がぶろぐ

非運動系のボーダーコリー「がぶ」。
小柄で巻き毛でビビリだけど、リッパな家庭犬目指して頑張ります!

1年。そしてこれから。

2022-03-21 23:34:01 | その後のはなし

がぶがいなくなったあの日から、今日でちょうど1年。

本当にあっという間でしたが、

思い返せば何もしてこなかったわけでもありません。

がぶがいなくても楽しいこともしてきました。

そして、思い出す度に悲しくなっているわけでもありません。

毎日小さくなったがぶに、

「おはよう」「おやすみ」「いってきます」「ただいま」

と声をかけていると、

もうそれが「がぶ」本犬と同じような感じさえすることがあります。

日常会話の中でも、ほぼ毎日登場しています。

いなくなった直後より、

今はなんだかまた近い存在になってきている気がします。

もちろん過去記事や画像などをみると寂しくなることもあります。

あのふわふわした毛にもう一度触れたい。

あの大変でも充実した日々をもう一度過ごしてみたい。

そろそろ次を・・・と考えなくもありません。

それでもいなくなる直前の様子などを思い返すと、

やはり足踏みしてしまう部分もあります。

どこかへ出かけるときも、がぶが基本だったので、

「がぶがいなければ行けたのに」 とか思うこともありませんでした。

たとえ大変だと感じることはあっても、

いないほうがよかったと思うことはありませんでした。

がぶのためにと考えて行動することをつらいと思ったことはないけれど、

いなくなった今、「がぶのため」を考える必要がないことは、

誤解を恐れずにいえば「楽チン」なこともあったりします。

これは次のコを迎えない理由ではないけれど、

今はもう少し、「今だからできること」をしておこかとも思っています。

もちろん、がぶとまた暮らせるというなら、

この「楽」なんて、なんの躊躇もなく捨てられるんですけどね。

それでもいつかはきっと、今のがぶつかい子のように、

「ケモノのぬくもり」への気持ちが上回る日が来ると思います。

がぶを迎えた日のような、スバラシイ「出会い」を、

今しばらくはゆっくりと待ちたいと思っています。


そして、このブログについてですが、もちろん消すつもりはありません。

更新もできる限り続けたいとも思っています。

ただ、その時々に撮れた写真から記事を書くことが多かったワタクシ。

新しい写真がなくなった今、

書きたい思い出話があっても、がぶへの気持ちは変わらなくても、

記事として書くのが難しかったりします。

1年というのは一つの区切りにはちょうどいいのかも、とも考えました。

それでも、何より自分のために、細々とでも続けてみようかと思っています。

いつかは誰も見なくなるかもしれないけれど、

少なくともワレワレはいつまでも読み続けるだろうと思うので。

こんなブログでも、いまだに読んでくださる方がいることには、

感謝の気持ちしかありません。

いつもほんとうにありがとうございます!

これからはかなり不定期になると思いますし、

もしかしたらもう書けないかもしれません。

ふと思い出したように書くこともあるかもしれません。

そんなスタンスで「気楽」に行こうかと。

それでも何かのときにふと思い出してお立ち寄りいただき、

ほんの少しでも和んでいただけたらうれしいなぁと。

今は思っています。

<イヌブログの人気ランキングに参加してます>

スマホやケータイの方は、
こちら↓を押して下さい。
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
 
PCの方はこちら↓
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
いつもありがとうございます!

 

 

コメント (13)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

時代の進化をも超越してる?

2022-03-16 22:02:52 | Weblog

スマホの画像はgoogleフォトで管理しているのですが、

時々「○年前」と題して、過去の画像が送られてきます。

以前はあまり必要性を感じなかったサービスですが、

いまはとてもありがたいなぁと思っています。

そして人物やペットの振り分けもなかなか秀逸で、

人間でいえばかなり変なカオをしても正しく振り分けられてたりするし、

がぶもほんの一部分だけでもきちんと認識してくれてたりします。

こういう技術って、どんどん進化してるんだなぁと感心してしまいます。

ちなみにがぶつかい子のiphoneでも同じようなサービスがあるようで、

なかなか便利に使えているようです。

と、ふと目にとまった、見覚えのないカテゴリー。

はて、猫の写真を撮った記憶はありませんが・・・。

ぶっ。

なんじゃそれ。

確かに出先で、

「ボーダー・・コリー・・・ですよね?」

と聞かれたこともあったけど、

イヌですらなかったのか・・・。

いまでも笑顔にさせてくれる、

このスバラシイ時代の進化とがぶのキャラクターに感謝です。

<イヌブログの人気ランキングに参加してます>

スマホやケータイの方は、
こちら↓を押して下さい。
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
 
PCの方はこちら↓
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
いつもありがとうございます!
コメント (10)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

気づかなかった、大きな穴。

2021-11-23 22:37:25 | その後のはなし

がぶのいない生活にも慣れ初め、それなりに楽しいことも出来つつあった頃。

なんとなく違和感を感じ始めていた体調。

太り始めたせいか?

と思い自転車に乗り始めたものの、いまいち。

市販の薬を飲んでみても、あまりスッキリせず。

実はこの2年、健康診断をサボっていたワタクシ。

これはさすがに何かある。

と、やや確信に近いモノを感じ、いよいよ健康診断を受けることに。

ところが予約が取れて安心したのか、そこからすっと体調もよくなり、

実際結果も特に問題なし。

思い当たるのは、やはりストレス。

自分では大丈夫と思っていたのですが、

実際にはかなりのストレスがかかっていたのかもしれません。

まさに生活の一部だったがぶ。

自分なりには納得のいく見送りができたおかげか、

ココロの穴、という実感はなかったのですが、

自分の中はみえていなかった、ということかもしれません。

もちろん今でも寂しいですし、会いたいとも思います。

それでも本当の痛みに気づけたことは、大きな前進だったようにも思います。

 

思い返せば、今年に入ってからの数か月。

がぶと関わりのあったイヌたちが次々と虹の橋へと旅立っていきました。

それはまるで、月の引力に吸い上げられる海水面のように、

なにか目に見えない大きなチカラに吸い寄せられるかのようでした。

もちろん、単純にそういう年齢だった、といえばそれまでなのですが、

短い期間に、しかも年齢の違うコもいたりすると、

不思議なことは信じない僕でも、ちょっとそんなことを考えてしましました。

 

そして先日またヒトリ、がぶの幼なじみが虹の橋へと旅立ってしまいました。

初めて会ったころは、がぶが視界に入るだけでも大変な状態でしたが、

いつしか、同じ車で一緒に出掛けられるまでになっていました。

今なら一緒に遊んだり・・はしてないと思いますが、笑

なんとなくお互い気配を感じるキョリで、

それぞれのカイヌシのことを見守ってくれてる気がします。

 

うれしいこともありました。

先日、ご近所さんが子犬を迎えられ、撫でさせてもらいました。

パピー独特のぽよぽよのおなかの肌触り、

チクチクとがった歯、まだかわいらしい鳴き声など、

懐かしさと同時に、必死に向き合っていた当時の気持ちが、

大波のようにどっと押し寄せてきました。

ものすごくかわいいんだけど、それだけじゃない。

むしろ真剣になればなるほどものすごく大変で、充実した楽しい時期。

ヒトゴトながらおもわずワクワク・ドキドキしてしまいました。

イヌはやっぱし、いいですねぇ。

いやキミ、気軽に「うちも!」って言えない理由の一つになってますよ。

あの頃はほんとに必死だったなぁ(遠目)。

<イヌブログの人気ランキングに参加してます>

スマホやケータイの方は、
こちら↓を押して下さい。
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
 
PCの方はこちら↓
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
いつもありがとうございます!
コメント (22)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

半年間

2021-09-21 21:22:09 | その後のはなし

まだ桜も咲いていなかったあのときから、

気づけば半年、季節はもうすっかり秋です。

中秋の名月が満月になるのは珍しいそうですね。

見せてやりたかったなぁ・・・なんて、

本犬は全く興味なかったと思いますけどね。

がぶとの日々は、

昔みたとってもお気に入りの映画を回想しているような感じです。

そして時々、無性に会いたくなります。

あのふわふわのおなかに顔を埋めたい・・・

といっても、これも本犬は嫌がると思いますけどね。

そんなココロの隙間を埋めるかのように、

自転車をひたすらこいでおります。

普段は行かない、遠くの公園を目指したり、

ここまで来たらと海までアシを伸ばしてみたり。

がぶにも見せてやりたかったなぁ・・・といっても、

これまたきっと迷惑だったとおもいますが、

今ならいつでもどこでも一緒に行けますからね。

一緒と言えば、

仕事中に、会社のトラックに乗せて歩いたこともあったなぁとか。

あまりたくさん歩けなくなってからは、

原付にカゴつけて走ってやろうと思ったり、

もし動けなくなったら特製カートを作ってやろうとか思ったり、

いろいろ考えていたことも、結局やらずじまいでした。

何事も、やろうと思ったときにやらなくちゃダメですね。

今更ながら教えられてる気になります。

1年前はキャンプに行ってました。

今年はあまりいけなかったけど、もう一回くらい行きたいな。

もちろん連れて行くからね。


<今日の驚いたこと>

キレイな満月が見えたので、

せっかくだからカメラで撮ろうと数ヶ月ぶりに棚から下ろしてみたら、

これがビックリ。

使い方が分からなくなってました。ひぃ~。

いじってるうちに思い出しましたが、自分で自分に驚きました。

脳みそ、使えるうちにいっぱい使わないとっ!

<イヌブログの人気ランキングに参加してます>

スマホやケータイの方は、
こちら↓を押して下さい。
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
 
PCの方はこちら↓
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
いつもありがとうございます!
コメント (8)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

苦手なことも利用します。

2021-08-20 21:02:40 | 思い出話

こう見えて(?)、がぶは基本的にダッコが苦手でした。

ダッコしようとすると逃げるわけでもなく、

ダッコしたら怒ったり暴れるわけでもありませんが、

しばらくすると、すごい表情になってます。

だいたいが外ではくっついてくるくせに、

家の中でくっつかれるのが苦手だったのかもしれません。

帰宅後は気配の感じる範囲で離れた場所でくつろいでいました。

それでも歳をとって階段が上りにくくなってくると、

階段下で待っていて、時にはひと吠え。

迎えに行くと自らお尻を向けて抱っこしやすい体勢に。

抱き上げる腕に自分からカラダを預けてくるときも。

信じ切ってるようですが、

それ、腕引っ込めたら転びますよ。

かと思えば要件が済んでも抱っこし続けると、

やはりこのカオになります。

ま、そんなところも面白かったんですけどね。

ちなみに外でちょっと長い時間抱っこが必要なとき、

肩に担ぐように抱っこしていたのですが、

なぜか前を向きたがっていたなぁ。

ちょっと体勢的にツラいのですが、カオが近くて実は嬉しかったり。

かといって、

前を向かないとイヌさらい状態なんですよね~。

通報されなくてよかった、よかった。

<イヌブログの人気ランキングに参加してます>

スマホやケータイの方は、
こちら↓を押して下さい。
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
 
PCの方はこちら↓
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
いつもありがとうございます!
コメント (13)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする