
店員に落ち度でもあればね。ガラスケースを開けてって頼まれた時に嫌な顔をするとか…
特に何もないのに明らかなミスをこちらが気づいていて黙っているってのは髭人には出来なかったわ。

とはいう物の買った直後は
髭人『2万円以上得出来たかもしれんけどなぁ…』
と、やや後ろ髪惹かれる思い(苦笑)

これで今回の中古店巡り最後にしようと立ち寄った「ブックオフ」で見つけた訳だわ。
いや~価格としては700円ぐらいである。
他のゲームは数は多いし高価なのも多いけど思い入れがあるのは断然に
「ドラゴンボール」のDVDなんだよなぁ~。

だからこそ、店員に値段のミスを指摘してよかったと思ったわ。
やっぱり神様は見ているもんだね~。

さて…
次回の購入予定はハードオフが割引する可能性が多いゴールデンウイーク。
嬉しい出会いがあるといいね。うん。

しかし、金が足りん!!
宝くじ当たりやがれぇぇぇぇ――――!!

髭人の2020年の抱負

2020-01-05 21:00:55 | Weblog(髭人のしょーもない日記)
2020年になりました。
髭人としての2020年は特にこれと言ってブログで何かやるってのはないなぁ~(苦笑)
だからひたすら継続は力なりを信じて邁進するだけだわな。
という訳でレビューをやっていくわけなんだけど…
結構、重荷になってきている気がしないでもない(苦笑)

去年が500達成だったから
今年は555を目指して突き進んでいくという所でしょうか。

実に簡素だけどこんなもので~

2019年「髭人ブログ」総決算!!

2019-12-31 21:00:55 | Weblog(髭人のしょーもない日記)
2019年もあと3時間。
皆さん、いかがお過ごしでしょうか?
この記事を予約投稿している髭人はきっと「笑ってはいけない」を見ているでしょうね(笑)
前置きは軽めにしておいてっと…
2019年の「髭人ブログ」のあった事のトップ3ぐらいでも挙げておこう。

3位、「平成」→「令和」

 今年の5月から平成から令和になったって事で
 どんなゲームをプレイするかって事で記事にした。
 現時点で「何だったっけ?」って思って記事を見直した(笑)。
 平成にちなんだソフトと考えて

 「星のカービィ ~夢の泉の物語~」

 平成生まれの『カービィ』だからね。(初出の作品は「ゲームボーイ」だが)
 シリーズ物の最初って案外、昭和が多い。
 「ドラクエ」も「FF」も


2位、「ガンダム Gのレコンギスタ Ⅰ~行け!コア・ファイター~」を観に行く。

 映画を数年ぶりに観に行ったからな。
 最後に観に行ったのは「魔法少女まどか☆マギカ ~叛逆の物語~」だったっけな。

 GレコはTV版を追いかけていたけどわかり辛い一面があった。
 前評判でGレコは分かりやすくなっているって話だから楽しみにしていたわ。
 5部作もあるっていうしたっぷり堪能できるだろうと。
 と言っても、ここで支えてやらんと途中で頓挫なんて事もあるから
 2週間公開で上映映画館も限られているがちと遠出してね。
 映画館で見るのは迫力があっていい。

 2020年2月に第2部が公開するって話だから観に行きますよ~。
 

1位、ファミコンレビュー総数500到達。

 いや~。ここまで来たかって感じだわ。
 「500」ってなると気分が違うよ。
 四捨五入したら1000だから(無茶な認識)
 1000以上あるファミコンソフトだからね。その気持ちはやはりうれしいものがある。
 ただまぁ…どこまで続けられるかねぇ…
 数はあってもモチベーションが…
 節目に取り上げると毎回言っている気がするが(苦笑)
 切りよく「555」までは頑張りたい!!


しかしまぁ…
出来事としては以上3つとなった訳だが…
「髭人ブログ」全体として言えるのがアクセス数が減っている。
感覚ではなく明確に右肩下がりであるとあれこれ訪問者計測等で調べてみると
去年の今の時期と比べて減っているのだ。
確かに新しい企画を始めた訳ではないし、世間の最新のアニメでもゲームでも追っかけた訳ではない。
だから目を引くものがなかったと言えるし
後、「gooブログ」の仕様変更で
2ヶ月に1回あった20日間分の無料アクセス解析が出来なくなった。
これにより「訳わからん検索文字でこのブログにアクセスしている」なんて事を調べられなくなった。
有料登録すればいいって話にはなるが有料にしてまで機能を使いこなしてないしな。

ただ、惰性でファミコンレビューを毎週挙げているだけでは不十分なようだ。
これでは現状維持ですら厳しい。
でも…何か面白い事も思い浮かばんしなぁ~。
2020年はどうなる事やら…
ちとビターな感じで2019年は締めますかね。

皆さん、良いお年を!!






髭人にとっての「今年の漢字」2019

2019-12-12 21:00:06 | Weblog(髭人のしょーもない日記)
「今年の漢字」は「令」だそうだな。

髭人にとっての2019年の漢字は



だな。
何でかっていうと去年は都合により自転車で毎日のように遠出した結果、痩せたんだけど
今年は毎日、遠出する必要が無くなったもんだから

「このままだとリバウンドするな俺…」

って事で走る事をし始めた。
今30分以上継続して走り続ける事が出来るようになった。
距離にしては4~5kmなんだろか?
今年の走り始めた頃は1kmも走れなかった。
ただ週一ぐらいのペースだったが繰り返し走り続ける事で

「お…まだ走れるな…
 もうちっと走ってみるか?」

「今日はルートを変えて距離を伸ばしてみようか」

そんな事を繰り返し
今は4~5kmを走ってもまだ若干余力を残しているぐらいにはなった。
マラソンをしている人や1時間以上走り続けているような方には

「それで走る?
 フッ…ただの小走りってレベルじゃないか」

鼻で笑われるかも知れないが髭人にとっては驚異的な事なのである。
産まれてこのかた長距離のランニングが大嫌いだったからな(苦笑)

学校の長距離走なんて大嫌いだったし
マラソン大会の練習や本番は雨でなくならねーかなと心底思っていた。

「何が楽しくてマラソンやら駅伝なんてやるんだろ。
 長距離を移動するなら自転車でも車でもあるのに…
 何故、好き好んで足で走るとか…」

なんて嘲笑っていた程である。
それが自ら走り始めるなんて昔の自分を思い返せば想像だに出来ない事だったのだ。

取り敢えず目的としては
『リバウンド防止』と『健康』だわな。


あ…
後、効果として実感したのは2つ。

『走る』って行為は『歩く』より大きく地面を蹴る必要があるから
着地の衝撃が大きく足に大きく負担がかかるのは勿論の事
体全体にも振動が伝わり大胸筋なども効果が出ていると感じた。
後、下り坂では大きく腕を振るので腕の筋肉にも効果が出ている。
つまりは全身運動というのを感じたよ。うん。

それと、30分以上走ると普段より同じ飯を食べても更に旨さを感じた。
まぁ…ここでバカ食いしては走った意味がないので旨いと感じた最初だけを大切にして
食べる量は変えないように心がける。

さて…
いつまで続けられるか分からんけど
休日など多少の時間がある時はちょっとばっかし走ってみましょうかねぇ…


しかし『走る』なんて
ファミコンレビューメインのうちのブログと全く関係ないけどね(笑)
でも今後レビューしたいファミコンソフトが尽きたら

『ランニングブログ』

に転向…
なんて事は流石にないわ(笑)



「ガンダム GのレコンギスタI ~行け!コア・ファイター~」観に行きました。

2019-12-09 21:00:52 | Weblog(髭人のしょーもない日記)
「ガンダム GのレコンギスタⅠ ~行け!コア・ファイター~」観に行ってきましたよ。

上映期間が短い!11月29日~12月12日までのたった2週間!!
ボヤボヤしていたら知らぬ間に終わっていたなんてありえた。
ってな訳で観に行きましたよ。

※1月から上映する映画館もあるそうなのでそこら辺の詳しい場所は公式サイトをチェックだ!
 「ガンダム Gのレコンギスタ」公式サイト

映画館で映画を観るなんて数年ぶりだった。
「まどマギ」の映画版以来じゃなかろうか?(何年前だよッ!)
そもそも近所に映画館がないものな…
観たいのもあんまりないのもある。
上映している映画館が少ない「Gレコ」はそれよりもさらに遠出する必要があった。
映画館の場所は違ったんだけど時代が変わってきているね~。
前は係員に

「何を見るのか」「何時のを見るのか」「観覧者の形態(一般かシニアかなど…)」「何名か」「席の場所」

など申し出て観覧券を購入する必要があったが
今回、タッチパネルだったわ。
観賞券を購入したら後は以前と同じで上映時間まで待つ。

時間直前になったらシアターが開くのでそこで選んだ席に赴いて待つ。
上映開始時間になっても広告が多いのは仕方ない。

それで本編が始まる訳だが…
やはり映画館で見る分、画面が大きいし、曲に迫力があるし
楽しかった。

中身はって?
テレビ版と比較は出来ないな~。
テレビ版をそんなに繰り返し見ていた訳でもないし
しかも数年ぶりだし。

ただ改めて見ての感想としては
登場キャラが危なっかしい動きをよくしているもんだから
ハラハラしたわな。
戦闘中のMSの脇をほぼ生身で駆け抜けたりとか動いているリフトに飛び乗ったりとかしているのを見て

「バイタリティ溢れてんな~」

そこら辺含めてのエンディングテーマの歌詞である「元気のG」なのかもしれんね。
好きだぜ。

観終わった後はパンフレット買ったわ。
税込み2200円。

たっかッッ!

鑑賞券が1800円に対してパンフレットはそれ以上かい!
まぁ…でも、こういうのはお布施的な名目もあるからな。
今の所、5部作予定つっても収益が低いから短縮なんてありうるしな。
今、上映館数が増えたとしても安心など出来ん。

上映する所が増えているけど
今やっている所は12日までだッ!
迷っている方は急げ―――!!


ってな訳で髭人は2月公開予定の「ベルリ撃進」を観に行きますよ~っと!


髭人推奨の「接待用ファミコンソフト」

2019-11-13 21:00:48 | Weblog(髭人のしょーもない日記)
『ファミコン』こと『ファミリコンピュータ』は1983年7月15日に発売された。
今が2019年11月って事は発売されて36年。
多感な小学校1年生に誕生日プレゼントとして渡された子は現在はもう43歳って事になる。
もう良い中年である。

中年となって来ればもちろん、働いていてそこそこの役職になる人だっているだろう。
一昔前であれば『ゴルフ』なんかが接待の定番だったんだろうが
趣味が多様な今の時代、『レトロゲーム」で接待なんてのもアリかもしれない。

そこでそんな時代に対応する為にファミコンレビューが500を超えた髭人が

「ファミコンで接待するなら『コレ』!」ってのを挙げてみたいと思う。

まず接待する対象を決めてみよう。

・男性
・40代以降
・子供のころはファミコンを良くプレイしていたがそれ以降はゲームから離れ
 最近発売された「ニンテンドークラシックミニ」を懐かしんで購入しプレイしてファミコン熱が再燃。

って所にしておこう。
選定する基準としては…

・2人以上の同時プレイが可能
・初見でもコントローラを触ってみればわかる明快な操作方法
・面白い
・接待相手を不快にさせない

って所か…
これらに該当するのを選んでみる。
取り敢えず「ニンテンドークラシックミニ」購入って事なので
これらの収録タイトルは除外とする。

「アイスクライマー」「ダウンタウン熱血物語」「スーパー魂斗羅」
「ダウンタウン熱血行進曲」「ドクターマリオ」「マリオブラザーズ」
「バルーンファイト」「ダブルドラゴン2」

収録タイトルの内、上記は遊べる。
ただ「熱血行進曲」はガチでやると喧嘩の温床になるので大人なら節度を守って行いましょう(苦笑)
紹介はちと割愛。

では、紹介していく。
と、その前に

『ジャンル』:そのまま、遊びやすさだからアクションかパズルがメイン。
『入手しやすさ』:5段階評価、1(入手困難)~5(入手容易)2019年のソフト単品の大体の価格。
『予習の必要性』:予め、プレイ動画を見たり実際プレイすることの必要性
『クリアまでの時間』:クリアするまでの所要時間

紹介の後で

『オススメ度』:入手しやすさ、遊び易さ、万人向けかなどを含めた総合5段階評価、1(やや悪い)~5(良い)



・「T.M.N.T.」
 ジャンル:ベルトスクロールアクション
 入手しやすさ:3(1000円以上3000円以内)
 予習の必要性:クリアするのなら必要。
 クリアまでの時間:1時間半

 説明:協力プレイで敵を倒して行くのは楽しい。
  残機アップの裏ワザで下手でも長く遊べる。
  クリアするつもりならラスボスの倒し方は特殊なので知らないと厳しい。

  2もファミコンで出ているが必殺技の出し方が特殊だったり
  敵の多さが流石にくどいと感じた。悪いゲームではないが1より2を先に選ぶ必要はないかな。

 オススメ度:5


・「がんばれゴエモン2

 ジャンル:ベルトスクロールアクション
 入手しやすさ:3(1000円以上3000円以内)
 予習の必要性:必要。
 クリアまでの時間:2時間弱

 説明:2人プレイであちこち探索して家の変な人に出会うのはなかなか笑える。
  ただマップが広く円滑に進めるには手形の場所などを予め知っておく必要がある。

 オススメ度:3


・「クインティ

 ジャンル:アクションパズル
 入手しやすさ:4(1000円以下)
 予習の必要性:クリアするなら必要
 クリア時間:1時間半

 説明:パネルをめくって壁に敵を吹き飛ばす爽快パズルアクション。
  協力すると見せかけて邪魔し合って対戦するのもいい。
  ただクリアするには速さが重要でありその速さを上げる為に☆のパネルを探さねばならず
  初見では集めきれない。
  1ステージクリアするとか1回のゲームオーバーでやめるつもりならいいのかもしれない。

 オススメ度:3


・「ゲバラ

 ジャンル:トップビューアクション
 入手しやすさ:1(5000円以上)
 予習の必要性:なし 
 クリアまでの時間:1時間弱

 説明:弾が無限で撃って撃って撃ちまくれる。
  人質が沢山いて撃ち殺してしまえるが大したペナルティじゃないので撃ち殺しても問題はない。
  人として出来るだけ助けてほしい所ではあるが…(苦笑)
  
  無限コンテニューなので下手でも安心。
  ただ、元ネタが実在の人物なので歴史を気にする相手だと注意。
  それと、お高めであまり見当たらずそこら辺の中古ゲーム店でどこでも手に入る代物ではない。

 オススメ度:2

魂斗羅

 ジャンル:サイドビューアクション
 入手しやすさ:2(5000円前後)
 予習の必要性:なし
 クリア時間:1時間強

 説明:ゲバラ同様、撃って撃って撃ちまくれる横スクロールバージョンと言った所。
  パワーアップで派手な武器になるし、人質はおらず相手はエイリアンなので構う事なく破壊、殺傷出来る。
  ステージクリア時のデモのキャラもカッコいい。

  『男』『筋肉』『大型銃』

  心躍る!!
  タイトルのコナミコマンドで残機30機になるので下手でも安心。
  (コンテニューは3回だが、残機は30機を維持する)

  ややお高めでどこでも売ってないのが難。

 オススメ度:4

・「クォース


 ジャンル:パズル
 入手しやすさ:5(1000円弱)
 予習の必要性:なし
 クリア時間:対戦なのでなし


 説明:自機から小さな四角状のブロックを撃ってステージ上にあるブロックを四角形にすると消えるパズル。
  ボタンを押す回数の正確性が試されるゲーム。
  分かりやすく面白い。

 オススメ度:5




・「バトルシティ―

 ジャンル:画面固定シューティング
 入手しやすさ:3(2000円前後)
 予習の必要性:なし
 クリア時間:1時間弱(ステージ数多し)

 説明:協力して敵を倒して司令部を防衛しながら進んでいく。
  単純で面白い。
  たまに邪魔しあいになってしまうのはご愛敬。

 オススメ度:3

・「ヨッシーのクッキー

 ジャンル:パズル
 入手しやすさ:4(1000円以下)
 予習の必要性:なし
 クリア時間:対戦なのでなし

 説明:十字キーで縦横を固定しクッキーをスライドさせて1列同種に変えて消していくパズル。
  すぐに馴染めて楽しい。

 オススメ度:3

・「ヨッシーのたまご

 ジャンル:パズル
 入手しやすさ:4(1000円以下)
 予習の必要性:なし
 クリア時間:対戦なのでなし

 説明:4列のラインの全てを入れ替えるというあまり見ないタイプの落ちものパズル。
  連鎖など複雑な要素はないが軽くヨッシーを作るか欲張ってでかいヨッシーを作るかは性格が出る(笑)

 オススメ度:4


・「ワイワイワールド2 ~SOSパセリ城!!~

 ジャンル:アクションやシューティングなど
 入手しやすさ:3(2000円前後)
 予習の必要性:なし
 クリア時間:1時間半

 説明:コナミキャラが多数出て色んなゲームが出来て飽きさせず非常にお得。
  オプションで残機を増やせるし、無限コンテニュー。
  難易度もそう難しくはないので下手でも繰り返していればクリアできる。
  1を挙げないのは後述する。

 オススメ度:5

ワギャンランド3

 ジャンル:パズル
 入手しやすさ:3(2000円以下)
 予習の必要性:なし
 クリア時間:対戦なので無し

 説明:ストーリーモードがあるが、接待なら対戦モードで遊べる。
  神経衰弱や数字探しがあるがやはり「ワギャンランド」なら
  しりとりで裏読み探しで「そんな読み方ありかよ!」と盛り上がれる。

  1と2には対戦モードがないので除外。

 オススメ度:3

・「くにおくんの時代劇だよ 全員集合!

 ジャンル:ベルトスクロールアクション
 入手しやすさ:3(2000円以下)
 予習の必要性:あり
 クリア時間:1時間半

 説明:まず、名前を「こがねむし」にして技やお金を最大にしてあれこれ最適を探る為に
  設定をしなければならないので予習は必要。
  準備が整ったら、後はマップを移動し敵をブチのめすだけ。単純明快。

 オススメ度:4


後、個人的に1人用ながらちょっとプレイしてほしいソフト

・「ポートピア連続殺人事件

 ジャンル:コマンド選択式アドベンチャー
 入手しやすさ:4(1000円以下)
 予習の必要性:あり
 クリア時間:30分

 説明:未プレイの人でも知っている「犯人はヤス」というフレーズ。
  では、何故『ヤス』が犯行に至った動機を知る人はというと意外に少ない。
  それを解き明かし『ヤス』の心境になってみるのもまた面白いかもしれない。
  そして本当に犯人は『ヤス』だけなのか…

 オススメ度:2


・「リップルアイランド

 ジャンル:コマンド選択式アドベンチャー
 入手しやすさ:2(2000円以上)
 予習の必要性:あり
 クリア時間:1時間弱

 説明:絵本のような世界観で『カイル』と『キャル』の甘酸っぱい男女の冒険を行う事が出来る。
  但し、非常に意地悪な謎解きがあり、初見には厳しく予習は必須。
  入手しづらいのが難

 オススメ度:2


除外したソフト

・「ワイワイワールド」

 除外理由説明:2を入れるのなら何故1を入れないという所だが
  穴落ちで即死。
  一方が死ぬと、相方も死なないとそのステージで同時再開が出来ないというのは
  久々にプレイするって人には辛い。
  生き返らせる手段も基本、弾丸100個ってのは集めるのがしんどい。
  マメにパスワードを取るなんて方法もあるがまどろっこしいだろう…


・「桃太郎電鉄」「SUPER桃太郎電鉄」

 除外理由説明:接待である以上、良い感じで相手に勝たせる必要がある。
  運要素があるのでラスト付近で『スリの銀二』に遭遇するなんて事態が起こり
  勝たせるつもりが勝ってしまうのは可能性があるのは好ましくない。


・「爆笑!人生劇場」シリーズ

 除外理由説明:パーティゲームですごろくだから楽しめそうなイメージはあるが
  プレイ終盤のバランスは結構いい加減で
  序盤に学力あげたりしてとあれこれ努力しても

  「1億円ポンとくれたぜ」

  と、10万ドルもらった『ベネット』がビックリするほどの額が
  イベントで学力無視で簡単にもらえるのは空しくさせる。

  それと、人生って事もあって
  ゲーム中イベントで接待相手の人には言えない偶然トラウマに触れたりすることもある可能性もあるだろう。
  最初楽しんでプレイしたのにとあるイベントを経た途端、接待相手が黙り込んでしまって
  聞くのもはばかられ微妙なテンションで終わってしまうなんて事もあるだろうからな。

  後、ゲームキャラが中年になってきてハゲてきたりする。
  40代以降生え際が気になる人ならその辺り自分と重ねてしまうかもしれない。
  避けた方が無難。



以上かな。

万人が一緒に遊んで楽しいのはひとまずこれぐらいか。
これで楽しんで頂ければ幸いかな。


ファミコンって闇そのものみたいなゲームもあったりする。
プレイ開始1~3分でクソゲー判断できる出オチ的ゲームは接待なんかでは大笑い出来る部分もあって
場の空気を変えるにはありだろう。
クソゲーだとネット上の評判を知っていても未プレイなのは結構ある。
だから実際触れてみるのも一興である。

「ファミコンの究極のクソゲーはどれかッ!!」

なんていう企画型接待もアリかもしれない。
需要があれば記事にするかもしれません。

あるんだろか?(苦笑)





つまらなければ押すんじゃない。

  ブログ王     くる天 人気ブログランキング     PVランキング   ブログランキング   ホームページランキングRank Now!   ブログランキング【ブログの惑星】  ホビー人気ブログランキング   人気WebRanking

  「ポイント・マイル」ブログランキング参加中  髭を剃るとT字カミソリに詰まる - にほんブログ村