最愛のパートナーを探す旅。

いろいろな恋と出逢い、何度も転んで、傷ついて、やっと辿り着いたスタート地点までのお話。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

無事、入籍しました。

2007-08-03 09:45:05 | 進行形の恋
ご心配お掛けしましたが、

無事、わたしたちは入籍しました。

Ericの妹の状態も落ち着く方向に向かっていて、

まだ、検査等しなければいけないことがありますがEricも日本に来ることが出来ました。

入籍まで、一年間の遠距離恋愛でした。

最初の出会いはオンラインでしたが、

心の絆や将来向いている道が同じであることを日々の積み重ねで実感することが出来ていました。

今までの過去の恋愛では感じたことのない、

安心感、

信頼感、

尊敬の念、

目指す未来、

ときめきだけの恋ではないことが実感出来ています。

結婚は忍耐です。

お互いがお互いを思い遣り、

「忍耐」の部分を乗り越えていけると確信できる自分が居ます。


Ericとは、もう家族です。


不思議な安心感がそこにあります。

前のように、お洒落なレストランで外食したり、

そんなことをするのではなく、

「早く帰って夕食作ろう」

「save the money」

そういった、家庭的な会話が当たり前になっているのです。

結婚指輪も買いに行きました。

オーダーになるので、出来上がりが9月になってからです。

まだ、Ericの荷物の整理が終わっていないので部屋が散らかり気味ですが、

わたしたちの生活のリズムが出来ればブログを再開できるかと思います。

そのときは、「結婚生活」について綴っていきたいと思っていますので、

もし、どこかでそれらしいブログを見つけたら、

また、応援してください。


今まで愛読してくださった方々、

本当にどうもありがとうございました。

ようやく、最愛のパートナーと出会えました。

これからが、

本当のスタートラインです。

コメント (15)

大変な事態。

2007-07-30 14:39:28 | 進行形の恋
昨日のお昼過ぎでした。

Ericの妹が倒れたと電話がありました。

パッキングが出来ているか心配で、その前も何度が電話で連絡を取り合っていて、

「今、マムの家に向かっているんだよ、着いたら電話するからね」

と言われていた矢先で、

マムの家で家族水入らずの時に起こった突然の出来事でした。

仕事中のわたしは動転して心臓はドキドキして、

自分が何を話しているのかわからなくなりました。

妹は、突然の全身性痙攣発作を起こしたのでした。

呼吸は停止し、唇は真っ白になり、死んでしまうかと思う状態だったと、Ericは言っていました。

そして、心臓マッサージをして、意識は戻ったものの、

一時的な記憶障害が起きたらしく、

周りに居た家族を「あなた誰!」と恐がったそうです。

その後、救急車で病院に行き、病院のベッドでもまた痙攣を起こしたと言ってました。

CTスキャンと静脈点滴をしている、とのことで、

Ericもマムも他の妹達も、ずっと病院に居ました。


わたしも気が動転しました。

その現実を付けとめることが出来ませんでした。


全身性の痙攣は突発性てんかん発作です。

まだ、20代前半でてんかんが起こることは原因はなんなのでしょう。



昨日は、ずっと心配で心配で泣き通しでした。

去年の母のことといい、

あまりに辛い現実に押しつぶされそうでした。

明け方からEricの携帯が繋がらなくなり、

何かあったのかと、何度もかけましたが、

ついに呼び鈴もならずに留守番電話に繋がってしまうようになっていました。


ようやく電話が掛かってきたのは、モントリオール時間朝8時でした。

一睡もしていないEric。

でも、妹は少し良くなっていると言われました。

マムと電話を代わり、泣きながら話しました。


Ericの来日は、無理だろうと理解する努力をしました。

で、Ericにも、「もし来日が無理でも心配しないで」と言いました。

でも、Ericは日本に来ると言いました。

マムも、「彼はすぐそっちに行くからね」

と言いました。

マムは、わたしとEricが一緒に居ることで安心すると言っていたそうです。

Ericがわたしといるとイキイキしていて、それが嬉しいと言っていたそうです。


今日、何度も電話で妹の状態を確認しましたが、

さらに状態は良くなっていると言っていました。

今のところ、予定の変更はなく日本に来るために準備を続けています。

先ほどお昼過ぎの電話で、パッキングをしながら、また妹の病院に寄ると言っていたので、戻ったら電話をくれると言いました。

出発は日本時間の夜12時です。

でも、前回霧のために飛行機がキャンセルになったということがあるので、

午後7時には空港に行くつもりで、もし予定の飛行機が飛ばない時に対応できるようにするのです。

まだ、来日は確定したわけではありません。

でも、今はとにかく妹の痙攣が再度起こらないように、

そして、状態がもっと良くなるように祈るばかりです。


神様、お願い。


とにかく、祈るばかりです。


コメント

パニック。

2007-07-29 09:43:54 | 進行形の恋
Eric、忙しいみたいです。

スロ~リィーなEricは、一ヶ月以上も前から、

「今週は家の物をインターネットで売ったり、日本に送るものをパッキングしたり、日本に持っていくスーツケースを用意したり忙しい週になるよ」

といい続け、

毎週言い続け、

結局最後の週まで言い続け、

今になって全てのことを始めているので、

忙しいのです。

わたしが予想するに、何にも手につけていなかったと思われます。

昨日、電話口の声は、どんより~~していました。

何度も、「また同じ言葉を言ってるよ」「先週も同じことを言ってたよ」とわたしは言ってたので、

その都度、「僕はスロ~リィ~ガイなんだ」「今週はやるしかないよ」「問題ないよ、大丈夫」

なんて言ってて、大丈夫かな~って思っていたら、

やっぱり今頃になってパニックになっているのでした。

「一ヶ月も前から同じことを言っていて、あまりゆっくり過ぎるのは良くないよ。わたしの方の準備はずっと前から始めていたからもうほぼ済んでるよ」

あまりの計画性のなさに半ばあきれてそう言いました。

「時間がなかった。忙しかったんだ。」

忙しかったっていうのはあくまで言い訳です。

結局、頭の中が忙しかっただけで、何にも終わっていないのです。

日本に送るパッキングも。

日本に持ってくる予定のギフトも。

部屋の片付けも。

わたしのために持ってきてくれるはずのジャマイカンスウィートポテトも。

英語の先生の登録も。

な~~~~~~~~~~~んにも、終わってないのです。

忙しいって、それ以外、仕事以外、

今までいったい何してたの????!!!!

と、

思わず言ってしまったのです。

あきれ果てて。


それが、

声をどんよりさせた理由かもしれません。

「やることがありすぎて、気が狂いそうだよ。僕がバカだった。ただのレイジーできちんと計画を立てられなかったんだ。」

そばにわたしが居れば、

効率よく片付けと荷造りをしてあげられるのですが。。。。。

日本に来た時も、来た時にスーツケースを開けた時、本当に驚きました。

生理整頓はまったく出来てなかったのはともかく、

これだけのことにどんだけ時間かけてパッキングしたのかと思いました。

帰りはわたしがすべてやったので、本人はまったくそういった焦りを感じてなかったのでした。

そして今、

日本に生活拠点を移動するつもりのことを、

たったの4日で終わらせなければならない現実。。。。

そういったことに、向き不向きってあるんですよね~。

「でも、選択の余地はないから、あまり考えすぎないで。まず、持ってくるものは必要最小限でいいから。Tシャツと靴とジーパンと下着ね。ギフトは、空港で買えばいいから。わたしのギフトは必要ないからね。スウィートポテトは、ジャマイカに行ったときに食べれるから持ってこなくていいからね。部屋のものはルームメイトが使うからそのままでいいよ。とにかく、考えすぎないで。わかった?」

パニックになって、どんよりしていたEricの声が少しづつ明るくなりました。

オーガナイズなわたしには、正直あきれてびっくりなことですが、

これから少しずつわたしが教えてあげようと思います。

だから、Ericはわたしが夕食作っていようが自分のそばにわたしを置いておきたいし、

朝早起きして家のことをやって朝食昼食作ってと、計画的にやろうとしていても、

「そんなに早起きする必要ない」

とか言ったりするんですね。

時間を逆算して、するべきことを早めに始めるということを、

根本的に考えないのでしょうね。



わたしはと言うと、この間の『結婚前に話し合うこと』の自分の意見を英語にしています。

その作業をしている間も、

わたしのスウィ~ティ~Qちゃん(鳥)は、

べらべら話しまくっています。

「もしもし~、○○ですけども~。」

「ですけども~。」

「ですけども~。」

『ですけども~』を3回も言いました。

「あ、は~い、こんにちは~~~!!」

「はい、失礼しま~~す!」と、まあ、

こんな感じで話し続けるので、

思わず笑っちゃいます。


「んん~?どお~したのぉ~??んん~?かわいこちゃ~~んっチュチュ!」

「ちょっとお待ちくださ~~~い!!」

「うぎゃっ!うっぎゃっ!ルリちゃん!(←別の鳥の名前)おこるよ!!」

「Qちゃぁ~~~~ん!ステップアップ!」

もう、止まりません。

「はい、こんにちは~」

「おやしゅみ~」

「アイラビュ~」

「Qちゃんチュ~わぁ~~??」

鳥にはいつも和まされています。


さて、Ericさん、今頃ちゃんとパッキングしてるかな~~。

あとは本人に頑張ってもらうしかないですからね~。









コメント

いろんなことを振り返ってみて。

2007-07-27 11:25:38 | 進行形の恋
ああ、、夏バテ気味です。

ここ数日の暑さで、

水ばかり飲んでいます。

そして、汗ばかりかいています。

クーラーは嫌いなのですが、

冷たいシャーベットとかゼリーとか、

無性に食べたくなります。

今日も、暑いですね~。


本題です。


このブログを始めたきっかけは、最愛のパートナーを探すためでした。

離婚の後のどうしようもない空虚感に押しつぶされそうになりながら、

なんとかわたしらしさを取り戻すために、

忘れてしまったパッションを取り戻すために、

とっても活動的になっていました。

そして、やっと自分の求めるものが何か気づいたとき、

『最愛のパートナーを探す旅』を成功させる思いでこのブログを始めました。

当初、現在進行形で日記を綴ることの不安はありました。

本当に、見つかるかな~~って。

でも、「見つけようと願う強い気持ち」を持つためにも、

書こうと思いました。

自分でも、驚くくらいに早くにわたしの理想の人にめぐり合えました。

いろんな方の国際恋愛ブログを見て励まされました。

わたしもあんな風な恋がしたいとずっと願っていました。

ああ、それが本当に現実になるなんて夢のようです。

それまでの辛い恋愛が嘘のように、

Ericとの恋愛では新しい発見ばかりなのです。

恋愛は、それだけで喜怒哀楽を学べる素晴らしい舞台です。

今、恋愛の最終章で、

これからは、結婚という舞台で、また新しい家族を学んでいくんですね。

結婚はそんなに簡単なことではありません。

今まで見えなかった部分や、生活習慣の違いで悩むこともあるでしょう。

わたしの心の奥のトラウマが根拠のない不安を思い起こさせるときもありますが、

とにかく前に進むしかないと思っています。

わたしとEricなら絶対に大丈夫。

やっと、やっと、

スタートラインなのです。







コメント

晴天。

2007-07-25 10:26:03 | 進行形の恋
梅雨はいつ明けるのでしょう?

昨日は久しぶりに快晴でした。

梅雨でジメジメしていて洗濯も思うように出来なかったので、

一気にしました。

カラッと乾いた洗濯物は、気持ちいいですね。


お休みの日、そして、天気がとてもよかったので、

たくさんのことが出来ました。

家とスーパーやらお花やさんやら役所やら行ったりきたりしました。

朝から夜まで動いていたので、

いつもの仕事の時よりも疲れちゃいました。

そして、昨日の暑さで食欲がてき面に落ちて水ばかりのんでいました。

たくさん動いて汗をいっぱいかきました。


いよいよ、Eric来日が迫って来ています!!


昨日終わらせたことは、

婚姻届の必要書類の再確認。

成田にお迎えに行く時に持っていく「お花」の予約。

何度も失敗を重ねて、ようやく昨日、「キャロットマフィン」の完成品が出来上がりました。

ついでに「バナナマフィン」も作って見ましたが、

これまた最高の出来栄えでした☆

チョコレートスコーンと、レモンスコーンはもう完成しているので、

あとは、来日までにキャロットマフィンを作ってストックしなければ。。。

と、

昨日は、新たに「餃子」にチャレンジしてみたんです。

でも、

わたしは、ひき肉の脂とか、にんにく、にらとかの臭いのキツイものはあまり好きじゃないんです。

だから、最近、にんにくを使わなくても美味しい餃子のレシピを紹介している番組も多いので、それを見て自分なりにアレンジして作ってみました。

餃子は50個できました。

作ってすぐに冷凍して保存食になっているので、まだ、味見はしていませんが、

美味しく出来ていることを願います!

昨日は本当に充実したいい一日でした。

あまりに暑かったからか、活動的に動いたからか、

夜お腹がすきすぎて眠れなくなってしまいました。

夕飯きちんと食べたのに~~~。

Ericとの長距離電話もあと数日です。

う~~ん、待ちきれません!

いかに、わたしのペースを崩さずにEricのペースに合わせるかを考えています。

でも、頑張りすぎちゃいけない。

これからはずっと一緒にいられるから、

どんなにEricがグースカ寝ていようが、

文句は言いません(笑)

その時間を有効利用しようと思っています。

料理もその一つで、いつもいつも手の込んだものばかりは無理だから、

適当に手を抜いて、でもそう感じさせない、しかも健康にいいお財布に優しい毎日の食事を目指しています。


今日は、ちょっとスロースタートですが、

さっきEricから電話があってまたエネルギーを貰ったので活動開始します!





コメント

結婚前の話し合い13

2007-07-23 10:18:01 | 進行形の恋
最後です~~~。

What is a gift that your marriage brings this world out?

この世界にもたらすギフト・・・・・

スケールが大きいですね~~(笑)


また、新しい「家族の形」を示すことが出来る、、、かな~。

みんなそれぞれ違う形の家族を持っていて、作り上げていっるわけで。

一度失敗したときに友人の結婚生活を聞いてて、

自分の最悪だった前の結婚生活を思い出して、

「どこも一緒だな~」

と思ったりして。

でも、

その頃は「結婚」に対して「束縛」とか「忍耐」とか言ったネガティブな思想しかなかったから、

友人みんなが結婚生活から解放されてのびのび飲んでいるのを見て、

「結婚なんて二度とするもんじゃない」

と思いました。

でも、それは自分のそういう考え方がそういう結婚生活を生み出していたわけで、

今、思えば、

『自業自得』

確かに、「忍耐」という部分はあるかもしれないけど、

それを「苦痛」にとらえないような自分自身の努力が、

足りなかったんだな~って思います。

でも、

前の旦那とは、

絶対に幸せにはなれなかった、

と、確信しています。

それは、前ダンナが悪いわけではなくて、

「わたし」と「前ダンナ」のお互いに心地よい居場所が見つけられなかった、

だけなんですよね。

どっちが悪いという訳ではない....

「生き方が違った」んですね。

結婚前にわかっていたんですけどね。

それを認めて一人になるのが寂しくて、手放す勇気がなかったんです。



Ericとは、どうなのか????

一緒にいろいろなことを乗り越えていくエネルギーでいっぱいです。

こんな「結婚」の形を世間に知ってもらうことで、

わたしのように一度失敗していても、

「もう一度結婚したい」

とか、

「結婚っていいものだな」

って思ってもらえるような「結婚生活」をEricと築いて行きたいですね。





コメント (2)

結婚前の話し合い12

2007-07-22 13:54:09 | 進行形の恋
What kind of things will be better than single in the marriage?

そもそも、結婚て何のためにするのか?ってことですよね。

恋人同士のままだって、愛を確認し合っていれば結婚という形を取らなくたっていいわけだし、(Ericと出会う前はそう思っていた)

子供が欲しかったら、海外では結婚しなくたって恋人同士で子供を育てるケースは全然珍しくないわけで、

それが結婚したい理由にはならないし。

あくまで、狭い日本的な考えで「結婚しないと子供は・・・」とか、

「長くつき合っていないで、そろそろ結婚を・・・」とかいった風潮なわけで。

カナダでのEricの話を聞くと、子供はいるけど結婚はしていなくて恋人同士のカップルが本当にたくさん居ます。

そもそも、なんで結婚するんでしょうね?

わたしたちの場合は遠距離恋愛をしてて、早く一緒に住みたいということが第一ですが、

いざとなれば、結婚しないで就労ビザで日本に来ることも出来るわけだし・・・・


わたし的な考え方では、

結婚って「周りに公言すること」かな~って思います。

法律で認めてもらうことで、お互いの愛情を確認しあい、また、それを公に認めてもらうことかな。

ただ、それだけのこと何だけど、

それだけのことじゃない、ような。。。。。なんだか訳わかりませんが、、(汗)

「結婚」という法律できちんと認められることで、お互いがお互いの愛情の深さを測っているというか、

それこそ下手なことはもう出来ないよ、と紙の上で公言する事というか、

はっきり言って、本当に愛し合っていることが確認できる二人なら、

「結婚」にはこだわらないと思うんですよね。

でも、わたしは2度目の結婚だけど、

「Ericと結婚したい」と思いました。

そして、

結婚したからって、独身の時よりベターになることってないと思います。

大好きなEricが居るから、魂の底からあふれるパワーを感じるし、

別に結婚する、しないに関わらないと思いました。

あ、そうか、

今思いました。

結婚することで、「責任」が生まれてくるんですよね。

その、「責任」がわたしをもっと強くするのかもしれません。



コメント

結婚前の話し合い11

2007-07-22 11:07:18 | 進行形の恋
Do you want your to tell the partner what the meaning of this marriage is for you?

う~ん、翻訳って難しいです。

『この結婚があなたにとってどんな意味があると言うことを、パートナーに知ってもらいたいですか?』

「パートナーに知ってもらいたい」

だと、

「You want your partner to know......」

かなって思うのですが、

日本語では「伝えたい」のほうがいいのかなって思って、

「You want to tell your partner.......」

にしてみました。

「この結婚があなたにとってどんな意味があると言うことを」

も、

「あなたにとってこの結婚の意味は何か」

という感じに訳して見ちゃったのですが、

ニュアンス伝わってますかね~~??

あとで、Ericと話し合うときに正しい英語に直してもらいましょう。


わたしにとって、この結婚の意味とは・・・・・・

これからわたしが目指す目標を一緒にサバイバルして行くこと。でしょうか。

わたし、目標がないと生きられません。

その目標目指して頑張ることが生き甲斐だと思うんです。

たくさんの困難にぶつかって、目標の軌道修正はあるものの、

やっぱり目的無くただ仕事に没頭して、遊んで、、、、、、ってしてても、

『何に向かって生きているんだろう?????』

って絶対になっちゃうんです。

一つの目標が叶えば、次の目標を定めて、

結局ゴールはないのですが、

そうやって「生きる」ことを共に歩めることが、

『Ericとの結婚』かなって思います。

それには、同じ目標を持っていなければいけないんですよね。

たくさんのメール交換、電話での話し合いで、

お互いの求めているもの、目指しているものが一緒であることを、

魂のレベルで感じていたんですね。

どんなに好きだった相手でも、

目標が一緒じゃないと、

二人の道は交わらない・・・・・


わたしは、この結婚で、最愛の旦那さまEricと、同じ目標に向かってアドベンチャーを楽しもうと思っています。





コメント

今日はバチェラパーティー。

2007-07-21 17:17:57 | 進行形の恋
日本時間の今日は、

Ericのバチェラパーティーの日です。

今朝、パーティーに行く前に電話があり、

また電話する、と言われて待っていたのですが、

先ほど電話がありました。

予定では、最初、親友の家に行って飲んだり食事をしたりしてから、

ビリアードに行き、そこで大勢の友人と合流し、

その後クラブに行くと言っていました。


飲みすぎて、つぶれて、意識とか失くしちゃったりしていないよね・・・・


心配性のわたしは、

電話がなくって心配していました。

でも、さっきの電話で、多分クラブからでしょう、

声もしっかりしていて、

「少し食べてから、もうすぐ帰るよ、帰ったら電話するから」

と言っていたので安心しました。

わたしの声が聞こえにくかったようで、

せっかく1月にモントリオールを訪れた時に紹介してもらったEricの友達の彼女と話しをしたのですが、

こっちの言葉が伝わらず、ほとんど会話になりませんでした。


Ericは家に帰ってからまたすぐに英語の教室があって、

その後は、旅行会社で働いている日本人の友人Yさんの引越し祝いに行かなくてはいけません。

Yさんは、フランス人の彼がいて、一緒に生活をしています。

モントリオールに行ったときにお会いしました。

今週末も、Ericは寝不足状態で、

本当に心配です。

「心配しなくていいからね。」

そう言ってくれますが、

体のこと、心配しちゃいますよね~~~。

でも、日本に来たらわたしがしっかりと健康管理します。

一緒に、長生きしようね☆☆☆



コメント

結婚前の話し合い10

2007-07-21 10:26:47 | 進行形の恋
Family is that each affection is transforming.
Two persons are united, but it is not restrained.
What is the difference of those?

『束縛、拘束』とは、

自分の操り人形のように、自分の思った通りに相手をコントロールしたいという願望かなって思います。

それって、きっと相手が「こうしたい」と思うことを力で抑制することになるから、

精神的に圧迫感を与えるし、

相手の人格を尊重していないことになるんですよね。

『二つの人格が結合すること』

とは、

お互いの人権、思想を理解し合うこと、

だとわたしは思いました。

だからこそ、

それぞれのアイデンティティーを尊重し合えないと、

束縛感から一緒にいることが苦痛になってくるのかな~って思いました。

Ericは、なんでも一緒、一緒、一緒、なので、

この部分はきちんと話し合わなくてはいけないし、

ときどき、「こうしてくれなかった」(たとえば、朝、「I love you」を言わなかった、とか。←寝ぼけて忘れているだけなのですが。。。)

ということで一人でムカついているときがあったので、

いつもお互いが自然体でいられるようにしていかないといけませんね。
コメント