さくらちゃん♪





大切なクライアントの幹部Mさんはバリバリのキャリアウーマンで結婚どころか、子供なんて絶対
産むはずは無いと思っていたのに、期待を裏切り昨年末めでたく入籍し、しかも今月出産。!
という事で、桜がほころぶ今週はじめ、1年間の育児休暇の為、気軽に食事も誘えなくなるし、
しばらく会えなくなるので名古屋へ行って参りました。

最近凝ってる、手作りお菓子を持参。桜の季節なのでパッケージに事務所近くに咲いてた
桜をはさみ(良い子の皆さんは、勝手に公共のものをチョキンしちゃいけまんよ)
子供が5歳の時に描いた、スペインのサクラダファミリアの絵≪2008年6月25日の記事(GALLERY)参照≫
をラベルにして持って行きました。お菓子作りは初心者ですが、毎週末作っていると結構楽しいし、うちの
奥さんは子育ての時にお菓子作りに励んでいたように、Mさんも時間が出来るので子供の為に美味しい
お菓子を作り、おみやげに持って行く時など、子供の描いた絵をラベルにしたりすると子供も喜ぶし、
この絵を通して話題が盛り上がったりして、楽しめるんじゃないかと思って作って見ました。
思った通りこの話題で話が弾み、予約していた「KAWABUN」桜ディナーの予約に遅れてしまいました。

そんな事で、子供が小さいお菓子好きのお母様方、子供って邪念が無いので、下手な絵でも
温かさを感じるし、ラベルにして文字を入れるとそれなりの雰囲気になります。
自分のブランドお菓子を作って貰った子供は、きっといい子に育ちますよ~。

ところで、桜の季節に桜の飾りのお菓子を持って、桜ディナーを一緒に食べたMさんの子供の
名前は“さくら”ちゃんでした。^^ なんかご縁を感じます。。。




毎週末お菓子作りに励んでいる私ですが、現在マカロンに挑戦中♪
最初は完全に失敗。2度目は上記の写真の様に、平べったくなり間隔をあまり取らなかったせいで
雪だるまマカロン。でも、味は何とかマカロンでした。3度目の正直で、日曜日に再挑戦です!



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

初めてのお菓子作り♪







3連休はゆっくり過ごせましたでしょうか?
私はと云うと、人生も結構後半に入り、な~んか無性に今まで経験しなかった事に
挑戦したくなり、2月からはいけばなを習い始めたり、この連休は奥さんに教えて貰い
初めてのお菓子作りに挑戦しました。今回は初めてだし、最初は簡単なマドレーヌから。
奥さんに言われたまま作ったので、偉そうな事は云えませんが、味だけでは無く見た目も
ちよっと考えます。パソコンでオリジナルシールを作り、パッケージやラッピングも
worksオリジナルです。将来、田舎でのんびり手作りのお菓子でも出せるcafe
を作りたいと思っている、始まりの一歩です。

老若男女、貧富の差や国籍や思想が違っても“美味しいもの”を前にすると誰でも、
にっこりします。だから、豊かさってはおいしいもんなんじゃないかと思ってます。
残り1/4の日々は美味しい人生である様ガンバリマ~ス。

お味の方はと云うと、プロとは比べようはありませんが手作りの味は、食べて貰う人の
事を考えながら作るので、一言で云うと、さめても“温かな美味しさ”でしょうか。^^

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2010年元旦






明けましておめでとうございます。
厳しい年ではありますが、“美”にこだわり、いつまでも夢を持ち続け、 
2010年が美しい年である様頑張りたいと思います。

本年も皆様にとって良い年になりますように。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

キザのすすめ。



もうすぐクリスマスですねぇ。幸せな一日を過ごせそうですか?
ところで、男が一年の内“キザ”になれる日が2度あります。
1度目は恋人や奥さんの誕生日。そして2度目はクリスマスです。
顔も扁平で表現力も乏しい日本人は、女性に対しカッコつけても
ナカナカ、様になりません。しか~しです!この2度のチャンスだけは
多少“様にならなくても”許されるのです。だから、この日だけは
日本男児の誇り(?)を捨て、欧米人になったつもりで目一杯キザに
ふるまってみましょう。^^




若い内は、只若いというだけで楽しい事は結構ありますが、
歳を取ると自分で意識して見付けないと、楽しい時間は少なくなってきます。
ここ3~4年、私は高齢者専用住宅のデザインの仕事がメインになり、
そのコンセプト作りの中で“歳を取るほどお洒落が必要”と提案しています。
ファッションだけでは無く、ライフスタイルを見つめ直し、楽しく過ごせる
工夫をし“歳をとるのも満更悪くない”と思える生き方を、自分も含め
考えて欲しいと思っています。

あと2~3年で、団塊世代が退職し、夫婦二人っきりの時間が多くなり、
奥さんにいや~な顔をされたり、下手をすれば熟年離婚なんて事にも
なりかねない男達が大量に出現致します。
そんな寂しい結果にならない様、今から準備しておきましょう♪

そこで私が20年くらい続けている、年2回の『キザな日』の提案です。

まずは“花”です!!女性は歳をとっても、て云うか歳をとると
花を貰う機会なんてほとんど無いはずなので、間違いなく嬉しいです。

でも、只上げれば良いというものでもありません。
花屋さんにお金を渡して任せるだけではあきません。バラの花を年齢分なんて
成金みたいのも駄目です。カッコつけたつもりでもバラ1本なんてのも、
ケチったみたいで勿論駄目です。 若くは無いんですから。。。

んん、、、大切なのはモノでは無く、モノに“こころ”をこめて渡すことなのです。
出会った頃のトキメキを思い出し、プレゼンの企画書を練り上げるつもりでイメージを膨らませ、
お店の人に伝えて花束を作って貰いましょう。 余り大げさにお金を掛ける事は無いと
思いますが、5,000円~10,000円くらいは必要です。それと、お店にあるのは売れ筋の花
がメインで、イメージに合う花はその場にはなかなか無いので、4~5日前にイメージを伝え、
仕入て貰うのが良いでしょう。そして当日必ず確認をしてからラッピングをして貰う事です。
任せっきりでは駄目です。そうでなければ、花に魂が宿らないからです。

よく、時間がないからとか、お金が無いからと出来ないと云う人がいます。
時間は『仕事』だと思ってスケジュールに書き込んでください。お金は
飲みに行くのを一回止めれば大丈夫です。
めんどくさいと思うかも知れませんが、この“手間を掛ける”という事が重要なのです。

次にシュチエーションと渡すタイミングです。 仕事でいうと、クライアントに対する
プレゼンテーションと同じです。喜ぶ顔をイメージし、自分も楽しめる一日にしましょう。

勿論この日は、レストランを予約するのは当たり前ですが、普通お店に入る前
どこかで待ち合わせする筈なので、花束は事前にレストランに届け、テーブルに
セッティングしておいた方が良いと思います。それと、花束は余り大きくせず
小さくブーケにした方が、女性が引き立つし、花を持って街をぶらぶら
するのも悪くないと思うからです。クリスマスはイルミネーションが綺麗だし
トキメイてた頃を思いだしますねぇ。でも、余りベタベタすると熟年カップルみたいに
思われ気持悪っぽい感じになるので、品の良い熟年夫婦を演じてください。
以上、私の20年間のノウハウでした。

手前味噌ですが、その甲斐もあってか熟年離婚もせず、仲良くやっております。
写真は、12月私の奥さんの誕生日のブーケです。リップスティック(紅の木)を
メインにカラー(ホットチョコレート)とドラセナコンパクタを合わせました。
今回のブーケは青山にある『FUGA』で作って貰いました。自分のセンスに合う
花屋さんを見つける事も大事ですね。仕入のセンスもさることながらラッピング
のセンスもお店によってちがいますしね。

その他、息子とのツーショットとプレゼントしたハットを被ったカミサンです。
最初の頃は花のセンスが悪いだの、こんなの嫌いだとか云われましたが、ここ2~3年
自分で言うのも何ですが、センスが良くなり喜んで貰えてると思っとります。
ちなみに、私の奥さんの誕生日は12月なので、クリスマスも兼ね1回で済ましてますが。。。
でも1年は持ちますよっ。^^

最後に、恋人も奥さんもいない男性諸君。この『キザの日』には参加出来ませんが、
早く幸せな2日間を過ごせる事を心よりお祈り申し上げ、終りのご挨拶とさせて頂きます。
それでは皆様、ごきげんよう~♪



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

アールデコ探訪/VOL-2



《マイアミ/アールデコ地区》




3回目は東京を離れ、一寸遠くへ行ってみようと思います。
一昨年アメリカ・オーランド、マイアミのリタイアメントコミニティを
リサーチした時、最後に泊まったのがのがマイアミ。
マイアミビーチの南側、オーシャンドライブとアルトンロード
6番街とデードブルーバードに囲まれた地区にあり、1920年~
1930年代アールデコ調の建物が出来、現在は観光地化され、
ホテルとして営業してる所もありますが1階はレストランやバーが多いです。

◇マイアミのアールデコはカラフルな色使いが特徴です。
 1990年代、日本でも商業施設ではこのカラフルな色使いの
 アールデコが流行し、その当時、確か“トロピカルデコ”とよ呼んで
 いたと思います。決して洗練されてるとは言い難いですが、南国の
 この地にあるから許せるのであって、日本の風土には勿論
 馴染みませんでした。



















◇1920~1930年代に出来た建物では無く、最近出来たアールデコ調の
 ビルです。確か、ショッピングセンターとマンションのコンプレックス
 だったと思います。モダンをベースに、アールデコ建築の基本みたいな
 横の化粧庇を大胆にデザインし、うまく現代にとけ込ませていると思います。




◇トロピカルデコと云うよりトロピカルモダンですかねぇ。
 椰子の木が伸びてる庇部分を丸くくり抜いているのが好きです。
 私も結構この手法はやりますね。




◇最後におまけです。アールデコ調ではありませんが、愛人(男です)に
 他の男との関係を嫉妬され、殺害されたベルサーチの自宅
 だったお家もこのストリートの一角にありました。




◆フランスから渡米した洗練されたアールデコも、マイアミの熱い太陽の下で 
 トロピカルに変身し、新しいスタイルを創り上げました。
 良いかどうかは別として、生のまま取り入れるのではなく、その土地の風土
 に合わせてアレンジし、昔からそこに佇んでいたように感じさせる事が大切だと思います。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ 次ページ »